占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180105141053.html

人の心を読める人の特徴・心読む能力を高める方法 | SPITOPI

SPITOPI
人の心を読める人の特徴・心読む能力を高める方法

あの人の気持ちが分からない、もっと空気が読めて気配りできる人になりたい。

そうした人のために、人の心を読むためのコツや、人の心が読める人の特徴についてまとめました。

  • 人の心を読める人とは?
  • 人の心を読める人の特徴
  • 人の心を読む力を高める方法
  • 心を読まれないようにするには
  • 人の心を読むのは恋愛でも使える

1. 人の心を読める人とは?

人の心を読める人とは?

読心術というのは、テレパシーやサイコメトリーなど、超能力的で非科学的な能力ではありません。

観察眼に長けていたり、表情や態度から人の感情を読むのに優れていたりと、さまざまな能力が合わさることで成るものです。

人によってその力には差がありますが、自分の努力によって能力を高めることができます。

しかし、人の心を読む力が強すぎるのも、ストレスの原因になりがちです。

相手の良い感情だけではなく、悪い感情も受け取ってしまうからです。

ですから、ある程度の範囲で、相手の感情が読めたり、気遣いができることで、健全なコミュニケーションをとることができるでしょう。

そして、読むだけでは誤解を生んでしまうこともあります。

相手と会話をし、意思疎通し合うことで、よりよい関係を構築していきましょう。

2. 人の心を読める人の特徴

人の心を読める人の特徴

2-1. 観察眼に長けている

観察眼に長けている

人の心を読める人は、観察眼に長けています。

相手をよく観察し、その人の行動や態度、言動、癖などから、相手の感情を読みとることができるのです。

何もしゃべらなくても、人間と言うのは雄弁な生き物です。

緊張すれば、瞳孔が開いたり、呼吸が荒くなったり、落ち着きがなくなったりと、心身の状態が表に出ます。

逆に、リラックスしている時は、姿勢も態度もゆったりとした雰囲気や形を表しているでしょう。

このように、さまざまな動きや状態を見極め、相手の感情を推測する力に長けているのです。

逆に、人の心に無関心な人は、そうした観察を放棄し、自分のやりたいように行動してしまうことも多いでしょう。

2-2. 空気が読め気配りができる

空気が読め気配りができる

人の心が読める人は、周囲の空気を読み、気配りができる人が多いです。

個人だけではなく、全体の雰囲気や、感情の推移をつぶさに見極めることができるので、TPOに応じた行動をすることができます。

自分から引っ張っていきたい人は、リーダーになることも多く、広い視野によって、集団を動かすことができるでしょう。

そして、思いやりや気配りができるので、周囲からの慕われやすいです。

しかし、必ずしも、明るく積極的な人ばかりではありません。

人の心は読めるけど、引っ込み思案であったり、臆病な人もいます。

そうした人は目立たずに、周囲に上手く合わせながら行動することが多いでしょう。

2-3. 余計なことは言わない

余計なことは言わない

人の心が読める人は、余計なことや悪口は言いません。

相手がどんな言葉や態度によって傷つくか分かっているので、軋轢や摩擦を生まないように、口を閉ざすことが多いです。

しかし、寡黙なタイプだけとは限らず、積極的でおしゃべり好きな人もいるでしょう。

ですが、ただのおしゃべりではなく、相手を気遣って話すことができるのです。

また、こうした人を本当に怒らせてしまうと、核心を突くような言葉をぶつけられることもあるので注意が必要です。

人の心が読める人は、相手の短所や弱点も分かっています。

そうした弱みに刺さるような言葉と共に別れを告げられることもあるので、気をつけなければなりません。

人の心が読めるにしろ、読めないにしろ、相手を思いやって行動するように心がけましょう。

2-4. 計算高い人もいる

計算高い人もいる

人の心を読める人の中には、計算高い人もいます。

相手の弱点や欠点を知り、弱みを握ることで、相手を操作するような人もいるので気をつけましょう。

特に、出会ったばかりなのに、甘い言葉を囁いたり、誘惑してくる人には注意が必要です。

詐欺師まがいの人がいる場合もあり、騙されてからでは遅いので、早めに気付き、距離を置くようにしましょう。

しかし、そうした人は、ほんの一部であるということも理解しておきましょう。

2-5. 他人と距離を置くことがある

他人と距離を置くことがある

人の心が読めてしまうゆえに、相手と距離を置いてしまう人もいます。

人間は、良心や理性だけの生き物ではありません。

悪い感情を抱くこともありますし、欲望や衝動に溺れてしまうこともあります。

そうした黒い面までもが見えてしまうゆえに、人間不信になったり、人とのコミュニケーションを避けてしまいがちになることもあるのです。

表面的には付き合っていても、突っ込んだ話をしたくない、されたくないといったタイプの人もいるでしょう。

そうした人は、自分のことを多く語らないのが特徴的です。

3. 人の心を読む力を高める方法

人の心を読む力を高める方法

3-1. 人間観察をする

人間観察をする

人の心を読む力を高めるには、さまざまな人たちを観察することが大切です。

自分とまったく同じ考えをもった人間はいません。

性別、年齢、職業、属性など、人それぞれ異なっており、人生も思想もちがうのです。

表面的な観察だけでは、その人そのものを決めつけることはできないでしょう。

しかし、外見の特徴や、行動、癖、言葉などから、その一部を読みとることができます。

そこから、相手の感情を読みとれるように努力しましょう。

そして、一方的に観察をするだけではなく、多くの人とコミュニケーションをとることも大切です。

言葉を交わさないやりとりというのは、誤解を生んでしまうこともあります。

面と向かって言葉を交わすことによって、より相手のことが分かるでしょう。

たくさんの人間と関わることが、読唇力を高めることに繋がるのです。

3-2. 相手への思いやりを忘れない

相手への思いやりを忘れない

人の感情を読むだけではなく、読んだあとに、どのように行動するかも大切です。

興味や好奇心で人の心を読み、面白がるのは、失礼なことです。

たとえ相手にその意図が伝わらなくても、あまりしない方が良いでしょう。

そうした悪感情や悪い欲が、他の人へと伝わってしまうこともあるのです。

ですから、ただ相手の感情を読むのではなく、その結果から、気配りができるように心がけなければなりません。

困っていれば手伝ったり、関わって欲しくなさそうであったらそっと距離を置いて見守ったりと、良いコミュニケーションがとれるようにしましょう。

優しさは自分に返ってくるものです。

余計なお世話にならない程度に気遣い、行動できる人になりましょう。

また、相手の感情を読みすぎて、びくびくしてしまうことも良くないです。

過剰な気配りや、へつらいというのは、かえって相手への礼を失してしまう行為です。

何事もほどほどにし、良い距離感を保つように心がけましょう。

3-3. 憶測や想像で決めつけない

憶測や想像で決めつけない

人の心を読む際には、憶測や、想像、妄想などで、相手の感情を決めつけないように気をつけましょう。

人は、簡単に思いこんでしまったり、偏見を持ちやすい生き物です。

そして、第一印象に大きく左右されてしまう生き物でもあります。

たしかに、初めての印象が、その人自身を表すこともあるでしょう。

しかしながら、それはその人の側面にすぎず、全体や本質を表しているとは限りません。

最初の印象で決めつけるのではなく、関わっていく中で、相手を評価するように気をつけましょう。

また、勝手に相手の感情を決めつけ、攻撃的な態度や、独善的な行動をしないように注意しなければなりません。

独りよがりな言動や態度ばかりしてしまうと、信頼や信用は簡単に失われてしまいます。

決めつけで行動するのではなく、相手への思いやりを忘れずにふるまうように心がけましょう。

4. 心を読まれないようにするには

心を読まれないようにするには

4-1. 表情やボディランゲージを多用しない

表情やボディランゲージを多用しない

相手に心を読まれたくない、動揺を見せたくない、本心を知られたくないといった人は、アクションを控えめにすることが大切です。

大きな声や、身振り手振りなど、オーバーな動きやリアクションというのは、自分の感情の表れです。

そうした動きによってコミュニケーションができるのですが、それを避けたいのであれば、動きは最小限にすることが重要です。

しかし、いつも大きなリアクションをとっている人が、急におとなしくなるとかえって怪しいので、普段通りを貫くことも大切です。

また、ポーカーフェイスを保ったり、腰を据えてどっしりと構えることで、動揺を隠すことができるでしょう。

4-2. 安定した状態を保つ

安定した状態を保つ

前述にも書いたように、相手に心読まれないためには、普段通りの態度を貫くことが大切です。

いつもと違った行動をするのは、自身の感情の変化を表していることと同じ事です。

何か、隠し事や秘密があるのあれば、いつも通りにふるまうように徹しましょう。

人によっては、すぐに表情に出たり、落ち着きがなくなったりと、分かりやすく感情が出てしまう場合もあるので、気をつけましょう。

そして、喜怒哀楽を穏やかにし、安定感のある感情表現をすることも大切です。

4-3. 自分の癖を知っておく

自分の癖を知っておく

自分が動揺した時、緊張している時など、普段とは違う状態の時の、自分の癖や様子について把握しておくことも大切です。

たとえば、嘘をついた時に鼻の穴が膨らんでしまう、緊張しているとそわそわしながら掃除を始めてしまう、隠し事があると多弁になってしまうなどです。

人によって、そうした癖や態度はことなるので、早めに把握しておくことが大切です。

自分で分からない場合は、周囲の人に聞いてみることも良いでしょう。

5. 人の心を読むのは恋愛でも使える

人の心を読むのは恋愛でも使える

人の心を読む力というのは、恋愛にも応用することができます。

たとえば、恋人の表情や態度から、今、機嫌が良いのか悪いのか、などを把握することができるでしょう。

あまり読めてしまうと、かえってストレスになるので、ほどほどに察し、行動や態度へ繋げることが大切です。

そうした察しの良さや、気配りによって、別れを回避することもできます。

相手が何をしてほしいのか、どんな気持ちなのか理解し、思いやりをもって行動するように心がけましょう。

心を読む力と言うのは、コミュ二ーションにおいて大切な能力です。

人によってその力の差はありますが、ある程度察することができ、空気が読める人間になれるよう努力しましょう。

人の心を読む力を高める方法

3-1. 人間観察をする

人間観察をする

人の心を読む力を高めるには、さまざまな人たちを観察することが大切です。

自分とまったく同じ考えをもった人間はいません。

性別、年齢、職業、属性など、人それぞれ異なっており、人生も思想もちがうのです。

表面的な観察だけでは、その人そのものを決めつけることはできないでしょう。

しかし、外見の特徴や、行動、癖、言葉などから、その一部を読みとることができます。

そこから、相手の感情を読みとれるように努力しましょう。

そして、一方的に観察をするだけではなく、多くの人とコミュニケーションをとることも大切です。

言葉を交わさないやりとりというのは、誤解を生んでしまうこともあります。

面と向かって言葉を交わすことによって、より相手のことが分かるでしょう。

たくさんの人間と関わることが、読唇力を高めることに繋がるのです。

3-2. 相手への思いやりを忘れない

相手への思いやりを忘れない

人の感情を読むだけではなく、読んだあとに、どのように行動するかも大切です。

興味や好奇心で人の心を読み、面白がるのは、失礼なことです。

たとえ相手にその意図が伝わらなくても、あまりしない方が良いでしょう。

そうした悪感情や悪い欲が、他の人へと伝わってしまうこともあるのです。

ですから、ただ相手の感情を読むのではなく、その結果から、気配りができるように心がけなければなりません。

困っていれば手伝ったり、関わって欲しくなさそうであったらそっと距離を置いて見守ったりと、良いコミュニケーションがとれるようにしましょう。

優しさは自分に返ってくるものです。

余計なお世話にならない程度に気遣い、行動できる人になりましょう。

また、相手の感情を読みすぎて、びくびくしてしまうことも良くないです。

過剰な気配りや、へつらいというのは、かえって相手への礼を失してしまう行為です。

何事もほどほどにし、良い距離感を保つように心がけましょう。

3-3. 憶測や想像で決めつけない

憶測や想像で決めつけない

人の心を読む際には、憶測や、想像、妄想などで、相手の感情を決めつけないように気をつけましょう。

人は、簡単に思いこんでしまったり、偏見を持ちやすい生き物です。

そして、第一印象に大きく左右されてしまう生き物でもあります。

たしかに、初めての印象が、その人自身を表すこともあるでしょう。

しかしながら、それはその人の側面にすぎず、全体や本質を表しているとは限りません。

最初の印象で決めつけるのではなく、関わっていく中で、相手を評価するように気をつけましょう。

また、勝手に相手の感情を決めつけ、攻撃的な態度や、独善的な行動をしないように注意しなければなりません。

独りよがりな言動や態度ばかりしてしまうと、信頼や信用は簡単に失われてしまいます。

決めつけで行動するのではなく、相手への思いやりを忘れずにふるまうように心がけましょう。

心を読まれないようにするには

4-1. 表情やボディランゲージを多用しない

表情やボディランゲージを多用しない

相手に心を読まれたくない、動揺を見せたくない、本心を知られたくないといった人は、アクションを控えめにすることが大切です。

大きな声や、身振り手振りなど、オーバーな動きやリアクションというのは、自分の感情の表れです。

そうした動きによってコミュニケーションができるのですが、それを避けたいのであれば、動きは最小限にすることが重要です。

しかし、いつも大きなリアクションをとっている人が、急におとなしくなるとかえって怪しいので、普段通りを貫くことも大切です。

また、ポーカーフェイスを保ったり、腰を据えてどっしりと構えることで、動揺を隠すことができるでしょう。

4-2. 安定した状態を保つ

安定した状態を保つ

前述にも書いたように、相手に心読まれないためには、普段通りの態度を貫くことが大切です。

いつもと違った行動をするのは、自身の感情の変化を表していることと同じ事です。

何か、隠し事や秘密があるのあれば、いつも通りにふるまうように徹しましょう。

人によっては、すぐに表情に出たり、落ち着きがなくなったりと、分かりやすく感情が出てしまう場合もあるので、気をつけましょう。

そして、喜怒哀楽を穏やかにし、安定感のある感情表現をすることも大切です。

4-3. 自分の癖を知っておく

自分の癖を知っておく

自分が動揺した時、緊張している時など、普段とは違う状態の時の、自分の癖や様子について把握しておくことも大切です。

たとえば、嘘をついた時に鼻の穴が膨らんでしまう、緊張しているとそわそわしながら掃除を始めてしまう、隠し事があると多弁になってしまうなどです。

人によって、そうした癖や態度はことなるので、早めに把握しておくことが大切です。

自分で分からない場合は、周囲の人に聞いてみることも良いでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月01日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!