占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181221145651.html
逡巡の意味・読み方・類語【使い方や例文】反対語

逡巡の意味・読み方・類語【使い方や例文】反対語 | SPITOPI

SPITOPI
逡巡の意味・読み方・類語【使い方や例文】反対語

スポンサーリンク

「逡巡」の意味や「逡巡」を使った例文を紹介します。

さらに「逡巡」の類語や対義語を紹介し、「逡巡」に関連する言葉を見て行きます。

  • 「逡巡」の意味とは?
  • 「逡巡」の類語や言い換え
  • 「逡巡」の使い方
  • 「逡巡」の反対語や似た対義語
  • まとめ

1. 「逡巡」の意味とは?

「逡巡」の意味とは?

「逡巡」という言葉があります。

あまり見かけない言葉かもしれません。

「逡巡」は決断に関する言葉のひとつで、「決心がつかず、ためらう事」を意味します。

1-1. 「逡巡」の読み方

1-「逡巡」の読み方

「逡巡」は「しゅんじゅん」と読みます。

「逡」は「しゅん」と読む、あまり日常的には登場しない漢字です。

「巡」は「じゅん」と読み「巡る」「巡回する」などの言葉に使います。

「逡巡」という言葉からは、その場をグルグルして、結局前に動き出せない様子が見てとれます。

何かを始めたり、実行したいけれど「決心がつかない様子」「ためらう様子」を表現しているのではないでしょうか。

2. 「逡巡」の類語や言い換え

「逡巡」の類語や言い換え

次に「逡巡」の類語や、似た意味の言葉を見て行きましょう。

「逡巡」はどのような言葉に言い換える事ができるかを知ると、似たような状況を違う言葉で説明する事ができるようになります。

ボキャブラリーが増えるので、周囲の人にとって知的な印象になるでしょう。

2-1. 「躊躇」

2-「躊躇」

「逡巡」は決心がつかずに、迷うという意味の言葉です。

「躊躇」も同様に、決心がつかない様子、ぐずぐずする様子を表した言葉です。

また「躊躇」は「ちゅうちょ」と読みます。

かなり難しい漢字が使われていますので、読み方だけでもきちんと覚えておきましょう。

ただし漢字の難しさに反比例するように、「躊躇」という言葉は、日常的に良く使います。

「告白の前に「躊躇」する」「バンジージャンプの前で「躊躇」するなど、誰でも一度は使った事がある言葉ではないでしょうか。

「逡巡」と「躊躇」はほとんど同じ意味の言葉ですので、セットで覚えると、「逡巡」の意味を忘れずに済みそうです。

2-2. 「たじろぐ」

2-「たじろぐ」

「逡巡」に似た意味の言葉に、「たじろぐ」という言葉があります。

「たじろぐ」は「圧倒されてひるむ」という意味の言葉です。

例えば、巨大な敵が目の前に現れた場合、誰でも「たじろぐ」のではないでしょうか。

ケンカを売られた時に、闘う決意をしたとしても、目の前に敵が登場したら2mを超える大男だったら、「たじろぐ」はずです。

小説やアニメなどで、巨大生物や未確認生物などが登場した時も、発見者は「たじろぐ」でしょう。

このように「たじろぐ」という言葉を使う時は、対象が大きい、強いなど、圧倒的な存在の時が良さそうです。

2-3. 「尻込み」

2-「尻込み」

「逡巡」に似た意味の言葉のひとつに「尻込み」があります。

「尻込み」は「後ろに下がってためらう」という意味です。

何かに圧倒されて動けないだけでなく、さらに後退してしまうのが「尻込み」です。

「たじろぐ」の時に登場した2mの敵に対して、動けなくなるのが「たじろぐ」だとしたら、後ろに下がってしまうのが「尻込み」のイメージかもしれません。

誰かが発言しなくてはならないようなシーンで、目立たない位置に隠れる人も「尻込み」していると言われそうです。

2-4. 「二の足を踏む」

2-「二の足を踏む」

「逡巡」には「ためらう」という意味が含まれています。

「二の足を踏む」という言葉も、「ためらう」という意味が強い言葉です。

本当はスタートを切ろうと思っていたのに、スタートが切れない様子が見てとれます。

実際に「二の足を踏む」は、二歩目を足踏みする様子を言葉にしたものです。

「二の足を踏む」からは、一歩目は前に踏み出せたのですが、二歩目をその場で足踏みしてしまった人の様子を見てとれます。

2-5. 「愚図つく」

2-「愚図つく」

「愚図つく」という言葉もあります。

「愚図つく」とは、「態度がぐずぐずする」事を意味します。

「愚図つく」をイメージする時は、小さな子供を思い浮かべると容易かもしれません。

例えば歯医者さんに行くことが決まっている日の子供は、朝から歯医者さんでの診察が終わるまで、ぐずぐずと行動するでしょう。

そのようなクセが抜けないまま大人になって、いつも「愚図つく」人がいます。

あなたの周囲にもいるかもしれません。

2-6. 「見合わせる」

2-「見合わせる」

「見合わせる」という言葉もあります。

「見合わせる」とは、「行動を止めて、しばらく様子を見る」事を意味します。

例えば、台風などで列車が一時運行を停止したとします。

その後、列車の運行の再開をするかどうか迷って、「見合わせる」という事があります。

「逡巡」という言葉ほど迷っている感じはありませんが、結果的にスタートしなという意味では似ている言葉です。

3. 「逡巡」の使い方

「逡巡」の使い方

「逡巡」はいざという時になって、決断を下せずに迷っている様子を表した言葉です。

そこで「逡巡」を使う時は、本人にとって大切な決断や、苦手な事を始める時に、動き出せない様子や、明らかに動揺している様子が見られる時が良いでしょう。

例えば、好きな人に告白をする場面は、本人にとって大切な決断の時です。

また告白が得意という人は少ないので、告白をすると決めたのに、結局告白ができずに「逡巡」する様子を容易に想像できます。

また、ビジネスシーンでは「転職」に関する場面が、「逡巡」しやすい場面でしょう。

せっかく良い転職先がみつかったのに、今の職場の心配をしたり、新しい人間関係に飛び込むのが怖くて「逡巡」するかもしれません。

このような時に「逡巡」という言葉を使いましょう。

4. 「逡巡」の反対語や似た対義語

「逡巡」の反対語や似た対義語

最後に「逡巡」の反対語や対義語にあたるような言葉を紹介します。

「決断」に関する言葉で、「逡巡」とは違って、迷わずに決めてスタートを切る様子が見られる言葉が揃っています。

4-1. 「踏み切る」

4-「踏み切る」

「踏み切る」は「足を踏み出す事」を意味する言葉です。

「逡巡」は、迷ってスタートを切られない様子を表していますが、「踏み切る」はためらわずにスタートを切る様子が見てとれます。

「踏む」「切る」という言葉を続ける事で、完全にスタートを切った様子が見てとれます。

4-2. 「思い切り」

4-「思い切り」

「思い切り」という言葉も、「逡巡」の真逆に来るような言葉です。

「思い切り」は「思い切る事」を意味する言葉です。

「思う」「切る」と並べる事で、きっぱりと決断をした様子が見てとれます。

決断力がある人の事を「思い切りがいい人」などと表現します。

4-3. 「決断」

4-「決断」

はっきりと決める事を「決断」と言います。

「決断」ができるか否かで、「逡巡」や、「躊躇」、「たじろく」や、「思い切り」「踏み切る」などの言葉が関連付けられます。

すぐに「決断」ができる人は、「逡巡」や「躊躇」とは無縁の人です。

4-4. 「腹を据える」

4-「腹を据える」

「心を落ち着けて、覚悟をする」事を「腹を据える」といいます。

「腹を据えて、仕事に掛かる」などと使います。

覚悟が決まっていて、落ち着いた状態なので、「腹を据える」と何もかもが成功しやすくなります。

「逡巡」している状態と比べると、パフォーマンスの差は大きくなるでしょう。

4-5. 「褌を締めて掛かる」

4-「褌を締めて掛かる」

「褌を締めてかかる」という言葉があります。

「褌」は「ふんどし」の事です。

すでに「褌」を使った事がある人の方が、かなりの少数派かもしれません。

「褌を締めてかかる」とは「固い決意をする」という意味と、「きちんと準備をしてから始める」という意味があります。

まとめ

「逡巡」は決断に関連する言葉です。

「逡巡」と似た意味の言葉、反対の言葉が多いのは、それだけ決断が難しいという事かもしれません。

「逡巡」や関連語は、様々な場面で使う事ができるので、覚えておくと便利でしょう。

「逡巡」の意味や「逡巡」を使った例文を紹介します。

さらに「逡巡」の類語や対義語を紹介し、「逡巡」に関連する言葉を見て行きます。


「逡巡」の意味とは?

「逡巡」という言葉があります。

あまり見かけない言葉かもしれません。

「逡巡」は決断に関する言葉のひとつで、「決心がつかず、ためらう事」を意味します。

1-1. 「逡巡」の読み方

1-「逡巡」の読み方

「逡巡」は「しゅんじゅん」と読みます。

「逡」は「しゅん」と読む、あまり日常的には登場しない漢字です。

「巡」は「じゅん」と読み「巡る」「巡回する」などの言葉に使います。

「逡巡」という言葉からは、その場をグルグルして、結局前に動き出せない様子が見てとれます。

何かを始めたり、実行したいけれど「決心がつかない様子」「ためらう様子」を表現しているのではないでしょうか。

「逡巡」の類語や言い換え

次に「逡巡」の類語や、似た意味の言葉を見て行きましょう。

「逡巡」はどのような言葉に言い換える事ができるかを知ると、似たような状況を違う言葉で説明する事ができるようになります。

ボキャブラリーが増えるので、周囲の人にとって知的な印象になるでしょう。

2-1. 「躊躇」

2-「躊躇」

「逡巡」は決心がつかずに、迷うという意味の言葉です。

「躊躇」も同様に、決心がつかない様子、ぐずぐずする様子を表した言葉です。

また「躊躇」は「ちゅうちょ」と読みます。

かなり難しい漢字が使われていますので、読み方だけでもきちんと覚えておきましょう。

ただし漢字の難しさに反比例するように、「躊躇」という言葉は、日常的に良く使います。

「告白の前に「躊躇」する」「バンジージャンプの前で「躊躇」するなど、誰でも一度は使った事がある言葉ではないでしょうか。

「逡巡」と「躊躇」はほとんど同じ意味の言葉ですので、セットで覚えると、「逡巡」の意味を忘れずに済みそうです。

2-2. 「たじろぐ」

2-「たじろぐ」

「逡巡」に似た意味の言葉に、「たじろぐ」という言葉があります。

「たじろぐ」は「圧倒されてひるむ」という意味の言葉です。

例えば、巨大な敵が目の前に現れた場合、誰でも「たじろぐ」のではないでしょうか。

ケンカを売られた時に、闘う決意をしたとしても、目の前に敵が登場したら2mを超える大男だったら、「たじろぐ」はずです。

小説やアニメなどで、巨大生物や未確認生物などが登場した時も、発見者は「たじろぐ」でしょう。

このように「たじろぐ」という言葉を使う時は、対象が大きい、強いなど、圧倒的な存在の時が良さそうです。

2-3. 「尻込み」

2-「尻込み」

「逡巡」に似た意味の言葉のひとつに「尻込み」があります。

「尻込み」は「後ろに下がってためらう」という意味です。

何かに圧倒されて動けないだけでなく、さらに後退してしまうのが「尻込み」です。

「たじろぐ」の時に登場した2mの敵に対して、動けなくなるのが「たじろぐ」だとしたら、後ろに下がってしまうのが「尻込み」のイメージかもしれません。

誰かが発言しなくてはならないようなシーンで、目立たない位置に隠れる人も「尻込み」していると言われそうです。

2-4. 「二の足を踏む」

2-「二の足を踏む」

「逡巡」には「ためらう」という意味が含まれています。

「二の足を踏む」という言葉も、「ためらう」という意味が強い言葉です。

本当はスタートを切ろうと思っていたのに、スタートが切れない様子が見てとれます。

実際に「二の足を踏む」は、二歩目を足踏みする様子を言葉にしたものです。

「二の足を踏む」からは、一歩目は前に踏み出せたのですが、二歩目をその場で足踏みしてしまった人の様子を見てとれます。

2-5. 「愚図つく」

2-「愚図つく」

「愚図つく」という言葉もあります。

「愚図つく」とは、「態度がぐずぐずする」事を意味します。

「愚図つく」をイメージする時は、小さな子供を思い浮かべると容易かもしれません。

例えば歯医者さんに行くことが決まっている日の子供は、朝から歯医者さんでの診察が終わるまで、ぐずぐずと行動するでしょう。

そのようなクセが抜けないまま大人になって、いつも「愚図つく」人がいます。

あなたの周囲にもいるかもしれません。

2-6. 「見合わせる」

2-「見合わせる」

「見合わせる」という言葉もあります。

「見合わせる」とは、「行動を止めて、しばらく様子を見る」事を意味します。

例えば、台風などで列車が一時運行を停止したとします。

その後、列車の運行の再開をするかどうか迷って、「見合わせる」という事があります。

「逡巡」という言葉ほど迷っている感じはありませんが、結果的にスタートしなという意味では似ている言葉です。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月21日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!