占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181108163312.html
「憤懣」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「憤懣」の意味・読み方・類語【使い方や例文】 | SPITOPI

SPITOPI
「憤懣」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

スポンサーリンク

激しい怒りの感情を言葉にした「憤懣」の読み方や意味、類語を紹介します。

さらに「憤懣」の使い方や例文を紹介して行きます。

  • 「憤懣」とは?
  • 「憤懣」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「憤懣」の言葉の使い方
  • 「憤懣」を使った例文
  • 「憤懣」を解消する方法
  • まとめ

1. 「憤懣」とは?

「憤懣」とは?

「憤懣」という言葉があります。

耳なじみがないという方は、平和で恵まれた環境で暮らしている人かもしれません。

一方で「憤懣」という言葉が、自分を表しているようだと感じる人は、人間関係に恵まれていないなど、何かしらの問題を抱えているのかもしれません。

そんな人の感情を表現した言葉、「憤懣」の読み方や意味を紹介します。

1-1. 「憤懣」の読み方

1-「憤懣」の読み方

「憤懣」は「ふんまん」と書きます。

「憤懣」の「憤」はともかく、「懣」はものすごく難しい漢字が使われています。

「憤懣」を漢字で書くのは難しいと思いますので、読み方だけでも知っておきましょう。

1-2. 「憤懣」の意味

1-「憤懣」の意味

「憤懣」は憤って我慢できない事、または腹が立ってイライラしている様子を言葉にしたものです。

また「憤懣やるかたない」という定型句があり、「この腹が立ってイライラした感じを、どうする事もできない」という意味で使われます。

いつも我慢できないくらいのイライラがある人は「憤懣」が溜まっている人だと思います。

同時に強いイライラがあるのに、発散できないような状態にいる人は、「憤懣やるかたない」状況に追い込まれているでしょう。

家族の人間関係が悪い時、または職場での人間関係が悪い時は、「憤懣」が溜まります。

またそのような状況では、意外とはけ口がないため、「憤懣やるかたない」状態になりがちです。

心身に悪影響が出ないよう、ぜひストレス発散の方法を知りましょう。

2. 「憤懣」の類語や言い換え・似た言葉

「憤懣」の類語や言い換え・似た言葉

次に「憤懣」に似た意味の言葉や、言い換えが効く言葉を見て行きましょう。

「憤懣」と同じように憤りが強く、我慢できないような状況を言葉にしたものです。

見ているだけでイライラ、メラメラしてくるような言葉が登場します。

2-1. 「怒り」

2-「怒り」

「憤懣」と似た意味の言葉に「怒り」があります。

「怒り」は非常に強い不満があり、腹を立てる事を意味します。

何かをしたいのにできない時、何かをして欲しいのにしてくれない時などに、「怒り」を感じる事になります。

そしてその感情は、自分の欲求達成を妨げる人に対して向けられる事になります。

単なる苛立ちでは収まらず、何かしらその感情が発露してしまっている状態が「怒り」です。

顔を鬼のようにしている、口調が荒くなる、物にあたるなど、「怒り」は外から見ても分かるくらい強い感情です。

2-2. 「腹の虫が承知せぬ」

2-「腹の虫が承知せぬ」

「腹の虫が承知せぬ」という言葉があります。

ものすごい「怒り」が湧く時、「憤懣」を感じる時、昔の人はお腹の中にいる「虫」が原因だと感じていたからです。

そのため、「私が許したとしても、『腹の虫が承知せぬ』」という風に、昔の人はこの言葉を使っていたと考える事ができます。

同じような意味の言葉に「虫の居所が悪い」があります。

こちらも不機嫌な原因を、虫のせいにしているために生まれている言葉です。

2-3. 「むかつく」

2-「むかつく」

「むかつく」という言葉は「怒り」を含んだ言葉として良く使われます。

「怒り」や「憤懣」ほど強い感情ではありませんが、癪に障る相手に対して抱く感情として、とても一般的です。

我を忘れるほど感情的になっているわけではないので、「むかつく」という言葉を使って嫌な気持ちを表現する機会は多いです。

それ以上腹が立つ時は、逆に自分の感情を隠したりします。

3. 「憤懣」の言葉の使い方

「憤懣」の言葉の使い方

「憤懣」という言葉を使う時は、ものすごく激しい怒りがある時、そしてその怒りが我慢できないような時です。

身体の中を怒りが渦巻いている状態の時に「憤懣」という言葉を使いましょう。

例えば会社の同僚の中に、やる気がなく、自分に迷惑を掛けるような人がいると、どんどん怒りのメモリーが高くなり、ついには「憤懣」と呼びたくなるような感情になると思います。

とはいえ、会社の同僚なので、「二度と会わない」事もできませんし、激しく叱責するのも立場的に難しい場合があります。

このような怒りがあるけれど、発散する事ができないような状況では「憤懣やるかたない」という定型句を使うと良いでしょう。

4. 「憤懣」を使った例文

「憤懣」を使った例文

「憤懣」を使った文章を作ってみましょう。

「怒り」の感情が強い時、イライラが抑えられない様子を、「憤懣」という言葉を使った文章にしてみましょう。

4-1. 例文1

4-例文1

ビジネスシーンでは「憤懣」が溜まりやすい場面が多くなります。

その時の様子を「憤懣」を使った文章にしてみましょう。

「上司の仕事の指示が不明瞭で『憤懣』を感じずにはいられない」、「Aさんの態度が悪くてムカつく。

最近はムカつきから『憤懣』と憎悪に変わってきたようだ」、「このままでは頭がおかしくなりそうだ。

上司の○○さんに、Aさんに対する『憤懣』をぶつけて、異動を願い出よう」などです。

ビジネスシーンでは腹が立っても耐えなければいけない場面が多いです。

長く仕事を続けていたら、「憤懣」が溜まるのも仕方がないかもしれません。

4-2. 例文2

4-例文2

「憤懣やるかたない」という定型句を使った例文を見て行きましょう。

「嫁の態度が悪すぎて、『憤懣やるかたない』。

しかし離婚しようと言う勇気がない」、「『憤懣やるかたなく』、思わず叫び声を上げそうになった。

明日は一人カラオケでもして、大声を出そう」、「大嫌いな人のスピーチを、『憤懣やるかたない』気持ちで聞いた」などです。

怒りのはけ口がない、辛い状態を表現したい時は、「憤懣やるかたない」を使ってみましょう。

5. 「憤懣」を解消する方法

「憤懣」を解消する方法

最後に「憤懣」を解消する方法を知りましょう。

ストレスを溜めすぎてしまうと、心身に悪影響が出てしまうかもしれません。

「憤懣」がある人は、できるだけ早い段階で、「憤懣」を消しましょう。

5-1. 「憤懣」はあって当然と受け入れる

5-「憤懣」はあって当然と受け入れる

誰かの態度が悪くて「憤懣」が溜まる時、自分をイライラさせた相手の事を許せなくなるものです。

また「憤懣」がある事自体にストレスを感じて、さらにイライラを大きくしてしまう事があります。

「生きていたら「憤懣」があるのは当たり前だ」…そんな風に思えたら、「憤懣」と上手に付き合えるようになるでしょう。

少なくとも「憤懣」がある自体にストレスを感じなくなります。

感じた怒り以上の怒りを持たずに済むので、気持ちが少し楽になるはずです。

5-2. 「憤懣」したら「怒らずに交渉する」

5-「憤懣」したら「怒らずに交渉する」

誰かの言動に傷ついたりムカついたりして「憤懣」を感じたら、なぜ「憤懣」を感じたか、原因を突き止めましょう。

そして原因が分かったら、次は同じ状況が起こらないようにします。

そのため、自分を「憤懣」させた相手と交渉してみましょう。

例えばAさんが自分の容姿の悪口を言ったのが、「憤懣」の原因になったとします。

その場合はAさんに怒りの感情をぶつけるのではなく、「交渉」してみましょう。

「容姿について指摘されて、とても傷つきました。

だからもう止めてください」という感じです。

感情的にならず、笑顔でお願いする事ができたら、よほど悪い人でない限り反省して、次から同じようなひどい事をしなくなるでしょう。

まとめ

「憤懣」という言葉の意味や使い方を見てきました。

また「憤懣」を解消する方法もチェックしました。

「憤懣やるかたない」と思われる状態になっても、きっと怒りを和らげる方法は見つかります。

感情的にならずに、素早く対応するのが「憤懣」を溜めないコツになります。

激しい怒りの感情を言葉にした「憤懣」の読み方や意味、類語を紹介します。

さらに「憤懣」の使い方や例文を紹介して行きます。


「憤懣」とは?

「憤懣」という言葉があります。

耳なじみがないという方は、平和で恵まれた環境で暮らしている人かもしれません。

一方で「憤懣」という言葉が、自分を表しているようだと感じる人は、人間関係に恵まれていないなど、何かしらの問題を抱えているのかもしれません。

そんな人の感情を表現した言葉、「憤懣」の読み方や意味を紹介します。

1-1. 「憤懣」の読み方

1-「憤懣」の読み方

「憤懣」は「ふんまん」と書きます。

「憤懣」の「憤」はともかく、「懣」はものすごく難しい漢字が使われています。

「憤懣」を漢字で書くのは難しいと思いますので、読み方だけでも知っておきましょう。

1-2. 「憤懣」の意味

1-「憤懣」の意味

「憤懣」は憤って我慢できない事、または腹が立ってイライラしている様子を言葉にしたものです。

また「憤懣やるかたない」という定型句があり、「この腹が立ってイライラした感じを、どうする事もできない」という意味で使われます。

いつも我慢できないくらいのイライラがある人は「憤懣」が溜まっている人だと思います。

同時に強いイライラがあるのに、発散できないような状態にいる人は、「憤懣やるかたない」状況に追い込まれているでしょう。

家族の人間関係が悪い時、または職場での人間関係が悪い時は、「憤懣」が溜まります。

またそのような状況では、意外とはけ口がないため、「憤懣やるかたない」状態になりがちです。

心身に悪影響が出ないよう、ぜひストレス発散の方法を知りましょう。

「憤懣」の類語や言い換え・似た言葉

次に「憤懣」に似た意味の言葉や、言い換えが効く言葉を見て行きましょう。

「憤懣」と同じように憤りが強く、我慢できないような状況を言葉にしたものです。

見ているだけでイライラ、メラメラしてくるような言葉が登場します。

2-1. 「怒り」

2-「怒り」

「憤懣」と似た意味の言葉に「怒り」があります。

「怒り」は非常に強い不満があり、腹を立てる事を意味します。

何かをしたいのにできない時、何かをして欲しいのにしてくれない時などに、「怒り」を感じる事になります。

そしてその感情は、自分の欲求達成を妨げる人に対して向けられる事になります。

単なる苛立ちでは収まらず、何かしらその感情が発露してしまっている状態が「怒り」です。

顔を鬼のようにしている、口調が荒くなる、物にあたるなど、「怒り」は外から見ても分かるくらい強い感情です。

2-2. 「腹の虫が承知せぬ」

2-「腹の虫が承知せぬ」

「腹の虫が承知せぬ」という言葉があります。

ものすごい「怒り」が湧く時、「憤懣」を感じる時、昔の人はお腹の中にいる「虫」が原因だと感じていたからです。

そのため、「私が許したとしても、『腹の虫が承知せぬ』」という風に、昔の人はこの言葉を使っていたと考える事ができます。

同じような意味の言葉に「虫の居所が悪い」があります。

こちらも不機嫌な原因を、虫のせいにしているために生まれている言葉です。

2-3. 「むかつく」

2-「むかつく」

「むかつく」という言葉は「怒り」を含んだ言葉として良く使われます。

「怒り」や「憤懣」ほど強い感情ではありませんが、癪に障る相手に対して抱く感情として、とても一般的です。

我を忘れるほど感情的になっているわけではないので、「むかつく」という言葉を使って嫌な気持ちを表現する機会は多いです。

それ以上腹が立つ時は、逆に自分の感情を隠したりします。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月08日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い