占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180827102015.html

「助けてください」と言う心理とは?神様ではダメ!【「助けてください」という大切さ】 | SPITOPI

SPITOPI
「助けてください」と言う心理とは?神様ではダメ!【「助けてください」という大切さ】

経済的に困窮したり心理的に絶望したりした時、自分から言うべき言葉に「助けてください」があります。

「助けてください」と言える人と言えない人の心理にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 「助けてください」の言葉の意味とは?どんな時に言う言葉なのか?
  • 「助けてください」と言える人の心理・特徴
  • 「助けてください」と言えない人の心理・特徴
  • 「助けてください」という相手が神様・仏様ではダメな理由
  • 人に助けを求めることが大切な理由
  • まとめ

1. 「助けてください」の言葉の意味とは?どんな時に言う言葉なのか?

「助けてください」の言葉の意味とは?どんな時に言う言葉なのか?

「助けてください」という言葉の意味は、「自分の能力・努力・健康状態」などではもうどうしようもならない状態なので、他人に対して「援助(手助け)・支援」をしてほしいという意味になります。

「助けてください」という言葉は、自力で問題解決ができなくなった時に言う言葉であり、他人に対して「何らかの手助け・援助・応援」をお願いしている言葉なのです。

「助けてください」と言えるか言えないかは、その人のパーソナリティーや今までの生き方によっても変わってきますが、孤立化が進む現代社会では「助けてくださいと言えない人」が苦しんだり亡くなったりする問題が深刻化しています。

「助けてください」という言葉は、「経済的に困窮した時・健康状態が悪化した時・対人関係(社会生活)で完全に孤立した時・心理的に落ち込んで絶望した時」に言うべき言葉なのです。

2. 「助けてください」と言える人の心理・特徴

「助けてください」と言える人の心理・特徴

「助けてください」と言える人の心理・特徴には、どのようなものがあるのでしょうか?

2-1. 根拠のないプライドや見栄に対するこだわりがない

根拠のないプライドや見栄に対するこだわりがない

「助けてください」と言える人の心理・特徴として、「根拠のないプライドや見栄に対するこだわりがない」ということがあります。

「助けてください」と言える人は、根拠のないプライドにこだわって、「弱っている自分+困っている自分」を人の目から隠そうとすることがありません。

根拠のないプライドや見栄に対する強いこだわりがないので、周囲にいる自分の友人知人に対して、「今、困っているから助けてほしい」という率直なメッセージを伝えることに恥ずかしさやためらいが余り無いのです。

いつも強くて立派な自分を見せていなければならないという、「根拠のないプライド・虚栄心」に囚われていないのです。

2-2. 自分を実際以上の存在として大きく(強く)見せかけようとしていない

自分を実際以上の存在として大きく(強く)見せかけようとしていない

「自分を実際以上の存在として大きく(強く)見せかけようとしていない」ということが、「助けてください」と言える人の心理・特徴の一つになっています。

「助けてください」と言える人は、必要以上に格好つけずに「ありのままの等身大の自分」を出しながら、人とフランクな付き合いをしていることが多いのです。

普段の生活で、自分を実際以上の存在として大きく(強く)見せかけようとする虚勢を張っていないので、いざ自分が困ってしまった時にも「弱い自分+助けを求める自分」を他人に見せることにためらいが無いのです。

2-3. 社交的・マメで普段から信頼できる人間関係を持っている

社交的・マメで普段から信頼できる人間関係を持っている

「助けてください」と言える人の心理・特徴として、「社交的・マメで普段から信頼できる人間関係を持っている」ということがあります。

「助けてください」と言える人には、社交的な明るい性格の人が多く、普段からマメに仲間・友達とLINEやメールで連絡を取り合っていることが多いのです。

「助けてください」と言える人は、社交的な性格やコミュニケーション能力の高さを活かして、「助けてください」と言えるような親しい人間関係を普段の生活の中で作り上げているのです。

2-4. 今まで困っている他人のために行動した経験が多い

今まで困っている他人のために行動した経験が多い

「今まで困っている他人のために行動した経験が多い」ということが、「助けてください」と言える人の心理・特徴になっています。

自分自身が「利他主義(アルトイズム)+ボランティアの精神」を持っている人ほど、自分が困っている時にも他人に助けを求めやすいのです。

過去の人生において、「困っている他人・苦しんでいる他人」のために積極的に行動してきた経験があるため、本当に自力で解決できない時には「他人の善意・ボランティア精神・利他主義」に頼ってもいいということを体感的に理解することが出来ているのです。

2-5. 困った時はお互い様という相互扶助の意識がある

困った時はお互い様という相互扶助の意識がある

「助けてください」と言える人の心理・特徴として、「困った時はお互い様という相互扶助の意識がある」ということを指摘できます。

「助けてください」と言える人の現実社会に対する認識は、「弱肉強食の奪い合いの社会」ではなく「相互扶助の助け合いの社会」になっています。

人間は自分一人だけでは生きていけないとか、困っている時には助け合わなければ生きていけないとかいう真実について、実体験に基づく理解が出来ています。

そのため、困った時はお互い様という意識によって、本当に自分ではどうしようもならない時には、人に助けを求めることができるのです。

3. 「助けてください」と言えない人の心理・特徴

「助けてください」と言えない人の心理・特徴

「助けてください」と言えない人の心理・特徴には、どのようなものがあるのでしょうか?

3-1. 根拠のないプライドや見栄に強くこだわっている

根拠のないプライドや見栄に強くこだわっている

「助けてください」と言えない人の心理・特徴として、「根拠のないプライドや見栄に強くこだわっている」ということを上げることができます。

「助けてください」と言えない人には、「見栄っ張り・格好つけ」の自己顕示的な行動が目立つ人が多いのです。

「根拠のないプライド」が異常に強くて、絶対に人に対して「弱み・失敗した部分」を見せられないというタイプの人もいます。

自分が人生や仕事に成功していて、素敵な人に囲まれ幸福な毎日を送っているように見られたいという「見栄・世間体」があるので、「困ったり悩んだりしている自分の姿」を他人に見せることができないのです。

こういったプライドや見栄が強い人は、まず自分から「助けてください」と言うことは無いのです。

3-2. 今まで自分を実際以上の存在に見せかけて自慢してきた

今まで自分を実際以上の存在に見せかけて自慢してきた

「今まで自分を実際以上の存在に見せかけて自慢してきた」ということが、「助けてください」と言えない人の心理・特徴の一つになっています。

「助けてください」と言えない人には、今までの人生や人間関係で「ありのままの等身大の自分」を見せてこなかったという人が多いのです。

今までの人生で、自分を実際以上の素晴らしい存在に見せかけて自慢してきたような人は、今更、「弱くて惨めな自分」を他人の前に見せることが出来なくなってしまうのです。

過去にビジネスで成功してお金持ち(セレブ)であることを自慢していたような人は、その後に会社が倒産して貧乏になったとしても、「お金・仕事に困っているから助けて下さい」とはなかなか言えないことが多いのです。

3-3. 助けてくださいと言うと人に大きな迷惑・負担がかかって申し訳ないと思っている

助けてくださいと言うと人に大きな迷惑・負担がかかって申し訳ないと思っている

「助けてくださいと言うと人に大きな迷惑・負担がかかって申し訳ないと思っている」ということを、「助けてください」と言えない人の心理・特徴として指摘できます。

「助けてください」と言えない人には、「他人に迷惑を掛けてはいけない」という道徳的・自己規制的な信念を持って生きてきた人が多いのです。

他人に助けを求めれば、その人に時間・労力・お金を割かせる可能性が出てきて、迷惑や負担を掛けてしまうかもしれないという考え方によって、「助けてください」と言えなくなってしまいます。

「助けてください」と言えない人は、他人に対する思いやり・遠慮が強い人だと言えるでしょう。

3-4. 弱者・困窮者に対する差別意識を持っていて自分が弱者になりたくない

弱者・困窮者に対する差別意識を持っていて自分が弱者になりたくない

「助けてください」と言えない人の心理・特徴として、「弱者・困窮者に対する差別意識を持っていて自分が弱者になりたくない」ということを指摘することができます。

「助けてください」と言えない人は、今までの人生でいつも「平均前後の生活水準・自己定義」を維持してきたこともあり、直接的あるいは間接的に「弱者・困窮者に対する差別意識」を持っていることが多いのです。

自分が内心で弱者を馬鹿にしたりあんな惨めな人になりたくないと思っていたために、自分が困りきった時にも、素直な気持ちで助けを求めることが出来なくなるのです。

4. 「助けてください」という相手が神様・仏様ではダメな理由

「助けてください」という相手が神様・仏様ではダメな理由

「助けてください」という相手は、あくまで「人間(他者)」であるべきで「神様(宗教)」ではダメなのです。

なぜ「神様(宗教)」に対して「助けてください」とお願いすることがダメなのかの最大の理由は、「神様・仏様は物理的(即物的)な救済を与えてくれることがまずない」からです。

神様・仏様に祈ったりお願いしたりして得られる救いというのは主に「精神的・信念的な救済(世の中の不条理や悲しみの理由に納得できることによる精神的救済)」であり、お金がなくて食べ物が買えずに飢えている時に神様に助けてくださいといっても、急にその場にお金・食べ物が湧き出てくるわけではありません。

現実世界における「経済問題・社会問題・健康問題」に悩んだり困ったりしている時には、神様・仏様ではなくて人間(他者あるいは公的機関)に対して「助けてください」と声を上げて伝えるべきなのです。

5. 人に助けを求めることが大切な理由

人に助けを求めることが大切な理由

「人に助けを求めることが大切な理由」について、分かりやすく解説していきます。

5-1. 世の中は助け合い(相互扶助)の精神がなくなればただの弱肉強食になってしまう

世の中は助け合い(相互扶助)の精神がなくなればただの弱肉強食になってしまう

人に助けを求めることが大切な理由として、「世の中は助け合い(相互扶助)の精神がなくなればただの弱肉強食になってしまう」ということが上げられます。

人間が生きている世の中は、動物世界と同じ「弱肉強食のただ残酷なだけの世界」ではありません。

厳密には、人間社会にも残酷な部分は多くありますが、少なくとも「動物と同じ弱肉強食の世界に落ちるべきではないという倫理観」を維持していく必要を誰もが認識しているはずです。

世の中はお互いに助け合うという「相互扶助の精神」によって、人間社会が「弱肉強食の闇の世界」に転落することを防ぎ続けているのです。

人に助けを求められるということ自体が、人間社会に他者を思いやる助け合いの精神(人間らしい温かい心)が生きていることを証明してくれるのです。

5-2. 声を出して助けを求めなければ、誰かが困っていること自体に気づくことができない

声を出して助けを求めなければ、誰かが困っていること自体に気づくことができない

「声を出して助けを求めなければ、誰かが困っていること自体に気づくことができない」ということも、人に助けを求めることが大切な理由なのです。

現実社会に生きている過半数の人たちは、本当に困っている人に対しては救いの手を差し伸べるべきだ(少なくとも同じ社会に生きている他人を見殺しにすべきではない)という価値観を共有しています。

しかし、人に助けを求める声を上げなければ、「誰かが困って苦しんでいるという事実」に誰も気づくことができない恐れがあるのです。

子育てができない厳しい経済・心理の状況であれば、「どうしても自力で子育てができないので誰か助けてくれませんか」と周囲の隣人や公的機関に相談すべきであり、そういった助けを求めなければ大切な子供の命・健康が失われるリスクが出てきてしまいます。

5-3. 自力で解決できない問題が深刻化すれば、最悪は命を失ってしまう恐れもある

自力で解決できない問題が深刻化すれば、最悪は命を失ってしまう恐れもある

「自力で解決できない問題が深刻化すれば、最悪は命を失ってしまう恐れもある」ということが、人に助けを求めることが大切な理由の一つです。

人に助けを求めるという時点で、かなりきつい状況にまで追い込まれていることが多いのですが、誰にも助けを求めなければ、「経済的困窮・心理的苦悩・健康問題」がどんどん悪い方向に悪化していく可能性が高くなってしまいます。

食べ物もまともに買えないような貧困状況、あるいは耐え難い頭痛・腹痛に襲われていても病院に行けない状態が悪化すれば、最悪の場合、その人は命を失って死んでしまう危険性があります。

そんな最悪の事態を回避するために、人に助けを求めることが大切なのです。

5-4. 世の中には人助け・ボランティアをしたいと思っている善意の人たちも大勢いる

世の中には人助け・ボランティアをしたいと思っている善意の人たちも大勢いる

人に助けを求めることが大切な理由として、「世の中には人助け・ボランティアをしたいと思っている善意の人たちも大勢いる」という理由があります。

世の中には困っている人がいると分かれば、自発的に人助け・ボランティアをしたいという善意(道徳感情)に溢れた人も大勢います。

そういった善意の人たちは、「助けられるはずだった人を助けられなかった時」に最大の悲しみや後悔の苦しみを感じることになります。

人に助けを求めることで、善意の人たちの使命感・やり甲斐を満たすことができるのです。

5-5. 助けてくださいと言わないことが逆に大勢の人をもっと悲しませる結果になってしまう

助けてくださいと言わないことが逆に大勢の人をもっと悲しませる結果になってしまう

人に助けを求めることが大切な理由として、「助けてくださいと言わないことが逆に大勢の人をもっと悲しませる結果になってしまう」ということを上げることができます。

「助けてください」と言うと人に迷惑がかかるから言いたくないという人は多いのですが、実際には助けを求めずに「最悪の結果」になってしまった方が、より大勢の人に苦しみや悲しみを与えることになるのです。

できるだけ早い段階で助けを求めた方が、援助する側の負担や手間も小さくなりやすいのです。

まとめ

まとめ

「助けてください」と言える人の心理・特徴には、「社交的・マメで普段から信頼できる人間関係を持っている」「困った時はお互い様という相互扶助の意識がある」などがあります。

「助けてください」と言えない人の心理・特徴には、「根拠のないプライドや見栄に強くこだわっている」「今まで自分を実際以上の存在に見せかけて自慢してきた」などがあります。

「助けてくださいという相手が神様ではダメな理由」や「人に助けを求めることが大切な理由」についても分かりやすく解説していますので、「助けてください」と言える人の心理・特徴を詳しく調べたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

人に助けを求めることが大切な理由

「人に助けを求めることが大切な理由」について、分かりやすく解説していきます。

5-1. 世の中は助け合い(相互扶助)の精神がなくなればただの弱肉強食になってしまう

世の中は助け合い(相互扶助)の精神がなくなればただの弱肉強食になってしまう

人に助けを求めることが大切な理由として、「世の中は助け合い(相互扶助)の精神がなくなればただの弱肉強食になってしまう」ということが上げられます。

人間が生きている世の中は、動物世界と同じ「弱肉強食のただ残酷なだけの世界」ではありません。

厳密には、人間社会にも残酷な部分は多くありますが、少なくとも「動物と同じ弱肉強食の世界に落ちるべきではないという倫理観」を維持していく必要を誰もが認識しているはずです。

世の中はお互いに助け合うという「相互扶助の精神」によって、人間社会が「弱肉強食の闇の世界」に転落することを防ぎ続けているのです。

人に助けを求められるということ自体が、人間社会に他者を思いやる助け合いの精神(人間らしい温かい心)が生きていることを証明してくれるのです。

5-2. 声を出して助けを求めなければ、誰かが困っていること自体に気づくことができない

声を出して助けを求めなければ、誰かが困っていること自体に気づくことができない

「声を出して助けを求めなければ、誰かが困っていること自体に気づくことができない」ということも、人に助けを求めることが大切な理由なのです。

現実社会に生きている過半数の人たちは、本当に困っている人に対しては救いの手を差し伸べるべきだ(少なくとも同じ社会に生きている他人を見殺しにすべきではない)という価値観を共有しています。

しかし、人に助けを求める声を上げなければ、「誰かが困って苦しんでいるという事実」に誰も気づくことができない恐れがあるのです。

子育てができない厳しい経済・心理の状況であれば、「どうしても自力で子育てができないので誰か助けてくれませんか」と周囲の隣人や公的機関に相談すべきであり、そういった助けを求めなければ大切な子供の命・健康が失われるリスクが出てきてしまいます。

5-3. 自力で解決できない問題が深刻化すれば、最悪は命を失ってしまう恐れもある

自力で解決できない問題が深刻化すれば、最悪は命を失ってしまう恐れもある

「自力で解決できない問題が深刻化すれば、最悪は命を失ってしまう恐れもある」ということが、人に助けを求めることが大切な理由の一つです。

人に助けを求めるという時点で、かなりきつい状況にまで追い込まれていることが多いのですが、誰にも助けを求めなければ、「経済的困窮・心理的苦悩・健康問題」がどんどん悪い方向に悪化していく可能性が高くなってしまいます。

食べ物もまともに買えないような貧困状況、あるいは耐え難い頭痛・腹痛に襲われていても病院に行けない状態が悪化すれば、最悪の場合、その人は命を失って死んでしまう危険性があります。

そんな最悪の事態を回避するために、人に助けを求めることが大切なのです。

5-4. 世の中には人助け・ボランティアをしたいと思っている善意の人たちも大勢いる

世の中には人助け・ボランティアをしたいと思っている善意の人たちも大勢いる

人に助けを求めることが大切な理由として、「世の中には人助け・ボランティアをしたいと思っている善意の人たちも大勢いる」という理由があります。

世の中には困っている人がいると分かれば、自発的に人助け・ボランティアをしたいという善意(道徳感情)に溢れた人も大勢います。

そういった善意の人たちは、「助けられるはずだった人を助けられなかった時」に最大の悲しみや後悔の苦しみを感じることになります。

人に助けを求めることで、善意の人たちの使命感・やり甲斐を満たすことができるのです。

5-5. 助けてくださいと言わないことが逆に大勢の人をもっと悲しませる結果になってしまう

助けてくださいと言わないことが逆に大勢の人をもっと悲しませる結果になってしまう

人に助けを求めることが大切な理由として、「助けてくださいと言わないことが逆に大勢の人をもっと悲しませる結果になってしまう」ということを上げることができます。

「助けてください」と言うと人に迷惑がかかるから言いたくないという人は多いのですが、実際には助けを求めずに「最悪の結果」になってしまった方が、より大勢の人に苦しみや悲しみを与えることになるのです。

できるだけ早い段階で助けを求めた方が、援助する側の負担や手間も小さくなりやすいのです。

まとめ

「助けてください」と言える人の心理・特徴には、「社交的・マメで普段から信頼できる人間関係を持っている」「困った時はお互い様という相互扶助の意識がある」などがあります。

「助けてください」と言えない人の心理・特徴には、「根拠のないプライドや見栄に強くこだわっている」「今まで自分を実際以上の存在に見せかけて自慢してきた」などがあります。

「助けてくださいという相手が神様ではダメな理由」や「人に助けを求めることが大切な理由」についても分かりやすく解説していますので、「助けてください」と言える人の心理・特徴を詳しく調べたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

無料占い

スポンサーリンク

3 / 3


無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!