占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180811144852.html

女性が「男に生まれたかった」と思う瞬間(心理・スポーツ) | SPITOPI

SPITOPI
女性が「男に生まれたかった」と思う瞬間(心理・スポーツ)

女性が女性に生まれたことを後悔するときはどのようなことなのでしょう。

女性にしか分からない、その心理について詳しくみていきましょう。

  • 女性が「男に生まれたかった」と思う瞬間
  • 女性が「男に生まれたかった」と思う心理
  • 女性と男性の違い
  • 逆に女に生まれたかったという意見や理由は?
  • まとめ

1. 女性が「男に生まれたかった」と思う瞬間

女性が「男に生まれたかった」と思う瞬間

女性が「男に生まれたかった」と思う瞬間について見ていきます。

1-1. 仕事でマタハラを受けたとき

仕事でマタハラを受けたとき

愛する人との間に可愛い赤ちゃんができたと喜んでいるのもつかの間。

妊娠したとなると、働いている女性の場合、今後の仕事の対応に追われたり、体のことを考えると無理はできないので残業はできないなどの配慮を職場の人にお願いすることになります。

妊娠によって、自分の仕事がセーブされ、職場の人に迷惑をかけるは必須。

だから、妊娠を喜んでくれる人もいれば、怪訝な顔をしたり、嫌みなことを言う人も中にはいます。

命という尊うべきものを体に宿しているのに、妊娠を喜ばず、意地悪な対応をされてしまうと、本当に悲しい気持ちになってしまいます。

また、女性の場合、これまで積み上げてきたキャリアを誰かに奪われる可能性も否定できず、出産で仕事から遠ざかることは、ある意味、恐怖でもあります。

仕事が大好きな女性の場合、出産で仕事を休むことはなるべく避けたいと強く願うはずです。

妊娠せずに子供を手に入れることのできる男性のことを本気で羨ましく思うことでしょう。

1-2. 人間関係で悩んでいるとき

人間関係で悩んでいるとき

女性の人間関係は複雑です。

グループに属していないと、自分の立場が弱くなってしまったり、誰かといつもつるんでいないと変わり者呼ばわりされてしまったり。

だから、嫌いな人と一緒でも、どこかのコミュニティに属していなければ、変わった人というレッテルを貼られやすいという傾向があります。

また、女性の場合、グループ同士の派閥などもあるので、非常に面倒です。

対立しているグループの子と少し会話しただけでも仲間を裏切ったなどと言われかねず、四六時中、気を遣って行動しなくてはいけません。

1-3. 結婚に焦りを感じているとき

結婚に焦りを感じているとき

男性に比べ、女性は女性としての価値の賞味期限が非常に短いです。

大学を卒業し、入社して経験を積み、さあこれからだというときに、気付けば、すでに結婚適齢期。

20代後半にさしかかれば、出産年齢のことも頭をよぎり、悠長に仕事のことばかり考えてもいられません。

男性ならば、何歳になっても現役で子供を作ることが可能ですが、女性の場合は35歳を過ぎると、高齢出産の域に入ってしまいます。

しかも、高齢で出産するほど、子供に障害が発生するリスクが高まるため、早めに子供を出産するに越したことはありません。

キャリアをとるか、結婚するかは、女性にとっては辛い選択です。

1-4. 瓶のフタが開けられないとき

瓶のフタが開けられないとき

一人暮らしの女性あるあるのですが、瓶のフタが開けられず食べられないまま賞味期限が過ぎるといったことがあります。

目の前に、自分の食べたい食材があるのに、食べられない辛さといったらありません。

このようなとき、自分が男性だったらよかったのにと本気で思います。

男性の場合、力があるので、力仕事もできますし、なんでも自分一人でこなせるので女性としたら羨ましい限りです。

1-5. 夜の外出が怖いとき

夜の外出が怖いとき

女性は力がありません。

だから、抵抗しても男性に本気で抑えつけられたら敵う訳がありません。

夜にちょっとコンビニに行きたいと思っても、「コンビ二に行く途中でひったくりにあったらどうしよう…」などと思い、控えることもあります。

「お腹空いた」と思っても、やはり夜の独り歩きが怖くてできないのです。

自分の力に自信がなくて、自由な行動が制限されると、女性に生まれたことを少し後悔します。

1-6. 男性が上半身裸で過ごしているのを見たとき

男性が上半身裸で過ごしているのを見たとき

真夏の暑いときに、上半身裸で過ごしている男性を見ると、気持ちよさそうだなと感じます。

上半身裸で過ごすことは、女性は絶対にできないことなので、羨ましく思います。

上半身裸になっている、その爽快感たるや、きっと心地のよいものであろうことが予想されます。

女性の場合は、胸の重さで肩が凝ったり、ブラジャーという暑苦しいものをつけなくてはいけないので、夏だと暑苦しくて仕方がありません。

2. 女性が「男に生まれたかった」と思う心理

女性が「男に生まれたかった」と思う心理

女性が「男に生まれたかった」と思う心理はどのようなものなのでしょう。

2-1. 女性だけが社会的に不利だと感じている

女性だけが社会的に不利だと感じている

男女平等が進んできてはいますが、まだまだ女性の立場は弱いものです。

妊娠したら会社を辞めざるを得ない人も多いというのが実態です。

こうした背景をみると、キャリアウーマンのママにとって、今の世の中は生きにくいものと言えます。

仕事をする上で、女性だけが社会的に不利だと感じる人もいるでしょう。

結婚や出産を機に肩たたきのようなものにあっている人もまだいることでしょう。

こうした世の中の仕組みが消えるまで、働くママの不満が消えることはないでしょう。

2-2. 女性がターゲットになるリスクが多い

女性がターゲットになるリスクが多い

ニュースを見ていても、誘拐や売春などで狙われるのは女の子です。

また、一人暮らしの高齢者宅に強盗が入りやすいのも女性宅。

女性は力のない分、こうした犯罪に遭いやすく、狙われやすいのが悩みです。

男性よりも警戒心を高め、日頃から犯罪に遭わないように細心の注意を払う必要があります。

こういった点で女性は生きにくさを持っていると言えるでしょう。

2-3. 面倒なことが多すぎる

面倒なことが多すぎる

女性は朝から面倒なことが多いです。

まずは朝起きたら、家族の朝食を作り、メイクをする、掃除もする、片付けや家族の身支度もなんでもこなすといったようなことです。

主夫と呼ばれる男性もいるので、一概に女性だけが大変だとは言えませんが、メイクなどは、非常に面倒に感じている女性は多いのではないでしょうか。

メイクが好きな女性なら良いですが、メイクをしなくてもよいとする女性にしたら負担に思うでしょう。

しかも、メイク道具や化粧品は高価なものが多いので、憂鬱になる人も多いと思われます。

2-4. 力がないから一人で生きるには限界がある

力がないから一人で生きるには限界がある

女性はなんだかんだいって力がありません。

だから、大口を叩いても、結局は誰かに頼らないと生きてはいけません。

もしくは相当な工夫が必用になってきます。

大工仕事をするにしても力が足りずうまく進まない、女性だけだと相手に舐められてしまうというように、男性の逞しさを持たない女性はこの世の中を生きにくい傾向にあります。

傍に男性がいてくれたらと思わず思ってしまうシチュエーションは、女性なら何度も経験したことがあるはずです。

2-5. 自分の容姿に自信がない

自分の容姿に自信がない

女性の場合、男性に比べて容姿に注目を浴びやすいという傾向があります。

見た目が美しい女性なら、そういった世の中でも問題なく生きていくことができるでしょうが、困るのはあまり器量の良くない女性たちです。

容姿が悪いというだけで、人気の高い男性とお付き合いできる確率が下がったり、中身を評価されることなく外見だけで嫌なふうにとられてしまわれがちだというところです。

もちろん、男性の場合もそういったケースはありますが、しかし、女性のそれに比べると少ないように感じます。

実際、美女とブ男のカップルを見かけることはありますが、ブスと美男子のカップルはあまり見かけたことはありません。

3. 女性と男性の違い

女性と男性の違い

女性と男性の大まかな違いについて見てみましょう。

3-1. 生理

生理

毎月一度の生理は、女性にとって非常に辛いものです。

生理時の痛みは酷いときは本当に酷く、立っているだけでもやっとの痛みです。

ですが、生理は病気ではないため、生理で休んでいると、嫌みを言われることもあるでしょう。

本当はうずくまって痛みに耐えたいのに、それができずに頑張って普段通りに振る舞って頑張っている女性も多いことでしょう。

3-2. 出産

出産

出産は命がけの行為です。

現代の日本では出産によって命を落とす危険がほぼなくなってはいますが、100%ではありません。

また、その激痛たるや、凄いものがあります。

出産で赤ちゃんの頭が出やすいようにと、局部をハサミで麻酔なしで切りますが、その切った時の痛みも分からないほど、ずっと激痛が続いているのですから、相当な痛みだろうということが想像できるでしょう。

出産の後は、早速、赤ちゃんの子育てが待っています。

赤ちゃんは初めは昼と夜が逆転しているので、出産したばかりの体で夜泣きする赤ちゃんをなだめるのは、相当な負担です。

3-3. スポーツなど運動能力

スポーツなど運動能力

女性は男性比べ、スポーツなどの運動能力に優れていません。

ゆえに、どんなに運動面で男性に勝とうと思っても、なかなかうかくはいかないでしょう。

負けず嫌いな女性にとっては辛く感じてしまうことかもしれませんが、運動能力が低いのは、体が出産に備えて体力をセーブしているためだと言われています。

将来、元気な赤ちゃんが産めるために仕方のないことだとあきらめましょう。

4. 逆に女に生まれたかったという意見や理由は?

逆に女に生まれたかったという意見や理由は?

反対に女に生まれたかったという意見や理由をまとめてみました。

4-1. 服などアイテムが豊富

服などアイテムが豊富

女性は男性よりもオシャレを思う存分楽しむことができます。

オシャレが好きな男性にしたら、羨ましい限りなのではないでしょうか。

女性ものの服やアイテムを取り扱っているお店が多いなと感じるのは、デパートやショッピングモールなどに行ったときです。

案内の掲示板に立つと、女性向けのテナントが多く入っていることに気が付きます。

それに比べて男性向けのテナントは、ほんのわずかという印象。

服が欲しくても、選択肢が狭く、自分の欲しい服が買えないことだってあります。

女性の場合は、ショップによって個性があり、自分好みの服を見つけやすいため、その点では男性よりも優遇されているといえるでしょう。

4-2. 女性割引など優遇もある

女性割引など優遇もある

映画館などに行くと、レディースディーなどと称して、女性だけ安く映画をみることができたり、食堂で女性だけデザートをおまけで貰えるサービスなどが存在しています。

まだまだ、男性に比べ、女性の方が、昼間に仕事をせずに自由にできる時間が多いので、女性をターゲットにしたサービスが多いのでしょう。

巷には様々な女性に向けてのサービスが多いです。

また、夫婦などの場合だと、どちらかといえば、妻が行き先を決めて、夫がそれについていくというケースが多いので、妻側にサービスを設定しておくと、お得感を感じた妻が、夫もつれてお店に入ってくれるという現象が起きます。

女性にサービスを施して、お得感をにじませていると、それだけお店にとっても恩恵を受ける確率が高まります。

4-3. デートで奢ってもらえる可能性が少し高い

デートで奢ってもらえる可能性が少し高い

男尊女卑が昔の考えになっている世の中ですが、恋愛においては、女性は男性にリードされ、守られていたいと思うものです。

だから、世の中が男女平等を強く唱えるようになったからといって、デートで割り勘してもいいかというと、それは違います。

恋愛においては、女性はか弱き存在であり、男性に守られてこそ成り立つ恋です。

デートで割り勘をするような、生活能力のない男性に女性が素敵だと心をときめかせる訳がありません。

こうした事情をよく知っている男性ならば、きっと女性にデートで奢ることでしょう。

男性といってもそれぞれのお財布事情があると思うので、みんながみんなではないでしょうが、少なくても男性よりも奢ってもらえる確率が高いのは嬉しいところです。

4-4. コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い

女性の場合、男性と比べると、コミュニケーション能力が非常に高いです。

次から次へと豊富な話題は、時間がいくらあっても足りないくらいです。

そのような話上手な女性は、転勤などで次から次へと違うコミュニティに属することになっても、男性よりもその土地に適応する能力が非常に高いです。

女性の場合、男性よりもそのコミュニケーション能力の高さゆえ、自分の方からどんどん周りに話しかけ、関係を深めていくことができるからです。

また、女性の場合、男性と違って小柄でか弱い存在であるため、相手に近づいていっても警戒されずに受け入れられるといった理由もあります。

そのため、女性の場合、どこへいっても自分の居場所を見つけてしまうのが得意な傾向にあります。

4-5. 親近感をもってもらえる

親近感をもってもらえる

女性特有の親近感は、女性の武器でもあります。

子供のときは男女問わず、誰でも可愛く親近感がもてるものですが、これが不思議なことに、成長を伴うにつれ、男性だけがその親近感を失うことになります。

男性の場合、骨格が逞しく育ち、体格も大きくなるため、成人の男性を見ると、親近感というよりは怖いといった印象を持つようになります。

親近感がないと、年をとったときに男性は不利です。

一人暮らしをして寂しく思っても、こちらから動かない限り、誰も近寄ってはこないでしょう。

これが女性となると話は別です。

女性の場合、その小柄な体型や優しそうな声から、親近感をもたれ、知らない人から話しかけられることが多くなります。

一人暮らしをしても、周りの人が心配をして、あれやこれやと声をかけてくれることが多いです。

まとめ

まとめ

女性に生まれて後悔することもあれば、反対に女性が得をする場合もあります。

せっかく持って生まれてきた性なので、十分にその恩恵を受けてみてはどうでしょう。

まとめ

女性に生まれて後悔することもあれば、反対に女性が得をする場合もあります。

せっかく持って生まれてきた性なので、十分にその恩恵を受けてみてはどうでしょう。

無料占い

スポンサーリンク

3 / 3


無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!