占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180415170346.html

プレゼントを断る人の心理 | SPITOPI

SPITOPI
プレゼントを断る人の心理

愛情を示したい時や、お祝いしたい時に主に行われるプレゼントは、基本的には喜びしか芽生えないことが多いものですが、状況によっては複雑な心境で断らなけれなばならないこともあります。

そのような経緯に至る人は、どのような心模様でプレゼントを受け取らないのか、プレゼントを断る人の心理について、ご紹介します。

  • それを貰うような関係じゃない
  • 高価すぎて恐縮
  • 趣味が合わないものをもらっても困る
  • その人自身のためにお金を使ってほしい
  • これではなく別のものが欲しいとアピールするため
  • 物で釣られる人間だと思われたくないという意思表示
  • お返しをするお金がもったいない
  • プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、プレゼントをもらうことで借りを作りたくないという発想です。
  • まとめ

1. それを貰うような関係じゃない

それを貰うような関係じゃない

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、二人の距離感に対する違和感です。

例えば、ほとんど話したこともないのに、高価なプレゼントをくれたり、アクセサリーを渡されるなど、自分がその人からそれをもらう必然性がない場面では、嬉しさよりも気味悪さを感じさせます。

そういう人は、プレゼントはいらないとどんなに訴えても、相手の異常なポジティブシンキングで「遠慮してる」と変換され、訴えは聞き入れられないことも多いです。

2. 高価すぎて恐縮

高価すぎて恐縮

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、プレゼントが高価すぎて恐縮してしまうケースもあります。

このような理由でプレゼントを断る人は、子供の頃から親にも高価なものをもらった経験がなく、こんなに高いものは身に余ると考えるため、それをどうしていいかわからずに、相手につき返すことになります。

本来であれば素直に喜んで良い場面でも、高級品に対する苦手意識があるため、ひたすら謝罪をして徹底的に受け取らない頑固さを見せます。

3. 趣味が合わないものをもらっても困る

趣味が合わないものをもらっても困る

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、自分の趣味と合わないものはもらっても無駄になってしまうから、これを楽しめる人のもとに行くべきという考え方です。

このように考える人はとても正直な性格で、その場限りでお礼を言いながら、裏でゴミ箱に捨てるようなことをしたくないため、正直に断ることでその人に誠意を見せています。

自分の趣味と合わないということを直接伝える人と、そこはオブラートに包む人もいますが、嘘をつきたくない人の考え方です。

4. その人自身のためにお金を使ってほしい

その人自身のためにお金を使ってほしい

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、自分のためにお金を使わずに、その人自身のためにお金を使ってほしいという気遣いによるケースもあります。

例えば、仕事のために上京した子供から、初任給が入ったから何かプレゼントしたいと提案された親が、実家を離れて一人で生活している我が子の幸せを思う気持ちから、プレゼントなんてもらっても邪魔になるだけだから送ってくるなと、強い言葉をつき返す場合などがそれにあたります。

5. これではなく別のものが欲しいとアピールするため

これではなく別のものが欲しいとアピールするため

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、これではなくもっと別のものが欲しいとアピールするために断るケースもあります。

これは主にカップルや親子関係など、親しい間柄で行われることですが、甘えるようにおねだりできる関係性がある上で、「これはいらない」と強調することで、これはいらないということは、どれなら欲しいのと相手に尋ねてもらうきっかけを作るために、一度拒否反応示す場合があります。

6. 物で釣られる人間だと思われたくないという意思表示

物で釣られる人間だと思われたくないという意思表示

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、物で釣られるような安い人間だと思われたくないという誇り高さです。

これは例えば、ブランドバッグをプレゼントすれば落ちると思っている男性への反抗心や、マンション建設のための立ち退きを依頼しに来た際に、出て行ってくれればこれだけのものを用意するというような提案をされた時など、物やお金なんかで自分の気持ちは変わらないという意思表示を示すために、贈り物を断ることがあります。

7. お返しをするお金がもったいない

お返しをするお金がもったいない

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、お返しをするお金がもったいないという場合もあります。

特に相手が経済力のある人の場合、相手にとっては気軽な金額のプレゼントかもしれませんが、その日の昼職すら100円単位で節約してる人にとって、そのような予測不能の出費は痛手でしかありませんので、プレゼントを返せないからプレゼントをもらえないという発想に至り、断ることになります。

8. プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、プレゼントをもらうことで借りを作りたくないという発想です。

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、プレゼントをもらうことで借りを作りたくないという発想です。

このような理由でプレゼントを断る人は、物事をマイナスに考えてしまう傾向があり、プレゼントをもらうという借りを作ってしまうことで、その後に何か見返りを要求されるのではないかという心理から、プレゼントを受け取らないという結論に至ります。

実際、恋が成就しないとわかると、「いくら使ったと思ってるんだ」と逆ギレする人もいますので、そうした先入観が芽生えるのも無理もないことです。

まとめ

まとめ

プレゼントを断る人の心理について、まとめてみました。

精神的な繋がりがきちんとできていない関係性では、心苦しいだけですので、相手が素直に喜べないプレゼントはできるだけ渡さないよう、注意しましょう。

これではなく別のものが欲しいとアピールするため

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、これではなくもっと別のものが欲しいとアピールするために断るケースもあります。

これは主にカップルや親子関係など、親しい間柄で行われることですが、甘えるようにおねだりできる関係性がある上で、「これはいらない」と強調することで、これはいらないということは、どれなら欲しいのと相手に尋ねてもらうきっかけを作るために、一度拒否反応示す場合があります。

物で釣られる人間だと思われたくないという意思表示

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、物で釣られるような安い人間だと思われたくないという誇り高さです。

これは例えば、ブランドバッグをプレゼントすれば落ちると思っている男性への反抗心や、マンション建設のための立ち退きを依頼しに来た際に、出て行ってくれればこれだけのものを用意するというような提案をされた時など、物やお金なんかで自分の気持ちは変わらないという意思表示を示すために、贈り物を断ることがあります。

お返しをするお金がもったいない

プレゼントを断る人の心理として挙げられるのは、お返しをするお金がもったいないという場合もあります。

特に相手が経済力のある人の場合、相手にとっては気軽な金額のプレゼントかもしれませんが、その日の昼職すら100円単位で節約してる人にとって、そのような予測不能の出費は痛手でしかありませんので、プレゼントを返せないからプレゼントをもらえないという発想に至り、断ることになります。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!