占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180120151536.html

【色占い】銀色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴 | SPITOPI

SPITOPI
【色占い】銀色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

銀色は、派手でありながらも、金色よりも涼やかでクールな印象がある色です。

銀は、古来より、装飾品や、食器、武具、硬貨などに用いられてきた、重要な金属です。

聖なる金属ともされ、魔除けのお守りや、さまざまな儀式、呪術や魔術にも使われてきました。

そのことから、銀色というのは、清廉さや、潔癖さを表すこともあります。

また、近年では、宇宙的なイメージや、コズミックな雰囲気を表す色でもあります。

この記事では、そんな銀や銀色の性質やイメージを踏まえて、色占いにおける銀色について説明します。

  • 色占いにおける銀色とは
  • 銀色の方に向いている仕事
  • 銀色が好きな人の心理
  • 銀色が好きな人の恋愛傾向
  • 銀色の人の特徴や性格【クールだけど実は目立ちたがり屋な実力者】
  • 銀色の人の特徴や性格【独特の感性や才能がある】
  • 銀色の人の特徴や性格【潔癖な印象が強い】
  • 銀色の人間関係の注意点
  • 銀色の効果と効用
  • 銀色と相性がいい色
  • まとめ

1. 色占いにおける銀色とは

色占いにおける銀色とは

銀色は、クールさとともに、輝きやセンスを表す色です。

メタリックカラーというのは、基本的に目立つ色であり、その人自身の輝きや、輝きたいという願望を表しています。

また、銀は、古来より、聖なる儀式や、魔術、呪術などに用いられた、スピリチュアルな物事において重要な金属です。

どちらかというと、清らかな方への属性が強く、潔癖や、清廉さの象徴でもある色です。

また、近年では、コズミック的な印象や、宇宙的な印象を持たれる色でもあります。

銀色を選ぶ人には、独特の感性があり、そのセンスを生かす物事に関わると良いでしょう。

2. 銀色の方に向いている仕事

銀色の方に向いている仕事

銀色の人に向いている仕事は、自分の才能や、能力を生かして、活躍することです。

クールな印象や、できる人というイメージがありますが、実は目立ちたがり屋という性格も兼ね備えています。

自分の能力を狭い範囲で生かすよりも、多くの人に知ってもらうような仕事につくと良いでしょう。

たとえば、スポーツ選手や、アイドル、アーティストなどメディアで取り上げられるような仕事が向いています。

前面に出なくても、自分の進む道で成果を上げ、なんらかの賞をとったりと、大きく評価されることで生きがいを感じるでしょう。

銀色の人は、芸術的なセンスはもちろんのこと、ファッションやメイクに関しても独特の感性を持っています。

少々コアな趣味ももっていますが、そうしたセンスを表現する仕事にも向いています。

デザイナーや、美容家、ファッションモデル、メイクアップアーティスト、ネイリスト、美容師など、美に関する仕事をすると良いでしょう。

また、銀色の人は、宇宙的なことに興味関心を抱く場合も多いです。

天文や宇宙について、学び、その知識を生かす仕事に就くのも良いでしょう。

3. 銀色が好きな人の心理

銀色が好きな人の心理

銀色が好きな人は、自分自身をクールに見せたい、かっこよくなりたいという願望が強い人です。

また、自分をそのような性格だと認めている人も多いでしょう。

少々ナルシストではありますが、現実が見えていないわけではありません。

自分の能力や才能について客観的に理解できており、TPOに応じて生かす力を持っている人なのです。

また、銀を選ぶ人は、清らかでありたい、潔癖でありたいという気持ちも強いです。

べたべたとしたウエットな関わりを好まず、ほどよい距離感で付き合いたいと感じています。

また、掃除や整理整頓など、物理的に清潔であることも好みます。

そして、正しくありたい、嘘はつきたくないという、清廉さを望む人でもあるのです。

現実は見えていますが、理想が高い場合も多いので、そのジレンマに苦しむこともあるでしょう。

しかしながら、銀色を選ぶ人は、相応の実力を持っています。

その力を十分に発揮することで、自分の理想に近づくことができるでしょう。

4. 銀色が好きな人の恋愛傾向

銀色が好きな人の恋愛傾向

銀色が好きな人は、どちらかというと自分の人生を大切にするタイプです。

誰かと無理に仲良くなるよりも、自分の目標や、夢、好きなことのために、行動する方が向いているのです。

そのことから、あまり恋愛をしたがらない人や、恋愛に興味のない人も多いでしょう。

人生にある程度充実感を感じたり、満足を感じた後に、相手を探す場合も多いので、晩婚の人も多いです。

しかし、銀色の人はモテないわけではありません。

ファッションのセンスも良いですし、知的でウィットに富んだ会話や態度ができる人でもあります。

スマートな印象から、異性にモテるタイプの人も多いです。

特に、銀色を選んだ男性は、他の女性からちやほやされることが多いはずです。

異性が嫌いなわけではないので、自分がモテることに、まんざらではないと感じていることも多いでしょう。

逆に、銀色を選んだ女性は、頭がキレすぎて、たくさんの男性が近寄ることは少なくなるかもしれません。

ですが、同じくらいの知性や才能をもった男性と付き合えることが増えるでしょう。

しかしながら、銀色の人というのは、潔癖さや清廉さを好むことも多いです。

たとえモテても、不特定多数の人と付き合うことは少ないでしょう。

自分が一番大切に想っている人と、一緒にいることが幸せなのです。

また、独特の感性や、センスを持っているタイプの銀色の人は、同じように面白い感覚を持った人と付き合うことが多いです。

あるいは、自分とは真逆の趣味や、興味をもっている人と付き合うこともあるでしょう。

不思議な印象のカップルや、でこぼこコンビになることも多いのです。

5. 銀色の人の特徴や性格【クールだけど実は目立ちたがり屋な実力者】

銀色の人の特徴や性格【クールだけど実は目立ちたがり屋な実力者】

銀色の人は、クールで涼しげな印象をもっている場合が多いです。

近寄りがたい印象もありますが、実は目立ちたがり屋な性格を持っていることが多いのです。

表情や雰囲気をあまり変えることなく、自分の能力を発揮し、周りから評価されるタイプです。

そして、周囲から褒められたり、称賛されることに大きな喜びを感じる人ですが、あまり感情には表れません。

そのことから、スカしたかっこつけな人、ナルシストな人だと、思われてしまうこともあるでしょう。

実際に、ナルシストであることは否定できませんが、それほど相手に対して拒絶的な性格ではありません。

頭の回転も良く、機知に富んでいるので、細やかな気遣いができたり、気配りを忘れないという面ももっています。

しかし、べたべたとした付き合いは好まないため、クールな印象を持たれやすくなってしまうのです。

ですが、銀色の人は、誰かに嫉妬したり、攻撃性を持つようなことはありません。

他人に対して、自分のエネルギーを用いるよりも、自分の大切なことのために力を使う方がよっぽど生産的なのです。

そして、自分の才能や能力を理解していますが、そこに甘えるだけではありません。

客観性を保ちながら努力し、力を伸ばすポテンシャルを秘めているのです。

表情や空気を変えないことから、努力しなくてもできる人と嫉妬されたり、羨ましがられたりすることもあるでしょう。

しかし、本人は陰ながら、努力を積み重ねているのです。

銀を磨けば磨くほど輝くように、銀色の人も研鑽することで、輝きを増すのです。

6. 銀色の人の特徴や性格【独特の感性や才能がある】

銀色の人の特徴や性格【独特の感性や才能がある】

銀色の人は、独特の感性や才能を持っている場合が多いです。

特に、芸術的なセンスに関して、印象的なものを持っているでしょう。

絵であったり、音楽であったり、ファッションであったりと、自己表現することで充実感を感じることができます。

体力的な面も優れているので、スポーツの舞台で活躍することも多いです。

また、自分の好きなものに対して、コアであったり、マニアックであったりすることも多いので、他人から理解されない場合もあります。

しかし、本人は、そうした周囲の意見はあまり気にせずに、自分の愛するものに愛情を注ぐこどで満足できるのです。

ですから、銀色の人は、何かに制約されるよりも、マイペースに表現し、楽しむことで、より才能を伸ばすことができるのです。

7. 銀色の人の特徴や性格【潔癖な印象が強い】

銀色の人の特徴や性格【潔癖な印象が強い】

銀色の人は、クールな印象や、知的な印象、才能や能力に富んでいることから、モテたり、ちやほやされることも多いです。

本人も周囲から、称賛されることにはまんざらではありません。

しかしながら、銀色の人はべたべたとした関係や、不埒で無節操な付き合いを嫌います。

人間関係においてのけじめを大切にし、ほどよい距離感で付き合いたいと考えているのです。

ですから、異性関係において乱れることは少ないです。

どちらかというと、ピュアな面もあり、自分の大切な人と幸せに生きたいという気持ちも強いです。

ですが、深いつながりというよりも、お互いを尊敬し、高め合ったり、支え合うような友情的な関係を望むことも多いのです。

他にも、精神的な潔癖さではなく、物理的にも清らかであることを大切にします。

部屋の掃除や整理整頓にまめなタイプが多いです。

自分の興味に関する物品は多いですが、きちんと整頓し、部屋をきれいにしておくことを大切にしています。

8. 銀色の人間関係の注意点

銀色の人間関係の注意点

銀色の人は、クールな印象ではありますが、褒められると嬉しくなるタイプです。

ですから、客観的に評価し、称賛することが大切です。

感情的な評価であったり、甘やかしはかえって銀色の人のプライドを傷つけるので止めましょう。

また、感情的な叱咤激励や、根性論だけのアドバイスも嫌がります。

努めて、冷静に指摘し、現実的な提案をすることで、銀色の人はより努力しようと頑張るのです。

また、あまりべたべたとした付き合いも好みません。

連絡の頻度や、会う回数が多すぎると、銀色の人は疲れてしまいます。

ほどよい距離感を保ち、お互いに敬意を払って、関わっていくようにしましょう。

9. 銀色の効果と効用

銀色の効果と効用

銀は、古来より、魔除けの道具として用いられたり、聖なる儀式に使われてきた金属です。

トラブルや問題を避けたい、解決したいという人は、銀のアイテムを持つと良いでしょう。

自分の個性を出したい、能力を伸ばしたい、という人は、いぶし銀のアイテムを使うのがオススメです。

銀そのものでなくても、銀色の物を持つだけでも効果はあります。

自分の感性を磨きたい人は、銀色のアイカラーや、銀を使ったコズミックネイルをすると良いでしょう。

黒い紙に、銀色のペンで、自分の伸ばしたい才能や能力を書いてお守りにするのもオススメです。

銀色が持つ、魔除けの効果と、感性を磨く効果、二つの効果を生かしていきましょう。

10. 銀色と相性がいい色

銀色と相性がいい色

銀色と相性がいい色は、同じメタリックカラーです。

金色の人一緒にいることで、自分の能力や才能がより伸ばされ、スキルアップに繋がるでしょう。

しかし、金色の人も目立ちたがり屋なので、お互いにライバル意識をすることも多いです。

また、自分の性格を棚に上げ、金色の全力で目立とうとする性格に辟易することもあります。

むやみにケンカをするのではなく、切磋琢磨し、努力していくことが大切です。

また、銀色の人は、銀だけではなく、金色や銅色、他の色のメタリックなアイテムを持つことで、よりパワーがアップします。

やる気をアップさせたい人は、赤のメタリックカラー、冷静に物事を判断したい人は、青のメタリックカラーの物を持つと良いでしょう。

また、一緒にいて、心穏やかになれたり、清々しい気持ちでいられる相手は、白色の人です。

白色の人も、同じように、清らかで潔癖な印象を持ちながらも、癒しや受容の力ももっています。

白色の人に受け入れられ、包み込まれるように愛されることで、銀色の人は、より心豊かになれるのです。

かっこよさや、センスを磨き、強い印象をもたれやすいのが、黒色の人とのコンビです。

黒色は、支配的で、パワフルな印象をもっていますが、銀色の人はその威圧感に負けません。

黒色の人の能力を認め、また自分の力をアピールすることができるので、お互いに良いバランスが保たれやすいのです。

しかし、黒色の人と一緒にいすぎると、怖い印象や、いかつい印象を持たれやすいので気をつけましょう。

自己アピールだけに走るのではなく、周囲の人への思いやりや気遣いを忘れないことが大切です。

まとめ

まとめ

銀色を選んだ人は、自身のクールさと目立ちたいというジレンマに悩むこともあるでしょう。

しかし、銀色の人には、大きな才能や能力が秘められています。

自分の長所や才能について気づき、磨きあげていくことで、発揮され、周囲の人から評価を受けるでしょう。

才能は発掘するだけではなく、努力して研磨していくものです。

そのことを本人自身が深く理解しているはずです。

己の力に奢ることなく、己の力を信じて日々を大切に生きていきましょう。

また、人間関係においては無理に深く付き合う必要はありません。

少なくても良いので、自分の大切にしたいと思う人と、良い距離感で付き合っていくことが大切です。

自分の人生や生き方とバランスを保ちながら、人と関わっていきましょう。

銀色が好きな人の心理

銀色が好きな人は、自分自身をクールに見せたい、かっこよくなりたいという願望が強い人です。

また、自分をそのような性格だと認めている人も多いでしょう。

少々ナルシストではありますが、現実が見えていないわけではありません。

自分の能力や才能について客観的に理解できており、TPOに応じて生かす力を持っている人なのです。

また、銀を選ぶ人は、清らかでありたい、潔癖でありたいという気持ちも強いです。

べたべたとしたウエットな関わりを好まず、ほどよい距離感で付き合いたいと感じています。

また、掃除や整理整頓など、物理的に清潔であることも好みます。

そして、正しくありたい、嘘はつきたくないという、清廉さを望む人でもあるのです。

現実は見えていますが、理想が高い場合も多いので、そのジレンマに苦しむこともあるでしょう。

しかしながら、銀色を選ぶ人は、相応の実力を持っています。

その力を十分に発揮することで、自分の理想に近づくことができるでしょう。

銀色が好きな人の恋愛傾向

銀色が好きな人は、どちらかというと自分の人生を大切にするタイプです。

誰かと無理に仲良くなるよりも、自分の目標や、夢、好きなことのために、行動する方が向いているのです。

そのことから、あまり恋愛をしたがらない人や、恋愛に興味のない人も多いでしょう。

人生にある程度充実感を感じたり、満足を感じた後に、相手を探す場合も多いので、晩婚の人も多いです。

しかし、銀色の人はモテないわけではありません。

ファッションのセンスも良いですし、知的でウィットに富んだ会話や態度ができる人でもあります。

スマートな印象から、異性にモテるタイプの人も多いです。

特に、銀色を選んだ男性は、他の女性からちやほやされることが多いはずです。

異性が嫌いなわけではないので、自分がモテることに、まんざらではないと感じていることも多いでしょう。

逆に、銀色を選んだ女性は、頭がキレすぎて、たくさんの男性が近寄ることは少なくなるかもしれません。

ですが、同じくらいの知性や才能をもった男性と付き合えることが増えるでしょう。

しかしながら、銀色の人というのは、潔癖さや清廉さを好むことも多いです。

たとえモテても、不特定多数の人と付き合うことは少ないでしょう。

自分が一番大切に想っている人と、一緒にいることが幸せなのです。

また、独特の感性や、センスを持っているタイプの銀色の人は、同じように面白い感覚を持った人と付き合うことが多いです。

あるいは、自分とは真逆の趣味や、興味をもっている人と付き合うこともあるでしょう。

不思議な印象のカップルや、でこぼこコンビになることも多いのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!