占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20191219105637.html
水瓶座×申年の性格|運勢|A型・AB型・B型・O型

水瓶座×申年の性格|運勢|A型・AB型・B型・O型 | SPITOPI

SPITOPI
水瓶座×申年の性格|運勢|A型・AB型・B型・O型

スポンサーリンク

水瓶座×申年の組み合わせを持つ人はどのような特徴、性格、傾向があるのでしょうか。

ここでは、男女別の性格、血液型別の特徴など様々な角度からお伝えしていきます。

では一緒に見ていきましょう。

  • 水瓶座×申年の基本的な特徴
  • 水瓶座×申年の男性の性格
  • 水瓶座×申年の女性の性格
  • 水瓶座×申年のA型の特徴
  • 水瓶座×申年のAB型の特徴
  • 水瓶座×申年のB型の特徴
  • 水瓶座×申年のO型の特徴
  • 水瓶座×申年の恋愛傾向
  • 水瓶座×申年の全体的な運勢
  • まとめ

1. 水瓶座×申年の基本的な特徴

水瓶座×申年の基本的な特徴

まず、最初に水瓶座×申年のそれぞれが持つ基本的な特徴から見ていきましょう。

水瓶座は、男女ともに独特の視点、発想力を持っている人が多く、他人の価値観、意見に流されたりといったことはないのが特徴的です。

冷静で論理的で、自分自身の判断に自信があるということもあります。

交友関係は比較的広めになりますが、執着心が薄いといったことも関係しているのか、長期的に継続する関係性は案外少ないのです。

その場に応じて上手く合わせることはできますが、無理をしてまで付き合いを続けるといった努力はしないクールなタイプでもあります。

そして申年ですが、社交的で、大勢の人と楽しく過ごすのが好きという特徴があります。

目上の人に引き立ててもらうなど、若い時にかなり恵まれるといったタイプです。

忍耐力はあるのですが、一旦駄目だと思うとすっぱり全てをなかったことにするような、白黒はっきりつけるところがありますので「我慢が足りない」という風に映ることもあります。

また甘え上手な気質でもあります。

このような、わりと正反対とも思える気質を併せ持つ水瓶座×申年の人はどちらの気質が強く出るかで、相手に与える印象は大きく変わると言えます。

水瓶座の気質が強ければ、クールで独立心が旺盛、しっかり者といった優等生タイプでしょう。

一方で申年の気質が強ければ、場を和ませる甘え上手、みんなの人気者、愛嬌があるタイプという印象になります。

いずれにしましても共通しているのは、自分中心で物事を考える、自由を愛する、相手を観察する能力が高いといったことになります。

2. 水瓶座×申年の男性の性格

水瓶座×申年の男性の性格

水瓶座×申年の男性は、人当たりが良く、社交的な雰囲気を持っています。

視野が広く、賢いこともあり、話題も豊富で「面白くて、デキる人」「一緒にいて頼りがいがある」などと周りの人から好かれます。

仕事面においては、機転が利きますし、状況を冷静に判断することができます。

相手のことを観察して、どういうことを言えば喜ぶかなどと察することが得意ですので、営業など人と直接接する仕事は適職と言えるでしょう。

本来水瓶座の人は上下関係が苦手な傾向にありますが、申年の人は社交的という特徴がありますので、人間関係でそれほど苦労することはないでしょう。

ただし、一旦気に入らないことがありますと、それまで積み上げてきた関係性であってもすっぱり縁を切るといった激しさも持ち合わせています。

自分にとってマイナスになると判断しますと、そのような行動を素早くとることもあります。

つまりそれほど情が深いわけではなくドライな面があるのです。

3. 水瓶座×申年の女性の性格

水瓶座×申年の女性の性格

水瓶座×申年の女性は、非常に行動力があります。

水瓶座の人は冷静でよく考えるのですが、申年の人は恐れ知らずのところがあり、少々見切り発車であっても「何とかなるでしょう」と強気でもあります。

また若い時は周りに可愛がられるタイプですので、失敗してもフォローしてもらえるなど運も強いのです。

これは人懐っこさ、愛嬌があるからで、特に年上の人にウケがいいようです。

知識欲は旺盛ではありますが、継続的な努力といったものが苦手な傾向があります。

人間関係においても、これが駄目なら、次はこれといった風に見えてしまいます。

ポジティブ思考なのですが、周りから見れば要領がいい、飽きっぽいなどと思われることもあります。

ちなみに、恋愛か結婚かと言いますと、恋愛向きとなります。

4. 水瓶座×申年のA型の特徴

水瓶座×申年のA型の特徴

水瓶座×申年のA型は、先見の明があり、流行にも敏感といった意識が高いタイプです。

人付き合いにおいても、勢いに乗るであろう人を見つける目に長けています。

ただその部分があまりにも目立ち過ぎますと、人をいいように利用している、要領がいいなどと悪く思われることもあります。

また、普段は落ち着いていて大人しいといった印象でも、自分にとって許せないといったことが起こりますと感情をはっきり出してしまうことがあります。

これは人とは違う独特な視点があるからかもしれません。

他の人であればさほど気にならないことでもかなり気になってしまうといったことがあり、妥協ができない神経質な面も見せます。

5. 水瓶座×申年のAB型の特徴

水瓶座×申年のAB型の特徴

水瓶座×申年のAB型は、仕事、趣味など何か光る才能を持っていることが多いタイプです。

こだわりが強く、探究心がありますのでとことん深く極めようとします。

結果的にその方面で優秀な人として目立つことになります。

あまり自分のことをひけらかすことはないのですが、褒め言葉に弱いのは申年の特徴かもしれません。

本人が望むわけではないのですが、目立つ位置に自然といるということが多いでしょう。

また相手がどのような人柄であるのか、見抜くことが非常に得意です。

そして自分がその場においてどういう風に振舞えば一番いいのかをよくわかっています。

そのような頭の回転がいい、機転が利く様子が計算高いとも言われることもあるでしょう。

6. 水瓶座×申年のB型の特徴

水瓶座×申年のB型の特徴

水瓶座×申年のB型は、頭の回転が良く、物事に対して冷静です。

表面的には社交的でその場のノリ的な振舞いをしたとしても、それは場の雰囲気を読んだ上での行動なのです。

仕事面では非常に世渡り上手で、今何をすればいいのかと読むことができます。

プライベートでの交友関係は広く、思いやりもありますが、自分の感情に正直ですので一旦嫌だと思えばすっと退くような付き合い方となります。

その為、情熱的で飽きっぽいと言われます。

相手からすれば、態度がころっと変わるように思えますが、本人にしてみればいつでも自分の心に正直で過ごしているわけですので、良くも悪くも安定しています。

ようするに、周りが振り回されることの方が多いとも言えるでしょう。

7. 水瓶座×申年のO型の特徴

水瓶座×申年のO型の特徴

水瓶座×申年のO型は、冷静で落ち着いているように見えます。

しかしO型気質と言いますか、燃え上がったり、落ち込んだりと、わりと感情がはっきりしています。

水瓶座の人は自分なりの視点、発想に基づいて仕事をしたり、日々を過ごすタイプですので、他から支配されたり、良かれと思ってアドバイスをされるといったことをあまり好まないのです。

その為我慢の限界だとなれば相手に感情を出して否定したり、怒ったりすることが時にあるのです。

正直でわかりやすいのですが、敵を作ってしまう損なところでもあります。

8. 水瓶座×申年の恋愛傾向

水瓶座×申年の恋愛傾向

水瓶座×申年の恋愛傾向としては、一言で言えば、飽きっぽいということがあります。

人間観察、分析力に優れていますので、なかなか理想は高いのです。

ただ、どんなに理想が高くとも、相手も生身の人間ですのですべてが自分の思い通りになるわけではありません。

相手が自分の期待に応えてくれない、そう判断しますとさっさと見切りをつけてしまうようなところがあります。

これ以上長くいてもいい関係にならないという考えからであり、別れた相手に未練も持たないといったタイプです。

その為、若い時の恋愛は短期間で終わることも多いのです。

9. 水瓶座×申年の全体的な運勢

水瓶座×申年の全体的な運勢

水瓶座×申年の人は、冷静に物事を見る目があります。

自分にとってプラスかマイナスかとしっかり判断してから動くことが多いですので、得をすることも多いでしょう。

しかし、そのような考え方、行動はやや自己中心的とも言えます。

その為交友関係は広いのですが、長続きしにくい傾向にあります。

執着心が薄く、様々なことに独自の考え方で行動していきますので、経験豊富になることも。

しかし全体的に見れば、最終的には自分が決めた場所に、落ち着くといった生き方になるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

水瓶座×申年について、理解が深まったでしょうか。

自分自身のことを再確認してみたり、気になる人との付き合い方の参考にしてみたりと、占いをヒントにして役立ててみてください。

水瓶座×申年の組み合わせを持つ人はどのような特徴、性格、傾向があるのでしょうか。

ここでは、男女別の性格、血液型別の特徴など様々な角度からお伝えしていきます。

では一緒に見ていきましょう。


水瓶座×申年の基本的な特徴

まず、最初に水瓶座×申年のそれぞれが持つ基本的な特徴から見ていきましょう。

水瓶座は、男女ともに独特の視点、発想力を持っている人が多く、他人の価値観、意見に流されたりといったことはないのが特徴的です。

冷静で論理的で、自分自身の判断に自信があるということもあります。

交友関係は比較的広めになりますが、執着心が薄いといったことも関係しているのか、長期的に継続する関係性は案外少ないのです。

その場に応じて上手く合わせることはできますが、無理をしてまで付き合いを続けるといった努力はしないクールなタイプでもあります。

そして申年ですが、社交的で、大勢の人と楽しく過ごすのが好きという特徴があります。

目上の人に引き立ててもらうなど、若い時にかなり恵まれるといったタイプです。

忍耐力はあるのですが、一旦駄目だと思うとすっぱり全てをなかったことにするような、白黒はっきりつけるところがありますので「我慢が足りない」という風に映ることもあります。

また甘え上手な気質でもあります。

このような、わりと正反対とも思える気質を併せ持つ水瓶座×申年の人はどちらの気質が強く出るかで、相手に与える印象は大きく変わると言えます。

水瓶座の気質が強ければ、クールで独立心が旺盛、しっかり者といった優等生タイプでしょう。

一方で申年の気質が強ければ、場を和ませる甘え上手、みんなの人気者、愛嬌があるタイプという印象になります。

いずれにしましても共通しているのは、自分中心で物事を考える、自由を愛する、相手を観察する能力が高いといったことになります。

水瓶座×申年の男性の性格

水瓶座×申年の男性は、人当たりが良く、社交的な雰囲気を持っています。

視野が広く、賢いこともあり、話題も豊富で「面白くて、デキる人」「一緒にいて頼りがいがある」などと周りの人から好かれます。

仕事面においては、機転が利きますし、状況を冷静に判断することができます。

相手のことを観察して、どういうことを言えば喜ぶかなどと察することが得意ですので、営業など人と直接接する仕事は適職と言えるでしょう。

本来水瓶座の人は上下関係が苦手な傾向にありますが、申年の人は社交的という特徴がありますので、人間関係でそれほど苦労することはないでしょう。

ただし、一旦気に入らないことがありますと、それまで積み上げてきた関係性であってもすっぱり縁を切るといった激しさも持ち合わせています。

自分にとってマイナスになると判断しますと、そのような行動を素早くとることもあります。

つまりそれほど情が深いわけではなくドライな面があるのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2020年01月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!