占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190621171130.html
「公明正大」の意味とは?使い方や例文!類語などの四字熟語を紹介!

「公明正大」の意味とは?使い方や例文!類語などの四字熟語を紹介! | SPITOPI

SPITOPI
「公明正大」の意味とは?使い方や例文!類語などの四字熟語を紹介!

スポンサーリンク

「公明正大」という言葉の読み方と意味を紹介します。

また「公明正大」を使った言葉や、「公明正大」を使った例文を紹介して行きます。

さらに「公明正大」の類語や、反対の意味を持つ四文字熟語を紹介して行きます。

  • 「公明正大」とは?
  • 「公明正大」の使い方
  • 「公明正大」を使った言葉と意味を解釈
  • 「公明正大」を使った例文や短文など
  • 「公明正大」の類語や類義語などの四字熟語
  • 「公明正大」に対義語する四字熟語
  • まとめ

1. 「公明正大」とは?

「公明正大」とは?

みなさんは「公明正大」という言葉を知っているでしょうか。

「公明正大」を座右の銘にしている人もいるかもしれません。

一方で、「公明正大」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「公明正大」の読み方と意味を紹介します。

1-1. 「公明正大」の読み方

1-「公明正大」の読み方

「公明正大」は「こうめいせいだい」と読みます。

「公明」は「こうめい」「正大」は「せいだい」と読みます。

読み間違えやすい漢字が使われていますので、「こうみょうまさだい」などと読み間違えないように注意しましょう。

これを機会に「公明正大」は「こうめいせいだい」と読むことを覚えましょう。

1-2. 「公明正大」の漢字を解釈

1-「公明正大」の漢字を解釈

「公明正大」は「公明」という言葉と、「正大」という言葉で作られています。

「公明」と「正大」のそれぞれの意味に注目してみましょう。

「公明」には「公平で私意がないこと」という意味があります。

また「公明」には「不正や隠し立てがない」という意味があります。

「正大」には、「正しくて堂々としている態度や言動」という意味があります。

1-3. 「公明正大」の意味

1-「公明正大」の意味

「公明正大」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「公明」には「公平で私意がないこと」という意味があり、「正大」には「正しくて堂々としている態度や言動」という意味があるため、「公明正大」には、「公平で正しく、堂々としている様子」という意味があります。

自分のことだけを考えてわがままな態度を取ることはなく、他の人に対して公平な態度で堂々と接する様子を「公明正大」と言います。

みなさんの身の回りにも、このように公平で堂々とした、「公明正大」な人がいるかもしれません。

2. 「公明正大」の使い方

「公明正大」の使い方

「公明正大」という言葉の使い方を紹介します。

「公明正大」は誰かの態度や行動に対して使うことが多いでしょう。

まず「公平である」こと、さらに「堂々としている」ことをクリアしていることが大切です。

「公平な考え方ができる」そしてさらに「堂々とした態度を取れる」人は、「公明正大」と言えます。

公平な考え方はできるけれど、他の人の意見に流されて実践できない人や、堂々としているけれど、自分本位な人などは、「公明正大」とは言えません。

3. 「公明正大」を使った言葉と意味を解釈

「公明正大」を使った言葉と意味を解釈

次に「公明正大」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「公明正大」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

3-1. 「公明正大タイプ」

3-「公明正大タイプ」

「公明正大タイプ」は、「公明正大なタイプの人」という意味があります。

「私意がなく公平で、堂々としたタイプの人」を「公明正大タイプ」と言います。

例えば自分の知り合いを、友達に紹介する時に、「どのような人か」を聞かれるでしょう。

このような時に、「公明正大なタイプだよ」などと言ってみましょう。

「公平で堂々とした人か」と相手に伝えられます。

3-2. 「公明正大に利益を追求する」

3-「公明正大に利益を追求する」

「公明正大に利益を追求する」という言葉があります。

「公明正大に利益を追求する」という言葉には、「すべての国民や消費者に対して公平に考えて、堂々と利益を追求する、稼ぐ」という意味があります。

自分の会社だけ儲かれば、消費者やライバル企業が損をしてもいいという考えの企業もありますが、「公明正大に利益を追求する」精神とは反しています。

全ての人が幸せになるような、お金の稼ぎ方をしたい時、「公明正大に利益を追求する」という考えを持つのではないでしょうか。

4. 「公明正大」を使った例文や短文など

「公明正大」を使った例文や短文など

次に「公明正大」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「公明正大」という言葉を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

4-1. 「公明正大」を使った例文1

4-「公明正大」を使った例文1

「Aさんは、仕事はできるが、『公明正大』さに欠ける人だ」

この例文のような人は、身の回りに多いのではないでしょうか。

仕事をできる人はたくさんいますが、周囲の人や、企業全体、さらには地域社会にとって利益があるかどうかまで、考えられる人は少ないためです。

Aさんは、「公明正大さが欠ける」ため、周囲からそれほど高い信頼を得られないかもしれません。

もしAさんに「公明正大」さがあれば、Aさんの仕事は一緒に仕事をしている自分のためにもなり、自分の家族や、国の幸せにつながるため、信頼度が高くなるでしょう。

4-2. 「公明正大」を使った例文2

4-「公明正大」を使った例文2

「審判役は『公明正大』さがとても大切だ」

2020年にオリンピックが開催されますが、オリンピックで主役になるのは選手で、影の主役は審判になります。

そして「審判」は「公明正大」であることがとてもたいせつな仕事ではないでしょうか。

「私意なく、公平に、堂々とした態度を取る」ことは、まさに審判に求められるものです。

好きなチームや関係のある選手がいるチームを贔屓してはいけませんし、堂々とした態度を取れなければ、選手になめられてしまうためです。

この例文のように、審判をする人は、「公明正大」を座右の銘にしている人が多いかもしれません。

ビジネスシーンで、会議の議長などをする時も、「公明正大」であることを大切にする必要があるでしょう。

4-3. 「公明正大」を使った例文3

4-「公明正大」を使った例文3

「選挙は『公明正大』でなければいけない」

この例文のように、今後の国の行く末を決める、選挙に関しては、他の何かに比べたとしても、「公明正大」さが求められるものでしょう。

選挙で不正があったら、それだけで国の行く末はおかしくなってしまいます。

選挙を管理する人や、選挙期間中のマスメディアは言うまでもありませんが、投票する国民一人一人が、「公明正大」ということを意識して投票する必要があるかもしれません。

自分や自分の住むエリアに有利な政策を出している党に投票するのではなく、国全体が幸せになる方向性を示している党に投票するなど、「公明正大」という意識を持ち、選挙に臨みましょう。

5. 「公明正大」の類語や類義語などの四字熟語

「公明正大」の類語や類義語などの四字熟語

次に「公明正大」の類語や、似た意味の四文字熟語を紹介します。

「公明正大」と同じような意味のある言葉を紹介して行きます。

5-1. 「公平」

5-「公平」

「公平」には、「誰に対しても偏らないこと」という意味があります。

「公平な判断をする」という人は、その場にいるすべての人に対して「公平」で、偏った判断をしないという意味があります。

5-2. 「公平無私」

5-「公平無私」

「公平無私」には、「公平で私心がないこと」という意味があります。

「公明正大」の「堂々とした態度」という部分が抜けていますが、ほとんど同じ意味の言葉になります。

5-3. 「公正」

5-「公正」

「公正」という言葉もあります。

「公正」には、「公平で正しいこと」という意味があります。

例えば、大切なスポーツの試合を佐幕審判は、公平で正しい人がいいため、「公正な審判を望みます」などと要求を出します。

6. 「公明正大」に対義語する四字熟語

「公明正大」に対義語する四字熟語

最後に「公明正大」に対する対義語や、反対の意味を持つ四文字熟語を紹介して行きます。

「公明正大」と反対の言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

6-1. 「専断偏頗」

6-「専断偏頗」

この難しい漢字が使われている言葉は「せんだんへんぱ」と読みます。

「専断偏頗」には「正しいと思い込んでいるが、考え方が偏った様子」という意味があります。

思い込みが激しく、主観で物事を決めてしまうようなタイプの人を言います。

6-2. 「不正不公」

6-「不正不公」

「不正不公」は、「ふせいふこう」と読みます。

「正しくない上に不公平」という意味があります。

6-3. 「依怙贔屓」 「依怙贔屓」は「えこひいき」と読みます。

「依怙贔屓」または「贔屓」という言葉は、日常的に使うことが多い言葉ではないでしょうか。

「依怙贔屓」の「依怙」は「不公平」という意味があります。

「贔屓」には、「特に目を付ける」という意味があります。

そのため「依怙贔屓」には「気に入ったものだけ特別扱いする」という意味があります。

学校の先生が、気に入った生徒だけ目を掛けて、特別扱いすることがありますが、このような態度は「依怙贔屓」と言えます。

まとめ

「公明正大」という言葉について見てきました。

あまり目にする言葉ではありませんが、信頼できる人を選ぶ時に、大切な基準になる言葉かもしれません。

みなさんの周囲にも、「公明正大」な人がいるかもしれません。

そのような人は、いつか高い信頼を得て、出征したり、偉くなったりする人かもしれません。

「公明正大」という言葉の読み方と意味を紹介します。

また「公明正大」を使った言葉や、「公明正大」を使った例文を紹介して行きます。

さらに「公明正大」の類語や、反対の意味を持つ四文字熟語を紹介して行きます。


「公明正大」とは?

みなさんは「公明正大」という言葉を知っているでしょうか。

「公明正大」を座右の銘にしている人もいるかもしれません。

一方で、「公明正大」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「公明正大」の読み方と意味を紹介します。

1-1. 「公明正大」の読み方

1-「公明正大」の読み方

「公明正大」は「こうめいせいだい」と読みます。

「公明」は「こうめい」「正大」は「せいだい」と読みます。

読み間違えやすい漢字が使われていますので、「こうみょうまさだい」などと読み間違えないように注意しましょう。

これを機会に「公明正大」は「こうめいせいだい」と読むことを覚えましょう。

1-2. 「公明正大」の漢字を解釈

1-「公明正大」の漢字を解釈

「公明正大」は「公明」という言葉と、「正大」という言葉で作られています。

「公明」と「正大」のそれぞれの意味に注目してみましょう。

「公明」には「公平で私意がないこと」という意味があります。

また「公明」には「不正や隠し立てがない」という意味があります。

「正大」には、「正しくて堂々としている態度や言動」という意味があります。

1-3. 「公明正大」の意味

1-「公明正大」の意味

「公明正大」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「公明」には「公平で私意がないこと」という意味があり、「正大」には「正しくて堂々としている態度や言動」という意味があるため、「公明正大」には、「公平で正しく、堂々としている様子」という意味があります。

自分のことだけを考えてわがままな態度を取ることはなく、他の人に対して公平な態度で堂々と接する様子を「公明正大」と言います。

みなさんの身の回りにも、このように公平で堂々とした、「公明正大」な人がいるかもしれません。

「公明正大」の使い方

「公明正大」という言葉の使い方を紹介します。

「公明正大」は誰かの態度や行動に対して使うことが多いでしょう。

まず「公平である」こと、さらに「堂々としている」ことをクリアしていることが大切です。

「公平な考え方ができる」そしてさらに「堂々とした態度を取れる」人は、「公明正大」と言えます。

公平な考え方はできるけれど、他の人の意見に流されて実践できない人や、堂々としているけれど、自分本位な人などは、「公明正大」とは言えません。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年06月21日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!