占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190621171053.html
「看過」とは?意味や類語!「看過」と「黙認」の違い

「看過」とは?意味や類語!「看過」と「黙認」の違い | SPITOPI

SPITOPI
「看過」とは?意味や類語!「看過」と「黙認」の違い

スポンサーリンク

「看過」という言葉を聞いたり、読んだりしたことがあるかと思います。

ここでは「看過」の意味、使い方、例文など詳しく解説していきます。

何となく意味はわかるという人も再確認してみてください。

それでは一緒に見ていきましょう。

  • 「看過」とは?意味
  • 「看過」の表現の使い方
  • 「看過」を使った言葉と意味を解釈
  • 「看過」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「看過」の類語や言い換え・類義表現
  • 「看過」の英語と解釈
  • まとめ

1. 「看過」とは?意味

「看過」とは?意味

「看過」とは見過ごすこと、大目に見て見逃すといった意味がある言葉です。

「この問題は看過することはできない」「看過できない問題だ」などと使います。

1-1. 「看過」の読み方

1-「看過」の読み方

「看過」と書いて「かんか」と読みます。

1-2. 「看過」の語源

1-「看過」の語源

「看過」の「看」とは音読みでは「カン」、訓読みでは「みる」と読みますが、意味合いは対象をよく見る、見守る、見張りをするといったことになります。

「過」は音読みでは「カ」、訓読みでは「すごす」「あやまち」などがあります。

意味合いとしては通り過ぎる、時間が経つ、あやまちなどのほかに事態をそのままにして過ごすことというものがあります。

「看過」というのは、見ること、事態をそのままにして過ごすことということを合わせた言葉であるということがわかるかと思います。

2. 「看過」の表現の使い方

「看過」の表現の使い方

「看過」とは見過ごすこと、大目に見て見逃すといった時に使う言葉です。

「看過してきた」「看過できない」と使います。

意味合いとしては見逃す、見過ごすですからどちらかと言えば過失の意味合いが強く、いい意味で使う言葉ではないでしょう。

仕事上の問題、人間関係のトラブルといった場面において使われることが多いのではないでしょうか。

「看過できない不正だ」「これ以上あなたの横暴を看過することは人としてできない」といったように使います。

2-1. 「看過」と「黙認」の違い

2-「看過」と「黙認」の違い

「看過」と似た言葉に「黙認」があります。

「黙認」の意味はおおっぴらではなくて、暗黙で許すことという意味になります。

つまり「看過」は見過ごすという意味ですが「黙認」の場合は知っていてもこっそり許すといったことになります。

どちらもほとんど同じような意味ですし、いいことではありません。

ですが「黙認」の方が知っていて許すということで、悪い度合いが高まるような印象は受けます。

例えば同じ問題があったとしても「問題が看過されていた」とあれば見過ごしていたとも受け取れます。

しかし「問題が黙認されていた」とあれば知っていたけど許していたとなります。

知らなかったと言えばまだ言い訳もできますが知っていて黙って許していたとなれば言い訳の余地はないでしょう。

3. 「看過」を使った言葉と意味を解釈

「看過」を使った言葉と意味を解釈

「看過」を使った言葉と、その意味の解釈を見ていきましょう。

3-1. 「看過できない」

3-「看過できない」

「看過できない」はよく使われる言葉です。

意味は「大目に見ることはできない」「見逃すことはできない」ということになります。

3-2. 「過失を看過する」

3-「過失を看過する」

「過失を看過する」は過失を気づかずに見過ごしてしまうといった意味合いと、大目に見て見逃すという二通りの解釈ができます。

どちらの場合にしても、結局結果は同じで過失はそのままということになります。

会話、文章の前後の流れなどでどちらの意味合いか判断することができます。

4. 「看過」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「看過」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「看過」を使った例文をいくつか紹介します。

意味の解釈もつけていますので言葉の使い方のイメージを掴んでみてください。

4-1. 「看過」を使った例文1

4-「看過」を使った例文1

「これ以上は看過できないんだ」

物事には程度、限度というものがあります。

少々のことならば大目に見て見逃されることもあるでしょう。

それほど問題にならないこともあります。

しかし度を越しますと、問題になります。

そのような時は例文のようにこれまでは見逃してきたけれど、これ以上は見逃すことはできないという意味で「看過」を使います。

4-2. 「看過」を使った例文2

4-「看過」を使った例文2

「これまで看過されてきたことが、今になって大きな問題になってきた」

もともと、問題となることはわかっていたのに、見逃してきた、見過ごしてきたことがあったとします。

その時は要領良くやったつもりであっても時の経過と共に問題は表面化しますし、大きくなります。

この例文の場合は「見過ごしてきた」「見逃してきた」とどちらの意味合いでも「看過」は使えます。

5. 「看過」の類語や言い換え・類義表現

「看過」の類語や言い換え・類義表現

「看過」の類語、言い換えなどいくつか紹介します。

「看過」と併せて覚えておきますと語彙力がアップしますのでおすすめです。

5-1. 「見落とし」

5-「見落とし」

「見落とし」とはその字の通りの意味で見落とすこと、見落としたものということになります。

「看過」の「見過ごす」の意味と同じ意味合いです。

5-2. 「見逃し」

5-「見逃し」

「見逃し」とは見ていても、とがめないこと、対処をせずにそのままにしてしまうという意味になります。

「看過」の「大目に見て見逃す」と同じ意味です。

「看過」を簡単に言い直すならば「見逃し」という言葉でもいいでしょう。

5-3. 「手落ち」

5-「手落ち」

「手落ち」とは方法、手続きなどに不十分な点があること、また不十分な点という意味になります。

「看過」の「見過ごす」と似た意味合いとなります。

「手落ちに気づかず、長年やってきた」などと使います。

「手落ち」自体いい意味はありませんので、褒め言葉などで使うことはありません。

「手落ちの多い人」などはうっかりしている、失敗ばかりといった意味合いになります。

6. 「看過」の英語と解釈

「看過」の英語と解釈

「看過」は英語ではどのように言うのでしょうか。

「看過」は英語ではいくつかの単語が当てはまります。

まず「うっかり逃す」ならば“miss”となります。

「大目に見る」は“overlook”となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「看過」の意味、使い方、例文などをまとめてお伝えしました。

これで「看過」という言葉の理解ができたのではないでしょうか。

意味合いとしては「見過ごす」「大目に見て見逃す」となりますので、何か問題や悪いことに対して使われることが多い印象の言葉となります。

「看過」=「見逃し」と覚えておきますと簡単で覚えやすくなりますのでおすすめです。

「看過」という言葉を聞いたり、読んだりしたことがあるかと思います。

ここでは「看過」の意味、使い方、例文など詳しく解説していきます。

何となく意味はわかるという人も再確認してみてください。

それでは一緒に見ていきましょう。


「看過」とは?意味

「看過」とは見過ごすこと、大目に見て見逃すといった意味がある言葉です。

「この問題は看過することはできない」「看過できない問題だ」などと使います。

1-1. 「看過」の読み方

1-「看過」の読み方

「看過」と書いて「かんか」と読みます。

1-2. 「看過」の語源

1-「看過」の語源

「看過」の「看」とは音読みでは「カン」、訓読みでは「みる」と読みますが、意味合いは対象をよく見る、見守る、見張りをするといったことになります。

「過」は音読みでは「カ」、訓読みでは「すごす」「あやまち」などがあります。

意味合いとしては通り過ぎる、時間が経つ、あやまちなどのほかに事態をそのままにして過ごすことというものがあります。

「看過」というのは、見ること、事態をそのままにして過ごすことということを合わせた言葉であるということがわかるかと思います。

「看過」の表現の使い方

「看過」とは見過ごすこと、大目に見て見逃すといった時に使う言葉です。

「看過してきた」「看過できない」と使います。

意味合いとしては見逃す、見過ごすですからどちらかと言えば過失の意味合いが強く、いい意味で使う言葉ではないでしょう。

仕事上の問題、人間関係のトラブルといった場面において使われることが多いのではないでしょうか。

「看過できない不正だ」「これ以上あなたの横暴を看過することは人としてできない」といったように使います。

2-1. 「看過」と「黙認」の違い

2-「看過」と「黙認」の違い

「看過」と似た言葉に「黙認」があります。

「黙認」の意味はおおっぴらではなくて、暗黙で許すことという意味になります。

つまり「看過」は見過ごすという意味ですが「黙認」の場合は知っていてもこっそり許すといったことになります。

どちらもほとんど同じような意味ですし、いいことではありません。

ですが「黙認」の方が知っていて許すということで、悪い度合いが高まるような印象は受けます。

例えば同じ問題があったとしても「問題が看過されていた」とあれば見過ごしていたとも受け取れます。

しかし「問題が黙認されていた」とあれば知っていたけど許していたとなります。

知らなかったと言えばまだ言い訳もできますが知っていて黙って許していたとなれば言い訳の余地はないでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年06月21日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!