占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190621171007.html
「寛容」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!

「寛容」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介! | SPITOPI

SPITOPI
「寛容」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!

スポンサーリンク

人はそれぞれ物事に対して許容範囲があり、狭い人もいれば広い人もいます。

しかし中には特に広い人に対して「寛容」と表現することもあります。

「寛容」は相手に対しての印象を表すときにも用いられるため、正しい意味と使い方を理解しておく必要があります。

  • 「寛容」の意味とは?
  • 「寛容」の読み方と漢字の解釈・語源
  • 「寛容」の英語(解釈)
  • 「寛容」の対義語
  • 「寛容」の言葉の使い方
  • 「寛容」を使った言葉と意味を解釈
  • 「寛容」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「寛容」の類語や類義表現
  • まとめ

1. 「寛容」の意味とは?

「寛容」の意味とは?

「寛容」という言葉は心の広さを表す意味となっており、相手の欠点や言動ことを受け入れる・失敗やトラブルなどを許すことが出来る余裕といった意味合いを持ちます。

その人が許す・受け入れることが出来る具体的な許容範囲について明確な決まりはありません。

多くは周囲からの印象・判断・評価によって決まりますが、一般的な人と比べて広いとされています。

また「寛容」であるということに対して精神的に成熟しているというニュアンスを含むこともあります。

2. 「寛容」の読み方と漢字の解釈・語源

「寛容」の読み方と漢字の解釈・語源

「寛容」という言葉は「かんよう」と読みますが、それぞれの幹事は独立した意味を持っています。

「寛」について、この漢字の意味としては「心が広い・ゆとりがある」といった精神的な余裕を意味しています。

そして「容」は器の意味として「受け入れる・許す」と言った意味を持ちます。

それぞれが合わさることで「広い心で受け入れる」となり「寛容」という感じで表現されます。

またその語源としては昔の宗教上の対立から生まれた言葉とされており、意見が対立したがその意見事受け入れるとしたことがきっかけとされています。

3. 「寛容」の英語(解釈)

「寛容」の英語(解釈)

「寛容」とは心の広さを表す形容詞としての位置づけとなります。

英語で表現すると“Tolerance”が特に近い表現とされています。

“Tolerannce”は他者の意見や行為を受け入れる・容認する・許容するといった意味を持ちます。

他にも不公平なく受け入れるという意味で“open mindness”も適していると解釈されます。

その他として“charity”“forgiveness”“generous”や万能な表現に“nice guy”など様々な形で「寛容」は表現されています。

4. 「寛容」の対義語

「寛容」の対義語

「寛容」という言葉は相手の懐の広さや心の余裕などいい面を表してくれる言葉です。

その対義語として、1つは「狭量」とされています。

「狭量」とは容量の狭さを表す意味とされており、寛容と言う言葉の対義語としては「心の狭さ・余裕のなさ・許容範囲が少ない」と言った解釈となります。

そのためマイナスイメージを含んだ対義語として扱われています。

もう一つは「厳格」です。

「寛容」における心の広さとは多少のことは許す・見逃すといった意味も込められています。

しかし「厳格」では多少のことすら許さない・厳重に対処するとされるため対義語にされています。

しかし厳しさは丁寧さ・正確さともとらえられるため「狭量」と違いマイナスイメージを持たないこともあります。

5. 「寛容」の言葉の使い方

「寛容」の言葉の使い方

「寛容」という言葉は相手に対して心が広い・受け入れてくれる・許してくれると良い評価をするときに使われることが多いです。

それは一場面からだけではなく、ある程度の期間を通じて関わる中での印象・評価となります。

そのことを相手に直接伝える使い方もありますが、多くは「あの人は寛容だ」と、その人について周囲に伝える際に用いられることが多いです。

しかし「寛容」の程度については個人の判断・裁量によって決められます。

そのため人によっては寛容ではないと判断されることもあるため、その人の「寛容さ」について自身と周囲の捉え方・認識の差を理解したうえで用いる必要があります。

6. 「寛容」を使った言葉と意味を解釈

「寛容」を使った言葉と意味を解釈

「寛容」という言葉は他者と関わりの中で生じた評価を伝える際に用いますが、使い方を間違えると勝手に印象を押し付ける・周囲へ協調してしまうかもしれません。

それを避けるうえでも寛容を使った言葉とその意味の解釈を紹介していきます。

6-1. 「寛容の精神」

6-「寛容の精神」

ここでは精神的な面における許容範囲の広さを表しています。

「何かが起こってもそれを許すことが出来る心を持つ」と教訓・指導のような意味合いの言葉となります。

6-2. 「寛容さがない」

6-「寛容さがない」

この場合、「寛容」という言葉を否定しているため、余裕やゆとりがないという状態を表しています。

6-3. 「寛容な対応」

6-「寛容な対応」

ここでは行動から現れる寛容さを意味しています。

何かが起こった際にそれを許した上で対応するという状況を表しており、行動の余裕を表しています。

7. 「寛容」を使った例文や短文・意味を解釈

「寛容」を使った例文や短文・意味を解釈

「寛容」とは会話や文章の中でも用いられる機会はたくさんあります。

実際に用いるときにどのようになるか、例文と解釈を紹介していきます。

7-1. 「寛容」の例文1

7-「寛容」の例文1

「あの人は後輩がどれだけミスをしても、いつも寛容な心で接してくれるから助かる」

この場合、「あの人」とされる人物の普段からのふるまいを評価する意味で用いています。

後輩の度重なるミスに対して、普通の人であれば許容できないところをいつも寛容に対応しているとほめています。

また直接は伝えず、あくまでその周囲で話しています。

7-2. 「寛容」の例文2

7-「寛容」の例文2

「彼は昔は本当に気が短くて一緒に行動するのは大変だったよ。でも5年もすると寛容さを身に着けたようで仲良くなれた」

ここでは「彼」とされる人物の過去と現在の対比に用いています。

昔は「寛容」とは程遠いような性格であったが、5年という歳月の間に成長して「寛容さ」を手に入れたと判断しています。

そして以前よりも関係性もよくなったと良い結果に結びついていることを話しています。

8. 「寛容」の類語や類義表現

「寛容」の類語や類義表現

「寛容」という言葉は何を対象にするかによって意味合いやニュアンスも変わってきます。

そのためたくさんの類語・類義表現が存在しており、適切な意味の理解や使い分けが必要となります。

どのようなものがあるか、例を紹介してきます。

8-1. 「寛大」

8-「寛大」

この言葉の意味として、心が非常に広く大様である様を表しています。

「寛容」のように許す・受け入れるという意味を持ち合わせていませんが、心の広さと言う意味では同じとなり、類語として扱われています。

8-2. 「我慢」

8-「我慢」

「我慢」は日常的に使う頻度が非常に多い言葉であり、その意味としても対象となるものに対して耐えるとされています。

しかし耐えるにあたりある程度の精神的な余裕は必要であり、うちに思うところはあってもそれを受け入れたうえでこらえることになるため、類語になります。

まとめ

「寛容」は他者評価によって決められることが多い言葉です。

しかし類語・類義表現もたくさんあることに加えて、相手の印象を伝えることになるため使い方や場面にも注意が必要です。

そして模範になるようにと使われることもあるため、適切な意味の理解と使い方が求められます。

人はそれぞれ物事に対して許容範囲があり、狭い人もいれば広い人もいます。

しかし中には特に広い人に対して「寛容」と表現することもあります。

「寛容」は相手に対しての印象を表すときにも用いられるため、正しい意味と使い方を理解しておく必要があります。


「寛容」の意味とは?

「寛容」という言葉は心の広さを表す意味となっており、相手の欠点や言動ことを受け入れる・失敗やトラブルなどを許すことが出来る余裕といった意味合いを持ちます。

その人が許す・受け入れることが出来る具体的な許容範囲について明確な決まりはありません。

多くは周囲からの印象・判断・評価によって決まりますが、一般的な人と比べて広いとされています。

また「寛容」であるということに対して精神的に成熟しているというニュアンスを含むこともあります。

「寛容」の読み方と漢字の解釈・語源

「寛容」という言葉は「かんよう」と読みますが、それぞれの幹事は独立した意味を持っています。

「寛」について、この漢字の意味としては「心が広い・ゆとりがある」といった精神的な余裕を意味しています。

そして「容」は器の意味として「受け入れる・許す」と言った意味を持ちます。

それぞれが合わさることで「広い心で受け入れる」となり「寛容」という感じで表現されます。

またその語源としては昔の宗教上の対立から生まれた言葉とされており、意見が対立したがその意見事受け入れるとしたことがきっかけとされています。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年06月21日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!