占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190604114522.html
「現実味を帯びる」とは?意味や類語!表現の使い方!

「現実味を帯びる」とは?意味や類語!表現の使い方! | SPITOPI

SPITOPI
「現実味を帯びる」とは?意味や類語!表現の使い方!

スポンサーリンク

現実味を帯びるという表現を聞いたことがあるでしょうか。

日常的にも使われる表現ですし、ビジネスでも使える表現です。

それならば現実を帯びるという表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは、現実味を帯びるという言い回しについて紹介します。

  • 「現実味を帯びる」とは?意味
  • 「現実味を帯びる」の表現の使い方
  • 「現実味を帯びる」を分解して解釈
  • 「現実味を帯びる」の英語と解釈
  • 「現実味を帯びる」を使った例文と意味を解釈
  • まとめ

1. 「現実味を帯びる」とは?意味

「現実味を帯びる」とは?意味

現実味を帯びる、というのは物事に現実的な要素が多くなる、構想や予想が現実のものとなる可能性が高まる、という意味を持ちます。

実現性が高まる、実現できそうになる、という意味を持ち、例えば性質や様子が現実に即している、という場合にもこの表現が使われます。

計画が現実味を帯びてきた、プロジェクトが現実味を帯びてきた、などという今は私が可能です。

1-1. 「現実味を帯びる」の読み方

1-「現実味を帯びる」の読み方

現実味を帯びるという表現は「げんじつみをおびる」と読みます。

常識として知っておきたい表現の1つです。

2. 「現実味を帯びる」の表現の使い方

「現実味を帯びる」の表現の使い方

現実味を帯びる、というのは日常生活においても使える表現です。

例えば待望の赤ちゃんを妊娠したとしましょう。

しかし、まだ妊娠初期や妊娠中期は赤ちゃんも小さいですし、なんとなく母親になるという実感が湧かないという人もいるかもしれません。

しかし、妊娠後期になって赤ちゃんのグッズを購入し、赤ちゃんが生まれてくる日が近づくにつれて現実味を帯びる、物事が現実味を増す、という感覚になりますよね。

このような時に現実味を帯びる、という表現が使えるのです。

3. 「現実味を帯びる」を分解して解釈

「現実味を帯びる」を分解して解釈

ここでは現実味を帯びるという表現を分解して紹介します。

3-1. 「現実味」

3-「現実味」

現実味というのは現実に触れている様子、現実であるという感じ、事実であるという感じ、という意味を持ちます。

実現する可能性という意味もあり、現実味がある、などという言い回しでも使われます。

3-2. 「帯びる」

3-「帯びる」

帯びるというのは内に持っている、含む、という意味です。

つまり、現実味を帯びるというのは現実味を含んでいる、実現する可能性を含んでいる、という意味になります。

4. 「現実味を帯びる」の英語と解釈

「現実味を帯びる」の英語と解釈

現実味を帯びるという表現を英語にすると“take on a reality”、“be realistic”などという表現が使えます。

例えば、計画が現実味を帯びてきたということであれば“This project is becoming realistic.”になります。

5. 「現実味を帯びる」を使った例文と意味を解釈

「現実味を帯びる」を使った例文と意味を解釈

ここでは現実味を帯びるという表現を使った例文を紹介します。

5-1. 「現実味を帯びる」を使った例文1

5-「現実味を帯びる」を使った例文1

「科学技術が発達したことにより、核戦争が現実味を帯びてきた」

第二次世界大戦中、アメリカが広島と長崎に原爆を落としたことで世界は核兵器の恐ろしさを知ることになりました。

しかし同時に、近年では核兵器自体の威力も高まり、今核兵器が使われたら広島と長崎での被害以上の被害が出るだろうと考えられています。

さらに、もしも第三次世界大戦が起こればそれは核戦争になるということも言われているのです。

複数の国が核兵器を所持し、核戦争が現実味を帯びてきていると考えられます。

5-2. 「現実味を帯びる」を使った例文2

5-「現実味を帯びる」を使った例文2

「婚約した時は全然実感がわかなかったけれど、結婚式の準備を進めるにあたって結婚が現実味を帯びてきた」

婚約をした時はドキドキしても、なかなか結婚するという実感がわかないという人もいるのではないでしょうか。

その一方で、結婚式場の予約をしたりウェディングドレスを選んだり、招待状を送付したりしているうちに結婚が現実的になっていきますよね。

そんな時にも現実味を帯びるという表現が使えます。

まとめ

現実味を帯びるという表現は日常生活でも使えますのでぜひ覚えておきたい表現の1つです。

何か準備を進めていくと、徐々に「本当に起こるんだ」という気持ちになりますが、そんな時にこの表現が使えます。

現実味を帯びるという表現を聞いたことがあるでしょうか。

日常的にも使われる表現ですし、ビジネスでも使える表現です。

それならば現実を帯びるという表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここでは、現実味を帯びるという言い回しについて紹介します。


「現実味を帯びる」とは?意味

現実味を帯びる、というのは物事に現実的な要素が多くなる、構想や予想が現実のものとなる可能性が高まる、という意味を持ちます。

実現性が高まる、実現できそうになる、という意味を持ち、例えば性質や様子が現実に即している、という場合にもこの表現が使われます。

計画が現実味を帯びてきた、プロジェクトが現実味を帯びてきた、などという今は私が可能です。

1-1. 「現実味を帯びる」の読み方

1-「現実味を帯びる」の読み方

現実味を帯びるという表現は「げんじつみをおびる」と読みます。

常識として知っておきたい表現の1つです。

「現実味を帯びる」の表現の使い方

現実味を帯びる、というのは日常生活においても使える表現です。

例えば待望の赤ちゃんを妊娠したとしましょう。

しかし、まだ妊娠初期や妊娠中期は赤ちゃんも小さいですし、なんとなく母親になるという実感が湧かないという人もいるかもしれません。

しかし、妊娠後期になって赤ちゃんのグッズを購入し、赤ちゃんが生まれてくる日が近づくにつれて現実味を帯びる、物事が現実味を増す、という感覚になりますよね。

このような時に現実味を帯びる、という表現が使えるのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年06月04日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!