占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190507170136.html
「勤しむ」とは?意味や使い方や例文!

「勤しむ」とは?意味や使い方や例文! | SPITOPI

SPITOPI
「勤しむ」とは?意味や使い方や例文!

スポンサーリンク

「勤しむ」とは、「熱心に努めて励むこと・精を出して頑張ること」です。

「勤しむ」の「意味・語源や由来・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・勤しむの反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

  • 「勤しむ」とは?
  • 「勤しむ」の言葉の使い方
  • 「勤しむ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「勤しむ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「勤しむ」の反対語
  • 「勤しむ」の英語と解釈
  • まとめ

1. 「勤しむ」とは?

「勤しむ」とは?

「勤しむ」とは、「熱心に努めて励むこと・一生懸命に努めること」や「精を出して頑張ること・意欲を出して励むこと」を意味する言葉です。

「勤しむ」という言葉は、基本的に社会的・経済的に生産性(意味)のあることに熱心に励むことを意味していて、慣用的に「勉学に勤しむ・職務(仕事)に勤しむ」といった用法が定着しています。

例えば、「剣道部の朝稽古に勤しむ姿を、毎日のように見かけていました」などの文章で、「勤しむ」の典型的な意味を示せます。

1-1. 「勤しむ」の語源や由来

1-「勤しむ」の語源や由来

「勤しむ」の語源は、「勤」の漢字の意味・成り立ちから考えることができます。

「勤」の漢字は「力」のつくりが形を、右側の偏(へん)が音を表す「形声文字」の成り立ちを持っていて、「勤」の語源は「粘土をこねるために力を使うこと」にあったと推測されています。

「勤」は粘土加工で力を使うという語源的な意味から転じて、「(筋肉を使って)はたらくこと・はげむこと」を意味するようになりました。

また、「勤しむ(いそしむ)」という言葉は、古語の「いそし・いそしみて」に由来しています。

古語の「いそし・いそしみて」は、現代の「勤しむ」とほぼ同じで「勤勉であること・精を出して励むこと」を意味していました。

1-2. 「勤しむ」の読み方

1-「勤しむ」の読み方

「勤しむ」の読み方は、「いそしむ」になります。

2. 「勤しむ」の言葉の使い方

「勤しむ」の言葉の使い方

「勤しむ」の言葉の使い方は、「何らかの仕事・勉強に精を出して頑張る場合」や「何かの目標を達成するために一生懸命に(自発的に)努める時」に使うという使い方になります。

特に、「勉学に勤しむ・業務に勤しむ・仕事(職務)に勤しむ」といった慣用的な使い方が多くされていて、何か生産的な意味のある活動に励む時に使われる言葉になっています。

例えば、「難関大学の入試のために日々、勉学に勤しんでいます」や「楽しく仕事に勤しむ姿を子供に見せてあげたいと思っています」などの文章において、「勤しむ」という言葉を使用することができるのです。

3. 「勤しむ」の類語や類似表現や似た言葉

「勤しむ」の類語や類似表現や似た言葉

「勤しむ」の類語・類似表現・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

3-1. 「努力する・頑張る」

3-「努力する・頑張る」

「勤しむ」の類語・似た言葉として、「努力する・頑張る」があります。

「勤しむ」というのは、「勉学・職務などに一生懸命に努力すること」や「熱心に集中して頑張ること」を意味する言葉です。

その意味合いから、「勤しむ」とほぼ同じ意味を持つ似た言葉として、「努力する・頑張る」を上げることができます。

3-2. 「精を出す・力を注ぐ」

3-「精を出す・力を注ぐ」

「勤しむ」の類語・類似表現として、「精を出す・力を注ぐ」があります。

「精を出す」とは「一生懸命に頑張ること」を意味していて、「力を注ぐ」とは「努力すること・集中してつとめること」を意味しています。

それらの意味から、熱心に励むことや一生懸命に努力することを意味する「勤しむ」に似た意味を持つ類似表現として、「精を出す・力を注ぐ」という言葉を指摘することができます。

3-3. 「奮闘する・精励する」

3-「奮闘する・精励する」

「勤しむ」の類語・言い換えとして、「奮闘する(ふんとうする)・精励する(せいれいする)」があります。

「奮闘する」という言葉は、「自分を奮い立たせて頑張ること、闘うこと」を意味しています。

「精励する」というのは、「一生懸命に励むこと、努力すること」を意味する言葉です。

それらの意味から、熱心に励むことを意味する「勤しむ」の言葉は、「奮闘する・精励する」という言葉に言い換えることができます。

3-4. 「粉骨砕身する」

3-「粉骨砕身する」

「勤しむ」の類似表現・言い換えとして、「粉骨砕身する(ふんこつさいしんする)」があります。

「粉骨砕身する」という言葉の意味は、「(骨を粉にして身を砕くようにして)自分の力の限りを尽くすこと」や「自分にできることを最大限に頑張ること(骨身を惜しまずに懸命に働くこと)」になります。

その意味から、精を出して一生懸命に頑張ることを意味する「勤しむ」の言葉は、「粉骨砕身する」という言葉に言い換えられるケースがあるのです。

4. 「勤しむ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「勤しむ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「勤しむ」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

4-1. 「勤しむ」を使った例文1

4-「勤しむ」を使った例文1

「彼女は学生時代、外交官になるために寝る間も惜しんで勉学に勤しんでいました」

この「勤しむ」を使った例文は、「彼女は学生時代、外交官になるために寝る間も惜しんで勉学に一生懸命に励んでいた(わき目も振らず熱心に努めていた)」ということを意味しています。

4-2. 「勤しむ」を使った例文2

4-「勤しむ」を使った例文2

「自発的に改善点・問題点を見つけながら職務に勤しむことによって、生産性は飛躍的に向上します」

この「勤しむ」を使った例文は、「自発的に改善点・問題点を見つけながら職務に精を出して励む(一生懸命に熱意を持って取り組む)ことによって、生産性は飛躍的に向上する」ということを意味しています。

5. 「勤しむ」の反対語

「勤しむ」の反対語

「勤しむ」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

5-1. 「怠ける・怠る」

5-「怠ける・怠る」

「勤しむ」の反対語は、「怠ける(なまける)・怠る(おこたる)」になります。

「怠ける・怠る」とは、「仕事(物事)で手抜きをして一生懸命にしないこと」や「やる気(意欲)がなくて物事に励まないこと」を意味する言葉です。

「勤しむ」という言葉は、「仕事・勉学などに精を出して頑張ること」や「やるべき仕事・業務を熱心に努めること」を意味しています。

それらの意味から、「勤しむ」と反対の意味を持っている反対語(対義語)として、「怠ける・怠る」を上げることができるのです。

6. 「勤しむ」の英語と解釈

「勤しむ」の英語と解釈

「勤しむ」という言葉は、“work hard”(一生懸命に働く)や“study hard”(一生懸命に勉強する)、“work diligently”(勤勉に働く)、“apply oneself to〜”(〜に励む)、“strive to〜”(〜に懸命に努める)という英語で表現することができます。

6-1. “He applied himself to his studies for college admissions.”

6-“He applied himself to his studies for college admissions.”<br><br>

この「勤しむ」という言葉を使った英語の例文は、「彼は大学入試のために、勉学に勤しみました」ということを意味しています。

まとめ

「勤しむ」という言葉について徹底的に解説しましたが、「勤しむ」には「熱心に努めて励むこと・精を出して頑張ること・一生懸命に努力すること」などの意味があります。

「勤しむ」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「努力する・頑張る」「精を出す・力を注ぐ」「奮闘する・精励する」「粉骨砕身する」などがあります。

「勤しむ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。

「勤しむ」とは、「熱心に努めて励むこと・精を出して頑張ること」です。

「勤しむ」の「意味・語源や由来・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・勤しむの反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。


「勤しむ」とは?

「勤しむ」とは、「熱心に努めて励むこと・一生懸命に努めること」や「精を出して頑張ること・意欲を出して励むこと」を意味する言葉です。

「勤しむ」という言葉は、基本的に社会的・経済的に生産性(意味)のあることに熱心に励むことを意味していて、慣用的に「勉学に勤しむ・職務(仕事)に勤しむ」といった用法が定着しています。

例えば、「剣道部の朝稽古に勤しむ姿を、毎日のように見かけていました」などの文章で、「勤しむ」の典型的な意味を示せます。

1-1. 「勤しむ」の語源や由来

1-「勤しむ」の語源や由来

「勤しむ」の語源は、「勤」の漢字の意味・成り立ちから考えることができます。

「勤」の漢字は「力」のつくりが形を、右側の偏(へん)が音を表す「形声文字」の成り立ちを持っていて、「勤」の語源は「粘土をこねるために力を使うこと」にあったと推測されています。

「勤」は粘土加工で力を使うという語源的な意味から転じて、「(筋肉を使って)はたらくこと・はげむこと」を意味するようになりました。

また、「勤しむ(いそしむ)」という言葉は、古語の「いそし・いそしみて」に由来しています。

古語の「いそし・いそしみて」は、現代の「勤しむ」とほぼ同じで「勤勉であること・精を出して励むこと」を意味していました。

1-2. 「勤しむ」の読み方

1-「勤しむ」の読み方

「勤しむ」の読み方は、「いそしむ」になります。

「勤しむ」の言葉の使い方

「勤しむ」の言葉の使い方は、「何らかの仕事・勉強に精を出して頑張る場合」や「何かの目標を達成するために一生懸命に(自発的に)努める時」に使うという使い方になります。

特に、「勉学に勤しむ・業務に勤しむ・仕事(職務)に勤しむ」といった慣用的な使い方が多くされていて、何か生産的な意味のある活動に励む時に使われる言葉になっています。

例えば、「難関大学の入試のために日々、勉学に勤しんでいます」や「楽しく仕事に勤しむ姿を子供に見せてあげたいと思っています」などの文章において、「勤しむ」という言葉を使用することができるのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年05月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!