占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190409114630.html
「不興を買う」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「不興を買う」の意味・読み方・類語【使い方や例文】 | SPITOPI

SPITOPI
「不興を買う」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

スポンサーリンク

日常の会話の中で、何気ない一言を発してしまった結果、とんでもないことになってしまうような経験を持っている人も結構いるのではないかと思います。

人は感情的な動物です。

自分の気になっている欠点や性格的に悪い面を指摘させると、気分を害してしまうものです。

このような気持ちの言葉を表すものに、「不興を買う」という表現はがあります。

  • 「不興を買う」の意味とは?
  • 「不興を買う?」の似た言葉や類語・言い換え
  • 「不興を買う」の使い方
  • 「不興を買う」を使った例文
  • 「不興を買う」を分解して解釈
  • 「不興」を使ったその他の言葉
  • まとめ

1. 「不興を買う」の意味とは?

「不興を買う」の意味とは?

「不興を買う」という言葉は、仕事をする中で経験することが少なくありません。

また、この言葉を使われることもあります。

仕事だけではなく、日常生活の中でも使われる言葉ではないでしょうか? 「不興を買う」という言葉の意味は、「相手の機嫌を損ねること」となります。

おそらく、ビジネスマンの人であれば、自分より目上の人かから、このような感情を持たれてしまい、仕事がしづらくなる経験を持った人もいるはずです。

1-1. 「不興を買う」の読み方

1-「不興を買う」の読み方

「不興を買う」は、「ふきょうをかう」という読み方になります。

2. 「不興を買う?」の似た言葉や類語・言い換え

「不興を買う?」の似た言葉や類語・言い換え

「相手の機嫌を損ねてしまう」という意味を持つ「不興を買う」は、他にも次のような表現で置き換えることができます。

2-1. 「反感を買う」

2-「反感を買う」

「反感を買う」も、「不興を買う」と同じ意味を持つ言葉です。

「反感」とは、「同意できず、または不快で、反発・反抗したくなる感情」のことを指しています。

「あなたの思いあがったような態度や言動には、一種の反感を覚えてしまうよ。皮肉でも言ってみたくなった」

自分自身ではあまり気づくことがない人もいるのですが、常に人を見下したような態度を取るタイプの人が、世の中には結構いるものですね。

このような人は、ことあるごとに、周囲の人の気持ちを逆なでするようなことばかり、言って嫌われることになります。

2-2. 「逆鱗に触れる」

2-「逆鱗に触れる」

「逆鱗に触れる」(げきりんにふれる)という表現もよく耳にするのではないでしょうか? この言葉の意味には、「目上の人や地位の高い人を激しく怒らせてしまう」という内容があります。

目上の人とは、勤務している会社では、「社長」や「上司」、「先輩社員」になりますし、学校では「先生」、家族では、「お父さん」、「お母さん」となります。

この言葉を使う場面としては、「何気なく上司に言った言葉で、逆鱗に触れてしまった」

おそらく、上司を怒らせた社員のセリフは、上司の気分を逆なでしてしまったです。

「逆鱗に触れる」の語源、由来ですが、「逆鱗」とは、「竜のあごの下にある一枚の逆さまに生えたうろこ」のことで」です。

この言葉が 転じて、「上司や先生など目上の人に逆らって激しい怒りを買う」という意味で解釈されるようになったのです。

このようなことから、日頃の会話の中でも、人と話をする時には、言葉を選びながら、会話をすることです。

特に立場が上の人と話をする時は、注意しなくてはなりません。

3. 「不興を買う」の使い方

「不興を買う」の使い方

つい、口を滑らせて、相手の「不興を買う?」ようなことは日常茶飯事です。

どのような場面で使われるのが、次項の例文を見てみましょう。

4. 「不興を買う」を使った例文

「不興を買う」を使った例文

「不興を買う」を使った例文をいくつか挙げてみることにします。

4-1. 例文1

4-例文1

「彼は、自れの不遜さが原因となり、社長の不興を買ってしまい、地方に左遷されてしまった」

不遜な態度をしていることで、社長の気分を損ねてしまった社員。

それだけで、自分の人生を大きく狂わしてしまうのですから、日頃の態度は、控えめにしていかなければならないということでしょう。

4-2. 例文2

4-例文2

「出すぎた真似をして遺族の不興を買ってしまうことになる」

これも、余計なことをしてしまったことで、遺族から反感を買ってしまうことを言っています。

特にご不幸のあったご遺族の前では、言動には、十分注意が必要です。

ただでさえ、心境がナーバスになっている人達なのですから、相手の感情を該するような発言は慎むべきなのです。

4-3. 例文3

4-例文3

「自分の言葉が社長の不興を買っているとは気づかなかった」

サラリーマンをしていると、どうしても上下関係が厳しくなってきて、当然です。

そのことに疎い社員が、不用意な発言をしてしまったために、その言葉が社長の耳に届いて、気分を害してしまったのでしょう。

このようなことも、ビジネスの世界では、意外とよくあることです。

社内の目上の人だけでなく、取引先のお客さんに対しても、注意しなくてはなりません。

コミュニケーションを取る時でも、慎重な態度が求められることもあります。

5. 「不興を買う」を分解して解釈

「不興を買う」を分解して解釈

次に「不興を買う」を構成している言葉の意味を見ていきます。

5-1. 「不興」

5-「不興」

「不興」とは、「興味がなくなること」、「しらけること」あるいは、「そのようなさま」を言っています。

「興ざめする」という理解もできます。

特に「機嫌が悪いこと」、「目上の人の機嫌をそこなうこと」の意味合いが強く、「親や主君など目上の人の怒りに触れてとがめを受けること」や「勘当を受けること」という意味でも解釈することができます。

5-2. 「買う?」

5-「買う?」

「買う」という言葉は、「金銭を払って品物や権利を自分のものにする」や「自分の方に引き取る」という理解することが一般的ですが、「自分のしたことが原因となって、好ましくないことを身に負う」や「招く」という意味合いもあります。

6. 「不興」を使ったその他の言葉

「不興」を使ったその他の言葉

では、「不興」を使った表現には、他にどのような言葉があるでしょうか?

6-1. 「不興を招く」

6-「不興を招く」

「不興を招く」という言葉も日常的に使われる言葉です。

「招く」という言葉には、「手を振って呼び寄せる」や「仕事をしてもらうため礼をつくして呼ぶ」(招聘(しょうへい)する)といった意味があります。

しかし、「人の機嫌を損なうようなさま」の意味も持っており、「人の反感を呼び寄せてしまう」ということにつながってくるのです。

「招く」は、いい意味で使われますが、良くない状況でも使われることがあります。

6-2. 「不興を被る」

6-「不興を被る」

「不興を被る」の「被る」は「こうむる」と読みますが、「頂く(いただく)」や「賜る(たまわる)」の意味があります。

「恩恵を被る」といった使い方がありますが、この他にも「身にふりかかるものとして受ける」という意味も持っています。

このことから、「不興を被る」という表現もあります。

「変な対応をしてしまったために、多くのお客さんから不興を被ることになってしまった」

トラブルが発生した時には、被害者には、真摯な気持ちで対処しなくてはなりませんが、中途半端な対応をすることで、余計に被害を拡大させてしまったということでしょう。

まとめ

「不興を買う」ことは、仕事を円滑に進めていくために避けるべきことです。

人からの信頼を失うだけでなく、感情的にマイナスのイメージを持たれたり、批判の的にさらされたりすることで、自分はおろか、勤務している会社の信頼さえ失ってしまうことあります。

それだけに人から「不興を買う」ことは、存続するために、やってはならないことなのです、 現在の企業の多くは、社会に対する貢献度を高く要求されています。

そのためには、お客さん、市場から信頼される存在でなければなりません。

ちょっした油断や驕りから、すぐに人から不興を買ってしまのです。

インターネットでもSNSで変なコメントをアップしただけでも、炎上する時代です。

日頃の生活態度、勤務態度については、常に襟元を正しておくことが大切なのです。

日常の会話の中で、何気ない一言を発してしまった結果、とんでもないことになってしまうような経験を持っている人も結構いるのではないかと思います。

人は感情的な動物です。

自分の気になっている欠点や性格的に悪い面を指摘させると、気分を害してしまうものです。

このような気持ちの言葉を表すものに、「不興を買う」という表現はがあります。


「不興を買う」の意味とは?

「不興を買う」という言葉は、仕事をする中で経験することが少なくありません。

また、この言葉を使われることもあります。

仕事だけではなく、日常生活の中でも使われる言葉ではないでしょうか? 「不興を買う」という言葉の意味は、「相手の機嫌を損ねること」となります。

おそらく、ビジネスマンの人であれば、自分より目上の人かから、このような感情を持たれてしまい、仕事がしづらくなる経験を持った人もいるはずです。

1-1. 「不興を買う」の読み方

1-「不興を買う」の読み方

「不興を買う」は、「ふきょうをかう」という読み方になります。

「不興を買う?」の似た言葉や類語・言い換え

「相手の機嫌を損ねてしまう」という意味を持つ「不興を買う」は、他にも次のような表現で置き換えることができます。

2-1. 「反感を買う」

2-「反感を買う」

「反感を買う」も、「不興を買う」と同じ意味を持つ言葉です。

「反感」とは、「同意できず、または不快で、反発・反抗したくなる感情」のことを指しています。

「あなたの思いあがったような態度や言動には、一種の反感を覚えてしまうよ。皮肉でも言ってみたくなった」

自分自身ではあまり気づくことがない人もいるのですが、常に人を見下したような態度を取るタイプの人が、世の中には結構いるものですね。

このような人は、ことあるごとに、周囲の人の気持ちを逆なでするようなことばかり、言って嫌われることになります。

2-2. 「逆鱗に触れる」

2-「逆鱗に触れる」

「逆鱗に触れる」(げきりんにふれる)という表現もよく耳にするのではないでしょうか? この言葉の意味には、「目上の人や地位の高い人を激しく怒らせてしまう」という内容があります。

目上の人とは、勤務している会社では、「社長」や「上司」、「先輩社員」になりますし、学校では「先生」、家族では、「お父さん」、「お母さん」となります。

この言葉を使う場面としては、「何気なく上司に言った言葉で、逆鱗に触れてしまった」

おそらく、上司を怒らせた社員のセリフは、上司の気分を逆なでしてしまったです。

「逆鱗に触れる」の語源、由来ですが、「逆鱗」とは、「竜のあごの下にある一枚の逆さまに生えたうろこ」のことで」です。

この言葉が 転じて、「上司や先生など目上の人に逆らって激しい怒りを買う」という意味で解釈されるようになったのです。

このようなことから、日頃の会話の中でも、人と話をする時には、言葉を選びながら、会話をすることです。

特に立場が上の人と話をする時は、注意しなくてはなりません。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年04月09日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い