占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190311090651.html
「糧にする」とは?意味や使い方を解説

「糧にする」とは?意味や使い方を解説 | SPITOPI

SPITOPI
「糧にする」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク

「糧にする」という言葉の意味や英語を紹介します。

さらに「糧にする」の使い方や、「糧にする」を使った例文を紹介します。

  • 「糧にする」について
  • 「糧にする」の意味とは
  • 「糧にする」の言葉の使い方
  • 「糧にする」を使った例文
  • 「糧にする」の英語と解釈
  • 「糧にする」の類語や類義表現
  • まとめ

1. 「糧にする」について

「糧にする」について

人は様々なことを経験する中でそれを蓄積し、成長していきます。

その際に得るものを「糧にする」と表現することがあります。

しかし意味を理解せずに安易に使うと誤解を生む可能性もあるため、適切な理解が求められます。

2. 「糧にする」の意味とは

「糧にする」の意味とは

「糧にする」という言葉を理解するにあたり、「糧」という言葉は本来食べ物・食糧を意味する言葉とされています。

そしてそれを食べることで栄養にしています。

その意味から経験を自身の栄養とし、成長につなげるという意味合いを持ちます。

そのため「糧」の対象はその人にとってメリットとなることが前提とされています。

また成長を今後・次に生かしていくという意味合いを持ちます。

そして自身に「糧にする」と使う際、その相手には感謝の気持ちも含みます。

3. 「糧にする」の言葉の使い方

「糧にする」の言葉の使い方

「糧にする」という言葉を使うにあたり、何に対して「糧」であるかどうかを明確に伝えておく必要があります。

その上で相手に自分にとってプラスになったという旨を伝える際に用いられます。

しかし「糧にする」という言葉は相手に対してこれから成長につなげていくと伝えることになります。

そのため直接的ではなく、間接的に今後成長・改善の意思を伝える使い方もあります。

しかし多用すると相手は言葉自体の重み・価値を低くとらえてしまう場合もあります。

そのため重要な時や場面を選んで用いることが必要です。

4. 「糧にする」を使った例文

「糧にする」を使った例文

「糧にする」は様々な場面で用いられる言葉です。

しかし使い方や場面にも注意が必要となります。

実際にどのように用いられるか、例文と解釈を紹介します。

4-1. 「糧にする」の例文1

4-「糧にする」の例文1

「上司に対して『ご指導ありがとうございます。教えていただいたことを今後の糧にするつもりです』と伝えた」

この場合、上司からの指導は自身にとって成長につながるものだったと捉えており、その旨を上司に感謝の意味を込めて伝えています。

4-2. 「糧にする」の例文2

4-「糧にする」の例文2

「私はこれまでに良いこともあれば悪いこともたくさん経験してきました。今になってどんなことでも糧にすることが出来ると思えるようになりました」

当事者(私)は生活する中で良し悪しに関わらず様々な経験をする中で、昔は糧にならないこともあると考えていました。

しかし現在は人生における経験は全て自身の糧になると考えが変わったことを伝えています。

4-3. 「糧にする」の例文3

4-「糧にする」の例文3

「部下に『今はつらいと思うが、これからのことを考えると将来の糧にすることが出来る』と伝えた。

この場合、部下に対してのフォローとして使われています。

部下はつらい状況に置かれているが、それが今後の成長になると鼓舞する意味で用いられています。

5. 「糧にする」の英語と解釈

「糧にする」の英語と解釈

「糧にする」という言葉をそのまま表す言葉はなく、その意味合いから解釈されて表現されます。

一番近い意味合いでは「develop from experience」とされています。

「experience」は経験を意味しており、「develop」は発展させていくという意味を持ちます。

そして「from」によって経験から発展させていくという解釈とされ、「糧にする」の意味となります。

また成長を意味する意味では「thrive on」「grow」といった言葉でも表現され、何を対象にするかを続けることで同義の意味とされています。

6. 「糧にする」の類語や類義表現

「糧にする」の類語や類義表現

「糧にする」という言葉は様々な場面で用いられており、類語・類義表現もたくさんあります。

どのようなものがあるか例を紹介していきます。

6-1. 「肥やしにする」

6-「肥やしにする」

この意味としては経験を成長に生かしていくという意味となります。

「肥やし」には土壌に養分を与える意味もありますが、人に対しては直近ではなく、長い目で見た時に成長する土台を意味しており、類語とされています。

6-2. 「血肉とする」

6-「血肉とする」

ここでの「血肉」とは知識や経験といったものを栄養として体に取り込むという意味を持ちます。

そのため同義の意味として扱われており、類語となります。

まとめ

「糧にす」という言葉の意味や使い方を見てきました。

これを機会に正しい意味で「糧にす」という言葉を使ってみましょう。

「糧にする」という言葉の意味や英語を紹介します。

さらに「糧にする」の使い方や、「糧にする」を使った例文を紹介します。


「糧にする」について

人は様々なことを経験する中でそれを蓄積し、成長していきます。

その際に得るものを「糧にする」と表現することがあります。

しかし意味を理解せずに安易に使うと誤解を生む可能性もあるため、適切な理解が求められます。

「糧にする」の意味とは

「糧にする」という言葉を理解するにあたり、「糧」という言葉は本来食べ物・食糧を意味する言葉とされています。

そしてそれを食べることで栄養にしています。

その意味から経験を自身の栄養とし、成長につなげるという意味合いを持ちます。

そのため「糧」の対象はその人にとってメリットとなることが前提とされています。

また成長を今後・次に生かしていくという意味合いを持ちます。

そして自身に「糧にする」と使う際、その相手には感謝の気持ちも含みます。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年03月11日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!