占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190305132459.html
「厳格」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「厳格」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】 | SPITOPI

SPITOPI
「厳格」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

スポンサーリンク

ビジネスの世界では、デイリーで様々な新しい仕事が舞い込んで来ることが珍しくはありません。

「今日はこの仕事を片付けなければ」、「明日までにあのプレゼン資料を完成させないといけない」などと自分の仕事の範疇で仕事の順番を決めてから、作業に入ることが当たり前のことだと思います。

しかし、いきなり突発的な仕事が入ってしまい、予定していたスケジュールがめちゃめちゃになることも度々あるのではないでしょうか? このような時は、どの仕事を「優先」させなければならないのか、もう1度全体を組み立て直す必要がありますね。

今回は、この「優先」について触れていこうと思います。

  • 「優先」の意味とは?
  • 「優先」の読み方
  • 「優先」の英語(解釈)
  • 「優先」の対義語
  • 「優先」を使った言葉と意味を解釈
  • 「優先」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「優先」の類語や類義表現
  • 「優遇」と「優先」の違い
  • まとめ

1. 「優先」の意味とは?

「優先」の意味とは?

仕事をしている人であれば、この「優先」という言葉だけでなく、「優先」する行動は日常茶飯事の出来事のはずです。

この「優先」とは、「他よりも先にすることになっていること」、「他に先んずること」ということを意味しているのですが、ビジネス活動においては、切っても切り離すことができない言葉と言えます。

2. 「優先」の読み方

「優先」の読み方

「優先」は「ゆうせん」と読みますが、普段からよく使われている言葉なので、迷うことはないでしょう。

朝、オフィスに行くと、上司からも「仕事に優先度をつけて効率良く作業してくれ」などと言われている人もいるのではないかと思いますので、耳にタコができるほどに出てくる言葉でしょう。

3. 「優先」の英語(解釈)

「優先」の英語(解釈)

「優先」を英語で訳すと「priority」という言葉で表現されます。

「プライオリティの高い仕事」というようにカタカナ語でも使われている言葉なので、「ああなるほどね」と合点が行くのではありませんか?

4. 「優先」の対義語

「優先」の対義語

「緊急度、必要度の高いものとして、まっ先にそれをすること」という意味を持つ「優先」の対義語としては、「劣後」という言葉が挙げられます。

意味としては「順序が後になること」という解釈になりますが、この言葉は、日常的な会話やビジネスシーンで使われることは少ないかもしれません。

平易な言葉だと「後回し」が妥当かもしれません。

5. 「優先」を使った言葉と意味を解釈

「優先」を使った言葉と意味を解釈

「優先」という言葉は、色々な場面で使われていすが、次に挙げる表現をよく聞くことがあります。

5-1. 「優先度」

5-「優先度」

「優先度」とは、「他のものより先に扱う度合」、あるいは「他をさしおいて行う度合」、「優先の度合」という意味で使われます。

「優先度の高い仕事」というような表現が引き合いに出されます。

5-2. 「優先順位」

5-「優先順位」

「優先順位」もよく出てくる言葉ですが、「物事に優先度合いの高い順位を付ける」という意味になります。

仕事で「優先順位」のつけ方に悩んでいる人は、まず早く楽に完成できるような仕事やすぐに成果を出せる仕事を優先的に着手することがポイントです。

成果を早く出すことができれば、次の仕事に着手できてさらに成果を上げられるからです。

このことは意外と見過ごしてしまうことなので、自分の今の仕事の目標やスケジュールビジョンに合わせて、「成果の出やすい仕事」を始めに決めることです。

5-3. 「優先的」

5-「優先的」

「優先的」とは、「他のものより先に扱うさま」のことで、ビジネスにおいては、得意先に合わせて「優先的」に仕事を片付けて行くことがありますが、全体の仕事ボリュームを考慮して選択していくことも必要でしょう。

6. 「優先」を使った例文や短文・意味を解釈

「優先」を使った例文や短文・意味を解釈

では、ここで「優先」を使った例文を見ていくことにしましょう。

6-1. 例文1

6-例文1

「都心では現在全車両に優先席が設けられています」このように「優先」はビジネスだけでなく、シートなどの物でも使われることがあります。

高齢者の人や身体の不自由な人を「優先」したシートなどで使われますね。

6-2. 例文2

6-例文2

「個人の感情や考えを優先させるようでは、絶対にこの戦いに勝つことはできない」戦争時のセリフのようですが、時として、情に流されることなく全体の状況を客観的に把握しながら、何を「優先」すべきかを冷静に判断しなくてはならないこともあります。

このことは、戦争だけでなく、ビジネスでも同じことが言えることです。

厳しいように思えますが、決して間違いとは言えないことでもあるでしょう。

7. 「優先」の類語や類義表現

「優先」の類語や類義表現

ここで、「優先」の類語も見ていくことにします。

7-1. 「重視する」

7-「重視する」

「重視する」という言葉も、使い方によっては、「優先」に近い意味を持っておかないと言葉と言えます。

「重要なものとして注目すること」という意味があり、「実績を重視した選択」、「この仕事を重視しなくてはならない」というような使い方になります。

8-2. 「注力する」

8-「注力する」

「注力する」とは、「ある目標達成のために持っている力を注ぎこむこと」というニュアンスがある表現で、「顧客サービスに注力する」、「今月は受注活動に注力する」というような使われ方がされています。

「専念する」という理解もできますし、「優先する」という解釈もできる言葉です。

9. 「優遇」と「優先」の違い

「優遇」と「優先」の違い

「優先」に似たような言葉の1つに「優遇」という言葉があります。

「手厚くもてなすこと」、または「優先的に扱うこと」といったような意味合いがあります。

「わが社の中途採用では経験者を優遇する」、「優遇措置として考慮する」という形で用いられています。

一見、これらの2つの言葉は、同じ意味を持っているように思われるのですが、「優先」は「選ばれる時に有利」という意味があり、「優遇」は、「選ばれた後で有利」という意味があるので、使い分けに注意が必要です。

まとめ

現代のビジネス業界では、「働き方改革」の流れで、できるだけ残業時間を減らしつつ、効率性を高めて仕事を進めていくことが求められています。

そのようなことから、「優先」というキーワードは、ますますビジネス業界では、トレンドになってきている感じがあります。

昔のように時間をかけて仕事をするのではなく、「優先」すべき仕事を決めて進めていくことで、メリハリのある仕事をすることが、今の時代の常識となっています。

仕事が早く終われば、後はプライベートの時間を楽しむことができるのですから、じっくりと「優先順位」を付けてから、その日の仕事を完成させましょう。

ビジネスの世界では、デイリーで様々な新しい仕事が舞い込んで来ることが珍しくはありません。

「今日はこの仕事を片付けなければ」、「明日までにあのプレゼン資料を完成させないといけない」などと自分の仕事の範疇で仕事の順番を決めてから、作業に入ることが当たり前のことだと思います。

しかし、いきなり突発的な仕事が入ってしまい、予定していたスケジュールがめちゃめちゃになることも度々あるのではないでしょうか? このような時は、どの仕事を「優先」させなければならないのか、もう1度全体を組み立て直す必要がありますね。

今回は、この「優先」について触れていこうと思います。


「優先」の意味とは?

仕事をしている人であれば、この「優先」という言葉だけでなく、「優先」する行動は日常茶飯事の出来事のはずです。

この「優先」とは、「他よりも先にすることになっていること」、「他に先んずること」ということを意味しているのですが、ビジネス活動においては、切っても切り離すことができない言葉と言えます。

「優先」の読み方

「優先」は「ゆうせん」と読みますが、普段からよく使われている言葉なので、迷うことはないでしょう。

朝、オフィスに行くと、上司からも「仕事に優先度をつけて効率良く作業してくれ」などと言われている人もいるのではないかと思いますので、耳にタコができるほどに出てくる言葉でしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年03月05日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!