占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190226115636.html
「反感を買う」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「反感を買う」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】 | SPITOPI

SPITOPI
「反感を買う」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

スポンサーリンク

日頃、友人や知人、あるいは職場の同僚と会話をしていて、変な発言をしてしまったことで、相手を怒らせてしまったというような経験をしたことがある人もいるかと思います。

そのような時に使われる言葉に「反感を買う」というものがあるのですが、この言葉にはどのような意味があるのでしょうか?今回は、この「反感を買う」について、説明をしていこうと思います。

  • 「反感を買う」の意味とは?
  • 「反感を買う」の読み方
  • 「反感を買う」の英語(解釈)
  • 「反感を買う」の対義語
  • 「反感を買う」の言葉の使い方
  • 「反感を買う」の例文・短文(解釈)
  • 「反感を買う」の類語や類義表現
  • まとめ

1. 「反感を買う」の意味とは?

「反感を買う」の意味とは?

「反感を買う」ということは、「反発される」、あるいは「反感を持たれる」ということを指しています。

「反感」とは、「相手の考えや言動のことを不快に感じて反発する気持ち」を意味しています。

また、「反抗的な感情」を表す場合もあり、「反感を買う」とは、「そのような気持ちを相手に持たれてしまうこと」や、「誰かが自分に対して反発したい気持ちを持つ」という意味合いになるのです。

2. 「反感を買う」の読み方

「反感を買う」の読み方

「反感を買う」とは「はんかんをかう」という読み方になります。

3. 「反感を買う」の英語(解釈)

「反感を買う」の英語(解釈)

「反感を買う」という表現を英語にすると「antagonise」や「provoke antipathy」などの表現が使えます。

4. 「反感を買う」の対義語

 「反感を買う」の対義語

「反感を買う」の対義語としては、「共感を得る」という言葉が挙げられるでしょう。

「人の考えや主張など、全くそうだと感ずること」という意味になります。

5. 「反感を買う」の言葉の使い方

「反感を買う」の言葉の使い方

「反感を買う」が使われる場面としては、「相手に反感を持たれてしまうこと」を指していますので、自分ばかり優先させたことをしたり発言することが原因で、周りから反発を食らう場合に用いられることになります。

また、「反感を買う」という表現を使うのとで、周囲の人達を刺激したり、怒らせるようなマイナスイメージを植え付けてしまう可能性もあるので、使い方には注意が必要になることもあります。

よく短絡的な発言をする人の中には、「自分は反感を買いやすいタイプの人間」などと不用意に発言してしまうことで、人間性を疑われることもあるので、気を付けなければなりません。

6. 「反感を買う」の例文・短文(解釈)

「反感を買う」の例文・短文(解釈)

では、ここで「反感を買う」という表現の使った例文をいくつか見ていくことにします。

6-1. 例文1

6-例文1

「彼女はいつも自分のことしか考えていないから、誰からも反感を買うんだ」

反感を買いやすい人には、自分のことしか考えていない自己中心的な性格をしている人が多いので、周りから反発を食らいやすいのです。

マンションの理事会などで役員決めをする時に、いつもは自治会のことに文句を言うくせに、「共働き」を理由に役員を断る人がいますが、このような人は、まさしく「反感を買ってしまう」典型的なタイプの人です。

若い世代の家族が少ない中、ご年配の方々でも役員を請け負う人も少なくないので、自分のことばかり主張して逃げてばかりいると、反感を買ってしまうことは間違いありません。

6-2. 例文2

6-例文2

「彼は他の人の話に耳を貸さず、いつも自分の話ばかりをするので反感を買ってしまうのです」

このように人と話をしている時に、その人の話を聞かずに自分の話をすぐに始めてしまう人が周りにいないでしょうか?

このような行動をする人も「反感を買いやすい」タイプの人もです。

他人の話を聞く時は、しっかりと相手の話に耳を傾けて関心を示すことです。

相手が話し終わる前に自分の話を始めてしまうと、相手の話をしっかりと聞いていなかったように周りの人達は思ってしまうので、そのような人の話には、全く関心を示そうとはしないでしょう。

6-3. 例文3

6-例文3

「彼女の根本はネガティブ思考なので、反感を買ってしまうんだ」

常にネガティブ思考な人は、周りから反感を買ってしまうことが少なくありません。

物事を全て否定的に捉えてしまうと、周りの人は嫌悪感を示すようになってしまいます。

ある程度は、楽観的に物事を捉えて、明るく振る舞えるくらいのゆとりを持っておきたいものです。

あまりにもネガティブなことはがり言っていると、もう誰からも相手にされることがなくなってきます。

7. 「反感を買う」の類語や類義表現

「反感を買う」の類語や類義表現

では、ここで「反感を買う」の類義語を見ていくことにしましょう。

7-1. 「反発される」

7-「反発される」

「反感を買う」の類義語の1つに「反発される」がありますが、「反発される」ということは、「誰かが自分に対して反発する」という意味を持つ言葉です。

自分の言動に対して「誰かが同意しないことでの「反発されてしまうこと」や、「自分の意見が合わない場合」や「自分の言動が誰かを傷つけてしまった」時の「反発される」ということもあります。

7-2. 「不興を買う」

7-「不興を買う」

「不興を買う」とは、「人に怒りや反感の心情を起こさせること」という意味があります。

相手の興味を失わせるような行動を取ってしまったり、自分が相手の機嫌を損なうような行動を取ってしまった時に、「不興を買う」という言葉を使います。

また、場違いな発言や行動をしてしまったことで、その場をシラけさせてしまう時でも、「不興を買う」という言葉が使われることがあります。

このように自分の行動が原因で相手の機嫌が悪くなった時や、自分の行動が原因で、誰かの興味を削ぐような時に「不興を買う」という言葉で表現することができます。

まとめ

「反感を買う」ということは、どうして起こるものなのでしょうか?

人の言動によって、腹を立てることや、その人の意見や考えに反発するといった経験を持っている人もいるかもしれませんが、そのように思われる人は、いつも自己中心的な発言をしたり、自分の間違いを素直に認めなかったりという傾向が強いとされています。

他の人には厳しい反面、自分の行動や考えには甘いという人は、反感を買いやすくなります。

自分の非を認めることをせずに、自分を正当化することしかできないので、人も反感を買っても不思議ではありません。

自慢話ばかりしながら、上目線で発言するのとで、誰からも嫌われてしまうので、いざという時には、誰も助けてくれる人がいないのです。

社会では人との関わりが強くなって初めて、スムーズなコミュニケーションが可能となっていくので、常に誰に対しても公平に振る舞えることができるように心掛けておくことが大切なのです。

日頃、友人や知人、あるいは職場の同僚と会話をしていて、変な発言をしてしまったことで、相手を怒らせてしまったというような経験をしたことがある人もいるかと思います。

そのような時に使われる言葉に「反感を買う」というものがあるのですが、この言葉にはどのような意味があるのでしょうか?今回は、この「反感を買う」について、説明をしていこうと思います。


「反感を買う」の意味とは?

「反感を買う」ということは、「反発される」、あるいは「反感を持たれる」ということを指しています。

「反感」とは、「相手の考えや言動のことを不快に感じて反発する気持ち」を意味しています。

また、「反抗的な感情」を表す場合もあり、「反感を買う」とは、「そのような気持ちを相手に持たれてしまうこと」や、「誰かが自分に対して反発したい気持ちを持つ」という意味合いになるのです。

「反感を買う」の読み方

「反感を買う」とは「はんかんをかう」という読み方になります。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年02月26日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!