占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190117152851.html
龍神がついている人特徴・好かれる人はどんな人

龍神がついている人特徴・好かれる人はどんな人 | SPITOPI

SPITOPI
龍神がついている人特徴・好かれる人はどんな人

スポンサーリンク

「龍神(りゅうじん)」は、強力な自然霊・守護神として知られています。

龍神が憑くことによって、人間のあらゆる運気が急上昇するとされ、ビジネスや起業・投資、恋愛・結婚、健康・長寿、権力・人間関係などにおいて大きな成功を収めやすくなります。

「龍神」が憑いている人には、どのような運気や人生の変化があるのでしょうか?この記事では、「龍神が憑いている人の特徴」や「龍神に好かれる人の特徴」について徹底的に解説します。

  • 龍神が憑いている人に見られる運気の上昇・人生の成功
  • 龍神とは何か?:最高クラスの自然霊である龍神の特徴
  • 龍神が憑いている人の特徴
  • 龍神に好かれやすい人の特徴
  • 「自然霊」の龍神と「守護霊」の違い
  • 龍神に憑かれた人の持つリスク・注意点
  • まとめ

1. 龍神が憑いている人に見られる運気の上昇・人生の成功

龍神が憑いている人に見られる運気の上昇・人生の成功

最高クラスの自然霊とされる「龍神(りゅうじん)」が憑いている人は、「仕事運・金運(財産運)・恋愛運・結婚運・健康運・対人運」のすべてが急上昇することが多くなります。

龍神が憑いた人は、自分の運気の急上昇についてこれない周囲の人を払い落としながら、世の中で大きな人生・仕事の成功を収めることが多いとされています。

1-1. 「龍神」は「鳳凰」と並ぶ最高クラスの自然霊:成功・権力・財産・理想の異性をもたらすという伝承

1-「龍神」は「鳳凰」と並ぶ最高クラスの自然霊:成功・権力・財産・理想の異性をもたらすという伝承

古代中国の皇帝(天子)に憑く自然霊・守護神は「龍神」か「鳳凰(ほうおう)」と決められていましたが、それは「龍神+鳳凰」は守護神となってくれる自然霊の中でも最高レベルの霊力・加護を持っているからです。

近代以前の中国王朝の皇帝は「天子」と呼ばれていましたが、それは龍神や鳳凰の自然霊が憑くことが「最高権力者として天が認める天命」を証明しているとされたからです。

人に霊的パワー(スピリチュアルなパワー)を授ける「龍神」の威力が最大限に発揮された場合、「人生の成功・権力と権威・財産と理想の異性」などを手に入れることができます。

2. 龍神とは何か?:最高クラスの自然霊である龍神の特徴

龍神とは何か?:最高クラスの自然霊である龍神の特徴

人間に圧倒的な成功や絶大な権力・財産をもたらすとされる最高クラスの自然霊である「龍神」とは、どのような存在なのでしょうか?龍神の特徴についてまとめていきます。

2-1. 龍神は「水神・海神」として崇拝されることの多い自然霊・守護神

2-龍神は「水神・海神」として崇拝されることの多い自然霊・守護神

龍神は古来から「水神・海神」として崇拝されることの多い自然霊・守護神として知られていて、「水・雨を自由自在にコントロールできる超能力・霊力」を持っていると考えられていました。

龍神は龍(竜)の姿をしていて水中に棲んでいるとされ、水・雨・海を司る神様(守護神)ともされています。

昔話の「浦島太郎」に登場する有名な「竜宮城(りゅうぐうじょう)」も、龍神を城主とする海中のお城であり、龍神は海の嵐や凪(なぎ)をコントロールできることから、漁業・航海の安全を祈る漁師の信仰も集めました。

「雨」と関係の深い龍神は、干ばつを恐れる農業・農民の「雨乞い祈願」の対象として信仰されることも多かったのです。

2-2. 龍神は仏教では「天龍八部衆」の一神

2-龍神は仏教では「天龍八部衆」の一神

仏教の経典・教義では、龍神は仏法を守護する役割を担う八神である「天龍八部衆」の一神とされています。

仏教の「天龍八部衆」とは、「天・竜・夜叉(やしゃ)・乾闥婆(けんだつば)・阿修羅(あしゅら)・迦楼羅(かるら)・緊那羅(きんなら)・摩侯羅迦(まごらが)」の八神のことであり、「竜神八部・八部衆」とも言われます。

「龍神」は仏教が流布する以前から崇められていた古代インドの鬼神・戦闘神・音楽神・動物神」などの一つであり、その後、仏教に帰依して護法善神となりました。

龍神などの八部衆は、普遍的な正しい仏陀の教えを守るために非常に強い霊力を備えています。

2-3. 神社などで祀られる龍神さまとそのご利益

2-神社などで祀られる龍神さまとそのご利益

龍神さまを祀っている日本の代表的な神社・祠(ほこら)には、北海道の白龍神の祠、東北地方の十和田神社・岩木山神社、関東地方の深川龍神・九頭竜神社、中部地方の毛谷黒龍神社・高龍神社、関西地方の八坂神社・京都神泉苑、中国地方の神崎神社、四国地方の田村神社、九州地方の五龍神社・志賀海神社などがあります。

龍神さまの代表的なご利益として、「五穀豊穣・大漁祈願・安全航海・金運や財産運・健康運・仕事運・対人運・権力や権威の獲得」などが知られていますが、あらゆる運気運勢の総合的なアップに期待できるとされています。

3. 龍神が憑いている人の特徴

龍神が憑いている人の特徴

「龍神が憑いている人」はあらゆる運気が上昇して、人生やビジネス、人間関係で成功しやすいと言われています。

「龍神が憑いている人」には、どのような特徴があるのでしょうか?

3-1. 大胆(豪快)・大雑把で細かいところにこだわる神経質さがない

3-大胆(豪快)・大雑把で細かいところにこだわる神経質さがない

龍神が憑いている人の特徴として、「大胆(豪快)・大雑把で細かいところにこだわる神経質さがない」ということがあります。

龍神が憑いている人は、細かいことにいつまでもうじうじとこだわるタイプではなく、過去の失敗や挫折に囚われて落ち込み続けるタイプでもありません。

龍神が憑いている人の性格的な特徴として、「思ったことをすぐに行動に移してしまう大胆さ・勇気」と「細かいこと・過去の失敗にくよくよとせずに大まかに決断していく豪快さ」があります。

神経質ではなく大雑把でパワフルな性格なので、ストレスが溜まって心身が疲れきってしまう(抑うつ的になって落ち込んでしまう)というリスクが少ないのです。

3-2. 興味関心のある事柄に対しては徹底的に集中する

3-興味関心のある事柄に対しては徹底的に集中する

「興味関心のある事柄に対しては徹底的に集中する」というのが、龍神が憑いている人の特徴の一つです。

龍神が憑いている人は興味ややる気が偏っていることも多いのですが、自分が興味関心のあるジャンルや物事に対しては、人並み外れた集中力や継続性を発揮することができます。

自分の興味のあるジャンルや事柄に対して、寝る間も惜しんで徹底的に集中することができるのが、龍神が憑いている人の長所であり、その結果としてその業界・分野におけるプロフェッショナルな専門家になれることも多いのです。

「選択と集中」を得意技とする龍神が憑いている人は、ビジネス・起業の分野においても頭角を現して成功することが多くなります。

3-3. 物事に対して意欲的・情熱的でリーダーシップを発揮する

3-物事に対して意欲的・情熱的でリーダーシップを発揮する

龍神が憑いている人の特徴として、「物事に対して意欲的・情熱的でリーダーシップを発揮する」ということが上げられます。

龍神が憑いている人は、集団組織を力強く引っ張っていくリーダーシップの資質・適性に恵まれていることが多く、その「圧倒的な能力の高さ+目的意識の強さ」によって、他のメンバーからの「信頼・尊敬」を集めやすくなっています。

龍神が憑いている人は、仕事や物事に対するモチベーションが高い意欲的なタイプが多く、情熱的な行動力と共感的なコミュニケーション力もあります。

そのため、集団組織をまとめていくリーダーとして適任であり、龍神が憑いている人がやる気を出してみんなに呼びかければ、呼びかけられたメンバーもその声に応えて一緒に協力してくれやすいのです。

3-4. ファッションでは明るいカラーを多用しない

3-ファッションでは明るいカラーを多用しない

龍神が憑いている人の特徴として、「ファッション(服装)では明るいカラーを多用しない」ということがあります。

龍神が憑いている人の服装やファッションセンスの特徴として、「派手な明るいカラー(色彩)」を多く使わないということがあります。

龍神が憑いている人は、「赤色・黄色・オレンジ色・ライムグリーン」などの目立つ明るい色合いの衣服を好まず、「白色・黒色のモノトーン、グレイ(灰色)・ブラウン(茶色)」などのシックな装いを好む傾向があるとされています。

しかし、ワンポイントのファッションで派手な明るい色を取り入れることはあり、靴やバッグには独自の強いこだわりが反映されていることが多いのです。

3-5. プレッシャーやストレスを乗り越えるだけのタフネスがある

3-プレッシャーやストレスを乗り越えるだけのタフネスがある

「プレッシャーやストレスを乗り越えるだけのタフネスがある」というのが、龍神が憑いている人の典型的な特徴になります。

龍神が憑いている人は、何かをやらなければならない状況におけるプレッシャー(重圧)やストレスに押しつぶされて苦しむのではなく、その緊張した厳しい状況を逆に楽しめるだけのタフネスがあります。

龍神が憑いている人は、身体も精神も非常にタフでプレッシャーやストレスに打ち負かされることが無いので、人並み以上の大きな成功や財力などを手に入れることができるのです。

3-6. 即断即決で物事・人間関係に白黒つけるスピードが速い

3-即断即決で物事・人間関係に白黒つけるスピードが速い

龍神が憑いている人の代表的な特徴として、「即断即決で物事・人間関係に白黒つけるスピードが速い」ということがあります。

龍神が憑いている人は何かを選んで決めなければならない時に、あれこれ迷って優柔不断になることはまずなく、即断即決で自分の意思決定をすることができます。

龍神が憑いている人は、迷ったり悩んだりする暇があるのであれば、自分の仕事・使命を少しでも前に進めようとするからです。

人間関係においても「自分に必要な人」と「自分に不要な人」を即座に区別することで、白黒つけて対人関係の問題を解決することができます。

3-7. 普通・平均には興味がなく自分にしかできない仕事・役割を探している

3-普通・平均には興味がなく自分にしかできない仕事・役割を探している

「普通・平均には興味がなく自分にしかできない仕事・役割を探している」ということが、龍神が憑いている人に多く見られる特徴の一つです。

龍神が憑いている人は、「普通に無難に生きる人生」や「平均的な人と調和して仕事をする働き方」にはほとんど関心がありません。

龍神が憑いている人は、人生や仕事で破格の成功をすることが多いのですが、そういった成功を成し遂げられる要因として、「自分にしかできない仕事」や「ライフワークにつながるような特別な役割」を探しているということが大きいのです。

4. 龍神に好かれやすい人の特徴

龍神に好かれやすい人の特徴

龍神に憑いてもらうことができれば、人生やビジネス、人間関係で大きな成功を収めやすくなりますが、龍神は「人の好き嫌い」が激しいとも言われています。

「龍神に好かれやすい人の特徴」について、分かりやすく説明していきます。

4-1. 雨男・雨女で自分が動いていく場所に雨が降りやすい

4-雨男・雨女で自分が動いていく場所に雨が降りやすい

龍神に好かれやすい人の分かりやすい特徴として、「雨男・雨女で自分が動いていく場所に雨が降りやすい」ということが上げられます。

龍神は古来より「雨を降らせる水神」や「五穀豊穣をもたらす恵みの雨を降らせる神」として祀られてきました。

そのため、龍神に好かれている人は一般に、「雨男(あめおとこ)・雨女(あめおんな)」として自他共に認めていることが多く、その人が移動していく場所には短時間で雨が降りやすいという特徴があります。

自分が行くところ行くところで、頻繁に雨に降られるという人は、もしかしたら龍神の加護を受けているのかもしれません。

4-2. 竜雲・虹をよく見る

4-竜雲・虹をよく見る

「竜雲・虹をよく見る」ということが、龍神に好かれやすい人の典型的な特徴の一つです。

「竜雲(りゅううん)」というのは龍の形をした雲のことですが、「竜雲」には人知を越えた龍神の不思議なスピリチュアルなパワーが宿っているとされます。

珍しい竜雲を頻繁に見かける人は、龍神に好かれて運気運勢が全般的にアップする可能性が高いのです。

龍神は雨や水の恵みをもたらす「水神・海神」としての特徴を持っているので、雨が降った後の大気に日光が照りつけて「虹」が発生しやすくなります。

「虹」は普通そんなに頻繁に見ることはできませんが、なぜか「虹」がいつも自分の周囲で発生するという人は、龍神のパワフルな加護を受けているのかもしれません。

4-3. 前向きな向上心と豊かな好奇心を持っていてワクワクしている

4-前向きな向上心と豊かな好奇心を持っていてワクワクしている

龍神に好かれやすい人の代表的な性格面の特徴として、「前向きな向上心と豊かな好奇心を持っていてワクワクしている」ということが上げられます。

龍神はポジティブな人生の運命をバックアップしてくれる自然霊であり、基本的に「前向きな向上心・目的意識を持っている人」を好んで応援する傾向があります。

更に、龍神は人生や世界(社会)の様々な物事に対する好奇心が豊かで、自分の人生を自分の能力と努力、工夫で切り開こうとしている意欲的な人を非常に好むのです。

向上心・モチベーションが高くて色々な物事に探究心を持ち、いつもワクワクしながら毎日を過ごしている人には、龍神が憑いていることが多くなります。

4-4. 人を不幸にしたり傷つけたりしようとする悪意・謀略がない

4-人を不幸にしたり傷つけたりしようとする悪意・謀略がない

「人を不幸にしたり傷つけたりしようとする悪意・謀略がない」ということが、龍神に好かれやすい人の倫理的(エシカル)な特徴の一つです。

龍神は基本的に、性格が良くて倫理的な価値観を持っている人を支援する傾向があります。

特に、誰かを不幸にしたり傷つけようとしたりしているような悪意や計略を持っているような人には、龍神は憑きにくいのです。

龍神は、「他者の幸福+笑顔」のために尽力するような道徳的に正しい人を好みやすくなっています。

4-5. 龍神を祀っている神社に行ったことがある・神社仏閣に良く行く

4-龍神を祀っている神社に行ったことがある・神社仏閣に良く行く

龍神に好かれやすい人のベーシックな特徴として、「龍神を祀っている神社に行ったことがある・神社仏閣に良く行く」ということがあります。

龍神は古来から水神・海神として全国各地の神社仏閣で祀られてきましたから、そういった神社を頻繁に訪れるような人は、龍神から好かれやすくなるのです。

4-6. 数字の「8」をよく見かける

4-数字の「8」をよく見かける

「数字の「8」をよく見かける」というのは、エンジェルナンバーとも相関した龍神に好かれやすい人の特徴になっています。

数字の「8」はエンジェルナンバーでは「無限の富・豊かさ・成功」を象徴するナンバーであり、龍神のもたらす「全般的な運気運勢の高まり」とも相関しています。

偶然に色々な場所や状況で、数字の「8」を頻繁に見かけるという時には、龍神の持つスピリチュアルな力の恩恵・運気上昇を受けられている可能性が高いのです。

4-7. 行動力・決断力があって勢いを感じさせる

4-行動力・決断力があって勢いを感じさせる

龍神に好かれやすい人の特徴として、「行動力・決断力があって勢いを感じさせる」ということを指摘できます。

龍神は自分と類似した「天に昇るような強い勢いを感じさせる人」を好む傾向が強く、人並み外れた行動力や決断力を発揮して、成功への道を一直線に突き進んでいる人には、龍神が憑いている可能性が高いのです。

龍神から好かれるためには、「即断即決の行動力」を身につけたり、「パワフルな勢いのある決断力」を発揮したりすることが近道になると言われています。

5. 「自然霊」の龍神と「守護霊」の違い

「自然霊」の龍神と「守護霊」の違い

龍神は守護神としての働きもする「自然霊」の一種とされていて、「自然霊」は厳密には「守護霊」とは異なるとされています。

「自然霊」と「守護霊」の違いについて説明していきます。

5-1. 「守護霊」は龍神のような自然霊とは異なる:守護霊は祖先霊が多い

5-「守護霊」は龍神のような自然霊とは異なる:守護霊は祖先霊が多い

龍神のような「自然霊」に似た存在として「守護霊」がありますが、厳密には「人間の霊魂とは関係のない自然霊」と「人間の霊魂・祖先霊などと関係がある守護霊」は異なります。

守護霊は「守護霊(ガーディアン・スピリット)・支配霊(ガイド・スピリット)・指導霊(コントロール・スピリット)・補助霊(サポート・スピリット)」の4つに分類することができ、守護霊(ガーディアン・スピリット)はその人の人生を最初から最後まで優しく見守ってくれる祖先霊と同等の存在と考えられています。

「支配霊(ガイド・スピリット)」は本人よりも霊格が上の存在であり、自然霊とも重なることがあるものです。

「指導霊(コントロール・スピリット)」は、その人の生き方・仕事を正しい方向に指導してくれる守護霊になっています。

他の守護霊を間接サポートする「補助霊(サポート・スピリット)」には、友人知人などの近しい関係にある霊が多くなっています。

5-2. 「自然霊」の主な種類は「龍神・天狗・稲荷・弁財天」の4種類である

5-「自然霊」の主な種類は「龍神・天狗・稲荷・弁財天」の4種類である

「自然霊」を大きく分類すると、「龍神・天狗・稲荷・弁財天」の4種類になります。

「龍神」に憑かれた人の特徴は、「パワフルな行動力・決断力が優れていてリーダーシップを発揮することができる」や「雨女・雨男の面を持っていて自分の興味があることにはとことん集中する」になります。

「天狗」に憑かれた人の特徴は、「芸術的な才能・センスに恵まれていてマイペースな生活をしている」や「自己評価の高いナルシストで頭の回転が速い」になります。

「稲荷」に憑かれた人の特徴は、「好奇心旺盛でポジティブ思考の持ち主」や「お調子者で気配りが上手・美人が多い」になります。

「弁財天」に憑かれた人の特徴は、「共感性・母性愛が強くて誰に対しても優しい」や「他者のサポートが天職に結びつく」になります。

6. 龍神に憑かれた人の持つリスク・注意点

龍神に憑かれた人の持つリスク・注意点

龍神に憑かれた人は、全般的に運気運勢が上昇して集団でリーダーシップを発揮したり、人生で大きな成功を達成しやすくなったりしますが、その反動としてのリスクが生じることもあります。

「龍神に憑かれた人の持つリスク・注意すべきポイント」について紹介していきます。

6-1. 自分のパワフルな行動力・決断力に浮かれて冷静さを失うことがある

6-自分のパワフルな行動力・決断力に浮かれて冷静さを失うことがある

龍神に憑かれた人の持つリスク・注意点として、「自分のパワフルな行動力・決断力に浮かれて冷静さを失うことがある」を上げられます。

龍神に憑かれた人は、パワフルな行動力と決断力を発揮することで、「成功・繁栄・権力への道筋」を急速に駆け上がっていきますが、そのスピードが速すぎて精神的に浮かれてしまう恐れがあります。

何もかもが上手くいっているからといって精神的に浮かれてしまうと、冷静沈着な思考力や判断力を発揮することができなくなり、思わぬところで致命的なミスをしてしまうリスクが出てくるのです。

6-2. 人間関係の好き嫌い・取捨選択が強まることがある

6-人間関係の好き嫌い・取捨選択が強まることがある

「人間関係の好き嫌い・取捨選択が強まることがある」というのが、龍神に憑かれた人の持つリスク・注意点の一つになります。

龍神自体が「人の好き嫌いの激しい自然霊・守護神」であるため、龍神に憑かれた人は時に「人の好き嫌い・依怙贔屓(えこひいき)」が激しくなってしまう恐れがあります。

龍神に憑かれると「人間関係の好き嫌い」が激しくなって、自分に「必要な人」と「不要な人」を取捨選択することが多くなり、結果として「人間関係の多様性」や「自分に忠告・助言してくれる他者」を失ってしまうリスクがあるのです。

自分の勢いや運気についてこれない人を、見捨ててしまうような冷淡さ・ドライさの問題が出ることもあります。

まとめ

自然霊・守護神の「龍神」が憑くことによって、人間のあらゆる運気運勢がアップしていきますが、龍神が憑いている人には「大雑把で細かい事にこだわらない」や「自分にしかできない仕事・役割を探している」などの特徴があります。

龍神に好かれやすい人の特徴として、「雨男・雨女として認識されている」や「前向きな向上心と豊かな好奇心を持ちワクワクしている」などがあります。

龍神が憑くことによるリスクとして、「浮かれて冷静さを失う」や「人間関係の好き嫌いが強まる」があります。

「龍神」や「龍神が憑いている人の特徴」について詳しく調べたい時には、この記事を参考にしてみて下さい。

「龍神(りゅうじん)」は、強力な自然霊・守護神として知られています。

龍神が憑くことによって、人間のあらゆる運気が急上昇するとされ、ビジネスや起業・投資、恋愛・結婚、健康・長寿、権力・人間関係などにおいて大きな成功を収めやすくなります。

「龍神」が憑いている人には、どのような運気や人生の変化があるのでしょうか?この記事では、「龍神が憑いている人の特徴」や「龍神に好かれる人の特徴」について徹底的に解説します。


龍神が憑いている人に見られる運気の上昇・人生の成功

最高クラスの自然霊とされる「龍神(りゅうじん)」が憑いている人は、「仕事運・金運(財産運)・恋愛運・結婚運・健康運・対人運」のすべてが急上昇することが多くなります。

龍神が憑いた人は、自分の運気の急上昇についてこれない周囲の人を払い落としながら、世の中で大きな人生・仕事の成功を収めることが多いとされています。

1-1. 「龍神」は「鳳凰」と並ぶ最高クラスの自然霊:成功・権力・財産・理想の異性をもたらすという伝承

1-「龍神」は「鳳凰」と並ぶ最高クラスの自然霊:成功・権力・財産・理想の異性をもたらすという伝承

古代中国の皇帝(天子)に憑く自然霊・守護神は「龍神」か「鳳凰(ほうおう)」と決められていましたが、それは「龍神+鳳凰」は守護神となってくれる自然霊の中でも最高レベルの霊力・加護を持っているからです。

近代以前の中国王朝の皇帝は「天子」と呼ばれていましたが、それは龍神や鳳凰の自然霊が憑くことが「最高権力者として天が認める天命」を証明しているとされたからです。

人に霊的パワー(スピリチュアルなパワー)を授ける「龍神」の威力が最大限に発揮された場合、「人生の成功・権力と権威・財産と理想の異性」などを手に入れることができます。

龍神とは何か?:最高クラスの自然霊である龍神の特徴

人間に圧倒的な成功や絶大な権力・財産をもたらすとされる最高クラスの自然霊である「龍神」とは、どのような存在なのでしょうか?龍神の特徴についてまとめていきます。

2-1. 龍神は「水神・海神」として崇拝されることの多い自然霊・守護神

2-龍神は「水神・海神」として崇拝されることの多い自然霊・守護神

龍神は古来から「水神・海神」として崇拝されることの多い自然霊・守護神として知られていて、「水・雨を自由自在にコントロールできる超能力・霊力」を持っていると考えられていました。

龍神は龍(竜)の姿をしていて水中に棲んでいるとされ、水・雨・海を司る神様(守護神)ともされています。

昔話の「浦島太郎」に登場する有名な「竜宮城(りゅうぐうじょう)」も、龍神を城主とする海中のお城であり、龍神は海の嵐や凪(なぎ)をコントロールできることから、漁業・航海の安全を祈る漁師の信仰も集めました。

「雨」と関係の深い龍神は、干ばつを恐れる農業・農民の「雨乞い祈願」の対象として信仰されることも多かったのです。

2-2. 龍神は仏教では「天龍八部衆」の一神

2-龍神は仏教では「天龍八部衆」の一神

仏教の経典・教義では、龍神は仏法を守護する役割を担う八神である「天龍八部衆」の一神とされています。

仏教の「天龍八部衆」とは、「天・竜・夜叉(やしゃ)・乾闥婆(けんだつば)・阿修羅(あしゅら)・迦楼羅(かるら)・緊那羅(きんなら)・摩侯羅迦(まごらが)」の八神のことであり、「竜神八部・八部衆」とも言われます。

「龍神」は仏教が流布する以前から崇められていた古代インドの鬼神・戦闘神・音楽神・動物神」などの一つであり、その後、仏教に帰依して護法善神となりました。

龍神などの八部衆は、普遍的な正しい仏陀の教えを守るために非常に強い霊力を備えています。

2-3. 神社などで祀られる龍神さまとそのご利益

2-神社などで祀られる龍神さまとそのご利益

龍神さまを祀っている日本の代表的な神社・祠(ほこら)には、北海道の白龍神の祠、東北地方の十和田神社・岩木山神社、関東地方の深川龍神・九頭竜神社、中部地方の毛谷黒龍神社・高龍神社、関西地方の八坂神社・京都神泉苑、中国地方の神崎神社、四国地方の田村神社、九州地方の五龍神社・志賀海神社などがあります。

龍神さまの代表的なご利益として、「五穀豊穣・大漁祈願・安全航海・金運や財産運・健康運・仕事運・対人運・権力や権威の獲得」などが知られていますが、あらゆる運気運勢の総合的なアップに期待できるとされています。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年01月17日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い