占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20190110111809.html
「含蓄」の意味・類語・対義語【使い方や例文】「差異」と相違の違い

「含蓄」の意味・類語・対義語【使い方や例文】「差異」と相違の違い | SPITOPI

SPITOPI
「含蓄」の意味・類語・対義語【使い方や例文】「差異」と相違の違い

スポンサーリンク

「含蓄」とは、「内に内容の含みがあること」や「言葉などの表面に現れずに暗示される深い意味・内容」などを示す言葉です。

「含蓄」の「意味・読み方・類語・使い方・例文と解釈・英語・含蓄と深意の違い・含蓄を使った言葉と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

  • 「含蓄」の意味
  • 「含蓄」の類語・似た言葉
  • 「含蓄」の言葉の使い方
  • 「含蓄」を使った例文・短文(解釈)
  • 「含蓄」の英語
  • 「含蓄」を使った言葉と意味を解釈
  • まとめ

1. 「含蓄」の意味

「含蓄」の意味

「含蓄」の意味は、「内に豊かな内容の含みがあること」や「内にある深い含みを推測できること」、「言葉などの表面に現れずに暗示される深い意味・内容」などになります。

「含蓄」というのは、平たく言えば「言葉・表情・態度・雰囲気などに含みがあること」を意味しています。

「含蓄」という言葉は「表面的な様子だけからは確認することができない深い意味・豊かな内容が内に含まれていること」を意味しています。

一般に「含蓄のある話+含蓄のある表情+含蓄のある言葉」などの言い回しが使用されていますが、いずれも「表面には見えていないところに深い本当の意味があること」や「よく解釈しないと分からない意味が暗示されていること」を示しています。

1-1. 「含蓄」の読み方

1-「含蓄」の読み方

「含蓄」の読み方は、「がんちく」になります。

2. 「含蓄」の類語・似た言葉

「含蓄」の類語・似た言葉

「含蓄」の類語・似た言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?「含蓄」の類語・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

2-1. 「含意(がんい)」

2-「含意(がんい)」

「含蓄」の類語・似た言葉として、「含意(がんい)」があります。

「含意」という言葉の意味は、「表面に現れない意味を含みもつこと」や「内部に含み持っている意味のこと」になります。

「含蓄」という言葉は「表面に現れていない深い意味・内容」を意味しているので、「含蓄」の類語として「含意」を上げることができます。

「含意」を使った例文として、「手紙の内容から彼女の含意を類推した」などがあります。

2-2. 「暗示(あんじ)・ほのめかし」

2-「暗示(あんじ)・ほのめかし」

「含蓄」の類語・似た言葉として、「暗示(あんじ)・ほのめかし」があります。

「暗示」という言葉の意味は、「物事を明確に示さず、手がかり・ヒントを与えてそれとなく知らせること。

その手がかり・ヒントのこと」や「無意識への影響によって思い通りに他者をコントロールすること」です。

「ほのめかし」という言葉には、「直接的に表現するのではなく間接的に伝えること」や「言葉などの表面に現れていない意味・内容を察してもらえるような形で、それとなく伝えること」の意味があります。

「含蓄」には「表面に現れない深い意味が暗示されている」という意味があり、「含蓄」の類語として「暗示・ほのめかし」を指摘できます。

2-3. 「包括(ほうかつ)・包摂(ほうせつ)」

2-「包括(ほうかつ)・包摂(ほうせつ)」

「含蓄」の類語・似た言葉として、「包括(ほうかつ)・包摂(ほうせつ)」があります。

「包括」という言葉の意味は「内側にすべてを含んでいること」であり、「包摂」の意味は「一定の範囲の中に要素をつつみ込むこと」です。

「含蓄」という言葉にも「内側に本当の意味や深い内容を含んでいること」の意味があるので、「含蓄」に似た言葉として「包括・包摂」を上げることができるのです。

3. 「含蓄」の言葉の使い方

「含蓄」の言葉の使い方

「含蓄」の言葉の使い方は、「表面的な言葉・態度・表情」に現れていない深い意味や内容がある時に使うというものです。

「含蓄」という言葉は、人物や言葉、文章、物事などの内側に、深い意味・内容が含まれている時に使用することができるのです。

例えば、「人生の苦労・絶望」という表面的な言葉に、その人本人の絶望を希望に変えてしまうような深い経験知が含まれている場合、「含蓄のある言葉」という使い方をすることができます。

「表面的な言葉や事象の内側に深い意味が含まれていて、その意味が何となく言外に暗示されているというような時」に、「含蓄」という言葉を使うのです。

4. 「含蓄」を使った例文・短文(解釈)

「含蓄」を使った例文・短文(解釈)

「含蓄」を使った例文・短文を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

4-1. 例文1

4-例文1

人生経験が豊富な高齢者の苦労話には含蓄があります。

この例文における「含蓄」は、約65〜80年以上もの長い年月を生きてきた高齢者の苦労話には、表面的な言葉だけでは語り尽くされることのない「人生に対して価値のある含み・深い意味」があるということを示しています。

高齢者の長年の経験に裏打ちされた「含蓄のある話」を聞くことによって、迷っていた人生の指針や価値観についてのヒントが見つかることもあります。

4-2. 例文2

4-例文2

含蓄のある倫理の授業によって、私は人間が生きる意味について深く考えさせられました。

この例文における「含蓄」は、「人生・人間・苦悩の本質に関する深い内容」が、倫理の授業の中でほのめかされていたことを示しています。

「倫理」というのは思想哲学の分野と重なっている科目ですが、古代ギリシア哲学から近代哲学、現代思想にまで続く思想哲学の歴史的系譜を学ぶことによって、生きる意味について「含蓄のある学び・気づき」を進めていくことができるのです。

4-3. 例文3

4-例文3

お金や異性に対する欲望に振り回されてばかりいると、含蓄のある人生の幸せを掴むことはできない。

この例文における「含蓄」は、「表面的な人生の欲望・快楽」だけでは味わい尽くすことのできない「内に含まれる人生や幸福の深い意味」のことを示唆しています。

お金や異性を求めて右往左往するような人生からステップアップすることで、「含蓄のある人生」への第一歩を踏み出すことができるのです。

5. 「含蓄」の英語

「含蓄」の英語

「含蓄」の英語は、「implication(含み・示唆・裏の意味),significance(重要性・意味),overtones(含み・ニュアンス),pregnancy(言葉が含んでいる意味),connotation(文字通りの意味以上のもの)」などになります。

「含蓄のある言葉」という言い回しは、以下のような英文で表現できます。

a phrase pregnant with hidden meaning(意味が隠されている含蓄のある言葉) an expression full of overtones(示唆に満ちている含蓄のある言葉) This simple word is pregnant with hidden meaning. (そのシンプルな言葉には含蓄がある。

) 6. 「深意」と「含蓄」の意味の違い 「深意」と「含蓄」の意味には、どのような違いがあるのでしょうか?「深意」は「深い意味・表面に現れない重要な意味」を意味していますが、「含蓄」と比べると「内側に深い意味を含んでいるという包摂・包括のニュアンス」が弱くなっています。

「深意」も「含蓄」も「表面の言葉や態度に現れない深い意味・内容がある」という意味は共通していますが、「含蓄」には「内側に深い意味を含んでいる包摂・味わいのニュアンス」があり、「深意」には「意図・意味・考えそのものが深い(別に含蓄のような味わい深さがあるわけではない)というニュアンス」があります。

7. 「含蓄」を使った言葉と意味を解釈

「含蓄」を使った言葉と意味を解釈

「含蓄」を使った色々な言葉を紹介して、その意味を分かりやすく解釈します。

7-1. 「含蓄に富む話」

7-「含蓄に富む話」

「含蓄に富む話」という言葉の意味は、話として表面的に語られている言葉以外にも、「色々と参考になる考え+役に立つ内容の味わい」があるということです。

「含蓄に富む話」という言葉には、「話の内部(表面の言葉以外の部分)に含みがあること+深いテーマや意味、味わいのある話」というニュアンスがあります。

7-2. 「含蓄のある人柄」

7-「含蓄のある人柄」

「含蓄のある人柄」という言葉の意味は、長年の人生経験や学術・教養の積み重ねによって培われた深い味わいと魅力のある人柄(性格)のことです。

「含蓄のある人柄」というのは、単純で無思慮な味わいの薄い人柄のことではなく、「深み・含みの味わいがある飽きのこない人柄(=一緒に接していて学ぶべきことの多い人柄)」なのです。

7-3. 「思想の含蓄」

7-「思想の含蓄」

「思想の含蓄」という言葉の意味は、世の中の仕組みや人間の価値についてどのように定義して考えていくかという「思想」に、その人独自の深い思考や解釈が働いているということです。

「思想の含蓄」とは「人生経験と哲学・教養を基盤にした思想の深い味わい・意味」のことであり、「思想の含蓄」があることによって、自分の人生や人間関係の苦難を乗り越えやすくなるのです。

まとめ

「含蓄」という言葉について徹底的に解説しましたが、含蓄には「内に含みがあること」や「言葉などの表面に現れずに暗示される深い意味・内容」などの意味があります。

「含蓄」の類語・似た言葉としては、「含意」「暗示・ほのめかし」「包括・包摂」などがあります。

「含蓄」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。

「含蓄」とは、「内に内容の含みがあること」や「言葉などの表面に現れずに暗示される深い意味・内容」などを示す言葉です。

「含蓄」の「意味・読み方・類語・使い方・例文と解釈・英語・含蓄と深意の違い・含蓄を使った言葉と解釈」などについて、詳しく説明していきます。


「含蓄」の意味

「含蓄」の意味は、「内に豊かな内容の含みがあること」や「内にある深い含みを推測できること」、「言葉などの表面に現れずに暗示される深い意味・内容」などになります。

「含蓄」というのは、平たく言えば「言葉・表情・態度・雰囲気などに含みがあること」を意味しています。

「含蓄」という言葉は「表面的な様子だけからは確認することができない深い意味・豊かな内容が内に含まれていること」を意味しています。

一般に「含蓄のある話+含蓄のある表情+含蓄のある言葉」などの言い回しが使用されていますが、いずれも「表面には見えていないところに深い本当の意味があること」や「よく解釈しないと分からない意味が暗示されていること」を示しています。

1-1. 「含蓄」の読み方

1-「含蓄」の読み方

「含蓄」の読み方は、「がんちく」になります。

「含蓄」の類語・似た言葉

「含蓄」の類語・似た言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?「含蓄」の類語・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

2-1. 「含意(がんい)」

2-「含意(がんい)」

「含蓄」の類語・似た言葉として、「含意(がんい)」があります。

「含意」という言葉の意味は、「表面に現れない意味を含みもつこと」や「内部に含み持っている意味のこと」になります。

「含蓄」という言葉は「表面に現れていない深い意味・内容」を意味しているので、「含蓄」の類語として「含意」を上げることができます。

「含意」を使った例文として、「手紙の内容から彼女の含意を類推した」などがあります。

2-2. 「暗示(あんじ)・ほのめかし」

2-「暗示(あんじ)・ほのめかし」

「含蓄」の類語・似た言葉として、「暗示(あんじ)・ほのめかし」があります。

「暗示」という言葉の意味は、「物事を明確に示さず、手がかり・ヒントを与えてそれとなく知らせること。

その手がかり・ヒントのこと」や「無意識への影響によって思い通りに他者をコントロールすること」です。

「ほのめかし」という言葉には、「直接的に表現するのではなく間接的に伝えること」や「言葉などの表面に現れていない意味・内容を察してもらえるような形で、それとなく伝えること」の意味があります。

「含蓄」には「表面に現れない深い意味が暗示されている」という意味があり、「含蓄」の類語として「暗示・ほのめかし」を指摘できます。

2-3. 「包括(ほうかつ)・包摂(ほうせつ)」

2-「包括(ほうかつ)・包摂(ほうせつ)」

「含蓄」の類語・似た言葉として、「包括(ほうかつ)・包摂(ほうせつ)」があります。

「包括」という言葉の意味は「内側にすべてを含んでいること」であり、「包摂」の意味は「一定の範囲の中に要素をつつみ込むこと」です。

「含蓄」という言葉にも「内側に本当の意味や深い内容を含んでいること」の意味があるので、「含蓄」に似た言葉として「包括・包摂」を上げることができるのです。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年01月10日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い