占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181106155115.html
「憂慮」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「憂慮」の意味・読み方・類語【使い方や例文】 | SPITOPI

SPITOPI
「憂慮」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

スポンサーリンク

国会中継や国際情勢がらみのニュースなどで、あまり聞き慣れないうえに、すぐには漢字も思いつかないような「憂慮」という言葉を、耳にすることがあります。

翌朝の新聞には「A国との関係悪化に憂慮し」といった記事が載っていて、「憂慮」と書くことが、はっきりするようななじみのない言葉ですが、政治の世界等では、重要な語句です。

  • 「憂慮」の意味
  • 「憂慮」の類語や言い換え、似た言葉
  • 「憂慮」の言葉の使い方
  • 「憂慮」を使った例文
  • 「憂慮」を使った言葉を解釈
  • 「憂慮」の対義語
  • まとめ

1. 「憂慮」の意味

「憂慮」の意味

いろいろと思いめぐらして悩んだり、心配したりして、不安になる様を表す言葉です。

「憂」の字は、仮面を付けて舞う俳優の姿からの象形文字で、文字は、上から順に、頭、心、足を表していて、不安があるので、上手に歩けない様子を示しています。

あれこれと思い悩むが故に、うまく行動できないことを表しています。

また「慮」の文字は「心」を除いた部分が「リョ」の音を表し「旅」を語源としています。

語源となる「旅」の文字は、旗の下に多くの人が集まっている様子からの象形文字で、昔は、旗の下、集団で並んで旅をするのが普通でした。

そこから「あれかこれかと並べて考える」ことを表しています。

この両者が合わさって、様々に思いをめぐらして、悪い方向での結果を予測し、不安や心配になるという上記の意味を作り出しています。

1-1. 「憂慮」. の読み方

1-「憂慮」. の読み方

「ゆうりょ」と読みます。

「ゆう」の他には音読みがなく「りょ」は、この読みだけですので、間違えることもなく、読みやすい熟語です。

ちなみに、「憂」は、「憂鬱」(ゆううつ)「一喜一憂」(いっきいちゆう)、「慮」は、「考慮」(こうりょ)「遠慮」(えんりょ)などの熟語に、使われています。

2. 「憂慮」の類語や言い換え、似た言葉

「憂慮」の類語や言い換え、似た言葉

2-1. 心配

2-心配

この先のことや周りのことについて、心配りをするという直読みができますが、今後のことで、悪い方向での結果を予測し、あれこれと思い悩み心配する様を表す言葉です。

心配の度合いは、結果の大きさや本人の気持ちのもちようで、いかようにでも変化しますが、予測される結果は、あくまでもネガティブな方向で、心を痛める本質は変わりません。

2-2. 危惧

2-危惧

「惧」の文字は、「懼(おそ)れる」という意味をもつ文字の俗字です。

「危惧」は、「心配」同様に、今後のことで、悪くなりはしないかと思い悩むのですが「危」と「惧」がついていますので、それも「危ぶみ怖れて」心配するという「心配」よりも一歩踏み込んだ心配をしている様を表す言葉です。

2-3. 不安

2-不安

これから先の成り行きについて、心配することは、同じですが、悪い結果に対する恐れから、落ち着かない様子を表す点が、他と違います。

「心配」や「危惧」に比べて、悪い結果が出る確率を、より高くみている、感じている姿勢を暗示している表現とも言えます。

「心配」には「身の回りのことを心配する」などといった、他の意味での使い方がありますが「不安」にはなく、この先の結果への恐れで、押しつぶされそうな心のもちようが、感じられます。

それだけに、心配で心配で、心に余裕がない様を含んでいます。

2-4. 懸案

2-懸案

よく「懸案事項」と言われる言葉を聞くことがあります。

さらに言うと、それは、長いこと問題としてあげられていたことで、問題とされながらも解決を見ていないものを表す言葉です。

これから先のことについて、心配する点は共通するのですが「懸案」は、その対象が、漠然としている点で、他と違います。

3. 「憂慮」の言葉の使い方

「憂慮」の言葉の使い方

国際的なレベルでのことや国会の議場など、改まった会議の場などでは、同じ意味でも「心配」を使うのは、いかにも場の雰囲気に合いません。

この時の場やシチュエーションに応じた言葉が「憂慮」となるわけです。

おかしなことですが、言葉には、それなりの品格や柔軟性などが備わっています。

両国の間での交渉決裂といった非常事態でも「暗礁に乗り上げる」などと、刺激を減ずる表現を使います。

4. 「憂慮」を使った例文

「憂慮」を使った例文

4-1. 例文1

4-例文1

現在交渉中の物件については、憂慮すべき案件が発生したので、しばらく凍結の方向で進めてくれと、本社からの指示がありました。

憂慮すべき案件の内容が気になります。

4-2. 例文2

4-例文2

今朝の新聞には、中東情勢について、A国との関係改善が急務であると同時に、経済摩擦については、憂慮される内容が山積しているということが記載してあった。

なかなか中東との関係改善は、難しいようだ。

4-3. 例文3

4-例文3

「現在進行中の縁談の件ですが、新郎の勤務先について、文筆業では安定した収入がないだけに、憂慮する旨、新婦のお父様からお便りが届きましたので、転送いたしました」という知らせをもらい、あまりのことにうろたえています。

5. 「憂慮」を使った言葉を解釈

「憂慮」を使った言葉を解釈

5-1. 「憂慮には及ばない」

5-「憂慮には及ばない」

「憂慮するまでにはない問題ですよ」つまり「心配することは、ないですよ」「不安に思われなくても、うまくやりますから」といった、相手を安心させる、落ち着かせる意味合いをもった言葉です。

ならば「心配いりません」「不安に思われなくても大丈夫です」と、ストレートに言えばよいと思われますが、そう言えない相手やフォーマルな場など、ラフな「心配ないですよ」といった会話は、控えるべき場合など、改まった場所で使います。

5-2. 「憂慮すべき状態にある」

5-「憂慮すべき状態にある」

グループの存亡に関わるような、憂うべき問題が起きている時に、相手や周りが、比較的のんびりと構えていて、一向に動き出しそうもない現実に対して、奮起させる意味合いも含んで、提起する言葉です。

その意味では、「心配すべき状態にある」という言葉に比べると、ずっと重みのある言葉です。

解決しなければならない問題も、すぐそこにまで迫っているような緊迫感もある言葉です。

5-3. 「憂慮に耐えない」

5-「憂慮に耐えない」

あれやこれやと心配するにつれて、ますます心配事や不安が広がっていき、もはや、自分の中だけでは、処理出来ないまでに陥った状態を表す言葉です。

ある面では、感情が強すぎるために、自分の内面で葛藤している不安や心配事を、表舞台へと放出してしまうこともあるほど、不安と心配に包まれた状態を言います。

6. 「憂慮」の対義語

「憂慮」の対義語

あれこれ思いをめぐらして、不安に落ちいっているのですから、対となる言葉、つまりは、反対の意味をもつ言葉は、不安を取り除くような言葉となります。

6-1. 「安堵」

6-「安堵」

安堵が意味することは、不安や心配事が解消されて、万一の危機に備えた緊張から解き放たれる様です。

不安や心配の緊張した日常から解放されるだけでも、心も体もリラックスした平穏な気持ちになるという点で、憂慮と対峙する言葉する言葉だと言えます。

6-2. 「安心」

6-「安心」

読んで文字の通りで、心が安まって落ち着いている様を示す言葉です。

また、不安や心配ごとがない様子も表しています。

心配をするあまりに不安になる憂慮とは、全く逆の、気持ちを表す言葉ですので、対義語としての意味をもっている言葉だと言えます。

6-3. 「期待」

6-「期待」

この言葉が対義語というのは、いささか見当違いのような気がしますが、「期待」が意味するものを、確認してみるとはっきりします。

「期待」とは、よい結果や状態を予期して、その実現を待ち望む様をいう言葉です。

だとすると、失敗するのではないか、何らかの支障がでるのではないかといった、マイナス要因を予測することで不安に陥っている「憂慮」の考え方とは、180度違っていると言えます。

だから、「期待」も対義語として、並べることが出来ます。

まとめ

同じことを表すのに、日本語は、様々な語彙や言い回しをもっています。

それは、場の雰囲気を和ませたり、格調づけたりする働きがあります。

文字によって、言葉の軽重に差があるというのは、おかしな話ですが、それがまた、大人社会のルールでもありますので、慣れることが大切です。

国会中継や国際情勢がらみのニュースなどで、あまり聞き慣れないうえに、すぐには漢字も思いつかないような「憂慮」という言葉を、耳にすることがあります。

翌朝の新聞には「A国との関係悪化に憂慮し」といった記事が載っていて、「憂慮」と書くことが、はっきりするようななじみのない言葉ですが、政治の世界等では、重要な語句です。


「憂慮」の意味

いろいろと思いめぐらして悩んだり、心配したりして、不安になる様を表す言葉です。

「憂」の字は、仮面を付けて舞う俳優の姿からの象形文字で、文字は、上から順に、頭、心、足を表していて、不安があるので、上手に歩けない様子を示しています。

あれこれと思い悩むが故に、うまく行動できないことを表しています。

また「慮」の文字は「心」を除いた部分が「リョ」の音を表し「旅」を語源としています。

語源となる「旅」の文字は、旗の下に多くの人が集まっている様子からの象形文字で、昔は、旗の下、集団で並んで旅をするのが普通でした。

そこから「あれかこれかと並べて考える」ことを表しています。

この両者が合わさって、様々に思いをめぐらして、悪い方向での結果を予測し、不安や心配になるという上記の意味を作り出しています。

1-1. 「憂慮」. の読み方

1-「憂慮」. の読み方

「ゆうりょ」と読みます。

「ゆう」の他には音読みがなく「りょ」は、この読みだけですので、間違えることもなく、読みやすい熟語です。

ちなみに、「憂」は、「憂鬱」(ゆううつ)「一喜一憂」(いっきいちゆう)、「慮」は、「考慮」(こうりょ)「遠慮」(えんりょ)などの熟語に、使われています。

「憂慮」の類語や言い換え、似た言葉

2-1. 心配

2-心配

この先のことや周りのことについて、心配りをするという直読みができますが、今後のことで、悪い方向での結果を予測し、あれこれと思い悩み心配する様を表す言葉です。

心配の度合いは、結果の大きさや本人の気持ちのもちようで、いかようにでも変化しますが、予測される結果は、あくまでもネガティブな方向で、心を痛める本質は変わりません。

2-2. 危惧

2-危惧

「惧」の文字は、「懼(おそ)れる」という意味をもつ文字の俗字です。

「危惧」は、「心配」同様に、今後のことで、悪くなりはしないかと思い悩むのですが「危」と「惧」がついていますので、それも「危ぶみ怖れて」心配するという「心配」よりも一歩踏み込んだ心配をしている様を表す言葉です。

2-3. 不安

2-不安

これから先の成り行きについて、心配することは、同じですが、悪い結果に対する恐れから、落ち着かない様子を表す点が、他と違います。

「心配」や「危惧」に比べて、悪い結果が出る確率を、より高くみている、感じている姿勢を暗示している表現とも言えます。

「心配」には「身の回りのことを心配する」などといった、他の意味での使い方がありますが「不安」にはなく、この先の結果への恐れで、押しつぶされそうな心のもちようが、感じられます。

それだけに、心配で心配で、心に余裕がない様を含んでいます。

2-4. 懸案

2-懸案

よく「懸案事項」と言われる言葉を聞くことがあります。

さらに言うと、それは、長いこと問題としてあげられていたことで、問題とされながらも解決を見ていないものを表す言葉です。

これから先のことについて、心配する点は共通するのですが「懸案」は、その対象が、漠然としている点で、他と違います。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い