占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181026142050.html
徳を積む仕事について解説・徳が積みやすい仕事

徳を積む仕事について解説・徳が積みやすい仕事 | SPITOPI

SPITOPI
徳を積む仕事について解説・徳が積みやすい仕事

スポンサーリンク

人の平均寿命は、80年を超えるまでになりました。

自分の一生がどのような道を辿っていくのかは、自分の人生の幕を下ろす時に分かるものかもしれません。

その生き方は、人によって様々です。

多くの人に感謝される人生だったのか? それとも、恨みを持たれるような歩き方をしてきたのか? それは、日々の生き方、考え方で大きく変わっていくのものです。

自分の幸福を願うことは、誰もが願うことです。

しかし、自分ばかり優先する生き方や行動は、恨みを買ってしまうだけなのです。

  • 徳を積む仕事とは?
  • 徳を積む仕事の特徴
  • 徳を積む仕事はこんな仕事!徳を積みやすい仕事
  • 逆に徳を失う仕事
  • あなたの仕事を徳を積む仕事にするコツ
  • まとめ

1. 徳を積む仕事とは?

徳を積む仕事とは?

人生を豊かにすること。

これが、人の一生を充実されることにつながってくるはずです。

でも、「豊かさ」とは、必ずしも、経済的なゆとりばかりではありません。

精神的な「豊かさ」も必要だと思うのです。

貧乏では確かに心も貧しくなり、ゆとりも持つことができまん。

反面、あまりにも必要以上に経済的な裕福を求めることも、愚かなことです。

心身ともに、「豊かさ」を追求するのであれば、「徳」を積むような仕事をしていくことかもしれません。

では、徳を積む仕事とは、どのようなものなのでしょうか? 「徳」とは、漠然としたものですが、「身についた品性」や」や「社会的に価値のある性質」、「善や正義にしたがう人格的能力」という意味があります。

このように、世の中に貢献できるできる仕事を通して、自分の品性を高めたり、社会的な価値を見出すことこそ、「徳積み」の仕事と言えるのです。

2. 徳を積む仕事の特徴

徳を積む仕事の特徴

しかし、徳を積む仕事の意味を理解しても、そのような仕事には、どのような特徴があるのでしょうか?

2-1. 社会に貢献できること

2-社会に貢献できること

「徳」を積むということは、社会的にも良い影響を及ぼすような仕事です。

世の中には、実に多くの業種・業態があります。

その中には、儲け優先で、人を欺き、詐欺的な仕事もたくさんあります。

このような仕事を、本当に仕事と呼べるのかどうか、怪しいところですが、 反社会的な仕事は、イコール犯罪なので、決して手を染めることは、止めるなければなりません。

2-2. 社会的に好影響を与える仕事

2-社会的に好影響を与える仕事

社会的に好影響を与える仕事とは、多くの人に物質的・精神的な充足感や満足感を与える仕事でしょう。

物質的な満足感を与えるということは、「衣・食・住」という、人の3大欲求を満たすことができる仕事です。

このような仕事は、既にビジネス社会で、数多く存在し確率されています。

「衣」であれば、着る服を作り、流通・販売・提供する仕事となります。

「食」では、食材を育て確保し、加工して、家庭に届ける。

この世界では、農業・漁業から始まり、食品加工、流通を経て、家庭に供給されます。

また、食品業界として、飲食業界もあります。

「住」では、建設業から電気業界まで多岐に渡ってきます。

広い意味での「住」には、車・鉄道・航空も含まれるかもしれません。

このようをに「衣食住」に関わる業界を見てみると、 「なんだ、どれも、徳を積むことができる仕事じゃないか」

と思わるかもしれません。

そうなのです。

実は、どの仕事も「徳」を積むことができる仕事なのです。

2-3. やりがいを感じることができる仕事こそ、「徳積み」の仕事

2-やりがいを感じることができる仕事こそ、「徳積み」の仕事

「徳積み」ができる仕事とは、本当は特別な業種・業態ではないのです。

「徳」を積むことを自覚できる時は、「やりがい感」を感じることかができるかどうかということになってきます。

「やりがい」を感じる時とは、「人に喜ばれる仕事」をしている時です。

言い換えると、社会に貢献できる仕事かどうかということでもあります。

例えば、道路拡張や整備工事に従事している人や、交通整理をしている人でも、その地域の交通事情が良くなるのであれば、間違いなく社会に貢献していると言えます。

しかも、この仕事を通して、地元住民が暮らしやすくなのであれば、立派な「徳積み」の仕事と言えるでしょう。

3. 徳を積む仕事はこんな仕事!徳を積みやすい仕事

徳を積む仕事はこんな仕事!徳を積みやすい仕事

「徳」を積むことができる仕事とは、自分の心の持ちようで、どのような「仕事」でも、「徳積みができる」仕事となります。

とは言っても、日常のルーチンンワーク的な仕事ばかりでは、中々そのように感じ取ることができないかもしれません。

数多くある仕事の中で、どのような仕事が、「徳」を積みやすいのでしょうか? 3-1. 農業 農業に従事する人は、年々高齢化していき、後継者不足に悩まされています。

しかし、この仕事は、人が生きるために必要不可欠な仕事と言えます。

都会のオフィスジャングルで仕事をする格好良さとは異なり、毎日、汗を流して土と自然と向き合う仕事です。

肉体的には、大変疲れる仕事ではあるものの、自分が心を込めて育てた作物は、人の命を支える大切な存在です。

ある意味、自然の恵みを受けながら、その恩恵を受けることがあります。

地方で農業に従事している地域では、秋になると、五穀豊穣に感謝して、感謝祭りを行っています。

これは、自然(=神)に対する感謝の意を込めています。

このようなことから、農業という仕事は、「徳積み」ができる仕事となるのです。

3-2. 職人

3-職人

職人と言うと、何か古めかしいイメージが付きまとうかもしれません。

しかし、職人と言っても、実の多岐に渡る業界があります。

精密な機械部品を加工する職人。

地域の伝統的な工芸品を作る職人。

刀鍛冶もその1つでしょう。

このような職人さん達は、日本の経済発展を支えてくれている縁の下の力持ち言って過言ではありません。

今でこそ、日本の経済の基盤構成が大きく変化してきていますが、昔から物作りにおいては、精密で優秀な製品を生み出してきました。

そのためには、多くの職人さんの熱い思いと、絶え間ない努力が結集されているのです。

そのおかけで、日本だけでなく、世界の人の幸福につながっています。

そのようなことを考えると、「職人」という仕事も「徳積み」の仕事と言えるではないでしょうか。

伝統工芸品を作る職人さんも、地元の伝統工芸の歴史を脈々と伝承してきた功績があります。

日本古来の伝統を守り続けてきたという意味では、やはり「徳積み」の仕事なのです。

3-3. 技術者

3-技術者

「エンジニア」とも呼べる技術者。

技術も、ハードを設計する技術者だけでなく、基礎技術から、応用技術まで携わる技術者がいます。

また、SEと呼ばれるシステムエンジニアもいます。

彼らの仕事も、ハード・ソフトを作る仕事で、社会貢献に尽力を尽くしている人がたくさんいます。

これも「徳を積める」仕事と理解できるでしょう。

3-4. 芸術家

3-芸術家

芸術家も、ある意味「徳積み」の仕事として挙げることができるでしょう。

「衣・食・住」に直接関わる仕事ではありませんが、芸術家が作り出した作品は、多くの人々に大きな感動を与えてくれます。

絵画・音楽・彫刻などの作品を通して、人に感動を使えて、精神的な裕福さを与えてくれます。

3-5. 医療従事者

3-医療従事者

医療従事者というと、お医者さん、看護師、介護士などに人達になるでしょう。

今、日本は、高齢化とともに、少子化でもあります。

病で不便な生活を強いられている人や、身体の不自由な人に対して、愛の手を指しのべる仕事として、やはり、「徳を積む」ことができる仕事です。

これらの他にも数多くの「徳積み」の仕事には、枚挙にいとまがありません。

4. 逆に徳を失う仕事

逆に徳を失う仕事

その一方で、徳を失ってしまう仕事もあります。

反社会的な仕事は、言語道断ですが、人を不幸に落としてしまうことや、心に傷を負わせてしまう仕事、経済的に困窮させてしまうような仕事は、決して「徳を積む」ことができない仕事と言えるでしょう。

4-1. 誰かをだます仕事

4-誰かをだます仕事

最も、徳を失う仕事とは、誰かを騙してしまう仕事です。

例えば、「誰でも儲かる」というフレコミで、多くの帆とを騙して、お金だけを集める詐欺師的な仕事は、最たるものです。

時々、テレビのニュースで報道されますが、全国から数万人の会員を募り、数億円規模のお金を騙し取る仕事が、典型的な詐欺師的な仕事でしょう。

最近では、インターネットビジネスが流行っていますが、イカサマ的な情報商材の販売や、儲かるセミナーを主催する「高額塾」なども、徳を失う仕事です。

4-2. ギャンブル関係

4-ギャンブル関係

最近、日本では、カジノ法案が国会で可決されたことは、記憶に新しいことですが、カジノが日本で本格的に行われることは、まだ、先のことでしょう。

しかし、昔から、競馬・競輪・競艇等を始めとする公営ギャンブルがあります。

宝くじやスポーツ振興くじも、公営ギャンブルの1つです。

これらで得られた収益金は、社会貢献に使われるので、全てが徳を失う仕事とは、言いづらい面があります。

また、ギャンブルに興じている人も楽しみながら、参加していることを考えると、本当に徳を失うと決めつけることは、難しいでしょう。

しかし。

ギャンブルで多額のお金を失っていく人達も少なくありません。

そのようなことを考えると、これらの仕事ももしかすると、徳を失う仕事となる可能性もあります。

4-3. 風俗

4-風俗

風俗業界は、いつの時代にもあり、廃れることのない業界でもあります。

しかし、精神世界の観点から見ると、この業界の仕事も、徳を失いやすい仕事として、みなされることがあります。

肉体的に喜んでいるのは、男性だけ。

女性の人は、生活費を稼ぐために、自分の身体を切り売りしているようなものです。

結局、これも徳を失ってしまう仕事なのです。

5. あなたの仕事を徳を積む仕事にするコツ

あなたの仕事を徳を積む仕事にするコツ

「徳を積める仕事」と「徳を失う仕事」を見てきました。

しかし、ここで挙げている仕事だけが、徳を積んだり、失ったするわけでは、ありません。

現在、あなたが従事している仕事でも、心の持ちようでいくらでも、徳を積むことが可能になってきます。

5-1. 社会に貢献できる価値を見出す

5-社会に貢献できる価値を見出す

例え、ルーチンワーク的な単純作業でも、その先には多くの人の幸福につながっていくどだと思うことです。

仕事は、多くの人々が支えあって成り立つものです。

人間1人でなしえることが、たかが知れています。

しかし、今、あなたがやっている仕事も必ず、次に引き継ぐ作業者が継続して仕事をすることで、新しい価値を生み出しているはずなのです。

そのことを理解できると、自分の作業や仕事が、いかにシンプルなものであっても、価値のある仕事なのです。

このように、自分のやっている仕事が、たとえ小さな仕事であっても、社会貢献につながるものだと思うことが大切です、 5-2. 相手の喜ぶ顔をイメージすること 「社会に貢献できているとイメージしよう」

と頭で理解しても、中々、気持ちがついてこないこともあります。

その時は、人が喜ぶことをイメージしてみることです。

もし、既婚者であれば、働いて給料をもらうことで、家族を養うことができます。

暖かい家庭に戻り、みんなで楽しい食事ができること。

一見、何げない平凡な家族の光景かもしれませんが、この時は、間違いなく喜んでいる家族の顔があるはずです。

これが、人が喜んでいる時のことをイメージするコツです。

このようなことを頭に思い浮かべながら、働くとより、仕事が楽しくなるでしょう。

5-3. 誇りを持つこと

5-誇りを持つこと

「社会に貢献できる仕事をしている」

「人が喜んでいる仕事をしている」

このような考え方ができると、誇りを持てるようになってきます。

「誇りを持つこと」は、仕事に対するやりがいを感じることでもあります。

誇りを持つことで、自分に自身を持つことができるようになってきますし、毎日が楽しく送れるはずなのです。

このことから、「社会貢献・他人の喜び・誇り」という好サイクルが回り出してきます。

これこそあ、「徳積み」をなすコツなのです。

まとめ

昔、経営の神様と言われた人が残した言葉があります。

「企業は、社会の公器である」

「公器」とは、社会に貢献することで、多くの人々の幸福と繁栄ももたらすことを指しています。

その一方で、「企業が赤字になることは、罪悪だ」

とも言っています。

この言葉だけでは、「儲け主義」と誤解されてしまいそうですが、決してそのようない意味ではありません。

企業が利益を生み出すの税金を国に治めることになります。

この税金は、社会貢献のために使われるですから、企業は利益を生み出して、社会に貢献する意味で、「公器」とちうことになるです。

しかも、利益を出すにしても、多くの人達が喜ぶような社会活動をすることが大前提です。

このような考えを知ると、「徳積み」ができる仕事とは、決して限定されるものではなく、仕事に従事する時の人々の心のあり方なのです。

人の平均寿命は、80年を超えるまでになりました。

自分の一生がどのような道を辿っていくのかは、自分の人生の幕を下ろす時に分かるものかもしれません。

その生き方は、人によって様々です。

多くの人に感謝される人生だったのか? それとも、恨みを持たれるような歩き方をしてきたのか? それは、日々の生き方、考え方で大きく変わっていくのものです。

自分の幸福を願うことは、誰もが願うことです。

しかし、自分ばかり優先する生き方や行動は、恨みを買ってしまうだけなのです。


徳を積む仕事とは?

人生を豊かにすること。

これが、人の一生を充実されることにつながってくるはずです。

でも、「豊かさ」とは、必ずしも、経済的なゆとりばかりではありません。

精神的な「豊かさ」も必要だと思うのです。

貧乏では確かに心も貧しくなり、ゆとりも持つことができまん。

反面、あまりにも必要以上に経済的な裕福を求めることも、愚かなことです。

心身ともに、「豊かさ」を追求するのであれば、「徳」を積むような仕事をしていくことかもしれません。

では、徳を積む仕事とは、どのようなものなのでしょうか? 「徳」とは、漠然としたものですが、「身についた品性」や」や「社会的に価値のある性質」、「善や正義にしたがう人格的能力」という意味があります。

このように、世の中に貢献できるできる仕事を通して、自分の品性を高めたり、社会的な価値を見出すことこそ、「徳積み」の仕事と言えるのです。

徳を積む仕事の特徴

しかし、徳を積む仕事の意味を理解しても、そのような仕事には、どのような特徴があるのでしょうか?

2-1. 社会に貢献できること

2-社会に貢献できること

「徳」を積むということは、社会的にも良い影響を及ぼすような仕事です。

世の中には、実に多くの業種・業態があります。

その中には、儲け優先で、人を欺き、詐欺的な仕事もたくさんあります。

このような仕事を、本当に仕事と呼べるのかどうか、怪しいところですが、 反社会的な仕事は、イコール犯罪なので、決して手を染めることは、止めるなければなりません。

2-2. 社会的に好影響を与える仕事

2-社会的に好影響を与える仕事

社会的に好影響を与える仕事とは、多くの人に物質的・精神的な充足感や満足感を与える仕事でしょう。

物質的な満足感を与えるということは、「衣・食・住」という、人の3大欲求を満たすことができる仕事です。

このような仕事は、既にビジネス社会で、数多く存在し確率されています。

「衣」であれば、着る服を作り、流通・販売・提供する仕事となります。

「食」では、食材を育て確保し、加工して、家庭に届ける。

この世界では、農業・漁業から始まり、食品加工、流通を経て、家庭に供給されます。

また、食品業界として、飲食業界もあります。

「住」では、建設業から電気業界まで多岐に渡ってきます。

広い意味での「住」には、車・鉄道・航空も含まれるかもしれません。

このようをに「衣食住」に関わる業界を見てみると、 「なんだ、どれも、徳を積むことができる仕事じゃないか」

と思わるかもしれません。

そうなのです。

実は、どの仕事も「徳」を積むことができる仕事なのです。

2-3. やりがいを感じることができる仕事こそ、「徳積み」の仕事

2-やりがいを感じることができる仕事こそ、「徳積み」の仕事

「徳積み」ができる仕事とは、本当は特別な業種・業態ではないのです。

「徳」を積むことを自覚できる時は、「やりがい感」を感じることかができるかどうかということになってきます。

「やりがい」を感じる時とは、「人に喜ばれる仕事」をしている時です。

言い換えると、社会に貢献できる仕事かどうかということでもあります。

例えば、道路拡張や整備工事に従事している人や、交通整理をしている人でも、その地域の交通事情が良くなるのであれば、間違いなく社会に貢献していると言えます。

しかも、この仕事を通して、地元住民が暮らしやすくなのであれば、立派な「徳積み」の仕事と言えるでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2020年01月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!