占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181025155120.html
アンガーマネジメントとは?怒りの種類やアンガーマネジメント方法

アンガーマネジメントとは?怒りの種類やアンガーマネジメント方法 | SPITOPI

SPITOPI
アンガーマネジメントとは?怒りの種類やアンガーマネジメント方法

スポンサーリンク

皆さんは、どうしようもない怒りの感情にさいなまれた時にはどのように対応していますか? 怒りの感情も、暴言や暴力といった解決法ではさらに状況を悪化させるだけなので、大人な対応ができるようになりたいものですね。

今回は、そんな怒りの感情を上手にコントロールしていくためのアンガーマネジメントのスキルをマスターするコツについて紹介していきます。

  • アンガーマネジメントとは?
  • そもそも怒りは何なのか?
  • アンガーマネジメントを学ぶと得られるスキル
  • 人が怒る仕組み
  • 怒りの感情の種類
  • アンカーマネージメントの方法
  • まとめ

1. アンガーマネジメントとは?

アンガーマネジメントとは?

アンガーマネジメントとは、自分の内側から沸き起こってくる怒りに対して思考の癖を知る事によって、イライラを解消して怒りを静めていくテクニックの事です。

現代は、ストレス社会と呼ばれていて様々なストレスにさらされています。

そんな中で、時には抑えきれない怒りの衝動にかられる事もあるでしょう。

でも、怒りの感情のままに身を任せて行く先々でトラブルを起こしていたら大変な事になっていきます。

できる事なら、怒りの感情もスマートな大人な対応で乗り越えていきたいものですね。

特に仕事をしていたら様々なトラブルに巻き込まれる事もあるので、そんな時に冷静な対応ができるように努力する事が、ビジネスシーンで活躍できるポイントです。

最近ではビジネスマンのために、アンガーマネジメントのスキルをマスターするための各種セミナーも人気を呼んでいます。

普段、仕事をしていてついつい暴言を吐いてしまう癖のある人は、一度アンガーマネジメントのスキルをマスターするためのセミナーに参加してみるのも良いかもしれません。

2. そもそも怒りは何なのか?

そもそも怒りは何なのか?

2-1. 抑えきれない衝動

抑えきれない衝動

怒りとは、何か自分が予測もつかない事態に遭遇した時に、感情をコントロールする脳の前頭葉の部分が急な出来事に対して対応できずに、カッとなって相手を怒鳴ったり、にらみつけてしまったり暴力を振るってしまう状態の事をいいます。

2-2. 第二次感情

第二次感情

怒りが生じる原因には、不安や恐怖心、恥ずかしさといったなんらかの感情が潜んでいます。

これらの感情が蓄積されていく事によって、ある日突然衝撃的な怒りとして爆発してしまうのです。

2-3. コントロール不可能な感情

コントロール不可能な感情

怒りとは、コントロールが不可能になった時点で、自分の内側から発生していく感情です。

普段からセルフコントロール能力が優れている人は、怒りに任せて人を安易に攻撃しません。

いつも怒ってばかりいる人は、実はセルフコントロール能力が低かったり、ストレスを抱えている人という事になります。

自分の心の中に潜んでいる不安や恐れ、不甲斐なさ、恥ずかしさといったマイナスの感情をいかに上手に発散していけるか?といった事が、あなたの人生を生きやすくするのか?それとも生きづらくしてしまうのか?といった別れ道となります。

いつも周りの人に怒りばかりぶつけて、人間関係を壊してしまう自分が嫌で嫌でしょうがないといった人は、セルフコントロール能力を身につけるようにすると、周り人に怒りをぶちまけたりしなくなっていきます。

いつも怒りの感情を撒き散らして自己嫌悪状態に陥っていた人は、今までの行動について反省してみると良いでしょう。

3. アンガーマネジメントを学ぶと得られるスキル

アンガーマネジメントを学ぶと得られるスキル

3-1. 自己分析力

自己分析力

アンガーマネジネントについて学ぶと、自然と自己分析力が高まります。

自分の心の動きについて深く理解できるようになると、どのように感情をコントロールしていけばいいのか?といった事も自然とわかるようになります。

3-2. セルフコントロール術

セルフコントロール術

セルフコントロール術をマスターできると、生きていく上で大変役立ちます。

それは自分の感情をあらわにする事なく、その場その場の状況に応じた対応ができるからです。

3-3. バランス感覚が身につく

バランス感覚が身につく

アンガーマネジメント力をマスターする事によって、心身のバランスを保てるようになります。

怒りといった感情の振り子の激しさが、人間関係やビジネスにおいてトラブルを招いてしまうリスクがあるので、自制心を働かせる事によって自然と心身のバランスを保てるようになります。

4. 人が怒る仕組み

人が怒る仕組み

4-1. 第一次感情

第一次感情

人が怒る仕組みとしては、まずは不安や恐怖心、防御本能、不甲斐なさといった第一次感情が原因となって怒りという第二次感情が発生します。

4-2. 第二次感情

第二次感情

怒りは、第二次感情と言われています。

その訳は不安や恐怖心、防御本能、不甲斐なさといった第一次感情が起きる事によって、怒りが発生するからです。

そう考えるといかに第一次感情をセーブできるか?といった事が、怒りを抑える事につながっていくので、まずは怒りが生じた第一次感情の種類やその原因について深く考察していくスキルをマスターしていきましょう。

5. 怒りの感情の種類

怒りの感情の種類

5-1. 不安や恐怖

不安や恐怖

誰かに自分が大切にしている縄張りを荒らされた場合に、怒りが生じる場合があるようです。

例えば、長年大切に培ってきた家庭のパートナーを誰かに奪われた場合には、相手側を裁判で訴えるといった強硬手段を取る場合もあります。

他にも自分が長年かけてせっせと培ってきた人間関係を破壊されると、キレて怒りの感情が湧き起こるといった事もあるようです。

誰かもしくは見えない相手に対して、自分の領域を侵されていくといった不安や恐怖感が、抑えきれない衝動として暴言や暴力といった形の怒りとして現れてしまうのです。

5-2. 敵から身を守ろうとする気持ち

敵から身を守ろうとする気持ち

誰かに攻撃された時に、必至で身を守ろうとする気持ちから怒りが生じる場合があります。

自分は安泰した幸せな生活を送りたいのに、何故そっとしておいてくれないのか?自分から何を奪おうとしているのか?といった恐れや恐怖心から、怒りが発生するのです。

5-3. 苛立ち

苛立ち

仕事が上手くいかない、パートナーや恋人と喧嘩ばかりしている、トラブル続きで生活が乱れているといった、どこにもぶつけられない苛立ちによって怒りが生じるようです。

苛立ちの原因も、トラブルが起きる事によって生じる以外でも、栄養バランスが悪かったり、カルシウム不足、ストレスによって生じる場合もあります。

血液中のカルシウムが不足する事によって、脳から神経、筋肉といった指令が滞り、心と体のバランスが乱れて苛立ってしまうといった症状が起きるのです。

いつも何かちょっとした事に対しても、カッカして苛立っている人は、カルシウムを積極的に摂取していきましょう。

カルシウムは、小魚や牛乳、チーズ、ヨーグルトなどに多く含まれています。

カルシウムは骨や歯を形成するだけでなく、脳や筋肉へ指令を送るための神経伝達物質の働きをサポートする役目があるので、毎日積極的に摂取していきましょうね。

5-4. 不甲斐なさ

不甲斐なさ

不甲斐なさとは、自分に対して情けない、腹立だしく思う気持ちを表します。

例としてあげると、自分が家族を養いたいのに、仕事が上手くいかずに収入が不安定になってしまい、家族が路頭に迷ってしまった場合に、自虐的になってアルコール中毒やギャンブル中毒になって家族に暴力を振るってしまうといった事です。

どうしようもない自分が情けなくてしょうがないのに、どうする事もできないといった怒りを暴力や暴言、アル子ルやギャンブルで紛らそうとして、そんなどうしようもない自分がさらに情けなくなっていくのです。

自分の不甲斐なさを怒りで紛らそうとしても、さらに自分が情けなくなっていくだけなので、まずは今の自分の生活を改める事を第一に考えながら問題解決していけるように努力して下さい。

5-5. 恥ずかしさ

恥ずかしさ

誰かに馬鹿にされると、その恥ずかしさによって怒りが生じる場合があります。

例えば、就職活動のための面接に行った先で、自分の学歴や経歴、外見を馬鹿にされた場合には、初対面の面接官なので、すごく腹が立つといった事もあるようです。

他にも身長が低い、太っている、顔が醜いといった身体的なマイナス点を指摘された場合に、自分でも気にしていてどうしようもない事であった場合に怒りが生じるようです。

5-6. 血圧が高め

血圧が高め

血圧が高めの人は、どうしても興奮するような出来事が起きてしまうと、血圧が上がって心拍数が速くなり感情を抑える事が難しくなってしまいます。

それで血圧が高めの人は、怒りを発しやすいのです。

普段から良くアルコールを飲む人や、塩分過多な食事、肥満、カリウム不足によって血圧が高くなってしまうので、普段の食生活には充分注意して下さい。

血圧が高い人が、怒りに任せていつも怒鳴ったり、暴力を振るっていると、さらに血圧が上がって、動脈硬化を招くリスクが高まります。

まずは、血圧を安定させるような食生活を心がけながら、精神を安定させていきましょう。

血圧が高めの人におすすめの成分としては、下記のような物があります。

  • ギャバ
  • よもぎ
  • 黒酢
  • ゴマペプチド
  • バナバ
  • 苦瓜
  • 紅麹

最近では、血圧を安定させるためのトクホの飲料もドラッグストアやスーパーなどで手軽に手に入るようになったので、普段の水分摂取にそういった健康に良い物を取り入れていきながら、血圧の上昇によって怒りの衝動にかられないように注意して下さい。

6. アンカーマネージメントの方法

アンカーマネージメントの方法

6-1. 気分転換をする

気分転換をする

人間の感情をコントロールしている脳の前頭葉の部分は、急な出来事に瞬時に対応できないといった弱点を持っています。

だから、急な出来事によって怒りが生じた際に、暴言や暴力といったマイナスの行動をとりがちなのですが、そんな時に目の前の怒りに対して、脳の前頭葉が適切な対応ができるようになるためにはだいたい6秒ぐらいかかります。

そう、突発的な怒りが生じた際には、じっとこらえて6秒間待つと、冷静な対応ができるという訳です。

もしも誰かと話をしていて急に怒りが生じてきたら、6秒間時間を稼ぐために、下記のような事を試みると良いでしょう。

  • 飲み物を飲む
  • 深呼吸をする
  • 窓やドアを開けて空気の入れ替えをする
  • トイレに立つなどして、席を外す
  • 洋服の乱れを直したり、バッグの中身を整理して気を紛らす

相手の不適切な態度に対して、すぐに言い返したり攻撃態勢に出てしまうと、怒りの衝動を抑えきれなくなってしまうので、気分転換を兼ねてエキサイトしている脳を覚ますために、下記のような何か別の動作を行うと、気持ちを鎮める事ができるでしょう。

6-2. 相手の感情を理解する

相手の感情を理解する

もしも何か相手に不都合な事をされて、怒りが生じた場合には、何故相手がそのような態度を取ってきたのか?といった事を冷静に分析する事が大事です。

相手の立場に立って物事を考えられるようになると、自然とそれぞれのシチュエーションに対して適切な行動が取れるようになります。

相手の感情を理解できるようになると、相手を自分の思いのままに操る事も可能です。

もしも、相手が自分に理不尽な態度を取ってきたとしても、そのマイナスの行動に対して、ユーモア溢れる態度で対応する事によって、相手のマイナスの態度をプラスへと方向転換させる事も可能です。

6-3. 自分を客観視するスキルを身につける

自分を客観視するスキルを身につける

怒りが生じそうになった場合には、冷静になって自分を客観視できるスキルを身につけると良いです。

常に自分の言動に対して、客観視できるようになると、何が起きてもスマートな対応ができるようになります。

おすすめは、毎晩寝る前にその日の反省文のような簡単な日記を記す事です。

その日の自分の言動に対して毎日反省文を記していく事によって、自分を客観視できるようになっていきます。

自分がどんな場合に怒りの感情が湧き起こるのか?その怒りの感情はどうやったら抑える事ができるのか?怒りが発生したらどんな事をすれば紛らす事ができるのか?といった事が次第にわかってくると、自然と何が起きても冷静に対応できるようになります。

何事に対してもそうですが、問題を解決するためには、目の前で起きている状況に対して詳細に状況を書きとめていきながら、その対処法について何点でもピックアップしていく事が大事です。

そういった作業を毎晩日記として記していくようになると、自然と日中過ごしている時でも、脳の思考回路が状況を判断する→それぞれのシチュエーションに対して適切な対応をしていくといった思考回路が構築されていくのです。

まとめ

まとめ

今回は、怒りが生じる原因について解説していきながら、怒りを抑えるためのアンガーマネジメント方法についてレクチャーしていきました。

怒りの原因も、不安や恐怖、不甲斐なさといった風に、第一次感情から怒りといった第二次感情へと移行していくので、まずは第一次感情を上手にリフレッシュする方法についてマスターしていく事が、怒りをセーブするポイントです。

今回紹介したアンガーマネジメントのスキルをマスターして、セルフコントロール力を高めていって下さいね。

皆さんは、どうしようもない怒りの感情にさいなまれた時にはどのように対応していますか? 怒りの感情も、暴言や暴力といった解決法ではさらに状況を悪化させるだけなので、大人な対応ができるようになりたいものですね。

今回は、そんな怒りの感情を上手にコントロールしていくためのアンガーマネジメントのスキルをマスターするコツについて紹介していきます。


アンガーマネジメントとは?

アンガーマネジメントとは、自分の内側から沸き起こってくる怒りに対して思考の癖を知る事によって、イライラを解消して怒りを静めていくテクニックの事です。

現代は、ストレス社会と呼ばれていて様々なストレスにさらされています。

そんな中で、時には抑えきれない怒りの衝動にかられる事もあるでしょう。

でも、怒りの感情のままに身を任せて行く先々でトラブルを起こしていたら大変な事になっていきます。

できる事なら、怒りの感情もスマートな大人な対応で乗り越えていきたいものですね。

特に仕事をしていたら様々なトラブルに巻き込まれる事もあるので、そんな時に冷静な対応ができるように努力する事が、ビジネスシーンで活躍できるポイントです。

最近ではビジネスマンのために、アンガーマネジメントのスキルをマスターするための各種セミナーも人気を呼んでいます。

普段、仕事をしていてついつい暴言を吐いてしまう癖のある人は、一度アンガーマネジメントのスキルをマスターするためのセミナーに参加してみるのも良いかもしれません。

そもそも怒りは何なのか?

2-1. 抑えきれない衝動

抑えきれない衝動

怒りとは、何か自分が予測もつかない事態に遭遇した時に、感情をコントロールする脳の前頭葉の部分が急な出来事に対して対応できずに、カッとなって相手を怒鳴ったり、にらみつけてしまったり暴力を振るってしまう状態の事をいいます。

2-2. 第二次感情

第二次感情

怒りが生じる原因には、不安や恐怖心、恥ずかしさといったなんらかの感情が潜んでいます。

これらの感情が蓄積されていく事によって、ある日突然衝撃的な怒りとして爆発してしまうのです。

2-3. コントロール不可能な感情

コントロール不可能な感情

怒りとは、コントロールが不可能になった時点で、自分の内側から発生していく感情です。

普段からセルフコントロール能力が優れている人は、怒りに任せて人を安易に攻撃しません。

いつも怒ってばかりいる人は、実はセルフコントロール能力が低かったり、ストレスを抱えている人という事になります。

自分の心の中に潜んでいる不安や恐れ、不甲斐なさ、恥ずかしさといったマイナスの感情をいかに上手に発散していけるか?といった事が、あなたの人生を生きやすくするのか?それとも生きづらくしてしまうのか?といった別れ道となります。

いつも周りの人に怒りばかりぶつけて、人間関係を壊してしまう自分が嫌で嫌でしょうがないといった人は、セルフコントロール能力を身につけるようにすると、周り人に怒りをぶちまけたりしなくなっていきます。

いつも怒りの感情を撒き散らして自己嫌悪状態に陥っていた人は、今までの行動について反省してみると良いでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月09日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!