占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181022161956.html
ゼクハラとは?ゼクハラする女子の特徴や心理

ゼクハラとは?ゼクハラする女子の特徴や心理 | SPITOPI

SPITOPI
ゼクハラとは?ゼクハラする女子の特徴や心理

スポンサーリンク

ゼクハラって言葉知っていますか?

ゼクハラとは、結婚を意識している女性が行うハラスメントの事です。

婚活女子も適齢期を逃してはいけないと死に物狂いになっているので、ついついハラスメントしてしまうのかもしれないですね。

今回は、そんなゼクハラ女子の生態についてレクチャーしていきます。

  • 「ゼクハラ」とは?
  • ゼクハラ女子のする女性の基本的な心理
  • ゼクハラ女子に多い特徴
  • ゼクハラ女子の具体例
  • ゼクハラ女子が結婚にするためのコツ
  • まとめ

1. 「ゼクハラ」とは?

「ゼクハラ」とは?

ゼクハラとは、交際中の彼と結婚したいと願っている女性が、彼に結婚を迫るためにと、プレシャーをかけるハラスメントの事です。

ゼクシーという婚活女子のための結婚情報誌の名前とハラスメントの言葉を掛け合わせて作られた造語です。

ゼクシーを読み漁っているから、脳内は結婚式の事や結婚後の生活の事で頭がいっぱいなのです。

2. ゼクハラ女子のする女性の基本的な心理

ゼクハラ女子のする女性の基本的な心理

2-1. 婚期を逃したくない

2-婚期を逃したくない

ゼクハラする女子の心理としては、婚期を逃したくないといった気持ちがあるようです。

特にアラサー世代になると、婚活サイトや合コンで活動しても、20代の頃みたいにちやほやしてもらえなくなるので、結婚に対する意識は急にアップします。

2-2. 彼と絶対に結婚したい

2-彼と絶対に結婚したい

今付き合っている彼と絶対に結婚したいと願っている場合には、ゼクハラしてでも彼と早くゴールインしたいと焦るようです。

彼との付き合いが長い、もしくはアラサー世代、アラフォー世代といった方は、特にゼクハラにも力が入るようです。

2-3. こちらから行動を起こさないと結婚までたどり着けない

2-こちらから行動を起こさないと結婚までたどり着けない

最近の男子って、草食系で奥手な人が多いようです。

だから女子がゼクハラしてでも頑張らないと、結婚までたどり着けないのです。

結婚も、ただ婚姻届を出すだけといった簡単な形式の人は少ないようです。

やはり互いの親族と交友を深めたり、結婚式場を押さえたり、ウェディングドレスといった衣装を選ぶ、招待客や引き出物を選ぶといった風に結婚するまでの準備も大変です。

そういった面倒な結婚準備の事を考えると憂鬱になるといった男子も多いから、女子の方から積極的に動いた方がスムーズに結婚できる事もあるのです。

3. ゼクハラ女子に多い特徴

ゼクハラ女子に多い特徴

3-1. 料理が上手い事をアピールしてくる

3-料理が上手い事をアピールしてくる

男子のハートを鷲づかみするには、胃袋を掴むのがポイントといった言葉があるから、それをそのまま実行するために、いつも彼氏に手料理を食べさせたり、お弁当やお菓子の差し入れをするといった作戦に出る女子も多いようです。

特に一人暮らしで家庭の味や手作り料理に飢えている男子のひもじいハートを掴むには、手料理をもてなすという事は大変良い作戦です。

顔やプロポーションよりも、料理が上手い女性が好きといった男性も多いから、料理上手をアピールするといった戦法は非常に有効なのです。

3-2. 自分の家族に会わせたがる

3-自分の家族に会わせたがる

ゼクハラ女子の戦略としては、自分の家族に会わせて彼を引き込もうとします。

特にアラサー以降の結婚適齢期を過ぎた女子は、本人だけでなく家族も必至なので、本人以上に家族が娘の結婚に対して積極的な場合もあります。

もしも結婚する気満々のゼクハラ女子の家に招かれてしまったら、あなたはもう逃れらないと覚悟しましょう。

その後はきっと彼女だけでなく、彼女の家族もあなたと結婚できるまでは、ありとあらゆる方法で、あなたにアプローチを仕掛けてくるでしょう。

例えば、「今度実家でバーベキューするけれど、私の両親が是非ともあなたもご一緒にって言っているの」といった風に、家族の一員のように付き合いたいと誘ってくるでしょう。

そういった時に、もしも彼女とは絶対に結婚する気持ちがないのであれば、早めに別れておいた方が後でもめたりしないでしょう。

3-3. 周りの人が結婚した話をしてくる

3-周りの人が結婚した話をしてくる

彼女がやたらと友人や親類が結婚したといった話題を口にするようでしたら、それはゼクハラのサインです。

それだけ彼女にとって、自分よりも先に友人や親類が結婚していくのがつらいのでしょう。

自分だけが取り残されているといった強迫観念が芽生えてくるので、彼と会話している時でも、周りの人が自分よりも先に結婚したという事で頭がいっぱいなのです。

3-4. 結婚式場の下見に行きたがる

3-結婚式場の下見に行きたがる

デートの行き先を選ぶ際に、結婚式場の下見に行きたいと彼女が言い出したら、それはゼクハラのサインです。

やはり結婚式場や衣装などは、一人ではなかなか決められないので、どうしても彼氏と一緒に観ておきたいといった気持ちがあるようです。

それで自然と行きたいデート先が、結婚式場になってしまうのです。

3-5. ゼクシーを彼にも読んで欲しいといった態度をする

3-ゼクシーを彼にも読んで欲しいといった態度をする

ゼクシーがもしも、あなたの目の付くテーブルの上や床に置いてあった場合には、それはあなたも是非ゼクシーを手にとって読んで欲しいといったサインです。

もしくはゼクシーの表紙を見て、結婚について二人で語り合いたいといった気持ちがあるのでしょう。

3-6. 将来についての話をしたがる

3-将来についての話をしたがる

彼女がやたらと将来について話をしたがるようでしたら、それはあなたと結婚を意識しているサインです。

将来は、このまま今の仕事を続けていくのか?とか、どういった環境で生活したいのか?といった事が会話の中に盛り込まれてきたら、それは彼女があなたと未来を歩んでいきたいといったサインです。

もしもあなたがその気がないのでしたら、彼女の夢を後で壊さないためにも、早めに断っておく事が大事です。

3-7. 生活費などお金の話をしたがる

3-生活費などお金の話をしたがる

もしも彼女が、自分やあなたの生活費などやたらとお金の話をしたがるようでしたら、それはあなたと近い将来、家庭を持ちたいといったサインです。

二人で生活していくためには、一体どれだけの生活費がかかるのか?結婚式や新居、子育てする際の資金などをリサーチしたくて、あなたの手取り月収や保険の加入、貯金額についてこっそり調査しているのです。

結婚式の費用は、互いの両親が出してくれるといった所もあれば、本人達で準備する、もしくは新婦か新郎のどちらかが負担するといった風に、そのスタイルも様々なので、そういった金銭的な話し合いも最初にできると、婚約から結婚までの道のりもスムーズに進めていけるでしょう。

3-8. 家庭に入りたいサインをしてくる

3-家庭に入りたいサインをしてくる

彼女が結婚したら家庭に入りたい、今の仕事は続けたくない、もしくは結婚しても今の仕事を続けていきたい、結婚後はパートやアルバイトとして働くといった事を話してくるのでしたら、それはゼクハラのサインです。

ゼクハラ女子の中でも、一人暮らしがつらい、少ない収入で大変、仕事がきついからやめたいといった理由で、とにかく早く結婚して楽な生活がしたいといった方も多いようです。

恋愛イコール結婚といったタイプでない事もあるので、じっくりとゼクハラ女子の行動ヲチェックしながらその真意を探ってみて下さい。

4. ゼクハラ女子の具体例

ゼクハラ女子の具体例

4-1. 彼氏に結婚後のリサーチをする

4-彼氏に結婚後のリサーチをする

ゼクハラ女子の具体例としては、彼氏と会話している時に、頻?に結婚についての質問をされます。

例えば、結婚式はどんな風にしたいのか?とか、結婚したら新居は戸建てかマンション派か?子供は何人欲しいのか?といった事です。

彼氏の結婚に対する意識調査を綿密に行いながら、彼と結婚しても大丈夫なのだろうか?といった事を常に確認しているのです。

ゼクハラ女子にとって心配なのが、結婚後の彼の動向です。

「この人、浮気するのではないか?」とか、「結婚後に家庭内暴力を振るったりしないかな?」、「ギャンブルにはまったらどうしよう?」、「浪費家だったら貯金できなよね」といった事が心配なので、付き合っている時にしっかりとリサーチしておきたいといった気持ちがあるようです。

これは女子だけでなく、男子でも同じ条件なので、もしも彼女がそういった結婚後のリサーチを始めてきたら、あなたもさりげなく、彼女の動向についてリサーチしてみましょう。

でも、もしもあなたが今付き合っている彼女とは、結婚は考えられない時には、彼女が結婚を匂わせてきたら、きっぱりと結婚する気がないとカミングアウトしておく事が大切です。

そうしないと結婚願望が強い人とずるずるとそのまま付き合ってしまったら、後で取り返しがつかないぐらいに彼女の方が、はまってしまう事があります。

特に女子は、男子ほどあちこちの異性と付き合うといった事は難しいので、期待を持たせておくのはかわいそうだから、早めに断っておく事が大切です。

4-2. 家族や親類、友人、職場の人に会いたがる

4-家族や親類、友人、職場の人に会いたがる

ゼクハラ女子は、彼氏と結婚するためにと、まずは彼氏の周りから攻め落としていこうとします。

それで、彼の家族、親類、友人、職場の人にやたらと会いたがるでしょう。

例えば、彼の実家に遊びに行って、彼の両親や兄弟に気に入られたいと思い、普段から彼の家族の食べ物の好みや趣味などを、こっそりリサーチして情報を集めているのです。

彼の友人や職場の人と会って、親睦を深めて自分はスティディな彼女で、これから彼と絆を深めてゴールインしたいといった事をアピールしていきます。

彼の友人や職場の人に自分が彼のスティディな彼女だとアピールする事によって、彼が浮気しないようにと、彼の友人や職場の人に見張ってもらおうといった作戦なのです。

4-3. ゼクシーをやたらと目の付く場所に置く

4-ゼクシーをやたらと目の付く場所に置く

ゼクハラ女子の傾向としては、ゼクシーをやたらと目の付く場所に置くといったタイプが多いようです。

結婚情報誌は、ゼクシーだけではありませんが、ゼクハラといった名前で呼ばれているぐらいだから、ゼクシーを愛読しているのでしょう。

もちろん県内の結婚式場にも大変詳しいので、無意識に結婚の話題をしてしまうのです。

5. ゼクハラ女子が結婚にするためのコツ

ゼクハラ女子が結婚にするためのコツ

5-1. いかにもゼクハラだと気付かれないように注意する

5-いかにもゼクハラだと気付かれないように注意する

いかにもゼクハラだと気付かれないように注意する事が、ゼクハラ女子が結婚できるポイントとなります。

世の男達は、実はゼクハラ女子に対しておびえています。

彼女は欲しいけれど、結婚までは考えられない、結婚相手は家柄で選ぶといった男性も多いので、いかにも私と結婚して欲しいといったアプローチが激しい女性とは、たとえ彼女であったとしても結婚する気持ちが沸かないといった事もあるので、やりすぎには注意して下さい。

5-2. 婚約するまでお預け

5-婚約するまでお預け

ゼクハラ女子が、彼と結婚するために一番効果的なのが、Hは婚約するまでお預けにする事です。

男性の心理としては、彼氏として付き合いながら、いつもデートや外食に時間とお金を費やしているのにも関わらずに、未だにHさせてもらえないとすると、何とか自分が今まで彼女に費やしてきた時間やデート代やプレゼントでかけてきたお金を取り戻したいと焦るようになります。

これは心理学用語で、サンクスト効果といって、お金や時間を費やした分、さらに深みへとはまっていくといった心理です。

パチンコなどのギャンブル依存症の人がはまるのも、たくさんお金をつぎ込んだのだから、必ず取り戻してみせるといった心理が働くからです。

「取り戻すためには、結婚しかないのかも?」と彼に思わせる事ができたら、ゼクハラも成功です。

見事彼と婚約できたら、Hを許してあげて、そのままスムーズにゴールインできるようにとゼクシーを熟読して綿密な計画を立てておきましょう。

5-3. 彼の本意を聞き出す

5-彼の本意を聞き出す

彼と会う度にゼクハラを繰り返していても、なかなか状況が進展しない場合には、いっその事、彼の結婚に対する真意を聞きだすと良いでしょう。

それでもしも彼が1年以上付き合っているにも関わらずに、結婚する気持ちがなさそうだと感じたら、直接聞き出して、もしもそれで彼が結婚は考えられないと言ったなら、他を探すという手もあります。

他を探す際には、彼とはとりあえず付き合いながら、活動していくのも良いでしょう。

婚活サイトやお見合いパーティーに参加して、結婚対象となる人と交友を広げても、Hをしていなければ、浮気と見なされることもないから大丈夫です。

彼に後でばれたとしても、彼があなたの大切な未来を拘束する権利はないのですから。

ゼクハラも頑張っても効果が出ないとわかった時点で、ターゲットを変更するといった手もあります。

その方が効率がいいし、ゼクハラも遣り甲斐があるでしょう。

まとめ

今回は、あなたの側にも潜んでいるゼクハラ女子の生態についてレクチャーしていきました。

最近では、女子も婚活に積極的で、ゼクシーを熟読しながら、さりげなくゼクハラしてくる人も多いようです。

そういった女子のサインを見逃さずに、適切な対応ができる男になって下さいね。

ゼクハラって言葉知っていますか?

ゼクハラとは、結婚を意識している女性が行うハラスメントの事です。

婚活女子も適齢期を逃してはいけないと死に物狂いになっているので、ついついハラスメントしてしまうのかもしれないですね。

今回は、そんなゼクハラ女子の生態についてレクチャーしていきます。


「ゼクハラ」とは?

ゼクハラとは、交際中の彼と結婚したいと願っている女性が、彼に結婚を迫るためにと、プレシャーをかけるハラスメントの事です。

ゼクシーという婚活女子のための結婚情報誌の名前とハラスメントの言葉を掛け合わせて作られた造語です。

ゼクシーを読み漁っているから、脳内は結婚式の事や結婚後の生活の事で頭がいっぱいなのです。

ゼクハラ女子のする女性の基本的な心理

2-1. 婚期を逃したくない

2-婚期を逃したくない

ゼクハラする女子の心理としては、婚期を逃したくないといった気持ちがあるようです。

特にアラサー世代になると、婚活サイトや合コンで活動しても、20代の頃みたいにちやほやしてもらえなくなるので、結婚に対する意識は急にアップします。

2-2. 彼と絶対に結婚したい

2-彼と絶対に結婚したい

今付き合っている彼と絶対に結婚したいと願っている場合には、ゼクハラしてでも彼と早くゴールインしたいと焦るようです。

彼との付き合いが長い、もしくはアラサー世代、アラフォー世代といった方は、特にゼクハラにも力が入るようです。

2-3. こちらから行動を起こさないと結婚までたどり着けない

2-こちらから行動を起こさないと結婚までたどり着けない

最近の男子って、草食系で奥手な人が多いようです。

だから女子がゼクハラしてでも頑張らないと、結婚までたどり着けないのです。

結婚も、ただ婚姻届を出すだけといった簡単な形式の人は少ないようです。

やはり互いの親族と交友を深めたり、結婚式場を押さえたり、ウェディングドレスといった衣装を選ぶ、招待客や引き出物を選ぶといった風に結婚するまでの準備も大変です。

そういった面倒な結婚準備の事を考えると憂鬱になるといった男子も多いから、女子の方から積極的に動いた方がスムーズに結婚できる事もあるのです。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い