占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181019133232.html
口元に手を当てる心理や癖のある人の特徴

口元に手を当てる心理や癖のある人の特徴 | SPITOPI

SPITOPI
口元に手を当てる心理や癖のある人の特徴

スポンサーリンク

皆さんの周りもいませんか?

話す時に口元に手を当てている人。

これは一種の癖のようですが、一体どのような心理からそのような動作を行っているのでしょう? 今回は、口元に手を当てる心理について解析していきますね。

  • 口元に手を当てる心理はある?
  • 話すときに口元に手を当てる心理(手の甲を当てる)
  • 話すときに口元に手を当てる心理(手の平で鼻まで隠す)
  • 口に手を当てて笑う心理
  • 口に手を当てて食べる心理
  • 口元に手を当てる癖のある人の基本的な特徴
  • まとめ

1. 口元に手を当てる心理はある?

口元に手を当てる心理はある?

口元に手を当てる心理は、様々な事が考えられます。

口臭が気になる、歯茎が見えるのが嫌、口の中が見えるのは下品、もっと品良く振舞いたい、口に細菌が入らないようにと注意しているといった風に、様々な気持ちが交差している事が考えられます。

口は、物を食べたり飲んだりするだけでなく、話をする時に声を発する、息を吸う、吐く、歌うといった風に、様々な使い方があります。

口は体の中で体の内部へと通じる一番大きな穴でもあるので、大切に扱いたいものですね。

2. 話すときに口元に手を当てる心理(手の甲を当てる)

話すときに口元に手を当てる心理(手の甲を当てる)

2-1. 口臭が気になる

2-口臭が気になる

話す時に、口元に手を当てる人の心理としては、口臭が気になるといった事が考えられます。

いつもタバコを吸っている、お酒やコーヒーを良く飲む方、餃子や焼肉が大好きといった方は、どうしても口臭がきつくなりがちなので、常に自分の発する口臭を気にしているようです。

自分が誰かと話していて、相手が不快な顔をした経験がある人は、「もしかしたら自分の口臭がきついのではないか?」といった心理が働くようです。

家族や恋人といった身近な人に「口臭が臭いよ」と指摘された事がある人は、それ以来口臭が気になってしかたがないから、ついつい話す時に口元に手が行くようになったのかもしれません。

ただし口臭が気になるからと、誰かと話をする度に口元に手を当てていると、相手の人に真っ先に「この人は、口臭が臭いのかな?」と悟られてしまう場合もあります。

口臭予防も誰かと話をする度に口元に手を当てていても、何も解決できないから、歯に付着しているステインを取り除くケアや歯石を除去するケアをしながら、口臭の原因を取り除いていきましょう。

2-2. 歯並びが悪い事を気にしている

2-歯並びが悪い事を気にしている

話す時って相手に自分の声がよく届くようにと至近距離に近づくので、口の中まで見えてしまいがちです。

そんな時に自分の歯並びが悪い人は、常にコンプレックスを抱いているので、口に手を当てて歯並びの悪い事を隠す場合があります。

歯並びは、子供の頃からずっと大人になっても引き継いでいくものなので、余程歯並びの矯正でもしない限りは治りません。

特に前歯が抜けている人は、どうしても口を開けた時に、すきっ歯が気になるので、口元を隠すようです。

歯並びも矯正中の場合には、矯正器具を付けているのがわかる場合もあるので、やはり話す時に矯正器具が相手に見えないようにと手で隠すようです。

2-3. 話している相手の事が苦手

2-話している相手の事が苦手

口を隠すという防御行為が無意識に出てしまう心理としては、目の前にいる相手の事が苦手といった意識や、会話の流れによっては自分を守らなければいけないといった心理が働いているようです。

きっと話している間中口を手で隠している訳ではないはずです。

ある会話に突入した場合に、「自分を守らなければ」といった心理が働いて、無意識に手で口という体の中へとつながる穴を隠しているのです。

口を隠す癖のある人の多くは、繊細でいちずでまじめな人が多いようです。

防御、ディフェンス力が高いので、危ない橋を渡らない、人と付き合う時にも慎重に相手を見極めてから付き合うといった風なタイプです。

3. 話すときに口元に手を当てる心理(手の平で鼻まで隠す)

話すときに口元に手を当てる心理(手の平で鼻まで隠す)

3-1. 自分の口臭をチェックしている

3-自分の口臭をチェックしている

話す時に手の平で鼻まで隠して口元に手を当てる心理としては、手で覆いを作って自分の発している口臭をチェックするためです。

それでもしも自分の口臭が臭いとわかったら、相手と距離を置いてみたり、至近距離に近づいた時にだけ口に手を当てて話すといった動作を繰り返しているはずです。

エチケットのある繊細な方だからこそ、こういった周りの人への配慮ができるので、女性だけでなく、男性でも話す時に口元に手を当てている人がいたら、気配りの出来る人だと思って安心して付き合って下さい。

3-2. 気品を保っている

3-気品を保っている

話す時に手の平で鼻まで隠す心理としては、気品を保ちたいといった心理が働いているようです。

たとえば、あくびをする時に大きく口を開けますが、人前であくびをするのは大変失礼に値するので、手で口を隠しますよね。

それと同じで、口の中が見えてしまうのは品がないから、手の平で鼻まで隠すようにしているのです。

この時に手の平を鼻の頭に人差し指を添えるように口半分が隠れるようにと、手を斜めに持ってくると大変美しいしぐさになります。

3-3. エネルギーが洩れないようにと注意している

3-エネルギーが洩れないようにと注意している

口は、人間の体の中と繋がっている穴の中で一番大きな穴です。

その穴である口が開きっぱなしであると、そこからエネルギーが洩れてしまうとも言われています。

それで笑う時、話す時には、鼻から口まで手を添えてエネルギーが洩れないようにと注意しているのです。

実際に口から風邪のウィルスといった細菌が侵入してくるので、口を大きく開けて細菌が侵入してこないようにとの防御策でもあるわけです。

4. 口に手を当てて笑う心理

口に手を当てて笑う心理

4-1. 品良く見せるため

4-品良く見せるため

口に手を当てて笑う心理としては、品良く見せたいといった心理が働いているようです。

特に大声で大きな口を開けて笑う際には、歯だけでなく、口の中が丸見え状態になってしまいます。

女性は特に口の中が丸見えだと、恥ずかしいといった気持ちから、笑う時には手を当てるというよりは、いつも手を添えるようにしているようです。

特に笑うと歯茎まで見えてしまう方は、歯茎が見えるとどうしても下品な印象を与えてしまうので、口に手を添えるようにしているという方が多いようです。

4-2. つばが相手に飛ばないようにと配慮している

4-つばが相手に飛ばないようにと配慮している

口に手を当てて笑う心理としては、つばが相手に飛ばないようにと配慮している事が考えられます。

ハッ、ハッ、ハッと大声で笑うと、ついついつばも飛んでしまうので、もしも楽しい会話をしていたとしてもつばが相手にかかってしまっては大変です。

笑うとつばを飛ばしてしまうのも、癖なので、何度か笑った時につばが相手にかかってしまって不快な想いをさせてしまった経験がある方は、それ以降には笑う時には必ず口元に手を当てて、つばが絶対相手にかからないように気をつけているようです。

相手が目の前にいる時には、口に手を当てる癖のある人でなくても、エチケットとして口に手を添える気配りって大事ですね。

4-3. 気持ちをセーブしている

4-気持ちをセーブしている

口に手を当てるという行為は、それ以上大きな声が出ないように、息が出ないようにとセーブしている事になるので、笑っていても気持ちをどこかでセーブしているといった心理が伺えます。

あまりも大笑いしてしまうと、失礼に値するのではないか?下品に見えるのではないか?といった風に、どこか自分の気持ちを抑えている傾向がある方が多いようです。

笑う時に口に手を当てるといったしぐさも、相手によって使い分けている場合もあるので、じっくり観察してみましょう。

例えば、上司や取引先の方と会話する時に、笑う場面が出てきた場合に、大笑いして失礼なイメージを与えないようにと気持ちをセーブしている場合があります。

恋人や友人といった風に、心から気を許せる人の前では、笑う時に口元に手を当てない用にしている人もいるようです。

笑う時に口元に手を当てるという行為は奥ゆかしさでもあるので、もしも笑う時に口に手を当てている人がいたとしてもそっと見守ってあげて下さいね。

5. 口に手を当てて食べる心理

口に手を当てて食べる心理

5-1. 上品に振舞うため

5-上品に振舞うため

口に手を当てて食べる人の心理としては、上品に振舞いたいといった気持ちの表れです。

特にお寿司をほおばる時や、魚や肉など骨のある物を食べていて骨を取り出す場合には、口に手を当ててから、骨を取り出した方が上品です。

ネタが大きなお寿司は、お箸でネタをカットしたりできないから、どうしても大きな口を開けてほおばるので、デートの時などに恋人が大口を開けて食べている姿にげんなりしないように、手を当てて食べましょうね。

ただし、男性が食事中に四六時中口に手を当てていると、女性的なイメージが根付いてしまいがちなので、口に手を当てて食べるしぐさは、ほどほどにしておくのがおすすめです。

女性の場合には、口を大きく開けて食べないといけない時に必ず手を添えるようにしておくと、非常に上品なしぐさに見えます。

美しいしぐさをシチュエーションによって自然な形で出せるような素敵な人になって下さいね。

5-2. 口の中を隠すため

5-口の中を隠すため

食べている時に口に手を当てて食べるのは、口の中の様子を周りの人に観られないようにするためです。

実際に口の中で何かを噛んでいる姿は、あまりきれいな姿ではないので、口に手を添えて隠す事によって、奥ゆかしさが生まれます。

奥ゆかしさとか上品さ、気高さは、女性だけでなく、男性も必要な時に自然な形で出てくるととても魅力的に映るので、美しいしぐさを自然に取れるように、普段から食事の時には気をつけてみて下さい。

6. 口元に手を当てる癖のある人の基本的な特徴

口元に手を当てる癖のある人の基本的な特徴

6-1. 気配りができる人

6-気配りができる人

口に手を当てる癖のある人の特徴としては、いつも周りの人の反応を気にしているぐらいに、奥ゆかしさがあるようです。

何も気にしない人であれば、たとえ自分の口臭が臭くても、歯並びが悪くても、歯に黄ばみがあっても、他人の目線や気持ちなど一切考えずに、マイペースで過ごしている事が多いようです。

でも、常に周りの人が、自分に対してどのような印象を持っているのか?もしかすると自分の口臭が臭い事や、歯並びが悪い事、歯に黄ばみがある事によって何か不快な気持ちを抱かせているのではないか?といった事を気にしている方は、口元に手を当てる事によって、それらの悩みを解決しようとします。

こういったタイプは、上品な性格なので、自分の事だけでなく、常に周りが自分に抱いている気持ちも考えているから気配り上手な方でもあります。

口元は、特に感情があらわになりやすいパーツなので、相手の口元や口元に手を当てる時のしぐさをじっくり観察していくと、きっとその人が発しているメッセージを汲み取れるはずです。

6-2. 恥ずかしかったり緊張している

6-恥ずかしかったり緊張している

口元に手を当てる癖のある人の特徴としては、恥ずかしいといった気持ちがあるようです。

一見人見知りしない人でも少し距離を近づいて話してみたら、すごく恥ずかしがり屋だったりします。

口は顔の中のパーツでも、特に感情が現れやすいパーツなので、口を隠すといった行為によって自分の感情も隠しているのです。

同時に口元に手を当てる事によって、意識が口へと集中している訳ですが、その分リラックスしている時に比べて緊張している状態といえそうです。

では、どのような時に緊張しているのかというと、初対面の人と話をしたり、好きな人と話す時、上司や取引先と話す時といった場合が多いようです。

口に手を当てて恥ずかしさを隠すだけでなく、自分自身を落ち着かせるためにと無意識に口元に手がいくようです。

恥ずかしくて何か言い出せない言葉があって、それをあえて隠そうといった心理が働いている可能性もあるので、もしも会話している相手が、何度も口元に手を当てるしぐさを繰り返すようであれば、そっと様子を見守ってあげましょう。

そして、どのような時に口元に手を当てているのか?といったパターンが解析できると、その人の深層心理がもっと詳しく解析する事ができます。

それによって、例えば、「この人は、何かに緊張していると口元に手を当てるようだ」とか、「口臭や歯茎が見えるのを気にしている」といった心理まで動作によって伺う事ができます。

人が発するメッセージというのは、このように言葉だけに限らずに、無言で行うしぐさにもその人の気持ちといったメッセージが込められているので、しっかりと観察しながら、より深く相手の事を理解してあげられるように頑張って下さい。

まとめ

今回は、口元に手を当てる癖のある人の特徴や心理について解説していきました。

口元に手を当てるといったシチュエーションも、会話の時だけでなく、食事の時といった風に様々ですが、場合によっては品を保つためのしぐさでもあるので、上手に使いこなしていくと非常に美しい動作になります。

口といった大きく開くパーツを隠すのは、きっとそれだけ奥ゆかしさがあるという事なので、そっと見守ってあげて下さいね。

皆さんの周りもいませんか?

話す時に口元に手を当てている人。

これは一種の癖のようですが、一体どのような心理からそのような動作を行っているのでしょう? 今回は、口元に手を当てる心理について解析していきますね。


口元に手を当てる心理はある?

口元に手を当てる心理は、様々な事が考えられます。

口臭が気になる、歯茎が見えるのが嫌、口の中が見えるのは下品、もっと品良く振舞いたい、口に細菌が入らないようにと注意しているといった風に、様々な気持ちが交差している事が考えられます。

口は、物を食べたり飲んだりするだけでなく、話をする時に声を発する、息を吸う、吐く、歌うといった風に、様々な使い方があります。

口は体の中で体の内部へと通じる一番大きな穴でもあるので、大切に扱いたいものですね。

話すときに口元に手を当てる心理(手の甲を当てる)

2-1. 口臭が気になる

2-口臭が気になる

話す時に、口元に手を当てる人の心理としては、口臭が気になるといった事が考えられます。

いつもタバコを吸っている、お酒やコーヒーを良く飲む方、餃子や焼肉が大好きといった方は、どうしても口臭がきつくなりがちなので、常に自分の発する口臭を気にしているようです。

自分が誰かと話していて、相手が不快な顔をした経験がある人は、「もしかしたら自分の口臭がきついのではないか?」といった心理が働くようです。

家族や恋人といった身近な人に「口臭が臭いよ」と指摘された事がある人は、それ以来口臭が気になってしかたがないから、ついつい話す時に口元に手が行くようになったのかもしれません。

ただし口臭が気になるからと、誰かと話をする度に口元に手を当てていると、相手の人に真っ先に「この人は、口臭が臭いのかな?」と悟られてしまう場合もあります。

口臭予防も誰かと話をする度に口元に手を当てていても、何も解決できないから、歯に付着しているステインを取り除くケアや歯石を除去するケアをしながら、口臭の原因を取り除いていきましょう。

2-2. 歯並びが悪い事を気にしている

2-歯並びが悪い事を気にしている

話す時って相手に自分の声がよく届くようにと至近距離に近づくので、口の中まで見えてしまいがちです。

そんな時に自分の歯並びが悪い人は、常にコンプレックスを抱いているので、口に手を当てて歯並びの悪い事を隠す場合があります。

歯並びは、子供の頃からずっと大人になっても引き継いでいくものなので、余程歯並びの矯正でもしない限りは治りません。

特に前歯が抜けている人は、どうしても口を開けた時に、すきっ歯が気になるので、口元を隠すようです。

歯並びも矯正中の場合には、矯正器具を付けているのがわかる場合もあるので、やはり話す時に矯正器具が相手に見えないようにと手で隠すようです。

2-3. 話している相手の事が苦手

2-話している相手の事が苦手

口を隠すという防御行為が無意識に出てしまう心理としては、目の前にいる相手の事が苦手といった意識や、会話の流れによっては自分を守らなければいけないといった心理が働いているようです。

きっと話している間中口を手で隠している訳ではないはずです。

ある会話に突入した場合に、「自分を守らなければ」といった心理が働いて、無意識に手で口という体の中へとつながる穴を隠しているのです。

口を隠す癖のある人の多くは、繊細でいちずでまじめな人が多いようです。

防御、ディフェンス力が高いので、危ない橋を渡らない、人と付き合う時にも慎重に相手を見極めてから付き合うといった風なタイプです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2020年01月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!