占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181011152458.html
フレネミー症候群とは?フレネミー症候群の人の特徴

フレネミー症候群とは?フレネミー症候群の人の特徴 | SPITOPI

SPITOPI
フレネミー症候群とは?フレネミー症候群の人の特徴

スポンサーリンク

フレネミー症候群という言葉をご存知でしょうか。

友達のふりをして、実は敵という意味で日本でも最近よく聞くようになりました。

フレネミー症候群についてわかりやすくまとめてみました。

自分の友達にフレネミーがいないか参考にしてみてください。

  • フレネミー症候群とは?
  • フレネミー症候群の人の特徴
  • フレネミー症候群の人の心理
  • フレネミー症候群の人の怖さと実例
  • フレネミー症候群の人の見分け方
  • フレネミー症候群の人の対処方法や撃退法
  • まとめ

1. フレネミー症候群とは?

フレネミー症候群とは?

フレネミー(Frenemy)は「あなたの友達のふりをした敵」という意味です。

表面上は仲がいいふりをしたり、あなたのことを心配しているように見せかけているのです。

しかし陰では悪口をいったり、失敗を招くような罠をしかけたりとなかなか腹黒いことをしているのが特徴です。

本心では嫌っていますが、表面的には仲良く見せかけるという何ともややこしい人でもあります。

言葉や行動に悪意を感じる、自分のことを本当に友達と思っているのだろうかと疑いがある時はフレネミー症候群の可能性を考えた方がいいでしょう。

ここでは、フレネミー症候群について詳しく紹介していきますので、最後まで読んでいけば今後の人間関係に役に立つことでしょう。

2. フレネミー症候群の人の特徴

フレネミー症候群の人の特徴

友達なのに、何だか変な時がある、悪意のようなものを感じるという場合はほとんどの場合はフレネミー症候群の可能性があります。

そもそも友達から悪意めいたものを感じるということそのものが本来ならばありえないことです。

しかし人間には直感という不思議な力が備わっているのです。

危険を察知して自分に教えてくれていると思って信じた方がいいでしょう。

違和感を感じる時は何かを気づかせようとしていることが多いのです。

それではフレネミー症候群の人の特徴をあげていきます。

自分が違和感を感じる相手にあてはまるものはないかチェックしてみましょう。

2-1. 人の噂に敏感、大好きである

2-人の噂に敏感、大好きである

フレネミー症候群の人は噂話に敏感で、何でも情報を仕入れようとします。

一見明るく朗らかに見えるのが曲者で、何となく軽いおしゃべり、雑談といった類がとても得意で上手です。

その為相手もついつい口が軽くなって話してしまうのです。

それこそがフレネミー症候群の人のやり方なのです。

表面上は誰とでもフレンドリーで「誰とでもそつなく話せる」といったキャラクターを貫いています。

あくまでもいい人であることにこだわっていますので、優等生キャラを演じています。

しかし、陰では人を揉ませるようなことを仕掛けたり、それを楽しんでいたりと非常に悪い人間性を持っています。

自分は関係ありませんよという顔をして、人の揉め事や困っている姿を見て喜ぶのです。

2-2. 不幸話が基本的に大好物

2-不幸話が基本的に大好物

誰かの不幸話というものが基本的に大好物で、聞くと機嫌が良くなります。

人間関係での悩み、金銭問題、仕事上の悩みなど誰かが困っている状態が嬉しくて楽しくて心配するふりをして面白がっているだけなのです。

またそれを人にいい広めるのもセットです。

フレネミー症候群の人に不幸話を知られたら広まることは覚悟しなければならないでしょう。

しかも尾ひれがたっぷりついてです。

2-3. 「親友」という言葉を使いたがる

2-「親友」という言葉を使いたがる

それほど仲良くないのに、すぐに「親友」という言葉を使いたがります。

「親友だよね」という押しつけがましいところもあります。

しかしこの親友という言葉、一般の人と、フレネミー症候群の人では意味合いが異なってくるのです。

一般の人にとっては親友とはその字の通り「親しい友達」「普通の友達よりももっと繋がりが深い友達」という意味でとらえることでしょう。

しかしフレネミー症候群の人にとっての親友とは「自分にとって都合良い相手」「獲物」です。

つまりフレネミー症候群の人に親友認定されたらとにかく逃げる、距離をとることが必要なのです。

2-4. 友達を追い詰めるような話をする

2-友達を追い詰めるような話をする

通常、友達が心配になったり、思い詰めてしまうようなことは、知っていてもあえていわない、黙っておくものです。

ところがフレネミー症候群の人は心配するふりして相手を追い詰めるようなことを言います。

不安にさせる精神的な脅しをかけるのです。

これ一つとっても、とても友達がすることとは思えません。

このようなことがあれば、二度と自分の情報を教えないなど気をつけることをおすすめします。

2-5. 嫌いな人にでも笑顔、普通につき合える

2-嫌いな人にでも笑顔、普通につき合える

通常、嫌いな人には挨拶程度、なるべく近づきませんし、つき合うということは避けたいものです。

しかしフレネミー症候群の人はさっきまで散々悪口をいっていた相手であっても満面の笑みを作り何もなかったかのようにおしゃべりができるのです。

その演技力には驚かされるほどです。

このような二面性のある人というのは問題がありますので信用しないようにしましょう。

2-6. 長く続いている友達がいない

2-長く続いている友達がいない

フレネミー症候群の人は、長く続いている友達がいないという特徴があります。

誰とでも仲良くなれますし、友達(知り合い)の人数もとても多いのです。

しかしどの人もつきあいがわりと浅いのです。

長くても2〜3年というところでしょうか。

学生時代の友達などは皆無です。

これは性格の悪さから友達が離れていく、またトラブルが起こって友達がいなくなったということが考えられることです。

多いのは前者の方で相手が違和感を感じて徐々にフェイドアウトしていつの間にかいなくなるというパターンでしょう。

といいますのも、フレネミー症候群の人は攻撃的で負けず嫌いのところがあるので、相手が逃げていくということが多いのです。

2-7. 自慢話、武勇伝が多い

2-自慢話、武勇伝が多い

フレネミー症候群の人は、自分を上げることを欠かしません。

自分は凄いとさりげなく話に入れて、相手より優位に立とうとするのです。

もちろん、相手の方が恵まれている、上だとわかりますと機嫌が悪くなりますし、それだけではすまなくなります。

相手を下げる材料を探します。

あら探し、噂などをして、相手を陥れることもあります。

2-8. 自分より恵まれている、幸せな人が大嫌い

2-自分より恵まれている、幸せな人が大嫌い

フレネミー症候群が大嫌いなことは、自分より恵まれている、幸せな人が目の前に存在していることです。

そしてそのような人を見れば引きずりおろし嫌な思いをさせることが大好きなのです。

嫉妬深く自分が一番でないと気に入らないという性質と、人のことはどうでもいいという考えですから早目に関係を断ち切っておくことをおすすめします。

2-9. 負けず嫌い、張り合いたがる

2-負けず嫌い、張り合いたがる

どうでもいいことでも、負けず嫌いで人と張り合おうとします。

そんなこと自慢しても・・・と思うようなことでも自慢しますし、相手が興味を示さずスルーしたりしますと、さらにイライラをつのらせるのです。

また張り合い癖がありますので、見栄、浪費といったことにも繋がります。

2-10. 人間関係を支配しようとする

2-人間関係を支配しようとする

人の人間関係を支配しようとします。

「あの人とつき合わない方がいい」「信用したら駄目」などとネガティブな情報を吹き込み、人の人間関係を支配したり、崩壊させたりします。

結果的に自分の周りから人が一人、二人と減っていくだけなのですが、そうなりますとまた新たなターゲットを探し始めるのです。

よって人間関係は常に浅く、古くからの信頼できる人間関係が作れません。

2-11. 被害者ぶる

2-被害者ぶる

何かあると、被害者ぶる傾向にあります。

つまり相手が加害者であり、悪い。

自分は悪くないという図式にしたがるのです。

人によって態度を変えて弱いふりをするのもフレネミー症候群の人にとっては得意なことです。

またそれに騙される人も多いのです。

しかし長くは続きません、いずれ本性がばれて人が去っていくとうパターンです。

3. フレネミー症候群の人の心理

フレネミー症候群の人の心理

フレネミー症候群の人の特徴が大体おわかりいただけたでしょうか。

何とも恐ろしい性格で関わりたくないタイプです。

しかし、気づいていないだけでフレネミー症候群の人はどこにでも存在しているのです。

察知して深く関わらないことが大事です。

さてそんな恐ろしく困った存在であるフレネミー症候群の人ですが、どのような心理なのでしょうか。

見ていきましょう。

3-1. 不満がある、満たされていない

3-不満がある、満たされていない

フレネミー症候群の人は、自信があって明るく見えるのですが、実はそれは仮の姿であることが多いのです。

本当は今の生活や境遇に不満があり満たされていないのです。

自分が幸せで満たされていたら人に対して優しくなれますし、そもそも他の人のことなどどうでもいいといった状態になるものです。

何か満たされていないから周りの人をターゲットにしてストレス発散をしているのです。

3-2. 自分が一番でないと気が済まない

3-自分が一番でないと気が済まない

フレネミー症候群の人は、どんな場においても自分が中心であったり、一番でないと気が済みません。

そのような性格ですので自分より優れているとか、幸せそうな人のことは敵であり、倒さなければならないと思うのです。

なぜならば自分が一番を感じられなくなるからです。

負けず嫌いでプライドが高いことも自分が一番でないと気が済まない性格だからこそです。

3-3. 自分のことしか考えていない

3-自分のことしか考えていない

フレネミー症候群の人は、基本的に自分のことしか考えていません。

相手の気持ちなど思いやることもなく、自分さえ良ければいいという考え方ですから、一緒にいると違和感を感じてきますし、自分が利用されているような気がすることでしょう。

その直感は当たっているのです。

フレネミー症候群の人は常に自分のことだけですから、一緒にいると迷惑がかかったり、嫌な思いをすることが多くなるのです。

4. フレネミー症候群の人の怖さと実例

フレネミー症候群の人の怖さと実例

フレネミー症候群の人の怖さと実例を紹介しましょう。

4-1. 陥れる

4-陥れる

フレネミー症候群の人は自分が一番でないと嫌なのです。

ですから自分より恵まれている人、幸せそうな人がいると何としてでも下げて自分が上になろうとします。

職場において仕事ができる人を妬み、上司に嫌われるように仕向けるのが上手です。

例えば仕事ができる人のことを上司の前で褒めて、上司の立場を失くすようなことをします。

上司にすれば自分が無能のように感じさせられますし、恥をかかされたと怒りが湧き仕事ができる人のことを疎ましく思うようになるのです。

いつの間にか仕事ができる人は上司に嫌われる鼻つまみ者のような存在になっているのです。

それはフレネミー症候群の人が仕掛けた罠といえるでしょう。

4-2. 共感するふりをして陰であざ笑う

4-共感するふりをして陰であざ笑う

仲の良い友達のふりをして、親友のように表面上はふるまっています。

しかし陰では他の人たちに悪口をいってあざ笑っているのです。

情報を聞き出して面白おかしく広めます。

いつの間にか自分の身に覚えのない噂が広まっていることもあるのです。

やたらと共感を示し、あれこれ聞き出そうとする人はフレネミー症候群の可能性があります。

距離感が不自然に近い、あっという間に親友になろうとする人には注意が必要でしょう。

4-3. 相手の幸せが許せないと攻撃してくる

4-相手の幸せが許せないと攻撃してくる

フレネミー症候群の人は相手の幸せが許せません。

それまで仲良しのふりをしていたのに、突如手のひら返しで攻撃的になってくることがあります。

これは、フレネミー症候群の人が本性を見せる時であり、仲が終わるきっかけともなります。

それにしましても、裏切られていたこと、攻撃されたことと、しばらくの間、人間不信になったり気が抜けたようになってしまいます。

そうならない為には人のことを簡単に信用して自分の幸せを言わないことです。

5. フレネミー症候群の人の見分け方

フレネミー症候群の人の見分け方

フレネミー症候群の人はどこにでも存在しています。

職場でも近所の人でも普通に生活しているのです。

相手がフレネミー症候群かどうか見分ける方法をお伝えしましょう。

5-1. 自信過剰、プライドが高い

5-自信過剰、プライドが高い

フレネミー症候群の人は、自信過剰、プライドが非常に高いタイプです。

しかしそのプライドの高さは自分の中の弱さや、不満を隠す為の武器のようなものであり、本物の誇りではないのです。

いわば虚勢を張っているといった方が近いかもしれません。

その為、必要以上に自分を良く見せようとします。

やけに景気がいい話をしたり、自分の能力が高いように匂わせるタイプには気をつけた方がいいでしょう。

本当に優れている人は自分から言わなくても周りが気がつきますし、オーラが出ているものです。

5-2. 相手から話を聞きだす

5-相手から話を聞きだす

フレネミー症候群の人は、一見話が好きで明るくて魅力的なタイプなのです。

フレンドリーで初対面でも気さくといった感じです。

ただ自分のことよりも相手の話を一方的に聞き出そうとするところがあります。

本来は会話はキャッチボールですから相手のことを質問したら次は自分が話すといったやり取りになるのが自然な形です。

まるでインタビューのように質問ばかりという相手は情報を集めているように思えますし、噂話にされる可能性は高いでしょう。

5-3. 学生時代から続く友人の話がない

5-学生時代から続く友人の話がない

フレネミー症候群の人は人間関係が長続きしないという傾向があります。

学生時代から今日までずっと続いている友人というのはいない場合が多いのです。

また友達や知り合いが多くても、長期間続いているのではなく出会ってから日が浅いのです。

その理由はフレネミー症候群の人は相手が言動のおかしさに気がつき離れていってしまうことがほとんどだからです。

ですから学生時代から続く友人関係といった話が全くない場合はフレネミー症候群の可能性を疑った方がいいでしょう。

もちろん転校や他の事情で友達がいないという場合もありますので、他の特徴がいくつか当てはまるかどうかで判断することをおすすめします。

5-4. 相手を見下してかかる

5-相手を見下してかかる

フレネミー症候群の人は相手に対するリスペクトがありません。

どこか相手のことを自分より下に見ているところがあります。

もしも対等な関係性の中で自分が見下されていると感じることが多いならば、相手はフレネミー症候群の可能性がありますので、あまり自分のことを話さない方が賢明です。

それは自分より優れていると思われると、嫉妬されますし、自分の方が優れていると相手が思えばますますあなたのことを見下しの対象にしてくるからなのです。

はっきりいってしまえばフレネミー症候群の人は人間関係をまともに築けない人ですからつき合いを深めないことが一番なのです。

5-5. 嫉妬、妬みが激しい

5-嫉妬、妬みが激しい

フレネミー症候群の人は、通常の人よりも嫉妬、妬みが激しいのです。

誰だって相手を羨ましいと思ったり、妬ましく思う気持ちは持っています。

しかしそのようなネガティブな感情は持たないように自分で感情をコントロールしたり、努力をするようにと前向きに対処するものです。

フレネミー症候群の人は、そのようなことはなく、妬みや憎しみの気持ちを大きくして相手を傷つけたり、困った状態に追い込もうという風に考えるのです。

明るく前向きに見せていても心の中はネガティブな感情で一杯なのです。

6. フレネミー症候群の人の対処方法や撃退法

フレネミー症候群の人の対処方法や撃退法

フレネミー症候群と思われる人が自分の身近にいた場合、どういう対処方法をとればいいのか、また撃退する方法をお伝えします。

6-1. 自分の情報を教えない(いいことも、悪いことも)

6-自分の情報を教えない(いいことも、悪いことも)

まずはフレネミー症候群の人との基本的な接し方です。

自分の情報は、いいことも悪いこともどちらの場合も教えないことです。

何か聞かれても適当、あいまいな返事で返します。

具体的なことを話すことはありません。

フレネミー症候群の人は噂話が大好きです。

自分の情報はまさに相手にとって大好物なわけです。

相手に餌を与える必要はないのです。

6-2. 聞き役に徹し褒める

6-聞き役に徹し褒める

フレネミー症候群と会話をする時は聞き役に徹することです。

時々褒めて相手の気分を良くしてあげましょう。

特に職場など嫌でも関わりを持たなくてはならないという関係性の場合はこの方法で乗り切るようにしましょう。

6-3. 友達を紹介したり、輪を広げない

6-友達を紹介したり、輪を広げない

フレネミー症候群の人は、フレンドリーでみんなと楽しく過ごしたいという風にふるまいます。

そこで友達を紹介したり、違う友達を誘ったりと輪を広げようとしますが、それは止めておいた方がいいことです。

フレネミー症候群は仲良く楽しくといった雰囲気を出しますが、それはあくまでも「自分にとって」ということです。

聞きにくいことを天然なふりをして聞いてきたり、嫌な気持ちになるように仕向けたりと、グループ内がぎくしゃくするようになります。

そしていつの間にかあなたが追い出されて、フレネミー症候群の人がグループの真ん中にいるといったことにもなるのです。

6-4. 話している内容はあまり信じない

6-話している内容はあまり信じない

フレネミー症候群の人はいい人を装いながら相手にアドバイスをするふりをして実は追い込んでいたり、不安にさせたり、ネガティブな感情が起こるように仕向けることが「自然と」できてしまうのです。

また話している内容もその時々によって変わりますし、都合の悪いことは「聞いていない」とか「忘れた」と誤魔化したりもします。

つまりフレネミー症候群かもしれないと疑いがある人の話している内容はあまり信じない方がいいのです。

話半分程度で聞いておきましょう。

また信用ができない部分があると思っている場合は、話している内容は自分を陥れる為の嘘・・・ぐらいに受け止めていてもいいでしょう。

フレネミー症候群の人は自分のことを正しい、良い人だと思っていることもありますし、周りもはじめはそう思って接しています。

ですが何度かおかしいと感じることが続けば、フレネミー症候群の可能性を考えてみた方がいいでしょう。

会った後、なぜかグループ内でぎくしゃくしたり、自分が嫌な気持ちになるという場合は特に気をつけるようにしましょう。

6-5. 踏み込ませない部分を持つ

6-踏み込ませない部分を持つ

フレネミー症候群の人を撃退するには、自分自身が強くなることです。

フレネミー症候群の人を安易に信じない、受け入れないということが大事です。

相手にこれ以上は踏み込ませないという部分を持つこと、線引きをすることです。

質問がしつこくなれば「なぜそんな質問をするのか」とこちらから聞き返すようにしましょう。

いくら聞かれてもいえないことに関しては「知らない」で通す気の強さも必要です。

自分の思い通りにならないと思いますとフレネミー症候群の人は攻撃的になってきますが、そこで関係性が終わることができます。

そして、あなたから離れてまた新たなターゲットを探すようになります。

6-6. 反撃する力があることをちらつかせる

6-反撃する力があることをちらつかせる

フレネミー症候群の人は、噂話をしたり、見下してきたり、あなたが困った状況になるような罠を仕掛けてきます。

その上表面上は仲良しのふりをしていますので困った存在です。

しかし、やられっぱなしではなくあまりにも理不尽なことをされた場合は反撃する力があることを相手にちらつかせることが大事です。

噂話を広めた相手を探して問い詰める、責任を問うなどフレネミー症候群の人に雑談のふりをして話すなど、泣き寝入りはしないということをちらつかせるようにしましょう。

6-7. できるだけ距離をおく

6-できるだけ距離をおく

フレネミー症候群の人とは一番いいのは縁を切ることです。

しかしなかなかそうもいかない場合もあります。

職場や近所、子供の学校関係などまだしばらくつき合わなければならないという時です。

撃退する方法としてはできる限りこちら側から距離をおくことです。

関わる時間を極力少なくすること、また向こうが近づこうとしても何かと理由をつけて避けるのです。

そうすることで自分の心を守ることができますし、相手からの攻撃をかわすこともできるのです。

不自然な形にならないように気をつけて距離を少しずつとっていきましょう。

まともに関わってもいいことはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フレネミー症候群の人の特徴、心理、見分け方、対処、撃退法などまとめて紹介しました。

フレネミー症候群の人は特別な人というわけではなくどこにでもいる人です。

それだけに最初はなかなか見分けがつかないことでしょう。

しかし慣れてきますと徐々に特徴が見えてきますので、自分の勘違いと思って流したりせずにしっかり観察することをおすすめします。

冷静に見極めてつき合い方をこちらから上手くコントロールすることが大事でしょう。

人間関係はいつだって大変なものですが、相手のことをよく観察して自分の心が疲れてしまわないようにしていきましょう。

フレネミー症候群という言葉をご存知でしょうか。

友達のふりをして、実は敵という意味で日本でも最近よく聞くようになりました。

フレネミー症候群についてわかりやすくまとめてみました。

自分の友達にフレネミーがいないか参考にしてみてください。


フレネミー症候群とは?

フレネミー(Frenemy)は「あなたの友達のふりをした敵」という意味です。

表面上は仲がいいふりをしたり、あなたのことを心配しているように見せかけているのです。

しかし陰では悪口をいったり、失敗を招くような罠をしかけたりとなかなか腹黒いことをしているのが特徴です。

本心では嫌っていますが、表面的には仲良く見せかけるという何ともややこしい人でもあります。

言葉や行動に悪意を感じる、自分のことを本当に友達と思っているのだろうかと疑いがある時はフレネミー症候群の可能性を考えた方がいいでしょう。

ここでは、フレネミー症候群について詳しく紹介していきますので、最後まで読んでいけば今後の人間関係に役に立つことでしょう。

フレネミー症候群の人の特徴

友達なのに、何だか変な時がある、悪意のようなものを感じるという場合はほとんどの場合はフレネミー症候群の可能性があります。

そもそも友達から悪意めいたものを感じるということそのものが本来ならばありえないことです。

しかし人間には直感という不思議な力が備わっているのです。

危険を察知して自分に教えてくれていると思って信じた方がいいでしょう。

違和感を感じる時は何かを気づかせようとしていることが多いのです。

それではフレネミー症候群の人の特徴をあげていきます。

自分が違和感を感じる相手にあてはまるものはないかチェックしてみましょう。

2-1. 人の噂に敏感、大好きである

2-人の噂に敏感、大好きである

フレネミー症候群の人は噂話に敏感で、何でも情報を仕入れようとします。

一見明るく朗らかに見えるのが曲者で、何となく軽いおしゃべり、雑談といった類がとても得意で上手です。

その為相手もついつい口が軽くなって話してしまうのです。

それこそがフレネミー症候群の人のやり方なのです。

表面上は誰とでもフレンドリーで「誰とでもそつなく話せる」といったキャラクターを貫いています。

あくまでもいい人であることにこだわっていますので、優等生キャラを演じています。

しかし、陰では人を揉ませるようなことを仕掛けたり、それを楽しんでいたりと非常に悪い人間性を持っています。

自分は関係ありませんよという顔をして、人の揉め事や困っている姿を見て喜ぶのです。

2-2. 不幸話が基本的に大好物

2-不幸話が基本的に大好物

誰かの不幸話というものが基本的に大好物で、聞くと機嫌が良くなります。

人間関係での悩み、金銭問題、仕事上の悩みなど誰かが困っている状態が嬉しくて楽しくて心配するふりをして面白がっているだけなのです。

またそれを人にいい広めるのもセットです。

フレネミー症候群の人に不幸話を知られたら広まることは覚悟しなければならないでしょう。

しかも尾ひれがたっぷりついてです。

2-3. 「親友」という言葉を使いたがる

2-「親友」という言葉を使いたがる

それほど仲良くないのに、すぐに「親友」という言葉を使いたがります。

「親友だよね」という押しつけがましいところもあります。

しかしこの親友という言葉、一般の人と、フレネミー症候群の人では意味合いが異なってくるのです。

一般の人にとっては親友とはその字の通り「親しい友達」「普通の友達よりももっと繋がりが深い友達」という意味でとらえることでしょう。

しかしフレネミー症候群の人にとっての親友とは「自分にとって都合良い相手」「獲物」です。

つまりフレネミー症候群の人に親友認定されたらとにかく逃げる、距離をとることが必要なのです。

2-4. 友達を追い詰めるような話をする

2-友達を追い詰めるような話をする

通常、友達が心配になったり、思い詰めてしまうようなことは、知っていてもあえていわない、黙っておくものです。

ところがフレネミー症候群の人は心配するふりして相手を追い詰めるようなことを言います。

不安にさせる精神的な脅しをかけるのです。

これ一つとっても、とても友達がすることとは思えません。

このようなことがあれば、二度と自分の情報を教えないなど気をつけることをおすすめします。

2-5. 嫌いな人にでも笑顔、普通につき合える

2-嫌いな人にでも笑顔、普通につき合える

通常、嫌いな人には挨拶程度、なるべく近づきませんし、つき合うということは避けたいものです。

しかしフレネミー症候群の人はさっきまで散々悪口をいっていた相手であっても満面の笑みを作り何もなかったかのようにおしゃべりができるのです。

その演技力には驚かされるほどです。

このような二面性のある人というのは問題がありますので信用しないようにしましょう。

2-6. 長く続いている友達がいない

2-長く続いている友達がいない

フレネミー症候群の人は、長く続いている友達がいないという特徴があります。

誰とでも仲良くなれますし、友達(知り合い)の人数もとても多いのです。

しかしどの人もつきあいがわりと浅いのです。

長くても2〜3年というところでしょうか。

学生時代の友達などは皆無です。

これは性格の悪さから友達が離れていく、またトラブルが起こって友達がいなくなったということが考えられることです。

多いのは前者の方で相手が違和感を感じて徐々にフェイドアウトしていつの間にかいなくなるというパターンでしょう。

といいますのも、フレネミー症候群の人は攻撃的で負けず嫌いのところがあるので、相手が逃げていくということが多いのです。

2-7. 自慢話、武勇伝が多い

2-自慢話、武勇伝が多い

フレネミー症候群の人は、自分を上げることを欠かしません。

自分は凄いとさりげなく話に入れて、相手より優位に立とうとするのです。

もちろん、相手の方が恵まれている、上だとわかりますと機嫌が悪くなりますし、それだけではすまなくなります。

相手を下げる材料を探します。

あら探し、噂などをして、相手を陥れることもあります。

2-8. 自分より恵まれている、幸せな人が大嫌い

2-自分より恵まれている、幸せな人が大嫌い

フレネミー症候群が大嫌いなことは、自分より恵まれている、幸せな人が目の前に存在していることです。

そしてそのような人を見れば引きずりおろし嫌な思いをさせることが大好きなのです。

嫉妬深く自分が一番でないと気に入らないという性質と、人のことはどうでもいいという考えですから早目に関係を断ち切っておくことをおすすめします。

2-9. 負けず嫌い、張り合いたがる

2-負けず嫌い、張り合いたがる

どうでもいいことでも、負けず嫌いで人と張り合おうとします。

そんなこと自慢しても・・・と思うようなことでも自慢しますし、相手が興味を示さずスルーしたりしますと、さらにイライラをつのらせるのです。

また張り合い癖がありますので、見栄、浪費といったことにも繋がります。

2-10. 人間関係を支配しようとする

2-人間関係を支配しようとする

人の人間関係を支配しようとします。

「あの人とつき合わない方がいい」「信用したら駄目」などとネガティブな情報を吹き込み、人の人間関係を支配したり、崩壊させたりします。

結果的に自分の周りから人が一人、二人と減っていくだけなのですが、そうなりますとまた新たなターゲットを探し始めるのです。

よって人間関係は常に浅く、古くからの信頼できる人間関係が作れません。

2-11. 被害者ぶる

2-被害者ぶる

何かあると、被害者ぶる傾向にあります。

つまり相手が加害者であり、悪い。

自分は悪くないという図式にしたがるのです。

人によって態度を変えて弱いふりをするのもフレネミー症候群の人にとっては得意なことです。

またそれに騙される人も多いのです。

しかし長くは続きません、いずれ本性がばれて人が去っていくとうパターンです。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い