占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181009160305.html
歯を磨かない人の心理や特徴(症状・一週間・半年)歯磨きさせるコツ

歯を磨かない人の心理や特徴(症状・一週間・半年)歯磨きさせるコツ | SPITOPI

SPITOPI
歯を磨かない人の心理や特徴(症状・一週間・半年)歯磨きさせるコツ

スポンサーリンク

いつも口臭がする、口元が不潔な人は、毎日歯を磨いていない可能性があります。

会社で同じチームの人や友人、恋人が「歯を磨かない人」だと他人事では済みません。

「歯を磨かない人」の心理や特徴、磨かせるコツなどついて紹介します。

  • 「歯を磨かない人」とは?
  • 歯を磨かない人の心理
  • 歯を磨かない人の特徴
  • 歯を磨かない人のデメリット
  • 夜だけ歯を磨かない人の心理(朝は磨く)
  • 歯を磨かない人を歯磨きさせるコツやポイント
  • まとめ

1. 「歯を磨かない人」とは?

「歯を磨かない人」とは?

「歯を磨かない人」とは、歯を磨く習慣がなく、気が向いたら磨くのですが、そうでないと何日間も歯を磨かかないことがある人のことです。

普通の人は歯を磨くことが習慣になっていますので、磨かないと口の中が気持ち悪くて眠れないものです。

しかし「歯を磨かない人」は自分の口に意識が集中することはなく、気になりません。

虫歯があっても治療をせず、歯が汚くても平気なのです。

実は会社では周囲の人達が酷い口臭に迷惑していて、その人が話している時にはなるべく息を吸わない様にしています。

2. 歯を磨かない人の心理

歯を磨かない人の心理

普通の人からすれば信じられないことですが「歯を磨かない人」はどの様な心理なのでしょうか。

2-1. 食後にお茶でうがいをしているから大丈夫だと思っている

2-食後にお茶でうがいをしているから大丈夫だと思っている

お茶にはカテキンという成分が含まれています。

カテキンには抗酸化作用があり、虫歯菌の繁殖を抑える効果があるのです。

そこで最近では食後にお茶でうがいをすれば、インフルエンザや風邪、虫歯の予防にも効果があると言われています。

但し、全く歯を磨かない状態だとやはりそれなりに歯が汚くなったり、緑茶の渋みによる口臭がします。

2-2. 朝食を食べないのだから磨かないくてもいい

2-朝食を食べないのだから磨かないくてもいい

夜はちゃんと歯磨きをして寝ていて、朝は何も食べないので磨く必要はないと思っています。

しかし虫歯菌は夜中に繁殖するもので、前の晩磨き残しがあると虫歯になる可能性もあります。

また、朝食は摂らなくてもコーヒーを飲む習慣がある人は、口臭がするので注意が必要です。

2-3. 歯が丈夫だから大丈夫

2-歯が丈夫だから大丈夫

体質的に口の中に虫歯菌がなく、骨も丈夫で全く虫歯にならない人もいます。

しかし歯を磨かないと、食べ物のカスが歯に溜まり歯垢が蓄積します。

見た目にも非常に不潔で、人と話す時にマナー違反になるでしょう。

2-4. 疲れていて面倒

2-疲れていて面倒

飲み会で遅くなった日は、疲れと眠さで歯を磨くのが面倒になります。

1分1秒でも早く寝たいと思ったら、歯磨きをした方がいいと分かっていても洗面台まで行く気力がなくなってしまうのです。

飲み会が続くとその間殆ど歯磨きをせずに過ごすことになります。

2-5. 歯磨き自体が面倒

2-歯磨き自体が面倒

特に忙しい訳ではないのですが、とにかく歯磨きが面倒という人もいます。

歯磨きは一般的に3分〜5分はしっかり磨いた方がいいと言われています。

それだけ時間をかけるのが面倒くさいと思う人もいるのです。

2-6. 歯茎から血が出るのが嫌

2-歯茎から血が出るのが嫌

歯磨きを怠り、既に虫歯や歯周病が進んだ状態では、たまに歯磨きをすると歯にしみたり歯茎から血が出ることがあります。

これが嫌で段々と歯を磨かなくなってしまう人もいるのです。

2-8. 家族に歯磨きをする習慣がなかった

2-家族に歯磨きをする習慣がなかった

小さいころから家族に歯磨きの習慣がないと、大人になってからも歯を磨かない人になります。

子供が虫歯になっても親があまり気にせずに滅多に歯医者に連れて行かない様だと、自分の歯をケアしようと思わなくなってしまうのです。

3. 歯を磨かない人の特徴

歯を磨かない人の特徴

普段から歯を磨かない人には、以下の様に幾つかの共通した特徴があります。

3-1. 口臭がする

3-口臭がする

歯を磨かない人の特徴として、最も大きいのが口臭です。

食べかすが口に残り、それが酸化して口臭となります。

口臭は喋らなくても息をするだけで周囲に不快感を与えます。

特にエレベーターや会議室など、閉鎖された空間では歯を磨かない人の口臭に周囲が閉口することも多いのです。

3-2. 虫歯が多い

3-虫歯が多い

歯を磨かないと当然虫歯菌が繁殖して虫歯が多くなります。

歯を大切にしない人の特徴として、奥歯ではなく食べかすが挟まりにくい前歯まで虫歯になるという点があります。

しかもそのまま放置していると、歯が黒くなって欠けたり、若いのに歯周病で歯が抜けてしまうこともあります。

普段から歯のケアをしないだけに歯医者に行こうと思わない人が多く、口を開けた時に「歯が汚い」「歯が無い」状態の人もいます。

3-3. 仕事ができない

3-仕事ができない

海外では「優秀な人材は歯がキレイである」という基準があります。

出来る人ほど歯がキレイで歯に気を遣っていて、相手に不快感を与えません。

接待やプレゼンの場でも自信たっぷりに歯を見せて満面の笑みを浮かべているのです。

歯が汚い人は自己管理能力がなく、それが仕事に影響していると考えられています。

3-4. 笑い方がぎこちない

3-笑い方がぎこちない

「歯が汚い」「虫歯が多い」ことから、人前でなるべく歯を見せない様にします。

滅多に口を開けて笑わなかったり、笑い方がぎこちない、下を向いたり手で口を覆い隠すなどします。

会議や打ち合わせの場で口をはっきりと開けて話さないと曖昧な人というイメージを持たれてしまい、ビジネスがうまくいかないこともあります。

3-5. 食べるのが遅い

3-食べるのが遅い

歯みがきをせずに虫歯が多かったり歯周病になっている人は、普段の食事でも固いモノが食べられません。

大きなものにかぶりついたり、モリモリと噛んで食べることができないのです。

肉や根菜などは小さく切ったり、少しずつかじって食べるので、食事の時間がかかります。

3-6. 胃腸が悪い

3-胃腸が悪い

虫歯や歯周病になると、よく噛めないので食べ物を上手に咀嚼できません。

その結果胃腸に負担がかかって消化が悪くなります。

慢性的に胃炎の症状があったり、肌荒れを起こし易くなるのです。

胃の調子が悪くて思う存分食べられないという人は、歯が原因のこともあるのです。

3-6. スキンケアを怠りがち

3-スキンケアを怠りがち

歯を磨く時には、洗面台の鏡で自分の顔を見るものです。

その時に「ニキビができた」「シミが増えた」「ほおがたるんできた」など、自分の顔の変化に気付くのです。

歯を磨かない人は鏡を見る回数が少ない為に、自分の顔や皮膚の状態に気づきにくいのです。

その結果ニキビが増えてしまったり、シミ・シワが増えてしまうことになります。

3-7. モテない

3-モテない

異性からモテる人は、なるべく好感度を上げようと思って身だしなみに気を配るものです。

着ている洋服やヘアスタイル、持ち物だけではなくスキンケアやムダ毛の手入れも手を抜きません。

美意識が高い人は当然歯もキレイに保ちたいと思い、一生懸命磨くだけではなく歯並びも矯正する程です。

要するに歯磨きをしない人は異性からモテないので、自分を放置してしまうのです。

3-8. 周囲の空気が読めない

3-周囲の空気が読めない

自分が口臭で人に迷惑をかけていることに気付いていないのですから、周囲の空気が読めない人が殆どです。

人からどの様に思われているか、今相手が何を考えているかなどが全く考えられません。

相手が自分の口元を見ているのも何でなのか理解できていないのです。

4. 歯を磨かない人のデメリット

歯を磨かない人のデメリット

歯を磨かない人にはどの様なデメリットがあるのでしょうか。

自分だけではなく他人から見て思うデメリットについても紹介します。

4-1. 口が臭くなる

4-口が臭くなる

「3. 歯を磨かない人の特徴」でも紹介した通り、口臭が酷くなります。

人と話す時に口が臭いと、その人と話したくないと思ってしまうでしょう。

これは人間関係やビジネスに大きなデメリットとなります。

取引先から「担当を変えて欲しい」と言われたり、その人の口臭のせいで契約を打ち切られてしまう可能性もあります。

特に接客業ではお客さんからクレームがついてしまうでしょう。

4-2. 衛生的に汚い

4-衛生的に汚い

口の中には雑菌が存在しています。

それが食べ物のカスに付着すると悪い菌が繁殖するのです。

もしも恋人が歯を磨かない人だと、キスをするのは衛生的に汚いと感じるでしょう。

歯を磨かないことが原因で破局してしまうカップルもいるのです。

4-3. 仕事に集中できない

4-仕事に集中できない

虫歯はなったことがある人ならば分かると思いますが、ズキズキと痛むものです。

歯周病も歯茎が腫れて、歯がグラグラと動くたびに膿が出たりして痛みます。

口の中で痛みがあると仕事に集中できなくなります。

常に痛みと戦っているとミスが増えてしまい、ストレスも溜まる様になるでしょう。

4-4. 糖尿病になるリスク

4-糖尿病になるリスク

歯を磨かない人は、口の中に悪い菌が繁殖して歯周病になり易くなります。

そして歯周病になると、歯周病菌が歯と歯茎の間から体内に入り込みます。

その菌を攻撃する為に、人の身体は対抗物質を分泌するのですが、それがインスリンの働きを阻害してしまうのです。

インスリンにには血糖値をコントロールする働きがあるのですが、これが妨げられることにより血糖値が上昇してしまいます。

常に血糖値が高い状態が続くと糖尿病になるリスクが高まるのです。

4-5. 虫歯や歯周病で歯が抜けるリスク

4-虫歯や歯周病で歯が抜けるリスク

歯を磨かないと、虫歯や歯周病で歯を抜かなければならなかったり、自然と抜けてしまうこともあります。

そうなった時には更に以下の様なメリットが増えるでしょう。

見た目が悪い

見た目が悪い 虫歯や歯周病で歯が欠けたり抜けたりしていると見た目も悪くなります。

どんなにイケメン・美女でも、笑った時に前歯がなかったりすると、間抜けな印象になるでしょう。

或いは歯が汚いと「私生活もだらしないのかな」と思われてしまいます。

老けて見える

老けて見える 歯周病で歯が抜けてしまうと、そこだけ骨がなくなりぽっかりと空きができます。

歯が一本ないだけでも顔の輪郭に影響がでて、頬がこけてみえるのです。

一本で5歳、2本で10歳は老けて見られると言われています。

滑舌が悪くなる

滑舌が悪くなる 歯が抜けてしまうとそれだけ発音がしにくくなります。

滑舌が悪くなり、言っていることが人に伝わりにくくなります。

特に電話で何度も訊き返されるとストレスを感じるでしょう。

総入れ歯の可能性も

総入れ歯の可能性も 永久歯は一度抜けると二度と生えてきません。

連続して抜けてしまうと、入れ歯かインプラントしか方法がありません。

「インプラントにすれば快適にものが食べられる」と思っている人もいますが、インプラントは誰にでもできる訳ではないのです。

特に長い間歯周病で、歯の骨が溶けてしまっている場合、インプラントを埋め込む土台が足りずに治療ができないこともあります。

そして何よりも、インプラントは1本で数万円、入れる歯により10万円以上かかることもあります。

それが複数本となると、新車を購入する程の大金が歯にかかることになり、若い人では金銭的に無理な場合もあります。

歯を磨かずにいて、若いのに総入れ歯になってしまう可能性もあるのです。

入れ歯にすると、毎晩外して手入れをする必要があり、友人達と旅行をする時にも恥ずかしい思いをするでしょう。

頭痛が起こり易い

頭痛が起こり易い 歯がない部分があると、他のところに噛み合わせの負担がかかります。

噛み合わせが悪いと、頭痛や肩こりの原因になるのです。

痛みのない方の歯でばかり咀嚼していると、片方の歯がすり減ってきます。

それにより噛み合わせのバランスが崩れて、頭蓋骨の位置もズレてくるのです。

骨がズレてくると神経を刺激して頭痛が起こり易くなります。

5. 夜だけ歯を磨かない人の心理(朝は磨く)

夜だけ歯を磨かない人の心理(朝は磨く)

歯を磨かないといっても夜だけで、朝だけちゃんと磨くという人もいます。

朝だけ歯磨きをするのはどの様な心理によるものでしょうか。

5-1. ミント味は朝向きだから

5-ミント味は朝向きだから

歯磨き粉のミント風味は、気持ちをスッキリとさせてくれます。

夜に歯を磨いてしまうと目が覚めてしまい、眠れなくなってしまう人もいます。

朝まだ目が覚めずにぼうっとしている人は、歯磨きをすればシャキッとした気持ちになれるのです。

自分にスイッチを入れてやる気を出す為に朝歯磨きをするのです。

5-2. 夜は人と会わないから

5-夜は人と会わないから

夜はもう寝るし人と会わないから良いけれども、朝一に人と会う時には口臭のエチケットを考えます。

朝から人に不快な思いをさせたくないからと、歯磨きをするのです。

5-3. 夜は疲れているから

5-夜は疲れているから

毎日残業や付き合いで疲労が溜まっていると、夜は1秒でも早く寝たいと思います。

とにかく疲れを取ることが先決で、面倒なことは翌朝しようと決めています。

朝だけ磨きをする人は、朝シャワーを浴びることも多いのです。

6. 歯を磨かない人を歯磨きさせるコツやポイント

歯を磨かない人を歯磨きさせるコツやポイント

自分の身近に歯を磨かない人がいると、口臭で迷惑をこうむるものです。

何とかして歯磨きをさせるコツやポイントは以下の通りです。

6-1. 入浴中に歯磨きをする

6-入浴中に歯磨きをする

夜の歯磨きが面倒な人は、洗面台の前でじっと歯を磨く行為が面倒、時間が惜しいと思うものです。

その様な場合には、お風呂で湯船に浸かりながら歯を磨くと時間が節約できます。

歯磨き粉が垂れて洋服や洗面台が白くなることもありません。

6-2. テレビを見ながら磨く

6-テレビを見ながら磨く

歯磨きは洗面台の前でしなければならないという決まりはありません。

リビングでソファに座り、テレビを見ながら歯磨きをしても良いのです。

時間を忘れてしっかりと磨けるし、歯磨きが楽しく感じられます。

但し、歯磨き粉が垂れない様にすすぎのタイミングには注意しましょう。

6-3. 親友からはっきりと言って貰う

6-親友からはっきりと言って貰う

口臭が酷いというのは、他人には中々面と向かって指摘できないものです。

仲の良い友人や同僚に「口が臭いよ」とハッキリ言って貰うのも良いでしょう。

本人は今まで誰からも言われなかったので気づいていなかったということもあります。

意外と素直に朝だけでも歯磨きをする様になるかも知れません。

6-4. 歯科検診を受けさせる

6-歯科検診を受けさせる

「治療ではなく検診だけだから」と何とかして歯医者に行かせます。

或いは会社で歯科検診があるならば是非利用しましょう。

歯科検診を受けると、正しい歯の磨き方や、歯周病になったらどの様な状態になるのかなどを教えてもらえます。

それを聞くと恐くなり、歯磨きをする様になるでしょう。

6-5. マスクをさせてみる

6-マスクをさせてみる

自分の口臭に気が付かない人には、マスクをさせてみます。

マスクにこもった自分の口のニオイが臭いと分らせてケアさせるのです。

6-6. 歯磨きアプリを使う

6-歯磨きアプリを使う

最近では、歯磨きアプリというものがあります。

お知らせ通知を「ON」にしておくと、指定時刻になるとプッシュ通知してくれます。

毎日歯磨きを怠けずにすると「ごほうび」が貰えるという設定です。

実際にモノが貰える訳ではないのですがモチベーションが上がり、歯磨きが習慣付く様になります。

6-7. 歯磨きをしてから寝る前の楽しみをさせる

6-歯磨きをしてから寝る前の楽しみをさせる

家族に歯磨きをしない人がいる場合には、寝る前に歯磨きをするまではテレビを見せない、スマホを触らせない等の工夫をしておきます。

子供が寝る時にハグをする家庭もありますが、子供から「口が臭くてイヤ」とはっきり言ってもらうと意外とショックで歯磨きをする様になります。

6-8. 歯磨きをした時に気付いてあげる

6-歯磨きをした時に気付いてあげる

朝歯磨きをしてきたな、と思った時に「今日は何だか清々しいね、いいことでもあったの?」と言ってあげましょう。

ただ歯磨きをするだけで人から褒められるのですから嬉しくなるものです。

少なくとも朝は歯磨きをしようかな、という気持ちになるでしょう。

まとめ

歯を磨かない人は、健康的な問題もある上に周囲に迷惑をかけています。

社会人として自立しているのですから、身だしなみもマナーのうちであると理解しましょう。

ただ歯を磨くだけで良いのですから、ちょっとした手間を惜しまないことです。

いつも口臭がする、口元が不潔な人は、毎日歯を磨いていない可能性があります。

会社で同じチームの人や友人、恋人が「歯を磨かない人」だと他人事では済みません。

「歯を磨かない人」の心理や特徴、磨かせるコツなどついて紹介します。


「歯を磨かない人」とは?

「歯を磨かない人」とは、歯を磨く習慣がなく、気が向いたら磨くのですが、そうでないと何日間も歯を磨かかないことがある人のことです。

普通の人は歯を磨くことが習慣になっていますので、磨かないと口の中が気持ち悪くて眠れないものです。

しかし「歯を磨かない人」は自分の口に意識が集中することはなく、気になりません。

虫歯があっても治療をせず、歯が汚くても平気なのです。

実は会社では周囲の人達が酷い口臭に迷惑していて、その人が話している時にはなるべく息を吸わない様にしています。

歯を磨かない人の心理

普通の人からすれば信じられないことですが「歯を磨かない人」はどの様な心理なのでしょうか。

2-1. 食後にお茶でうがいをしているから大丈夫だと思っている

2-食後にお茶でうがいをしているから大丈夫だと思っている

お茶にはカテキンという成分が含まれています。

カテキンには抗酸化作用があり、虫歯菌の繁殖を抑える効果があるのです。

そこで最近では食後にお茶でうがいをすれば、インフルエンザや風邪、虫歯の予防にも効果があると言われています。

但し、全く歯を磨かない状態だとやはりそれなりに歯が汚くなったり、緑茶の渋みによる口臭がします。

2-2. 朝食を食べないのだから磨かないくてもいい

2-朝食を食べないのだから磨かないくてもいい

夜はちゃんと歯磨きをして寝ていて、朝は何も食べないので磨く必要はないと思っています。

しかし虫歯菌は夜中に繁殖するもので、前の晩磨き残しがあると虫歯になる可能性もあります。

また、朝食は摂らなくてもコーヒーを飲む習慣がある人は、口臭がするので注意が必要です。

2-3. 歯が丈夫だから大丈夫

2-歯が丈夫だから大丈夫

体質的に口の中に虫歯菌がなく、骨も丈夫で全く虫歯にならない人もいます。

しかし歯を磨かないと、食べ物のカスが歯に溜まり歯垢が蓄積します。

見た目にも非常に不潔で、人と話す時にマナー違反になるでしょう。

2-4. 疲れていて面倒

2-疲れていて面倒

飲み会で遅くなった日は、疲れと眠さで歯を磨くのが面倒になります。

1分1秒でも早く寝たいと思ったら、歯磨きをした方がいいと分かっていても洗面台まで行く気力がなくなってしまうのです。

飲み会が続くとその間殆ど歯磨きをせずに過ごすことになります。

2-5. 歯磨き自体が面倒

2-歯磨き自体が面倒

特に忙しい訳ではないのですが、とにかく歯磨きが面倒という人もいます。

歯磨きは一般的に3分〜5分はしっかり磨いた方がいいと言われています。

それだけ時間をかけるのが面倒くさいと思う人もいるのです。

2-6. 歯茎から血が出るのが嫌

2-歯茎から血が出るのが嫌

歯磨きを怠り、既に虫歯や歯周病が進んだ状態では、たまに歯磨きをすると歯にしみたり歯茎から血が出ることがあります。

これが嫌で段々と歯を磨かなくなってしまう人もいるのです。

2-8. 家族に歯磨きをする習慣がなかった

2-家族に歯磨きをする習慣がなかった

小さいころから家族に歯磨きの習慣がないと、大人になってからも歯を磨かない人になります。

子供が虫歯になっても親があまり気にせずに滅多に歯医者に連れて行かない様だと、自分の歯をケアしようと思わなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い