占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20181004173739.html
「弱い物いじめ」の意味・類語・心理する人の特徴は?【使い方や英語】

「弱い物いじめ」の意味・類語・心理する人の特徴は?【使い方や英語】 | SPITOPI

SPITOPI
「弱い物いじめ」の意味・類語・心理する人の特徴は?【使い方や英語】

スポンサーリンク

ここ最近ニュースなどでも取り上げられる「ハラスメント」や「いじめ」の問題。

昔は、「学校教育に体罰が必要だ」とか、「新人のシゴきが必要」などど言われていた過激な時代もありましたが、現在ではちょっとした言動でもすぐ問題となる時代となりました。

そんな中増えている問題の一つ、「弱い者いじめ」。

根本を理解して少しでも減らせるよう助け合いたいものです。

また、自分がいつの間にか当てはまっていないか今一度振り返ってみましょう。

  • 「弱い者いじめ」の意味とは?
  • 「弱い者いじめ」の類語
  • 「弱い者いじめ」の実際の例
  • 「弱い者いじめ」の英語
  • 「弱い者いじめ」をする心理
  • 「弱い者いじめ」をする人の特徴
  • まとめ

1. 「弱い者いじめ」の意味とは?

「弱い者いじめ」の意味とは?

「弱い者いじめ」とはそもそも何でしょうか。

「弱い者いじめ」にははっきりとした定義はありませんが、「いじめ」とはまた別物として考えられています。

一般的に「弱い者いじめ」とは「自分よりも立場が下の人や、社会的弱者など特定の人にだけ嫌がらせや攻撃をすること」とされています。

つまり、自分よりも立場や階級が上であったり、力でも及ばないような相手にはいじめたり攻撃することはありません。

自分に逆らう事がないとわかっている、自分よりも弱い立場にある人をいじめることを「弱い者いじめ」と呼びます。

1-1. 「弱い者いじめ」の読み

1-「弱い者いじめ」の読み

「よわいものいじめ」と読みます。

2. 「弱い者いじめ」の類語

「弱い者いじめ」の類語

「弱い者いじめ」とは語感もその意味も、嫌悪感を抱く嫌な言葉ですが、他にも似たような言葉がたくさんあります。

悲しい事実ですが、きちんと受け止めて対策を立てたり、改善していきましょう。

また、反面教師として自分がそうならないように日常生活で気をつけることも必要です。

2-1. 「イビり」

2-「イビり」

自分より弱い立場の人をいじめて苦しめたり、無理を言って困らせる事です。

からかう事に近く、よく「仲間内で仲間を可愛がっているんだ」と主張する人もいますが、限度を超えたからかいはただの「イビり」です。

また、姑が嫁に対して精神的に苦痛を与える言動をすることも「嫁いびり」とされ、疎まれています。

いじめよりも更に陰湿で、大ダメージを一度に与えるよりも、小さなダメージをずっとコツコツ相手に与えて弱らせるようないじめ方を指します。

2-2. 「パワハラ」

2-「パワハラ」

近年急激に広まっている言葉のひとつで、「パワーハラスメント」の略です。

以前はハラスメントといえば性的な嫌がらせの「セクシャルハラスメント」つまり「セクハラ」が有名でした。

ここ最近は嫌がらせの種類を細かく分けて「○○ハラ」と呼称することが増え、その「○○ハラ」の中でセクハラの次に広まったのが「パワハラ」です。

「パワハラ」とは主に職場内で起きます。

地位や役職の強い人や上の人が部下や同僚に対して、自分の立場の優位性を利用して業務の範囲を超えた精神的・肉体的苦痛を与える事です。

2-3. 「強きを助け、弱気を挫く」

2-「強きを助け、弱気を挫く」

これは昔から日本に存在する言葉である「弱きを助け、強きを挫く」という言葉の反対の意味です。

どちらかというと皮肉です。

元々は「弱い者を救い、横暴な者をこらしめる」という気風を表す言葉だったのに対し、「強い者に味方して弱い者をいじめる」という皮肉として表現するようになってしまいました。

時代の流れとともに日本人は、社会的地位や立場が強い人に味方し、強い人と一緒になって弱い立場の人を攻撃したり虐げたりする面が強く見られるようになってきました。

会社の役職の就き方や政治、福祉の面からみて年功序列型の国であることも関係していると思われます。

社会的立場や地位が強い人が優遇されているように感じられるからでしょう。

3. 「弱い者いじめ」の実際の例

「弱い者いじめ」の実際の例

「弱い者いじめ」と聞いてもなんとなく弱気な人を攻撃しているようなイメージしかわかず、どういった事が当てはまるのかわかりづらいと思います。

弱い者いじめの典型的な例を3つご紹介します。

3-1. 「弱い者いじめ」の例1

3-「弱い者いじめ」の例1

「Aちゃんの家は母子家庭だと聞き、友達と一緒になってAちゃんを貧乏呼ばわりした」 これは、子供が気付かないうちに弱い者いじめをしてしまっている典型的な例です。

日本は小さいころから色々な場所で、「右にならえ」精神を叩き込まれます。

集団生活の中で、周りの人と同じ行動をとること、規範に基づいてその通りに行動することが良い事として育っていきます。

しかしながら、生まれ育った環境や性格は個々人で違い、成長するほどにその違いは顕著になっていきます。

子供達は本人たちに悪意が無くても、違う事が悪い事だと思い込んで、自分と違う人をいじめたりけなしたりしてしまう事があります。

大人が素早く気付き、悪いことではなくただ違うだけであること、違う部分はお互いに受け入れ合う事が必要となることを教え、ケアしてあげる必要があります。

3-2. 「弱い者いじめ」の例2

3-「弱い者いじめ」の例2

「同じ課のZさんは動きが遅くてイライラするから、先輩として何につけても注意することにしている」 職場というのも学校同様、様々な人が集まって同じ場所や職に属し、作業をします。

性格の違いや、同じ仕事でもその人に合ったやり方の違いやペースの違いはどうしても生まれてしまうものです。

しかし、自分がなんとなく気に食わないことや、相性が悪いというだけを理由に執拗に攻撃をしてしまう人がいます。

業務に支障があるなら適正な注意をしたり作業方法を改善するべきであって、暴言を吐くのはただの攻撃であり弱い者いじめです。

3-3. 「弱い者いじめ」の例3

3-「弱い者いじめ」の例3

「買い物したときのレジの店員の態度が無愛想に感じ、その場で土下座させた」 「弱い者いじめ」に見られる典型的な例としてこの例のように、自分より弱い立場にある人のミスや過失を執拗に責め立てるというものがあります。

鬼の首をとったように大げさに騒ぎ立て、賠償や謝罪を求めます。

店員というのは立場上、顧客に対して逆らえません。

それを逆手にとって些細なことや自分が気に食わないだけでいちゃもんをつけるという「弱い者いじめ」が横行しています。

事実、これが問題となりニュースで報道され逮捕に至ったこともありました。

4. 「弱い者いじめ」の英語

「弱い者いじめ」の英語

「弱い者いじめ」というのは日本だけの問題ではありません。

海外でも、いじめやカースト(身分や階級差別)が問題となっております。

英語表現では「bully」という単語が「いじめ」を指します。

それ単体で「いじめっ子」や「ガキ大将」という意味もあります。

5. 「弱い者いじめ」をする心理

「弱い者いじめ」をする心理

「弱い者いじめ」は、心理的に問題があって行動に移してしまうと言われています。

その特徴の中から3つご案内します。

5-1. 「普段溜まっているストレスを吐き出せていない」

5-「普段溜まっているストレスを吐き出せていない」

普段の生活の中で自分の欲望や気持ちなどを抑圧されてうまく発散できないタイプが多く該当します。

普段表に出す事の出来ない不満や、抑圧されて生まれたストレスを自分よりも弱い者を攻撃することで発散させる傾向があるようです。

人が困っていたり、苦しんでいる様子を見て「ざまぁみろ」と不幸を喜ぶことで自分のストレスを晴らしています。

5-2. 「いじめる相手の事を見下している」

5-「いじめる相手の事を見下している」

いじめるということは相手にそれだけ不快な思いをさせたり、心を傷つけます。

相手からは嫌われるどころか、憎まれる事もあるかもしれません。

そういったデメリットを考えずに、相手の気持ちを蔑ろにして攻撃できるという事は、それだけ相手の事を「自分よりも下だ」や「劣っている」と考えているのです。

実際は、本人の思い込みや勝手な勘違いということも少なくありません。

とにかく気に食わない、生理的に合わないというだけでも見下す心理が見られます。

5-3. 「気が小さくビクビクしている」

5-「気が小さくビクビクしている」

「弱い者いじめ」に走る人に見られる心理や特徴の一つに「気が小さい」というのも共通しています。

いじめるからには偉ぶって堂々としているかと思いきや、実は気が小さい人がほとんどです。

気が小さく、人の言動に左右されやすかったり、気にしやすい人は「弱い者いじめ」に走りやすいと言われます。

また、劣等感に悩まされている人も、自分と同じような人を見かけると虫唾が走りつい執拗に責めてしまう傾向にあります。

6. 「弱い者いじめ」をする人の特徴

「弱い者いじめ」をする人の特徴

「弱い者いじめ」に見られる特徴としては、まず「執拗」であることです。

ネチネチと、細かいミスや過失をずっと指摘し、相手を苦しめます。

相手が何も言い返さないとわかっているからこそ、優越感にその時だけ浸ることができるからです。

また、個人で暴力に走るよりも集団で一人を追い詰める傾向にあります。

誰か一人立場の強い味方を付けて、相手から報復などの仕返しをされないようにする特徴もあります。

ちょっとしたことも許せませんし、しかも許す許さないの基準は「一般常識的に考えて」ではなく、「自分目線で許せるかどうか」です。

自分勝手な人に多く見られます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分に当てはまる部分があって少しドキッとした方もいるかもしれません。

しかし、当てはまる部分があるからといって「弱い者いじめ」している人というわけではありません。

人間だれしも負の感情を抱くことはあります。

それを人へ対してぶつけたりするのではなく、自分の中でうまく消化して向き合えるようにしたいものです。

ここ最近ニュースなどでも取り上げられる「ハラスメント」や「いじめ」の問題。

昔は、「学校教育に体罰が必要だ」とか、「新人のシゴきが必要」などど言われていた過激な時代もありましたが、現在ではちょっとした言動でもすぐ問題となる時代となりました。

そんな中増えている問題の一つ、「弱い者いじめ」。

根本を理解して少しでも減らせるよう助け合いたいものです。

また、自分がいつの間にか当てはまっていないか今一度振り返ってみましょう。


「弱い者いじめ」の意味とは?

「弱い者いじめ」とはそもそも何でしょうか。

「弱い者いじめ」にははっきりとした定義はありませんが、「いじめ」とはまた別物として考えられています。

一般的に「弱い者いじめ」とは「自分よりも立場が下の人や、社会的弱者など特定の人にだけ嫌がらせや攻撃をすること」とされています。

つまり、自分よりも立場や階級が上であったり、力でも及ばないような相手にはいじめたり攻撃することはありません。

自分に逆らう事がないとわかっている、自分よりも弱い立場にある人をいじめることを「弱い者いじめ」と呼びます。

1-1. 「弱い者いじめ」の読み

1-「弱い者いじめ」の読み

「よわいものいじめ」と読みます。

「弱い者いじめ」の類語

「弱い者いじめ」とは語感もその意味も、嫌悪感を抱く嫌な言葉ですが、他にも似たような言葉がたくさんあります。

悲しい事実ですが、きちんと受け止めて対策を立てたり、改善していきましょう。

また、反面教師として自分がそうならないように日常生活で気をつけることも必要です。

2-1. 「イビり」

2-「イビり」

自分より弱い立場の人をいじめて苦しめたり、無理を言って困らせる事です。

からかう事に近く、よく「仲間内で仲間を可愛がっているんだ」と主張する人もいますが、限度を超えたからかいはただの「イビり」です。

また、姑が嫁に対して精神的に苦痛を与える言動をすることも「嫁いびり」とされ、疎まれています。

いじめよりも更に陰湿で、大ダメージを一度に与えるよりも、小さなダメージをずっとコツコツ相手に与えて弱らせるようないじめ方を指します。

2-2. 「パワハラ」

2-「パワハラ」

近年急激に広まっている言葉のひとつで、「パワーハラスメント」の略です。

以前はハラスメントといえば性的な嫌がらせの「セクシャルハラスメント」つまり「セクハラ」が有名でした。

ここ最近は嫌がらせの種類を細かく分けて「○○ハラ」と呼称することが増え、その「○○ハラ」の中でセクハラの次に広まったのが「パワハラ」です。

「パワハラ」とは主に職場内で起きます。

地位や役職の強い人や上の人が部下や同僚に対して、自分の立場の優位性を利用して業務の範囲を超えた精神的・肉体的苦痛を与える事です。

2-3. 「強きを助け、弱気を挫く」

2-「強きを助け、弱気を挫く」

これは昔から日本に存在する言葉である「弱きを助け、強きを挫く」という言葉の反対の意味です。

どちらかというと皮肉です。

元々は「弱い者を救い、横暴な者をこらしめる」という気風を表す言葉だったのに対し、「強い者に味方して弱い者をいじめる」という皮肉として表現するようになってしまいました。

時代の流れとともに日本人は、社会的地位や立場が強い人に味方し、強い人と一緒になって弱い立場の人を攻撃したり虐げたりする面が強く見られるようになってきました。

会社の役職の就き方や政治、福祉の面からみて年功序列型の国であることも関係していると思われます。

社会的立場や地位が強い人が優遇されているように感じられるからでしょう。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い