占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180929130356.html
天罰について(逃れる方法や天罰はあるの?)

天罰について(逃れる方法や天罰はあるの?) | SPITOPI

SPITOPI
天罰について(逃れる方法や天罰はあるの?)

スポンサーリンク

天罰という言葉をよく耳にするかと思いますが、天罰って一体どんな罰なのでしょう?

道を踏み誤る人は、一体どこへ流れていくのでしょう?

今回は、神が下す天罰について解説していきます。

  • 「天罰」とは?
  • 天罰から逃れる方法
  • 天罰が下されないように普段から気をつける事
  • 天罰のパターン
  • 天罰についてもっと深く
  • まとめ

1. 「天罰」とは?

「天罰」とは?

天罰とは、天の神様が下す刑罰で、悪事に対して自然に下されるむくいの事です。

自然のむくいだから、悪事を働けばその様子をずっと天の神様が伺っているので、その罪から逃れる事ができないのです。

天罰は、神様が直接罰を下すというよりは、その犯した罪による想念の塊が終結して、因果応報の原理によって報いを受けるという事です。

2. 天罰から逃れる方法

天罰から逃れる方法

2-1. 自分の過ちに気付く

自分の過ちに気付く

天罰から逃れるためには、まずは自分の過ちに気付く事が大切です。

人は誰でも悪い部分には蓋をして、楽しい事だけを選んで生活したいと思っています。

だからなかなか自分の過ちに気付く事ができないのですが、一度自分の今までの人生や現在の生活について見直してみましょう。

もしかすると、何か過ちを犯しているかもしれません。

自分の過ちを悔い改める事によって、まだ踏んでいない未来の地を美しい世界へと構築していく事も可能です。

もしも、自分で自分の過ちが何かわからない場合には、周りの人のアドバイスを仰ぐと良いです。

2-2. 人々の恨みの想念に耳を傾ける

人々の恨みの想念に耳を傾ける

「あなたにはもうすぐ天罰が下る」と人から言われた場合には、自分の今までの行いについて深く反省しながら、人々の恨みの想念に耳を傾けるべきです。

自分では悪いと思っていなかった事でも、場合によってはある人をすごく傷つけていたりする場合もあるので、そういった生霊達の魂魄とした魂が、あなたの周りをまとわりついて天罰を下そうと試みている場合もあります。

これはあなたとトラブルが遭った人からの罰だとしても、やはりそれは自然の摂理が起こした現象となるので、天罰と呼んでいいでしょう。

例えば、たくさんの人からお金を借りて、そのまま返さずに逃げ回っていた場合には、お金をあなたから返してもらっていない人達の恨みの想念が、ずっとあなたを取り巻いています。

だからもしもあなたが今後何かビッグビジネスを始めようとしても、きっとお金を返してもらっていない人達が、何かの形で邪魔をするようになるでしょう。

特に色恋沙汰になってくると、その生霊と化した想念は、怨霊となってあなたを取り巻いていきます。

あちこちで浮名を流している人は、自分にはどれだけ生霊が取り憑いているのか?といった事を一度調べた方がいいかもしれません。

2-3. 争いのカルマから抜け出す

争いのカルマから抜け出す

人は自分の存在価値を見出すためにと、血筋や地位、先祖の時代の戦いといった事で、何かと人と衝突を起こしがちです。

この争いのカルマは、理由をいくつ並べてもきりがありません。

戦国時代で先祖同士が敵だったとか、1000年以上前の時代から争ってきた種族同士だといった風に、自分が現実の世界で実際に体験していない事でも争ってしまうのです。

常に心の中が争いごとでいっぱいの人は、その争いに巻き込まれてしまった様々な人の想念から逃れる事ができません。

3. 天罰が下されないように普段から気をつける事

天罰が下されないように普段から気をつける事

3-1. 発する言葉に気をつける事

発する言葉に気をつける事

天罰が怖いのであれば、普段から天罰が下されないようにと気をつける事が大切です。

言葉は、ただ心のままに発していたら、悪い言葉までそのまま発してしまいます。

例えば「あの人が嫌い」、「あの人の顔は醜い」といった風に、悪意のある言葉ばかりを発していると、その悪意に満ちた言霊に自分自身が呪われてしまいます。

本来言葉というものは、自分がたどり着きたいと願う霊的な世界への切なる想いを伝えるためのツールなので、厳かで美しい言葉を綴っていくのが本当です。

普段から人には優しい言葉をかけてあげたりして、いつも美しい言葉を連ねながら自分の生きる世界の穢れを祓っていって下さい。

3-2. 行動に気をつける

行動に気をつける

自分の行動なんて、誰も見ていないからいいだろう、といった安易な気持ちで過ごしているのは、間違いです。

お天道様はちゃんと見ています。

現代では、防犯カメラシステムが日本だけでなく、世界中整備されつつあるので、皆さんの行動は全て監視されているのです。

それ以外でも、スマホの普及によってラインやツイッターなどで、大勢の人が繋がってコミュニケーションを取るようになりました。

それであなたは知り合いではないと思っていたとしても、実は知り合いの知り合いの知り合いだったといった事もあります。

だから知り合いがいないから大丈夫だろうと、人を安易に傷つけていたら、すぐにばれるという事です。

3-3. 誰にでも優しくする

誰にでも優しくする

もしも過去に何か悪い事をしてしまって、その罪を何らかの形で償っていかないといけない場合には、その罪をもう償う方法がないからと諦めてはいけません。

その罪を償えない時には、別のやり方で、償っていけば良いのです。

例えば誰にでも優しくしていると、もしも過去にあなたが何か悪い事をしていたとしても、その罪の追求をもう誰もしなくなる場合もあります。

それだけあなたが過去に犯した罪以上に良い行いを積み重ねてきたという事になるのです。

3-4. 自然を尊ぶ

自然を尊ぶ

天罰というぐらいだから、天という宇宙の法則に基づいて、罪を犯したら必ず報いを受けるのがこの世の常です。

宇宙の法則に基づいて生活するのであれば、自然を尊び、愛する事が大事です。

自然の偉大さ、美しさの中では人は無力な存在です。

自然を尊ぶ事によって、その美しい世界を汚したくないといった気持ちが自然と芽生えてくるので、悪い事をしようといった気持ちも次第に鎮まっていくのです。

3-5. 犯罪に対して理解を深める

犯罪に対して理解を深める

人は知らずしらずにして、犯罪を犯している場合もあります。

現代の法律は複雑なので、それを罪と呼ぶのか?といった線引きが難しいところです。

ただし刑事事件にはならなくても、民事事件として取り扱われる事件もあります。

民事事件として取り扱われるものの多くは、その被害者の気持ちや身体や財産を害したといったパターンが多いようです。

そう、民事事件となるような犯罪は、その被害者の気持ちを踏みにじった事が原因となるので、普段から自分は誰かの生活を踏みにじっていないかどうか?といった事を調べておく事が大事です。

そしてもしも誰かの生活を踏みにじっていたのであれば、早期に解決していって天罰がくだらないようにと対策を練っておく事が必要です。

3-6. 森羅万象について理解を深める

森羅万象について理解を深める

天罰は、因果応報の原理に従って行われるので、因果応報の規則性について知るためには、まずは森羅万象を理解する事が大事です。

自然の摂理について深く理解できるようになると、悪い事をしたら必ず天罰が下るという原理がわかるから、悪い事に手を出さなくなるのです。

自分では、これぐらいはたいした事ないだろうと鷹をくくっている事が、実は他の人にとっては重大な事件であったり、大きな被害である場合もあるので気をつけて下さい。

3-7. 反省日記をつける

反省日記をつける

天罰が下らない生活を送るためには、自分の行動を毎日振り返る事が大切です。

日々やりたい事をやって好きなように過ごしていたら、立ち止まって反省するといった機会を逃してしまうので、毎日その日の反省日記をつけながら、行動を改善していく姿勢が退治です。

反省日記といっても、1ページびっしり書く必要はありません。

その日に反省したい事について、1行程度記すだけでOKです。

この何気ない習慣が、あなたの日々の行いを改め、間違いを犯さないための大切なツールとなるので、日々のルーティンワークとして積極的に取り入れていって下さい。

3-8. 天罰が下った例を参考にする

天罰が下った例を参考にする

天罰が下らないように注意するためには、天罰が下った例を参考にするのが良いです。

例えばいつも暴力を振るっていた人が、交通事故に遭って足が不自由になって暴力を振るえなくなったとか、浮気を繰り返していた男が、再婚した妻に浮気されて逃げられたといった事です。

そういった天罰が下ったパターンをいつも観察していたら、自然と自分の行動に対しても制限をかけるようになります。

用心深い人程、いつもニュースをチェックしたり、本を読んだり、人の失敗例を参考にしているから、天罰が下されてしまうような大きな罪は侵しません。

罪にも刑事事件となるぐらいに深いものから、民事事件として裁判で訴えられるもの、罪には問われないけれど、人の恨みを買うもの、故意に犯したわけでないのに巻き込まれてしまったものといろいろあります。

できる事なら、罪や穢れの世界からは逃れたいから、普段から天罰にはどのようなパターンがあるのか?といった点をチェックしておいて下さい。

4. 天罰のパターン

天罰のパターン

4-1. いじめの加害者がいじめに遭う

いじめの加害者がいじめに遭う

現代では、いじめが社会へとはびこっています。

それでいじめを好むいじめっこがはぶりをきかせているのですが、いつも多くの人をいじめてばかりいたいじめっこが、今度は今までいじめてきた人達に、いじめられるという結末です。

たくさんいじめてきた分、多くの生霊を作っているから、その生霊達の呪いに巻かれるといった表現が正しいでしょう。

いじめも自分のストレス解消のためにといたずらに行っていたら、きっと後で何かしらの報いを受けるから気をつけましょうね。

4-2. 不倫していたことがみんなにばれる

不倫していたことがみんなにばれる

不倫をしていたら、その事がパートナーだけでなく、職場や世間にばれてしまうといった事もよくあります。

自分の地位が高かったり、有名であればある程、ばれる世界は広いです。

無名の人の場合には、ばれてもパートナーや数人の知人だけに留まりますが、有名な人はかなりの大勢の人にばれるから、その後生活しづらくなります。

不倫もばれた時に、相手のパートナーから慰謝料を請求される場合もあるので注意が必要です。

そういったリスクも考えて、自分の行動には充分気をつけるようにしましょう。

4-3. 人の財産を奪う

人の財産を奪う

人に保険金をかけたり、騙して財産を奪ってばかりいる人は、必至で貯めてきた財産も逮捕されて没収といった事になります。

自然の摂理では、財は築く物なので、人から奪って作る物ではありません。

お金には様々な人の気がひっついているから、無理やり奪ってしまうと、またお金は元の主人のところへと戻りたいと作用するのです。

そういった事も宇宙のエネルギーはキャッチするので、天罰として財産を全て失ってしまうといった結果が待っているのです。

5. 天罰についてもっと深く

天罰についてもっと深く

5-1. 天罰は因果応報

天罰は因果応報

天罰をわかりやすく説明すると、因果応報の事です。

因果応報とは、悪い事をすると必ず悪い報いを受けるという仏教の教えです。

他人にした事は、必ず自分に還ってくるというブーメラン効果なのです。

因果応報とはこのように原因があって、それに相当する結果が伴うという事です。

例えば、いつも人の財産ばかり狙っている人は、自分の財産を全て奪われてしまうといった風に必ず自分へと不幸が還っていくのです。

5-2. 天罰が下らない人とは

天罰が下らない人とは

何か悪い事をしたとしても、天罰が下らない人もいます。

それはその罰のカルマである因果が解消されたからです。

例えば、生まれた時から背負っている宿命は変える事はできないから、一生その宿命を背負っていかないといけないといわれていますが、実際には、違います。

それはその先祖から続いている宿命でも、その先祖から引き継いできた問題を解決していけば、カルマという因果が次第に解消されていきます。

5-3. 自分が天罰を免れたら子や孫へとその天罰が引き継がれていく

自分が天罰を免れたら子や孫へとその天罰が引き継がれていく

もしも自分が何か罪を重ねてきて、天罰から逃れたとしても、今度は子や孫があなたの天罰を引き継ぐ事になります。

だから天罰が下らなくて自分は本当にラッキーだったな、と思わずに、生きている間に一つずつでも因果を解決していかないといけません。

人間は日々成長しています。

勉強したり知識や経験を蓄えていくのは、前世から引き継いできた宿命であるカルマや現在のトラブルを自分の力で一つずつ解決していけるようにとの智慧を授かるためなので、前世や現世のつけを少しでも祓って、子孫に明るい未来をプレゼントしてあげましょう。

まとめ

まとめ

今回は、天罰についてレクチャーしていきました。

天罰も逃れる事ができないと思うと怖いですが、普段から天罰が下らないように気をつけながら生活を送る事によって、日々の安定を取り戻していく事も可能です。

天罰というぐらいに、お天道様は何でも知っているのだから、悪い事に手を出すのはやめましょうね。

天罰という言葉をよく耳にするかと思いますが、天罰って一体どんな罰なのでしょう?

道を踏み誤る人は、一体どこへ流れていくのでしょう?

今回は、神が下す天罰について解説していきます。


「天罰」とは?

天罰とは、天の神様が下す刑罰で、悪事に対して自然に下されるむくいの事です。

自然のむくいだから、悪事を働けばその様子をずっと天の神様が伺っているので、その罪から逃れる事ができないのです。

天罰は、神様が直接罰を下すというよりは、その犯した罪による想念の塊が終結して、因果応報の原理によって報いを受けるという事です。

天罰から逃れる方法

2-1. 自分の過ちに気付く

自分の過ちに気付く

天罰から逃れるためには、まずは自分の過ちに気付く事が大切です。

人は誰でも悪い部分には蓋をして、楽しい事だけを選んで生活したいと思っています。

だからなかなか自分の過ちに気付く事ができないのですが、一度自分の今までの人生や現在の生活について見直してみましょう。

もしかすると、何か過ちを犯しているかもしれません。

自分の過ちを悔い改める事によって、まだ踏んでいない未来の地を美しい世界へと構築していく事も可能です。

もしも、自分で自分の過ちが何かわからない場合には、周りの人のアドバイスを仰ぐと良いです。

2-2. 人々の恨みの想念に耳を傾ける

人々の恨みの想念に耳を傾ける

「あなたにはもうすぐ天罰が下る」と人から言われた場合には、自分の今までの行いについて深く反省しながら、人々の恨みの想念に耳を傾けるべきです。

自分では悪いと思っていなかった事でも、場合によってはある人をすごく傷つけていたりする場合もあるので、そういった生霊達の魂魄とした魂が、あなたの周りをまとわりついて天罰を下そうと試みている場合もあります。

これはあなたとトラブルが遭った人からの罰だとしても、やはりそれは自然の摂理が起こした現象となるので、天罰と呼んでいいでしょう。

例えば、たくさんの人からお金を借りて、そのまま返さずに逃げ回っていた場合には、お金をあなたから返してもらっていない人達の恨みの想念が、ずっとあなたを取り巻いています。

だからもしもあなたが今後何かビッグビジネスを始めようとしても、きっとお金を返してもらっていない人達が、何かの形で邪魔をするようになるでしょう。

特に色恋沙汰になってくると、その生霊と化した想念は、怨霊となってあなたを取り巻いていきます。

あちこちで浮名を流している人は、自分にはどれだけ生霊が取り憑いているのか?といった事を一度調べた方がいいかもしれません。

2-3. 争いのカルマから抜け出す

争いのカルマから抜け出す

人は自分の存在価値を見出すためにと、血筋や地位、先祖の時代の戦いといった事で、何かと人と衝突を起こしがちです。

この争いのカルマは、理由をいくつ並べてもきりがありません。

戦国時代で先祖同士が敵だったとか、1000年以上前の時代から争ってきた種族同士だといった風に、自分が現実の世界で実際に体験していない事でも争ってしまうのです。

常に心の中が争いごとでいっぱいの人は、その争いに巻き込まれてしまった様々な人の想念から逃れる事ができません。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月09日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!