占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180929130319.html
おっとりしている人に向いている仕事・向いていない仕事

おっとりしている人に向いている仕事・向いていない仕事 | SPITOPI

SPITOPI
おっとりしている人に向いている仕事・向いていない仕事

スポンサーリンク

「おっとりしている人」というと、一緒にいるだけで癒されるイメージがします。

しかし実際に競争社会ではどうなのでしょうか。

「おっとりしている人」の特徴や、向いている仕事、向いていない仕事などについて紹介します。

  • 「おっとりしている人」とは?
  • おっとりしている人の特徴
  • おっとりしている人に向いていない仕事
  • おっとりしている人が仕事をする上で考えたい事
  • おっとりしている人に向いている仕事
  • まとめ

1. 「おっとりしている人」とは?

「おっとりしている人」とは?

「おっとり」とは、性格がのんびりしていることをいいます。

「おっとりしている人」は、性格から表れる仕草が落ち着いていて、心が寛容で人との競争を避ける人のことです。

最近では「マイペース」という言葉が使われることもありますが、「マイペース」とは早い、遅いに関わらず「自分のペースを崩さない人」のことであり、「おっとりしている人」は、スローペースを意味します。

厳密に言うと「おっとりしている人」の類語は「スローペース」「のんびり屋」になります。

2. おっとりしている人の特徴

おっとりしている人の特徴

「おっとりしている人」に見られる特徴としては以下のものがあります。

2-1. 物静か

2-物静か

とにかく物静かで、話す時に大声を出したり、行動する時に大きな音をたてません。

文房具を探す時にも勢いよく机を開けて中をガチャガチャとひっかき回さずに、そっと開けて丁寧に手で物を掴んだり避けたりしながら探します。

隣の席に座っていてもいつの間にか立っていなくなっていたり、席に戻って来たりしています。

2-2. 聞き上手

2-聞き上手

自分からお喋りをするタイプではなく、人の話を聞くタイプが多くなります。

決して話し下手ではなく、単に話すのが遅いので聞き役に回っているので、適度なところでちゃんと相槌を打ったり、自分の意見を訊かれるとちゃんと答えられます。

相手にとっては聞き上手でいつでも話を聞いてくれるので、癒される存在となります。

2-3. 出しゃばらない

2-出しゃばらない

おっとりとした人は、まず競争心はありません。

人を押しのけてでも「自分がやる」という気持はなく、一歩下がって人に譲ることが多くなります。

別に競争する必要はなく、ライバルが成功すれば「羨ましい」とは思っても「悔しい」という気持ちは湧きません。

素直に一緒に喜んでくれるでしょう。

2-4. 消極的である

2-消極的である

こちらはデメリットになるのですが、消極的でチャンスやタイミングを逃すことが多くなります。

ビジネスでは折角自分の手柄になりそうなことを、押しがあと一つ足りなかったり、電話一本の差で逃したりします。

恋愛についても同じで、好きな人がいるにも関わらず「もう少し待ってから」と告白を躊躇い、結局ライバルに取られてしまったりします。

2-5. お人好し

2-お人好し

すぐにハッキリと「No」と言えずに、人からの頼まれごとをつい引き受けてしまいます。

残業や飲み会の幹事、連絡係りなど、面倒なことを押し付けられ易いのです。

周囲の人も断れない性格と分って頼んできていて、本人もストレスを感じています。

自分で何度も「今度は断ろう」と思っても、頼まれると嫌と言えないお人好しなのです。

2-6. いじめの対象になり易い

2-いじめの対象になり易い

他の人よりも行動が遅く、きついことを言われても反応が鈍くなります。

仕事を覚えるのが遅く、手際が悪いことで周囲に迷惑をかけても、そうそう性格が変わるものではありません。

その為に、性格がハッキリしている人から見れば「イライラする存在」で、ついいじりたくなってしまうのです。

少しくらい意地悪をしてもはっきりと「やめて」と言わないので、段々とエスカレートしていじめに発展することもあります。

2-7. ものごとへの執着心が薄い

2-ものごとへの執着心が薄い

人やものへの関心や執着心が薄く、「絶対にこうでなければ」というこだわりがありません。

他の人が一斉に行動しても、その時になって初めて周囲を見て自分が今取るべき行動を考えます。

その為に人から出遅れるのですが、特に気にする様子はないのです。

遅れても最終的に目標に達すれば良いと思っていて、一歩先を行く人に対しては「凄いな」と感心するのです。

2-8. ケンカをしない

2-ケンカをしない

基本的に平和主義で、余程のことがない限り怒ることはありません。

誰かと争うことで余計にストレスを感じる性格で、どうしても争わなければならないと自分から身を引きます。

トラブルがあっても「起きたことは仕方ない」と処理に入り、人を責めることはありません。

大声を出したりキレたりするのは、自分とは別の世界の出来事と思っています。

2-9. 人に対して態度を変えない

2-人に対して態度を変えない

急に感情を切り替えるのが苦手で、誰に対しても同じ態度で柔らかく接します。

例え嫌いな人に対してでも、態度を変えてどうなるものでもないと思っているのです。

ちゃんと好き嫌いはありますが、仕事上では顔に出さない様にしているのです。

その為に勘違いされて嫌いな人から言い寄られたりすることもあります。

2-10. 人の悪意を気にしない

2-人の悪意を気にしない

動作が遅くてドン臭い人は、リーダー格からいじめられることもあります。

しかし「おっとりしている人」は、いじめに気付くのが遅く、周囲が見て「ヒドイな」と思っても自覚していないことが多いのです。

これは人に興味を持っておらず、争いたくないと思っている為に、他人の意図に気づくのが遅いことが理由です。

2-11. 後輩に慕われる

2-後輩に慕われる

「おっとりしている人」は、いつでもきちんと話を聞いてくれます。

質問をすると、自分が忙しいにも関わらず手を止めて丁寧に答えてくれます。

先輩や同僚から見てイライラするのですが、後輩から見れば優しくて頼りになる先輩です。

一緒に仕事をしている人よりも、後輩や他部署の人から好かれる人です。

3. おっとりしている人に向いていない仕事

おっとりしている人に向いていない仕事

「おっとりしている人」は、職種によっては合わずにすぐに居づらくなって辞めてしまうこともあります。

「おっとりしている人」に向いていない仕事は以下の通りです。

3-1. 飲食店

3-飲食店

居酒屋やファーストフードは、求人数も多く学生でも気軽にアルバイトができる仕事ですが、混雑時にはスピードが優先されるので「おっとりしている人」には向きません。

注文を取る時点でお客さんからクレームがついたり、行動が遅いことで一緒に働く同僚を怒らせることもあります。

常に周囲の状況を見ながらきびきびと動く接客業は向いていないでしょう。

3-2. 企画・開発

3-企画・開発

企画・開発は次々と新しいアイデアを出して、会社の新商品を生み出す仕事です。

殆どの場合プロジェクトチームとして仕事をして、それぞれの役割がはっきりとしています。

「おっとりとしている人」は、協調性はあるのですが作業が遅く、他の人がイライラしたり雰囲気が悪くなってしまう可能性があるのです。

期限や目標達成に追われる仕事は向いていません。

3-3. セールス

3-セールス

外回りの営業で、新規の顧客を見つけて契約を取り付ける様な仕事は向いていません。

特に保険会社の様にノルマが決まっているセールスは、押しの弱さから達成できずに上司から怒られてストレスが溜まってしまいます。

営業は行動が早い程相手に満足感を与えることができる職種ですので「おっとりしている人」には不向きです。

3-4. 証券会社

3-証券会社

証券会社の仕事は「リテイル・リサーチ・インベストメント」などありますが、どれも現在の株式の状況をいち早くキャッチして、顧客に適切に情報を提供する必要があります。

「おっとりしている人」は情報を収集するまでに時間がかかるだけではなく、それを顧客に提供する段取りも遅れがちです。

顧客からすると頼りない担当者と思われてしまい、信用されなくなってしまうでしょう。

4. おっとりしている人が仕事をする上で考えたい事

おっとりしている人が仕事をする上で考えたい事

しかしどんな会社でも少なからず「おっとりしている人」はいるものです。

向いていない仕事でもきちんと勤める為には、以下の様な点に注意が必要です。

4-1. 時間を厳守する

4-時間を厳守する

「おっとりしている人」は、動作が遅くて予定通りに仕事ができない傾向があります。

自分では焦っているつもりでも手元は一向に進まずに、いつもギリギリに仕上がったり期限に遅れてしまうのです。

自分の仕事が遅れることで、他の人に迷惑をかけてしまいます。

仕事が遅いと思ったら早目に手を付けたり、余計なことをしていないか作業の効率化を考える様にしましょう。

4-2. 「報告・連絡・相談」が遅れる

4-「報告・連絡・相談」が遅れる

普段からのんびりしているので、問題点に気付くのが遅くなり、それがトラブルに発展することもあります。

「いつもと違うな」と思っていても、それが「おかしい」と気づかずに仕事を進めてしまうからです。

小さなことでも何か違うと思ったら、上司や先輩に「報告・連絡・相談」をしましょう。

また、「おっとりしている人」はメールの返信も遅い人が多くなります。

仕事に関するメールは、時間を決めて早目に返信するようにしましょう。

4-3. 周囲の状況に気を配る

4-周囲の状況に気を配る

「おっとりしている人」は、周囲の状況に無頓着で空気が読めない人が多くなります。

同じ部署の他の人達は今どの様な状況なのか、余裕があるのか忙しそうなのか位は把握しておきましょう。

自分の行動が他人にどの様な影響を与えるのかが分かれば、少なくとも「気楽そうな」雰囲気を出さずに済むでしょう。

4-4. イメージ作りに注意する

4-イメージ作りに注意する

普段から行動が遅い為に「仕事が出来ない人」と思われてしまうことがあります。

同僚がドンドンやり甲斐のある仕事を任されていくにも関わらず、自分だけサポート的業務や単純作業をさせられてしまうのです。

定期的に上司と仕事に関する面談をして、自分の目標ややりたいことを伝える様にしましょう。

4-5. 相性の良し悪しが分かれる

4-相性の良し悪しが分かれる

「おっとりとした人」がチームで仕事をすると、相手のペースが乱されてしまいます。

せっかちな相手と組んで仕事をすると、相手が自分のペースを乱されてしまい、イライラしてしまうのです。

その結果「合わない」「パートナーを変えて欲しい」という人間関係のこじれが出てしまいます。

これは必ずという訳ではなく、不思議とせっかちな人でも「おっとりとした人」と上手くやっていける場合もあります。

これは相性の問題ですので仕方ありませんが、良し悪しがはっきりと分かれることがあります。

4-6. 「Yes/No」をはっきりと言う

4-「Yes/No」をはっきりと言う

人から何か質問をされた時に、分っているのかいないのか、できるのかできないのか、はっきりとした態度を取らない様にします。

分ることは「分りました(できます)、少しお時間を下さい」と言って調べ、分らないことは「すみません、分りません(できません)」と意思表示をすることが大切です。

「おっとりしている人」は、自分が急いでいないので「どうなのかな」と考え込んでしまう傾向がありますが、相手はその場で返事を望んでいることを忘れない様にしましょう。

5. おっとりしている人に向いている仕事

おっとりしている人に向いている仕事

自分が「おっとりしている人」だと思っていて、今の仕事が向いていないのではと悩んでいる人には、向いている仕事を以下に紹介します。

5-1. 本屋

5-本屋

本屋は在庫を仕入れれば、後は売れるのを待つ仕事です。

接客としてはレジの他に「その本があるのかないのか」「取り寄せをする」というもので、難しいことはありません。

お客さんは目当ての本があって来店するので、その本の内容について説明をしたり、おすすめの本を紹介する必要はないのです。

駅の構内にある書店でない限り急ぎのお客さんも来ないので、「おっとりしている人」でも向いている仕事です。

5-2. 農家

5-農家

農家は肉体労働ですが、作業自体は自分のペースでできます。

作物も畜産も大きな年間スケジュールにより動いていますので、「おっとりしている人」でも十分勤められるでしょう。

カレンダー通りに休めないというデメリットはありますが、自然環境の良い所で仕事ができるのでストレスも溜まりにくくなります。

5-3. ヘアサロン

5-ヘアサロン

ヘアサロンは、お得意様を相手にします。

1人1担当制が多く、他のお客さんとかけもちをしなければ、1人のお客さんに集中できます。

お客さんとしては丁寧に仕上げてくれた方が良いので、「おっとりしている人」でも気に入られて指名されることがあります。

5-4. 研究職

5-研究職

大学や企業の研究員は、自分の興味のあることについて自分のペースで研究を進められます。

もちろん、期限付きで何らかの成果を出すという制約もあるかも知れませんが、研究というのはすぐに結果が出るものではないので、時間をかけてじっくりとできます。

「おっとりとした人」で、自分の興味のある分野の研究を極めたい人にピッタリです。

5-5. 地方公務員

5-地方公務員

地方公務員は、市役所など地方自治体で働く仕事です。

ノルマがあったり、業績を上げる為に営業に出ることもなく、地域住民が暮らし易い環境を作り上げていく仕事です。

住民側から上がってきた案件に対応したり、問い合わせに応えたりと、受け身の仕事が多くなります。

窓口事務でも訪れる人は待たされることを覚悟で来るので、急いで走り回る必要もなく「おっとりとした人」に向いています。

5-6. 在庫管理

5-在庫管理

倉庫で在庫管理をする仕事は、殆ど一人でパソコンで行えます。

搬出・搬入は運送業者がしてくれるので、肉体労働の必要はありません。

確実に在庫の状況を把握していれば良いので「おっとりした人」でも十分に勤まります。

5-7. カウンセラー

5-カウンセラー

最近では、仕事や人間関係のストレスからうつ病になる人も増えてきています。

産業カウンセラーは、一人一人の話をしっかりと聞き、受容して改善の方向を探る仕事です。

すぐに結果を出すのではなく、話を聞いた上で改善に向けてのプランを組むので、先を急いだり即答することはありません。

精神を病んでいる人にとってはせっかちな人よりもむしろ「おっとりとした人」の方が安心感が得られます。

5-8. 自営業・個人事業主

5-自営業・個人事業主

自営業は自分次第で売り上げが決まる仕事です。

自分のペースで仕事ができますので、「おっとりした人」でも問題ありません。

但し経営のノウハウを身に付けないと、多額の負債を抱えて挫折する羽目になります。

5-9. 職人

5-職人

伝統工芸や骨董品の修復などをする職人は、自分のペースで仕事ができて、依頼人も承知済みです。

修行を積むのが大変ですが、年季が入って人気が出る様になれば、オファーが数カ月待ちになります。

職人は頑固でこだわりがあって当然ですので、納期が遅くなっても文句を言われません。

「おっとりした人」でも誰にも気兼ねせず納得のいく仕事ができるでしょう。

5-10. 芸術家

5-芸術家

芸術家はどの様な性格であっても評価には何ら影響しません。

芸術というと絵画や彫刻をイメージしますが、現在では実に様々な芸術があります。

今迄人がやったいこともない様な方法で作品を作り、高く評価されている人もいるのです。

もし創造性が豊かな「おっとりした人」ならば、作品を作ってカフェのスペースに置かせて貰ったり、個展を出してみては如何でしょうか。

まとめ

「おっとりしている人」は、長所も短所も同じ位あります。

たとえ動作が遅くても、ミスが少なくて人当たりが良い分、接客業でも成功できる可能性があります。

どの様な仕事で成功できるのかは、人間関係にも影響されるものですので、取りあえず興味がある仕事にチャレンジしてみるのがおすすめです。

「おっとりしている人」というと、一緒にいるだけで癒されるイメージがします。

しかし実際に競争社会ではどうなのでしょうか。

「おっとりしている人」の特徴や、向いている仕事、向いていない仕事などについて紹介します。


「おっとりしている人」とは?

「おっとり」とは、性格がのんびりしていることをいいます。

「おっとりしている人」は、性格から表れる仕草が落ち着いていて、心が寛容で人との競争を避ける人のことです。

最近では「マイペース」という言葉が使われることもありますが、「マイペース」とは早い、遅いに関わらず「自分のペースを崩さない人」のことであり、「おっとりしている人」は、スローペースを意味します。

厳密に言うと「おっとりしている人」の類語は「スローペース」「のんびり屋」になります。

おっとりしている人の特徴

「おっとりしている人」に見られる特徴としては以下のものがあります。

2-1. 物静か

2-物静か

とにかく物静かで、話す時に大声を出したり、行動する時に大きな音をたてません。

文房具を探す時にも勢いよく机を開けて中をガチャガチャとひっかき回さずに、そっと開けて丁寧に手で物を掴んだり避けたりしながら探します。

隣の席に座っていてもいつの間にか立っていなくなっていたり、席に戻って来たりしています。

2-2. 聞き上手

2-聞き上手

自分からお喋りをするタイプではなく、人の話を聞くタイプが多くなります。

決して話し下手ではなく、単に話すのが遅いので聞き役に回っているので、適度なところでちゃんと相槌を打ったり、自分の意見を訊かれるとちゃんと答えられます。

相手にとっては聞き上手でいつでも話を聞いてくれるので、癒される存在となります。

2-3. 出しゃばらない

2-出しゃばらない

おっとりとした人は、まず競争心はありません。

人を押しのけてでも「自分がやる」という気持はなく、一歩下がって人に譲ることが多くなります。

別に競争する必要はなく、ライバルが成功すれば「羨ましい」とは思っても「悔しい」という気持ちは湧きません。

素直に一緒に喜んでくれるでしょう。

2-4. 消極的である

2-消極的である

こちらはデメリットになるのですが、消極的でチャンスやタイミングを逃すことが多くなります。

ビジネスでは折角自分の手柄になりそうなことを、押しがあと一つ足りなかったり、電話一本の差で逃したりします。

恋愛についても同じで、好きな人がいるにも関わらず「もう少し待ってから」と告白を躊躇い、結局ライバルに取られてしまったりします。

2-5. お人好し

2-お人好し

すぐにハッキリと「No」と言えずに、人からの頼まれごとをつい引き受けてしまいます。

残業や飲み会の幹事、連絡係りなど、面倒なことを押し付けられ易いのです。

周囲の人も断れない性格と分って頼んできていて、本人もストレスを感じています。

自分で何度も「今度は断ろう」と思っても、頼まれると嫌と言えないお人好しなのです。

2-6. いじめの対象になり易い

2-いじめの対象になり易い

他の人よりも行動が遅く、きついことを言われても反応が鈍くなります。

仕事を覚えるのが遅く、手際が悪いことで周囲に迷惑をかけても、そうそう性格が変わるものではありません。

その為に、性格がハッキリしている人から見れば「イライラする存在」で、ついいじりたくなってしまうのです。

少しくらい意地悪をしてもはっきりと「やめて」と言わないので、段々とエスカレートしていじめに発展することもあります。

2-7. ものごとへの執着心が薄い

2-ものごとへの執着心が薄い

人やものへの関心や執着心が薄く、「絶対にこうでなければ」というこだわりがありません。

他の人が一斉に行動しても、その時になって初めて周囲を見て自分が今取るべき行動を考えます。

その為に人から出遅れるのですが、特に気にする様子はないのです。

遅れても最終的に目標に達すれば良いと思っていて、一歩先を行く人に対しては「凄いな」と感心するのです。

2-8. ケンカをしない

2-ケンカをしない

基本的に平和主義で、余程のことがない限り怒ることはありません。

誰かと争うことで余計にストレスを感じる性格で、どうしても争わなければならないと自分から身を引きます。

トラブルがあっても「起きたことは仕方ない」と処理に入り、人を責めることはありません。

大声を出したりキレたりするのは、自分とは別の世界の出来事と思っています。

2-9. 人に対して態度を変えない

2-人に対して態度を変えない

急に感情を切り替えるのが苦手で、誰に対しても同じ態度で柔らかく接します。

例え嫌いな人に対してでも、態度を変えてどうなるものでもないと思っているのです。

ちゃんと好き嫌いはありますが、仕事上では顔に出さない様にしているのです。

その為に勘違いされて嫌いな人から言い寄られたりすることもあります。

2-10. 人の悪意を気にしない

2-人の悪意を気にしない

動作が遅くてドン臭い人は、リーダー格からいじめられることもあります。

しかし「おっとりしている人」は、いじめに気付くのが遅く、周囲が見て「ヒドイな」と思っても自覚していないことが多いのです。

これは人に興味を持っておらず、争いたくないと思っている為に、他人の意図に気づくのが遅いことが理由です。

2-11. 後輩に慕われる

2-後輩に慕われる

「おっとりしている人」は、いつでもきちんと話を聞いてくれます。

質問をすると、自分が忙しいにも関わらず手を止めて丁寧に答えてくれます。

先輩や同僚から見てイライラするのですが、後輩から見れば優しくて頼りになる先輩です。

一緒に仕事をしている人よりも、後輩や他部署の人から好かれる人です。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2020年01月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!