占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180927114650.html
無慈悲の意味・類語・例文(無慈悲な人の特徴や対処方法)

無慈悲の意味・類語・例文(無慈悲な人の特徴や対処方法) | SPITOPI

SPITOPI
無慈悲の意味・類語・例文(無慈悲な人の特徴や対処方法)

スポンサーリンク

「無慈悲」とは、他者を慈しんだり憐れんだりする慈悲心が無いことです。

無慈悲は一般的に思いやりや情けがないという意味で使われる言葉ですが、「無慈悲な人の心理や特徴」にはどのようなものがあるのでしょうか? 「無慈悲の類語や言い換え・使い方・例文」について紹介していきます。

更に、「無慈悲な人への対処方法」や「無慈悲と思われないコツ」についても分かりやすく解説していきます。

  • 「無慈悲」の意味とは?
  • 無慈悲の類語や言い換え
  • 無慈悲の使い方
  • 無慈悲の例文
  • 無慈悲な人の心理や特徴
  • 無慈悲な人への対処方法
  • 無慈悲と思われないコツ
  • まとめ

1. 「無慈悲」の意味とは?

無慈悲とは?

「無慈悲」とは、他者を慈しんだり(いつくしんだり)弱者を憐れんだりする慈悲の心が無いことを意味しています。

無慈悲とは「他者に対する思いやり・共感感情」が無いことであり、困っている人や悩んでいる人を見かけてもその人たちを助けようとすることがないのです。

無慈悲な人は「弱者に対する憐れみ・救助の心」や「他者に対する愛情・慈しみの心」が無いという人であり、困っている人(苦しんでいる人)が「情け・救済」を求めてきてもその思いに応えることが無いのです。

無慈悲とは相手の気持ちや立場になって物事を考えないので「情け容赦のない発言・行動」ができるということであり、「他者の苦悩・困窮・悲哀」に対して共感して助けることがないということなのです。

1-1. 仏教用語としての慈悲と無慈悲

1-仏教用語としての慈悲と無慈悲

無慈悲とは慈悲が無いことですが、「慈悲」というのは元々は仏教で使われるサンスクリット語の用語でした。

仏教の慈悲は「慈(maitri,マイトリー)」と「悲(karuna,カルナー)」の二つの言葉から構成されています。

「慈(マイトリー)の原義」は友情にあり、「悲(カルナー)の原義」は悲嘆で呻く(うめく)ことにあります。

「慈(maitri,マイトリー)」には楽しみを与えるという意味があり、「悲(karuna,カルナー)」には苦しみを抜き取るという意味があります。

1-2. 無慈悲とは仏教的な慈悲(利他)の心が無いこと

1-無慈悲とは仏教的な慈悲(利他)の心が無いこと

慈悲は仏教の菩薩行(ぼさつぎょう)の利他行や愛の実践と深い関わりのある言葉であり、自分が無我であると悟った上で「他者に楽しみを与えること」と「他者から苦しみを抜くこと(取り除くこと)」が慈悲なのです。

無慈悲とはこの慈悲の反対であり、「他者に楽しみを与えないこと(=他者を助けないこと)」と「他者から苦しみを抜かないこと(=他者に苦しみ・絶望を与えること)」が無慈悲の意味となります。

慈悲は仏教において生きとし生けるものを苦から救済する菩薩行・利他的修行の原動力ですが、無慈悲な人はこの慈悲が無いのです。

2. 無慈悲の類語や言い換え

無慈悲の類語や言い換え

無慈悲と似た意味を持つ類語や言い換えにはどのようなものがあるでしょうか?「無慈悲の類語・言い換え」について分かりやすく紹介していきます。

2-1. 「冷酷・残酷」

2-「冷酷・残酷」

無慈悲の類語・言い換えとして、「冷酷(れいこく)・残酷(ざんこく)」があります。

冷酷の意味は、「思いやりの気持ちが全く無くてむごいこと、冷たいこと」です。

残酷の意味は、「人や動物に対して思いやり・共感がなくて、平気でむごい行動ができること。

まともに見ていることができないほどにひどい仕打ちや虐待をする様子」になります。

冷酷も残酷も慈悲の心がなくて、相手や動物に対して正視に耐えないようなひどい仕打ちやむごいやり方をすることを意味していて、無慈悲とほぼ同じ意味合いになります。

冷酷の言葉を用いた例文として、「薬害の後遺症にまつわる損害賠償に対する裁判所の判決は非常に冷酷なもので、私たちの後遺症の苦痛の訴えは全く聞き入れて貰えなかった」などがあります。

残酷の言葉を用いた例文として、「独裁者は自らの権力を維持するために、時に残酷を極めた拷問や刑罰を命令することがある」などがあります。

2-2. 「非情・薄情」

2-「非情・薄情」

無慈悲の類語・言い換えとして、「非情(ひじょう)・薄情(はくじょう)」があります。

非情の意味は、「人間的な感情や思いやりの心が無いこと。

冷たくて無情であること」になります。

薄情の意味は、「人間的な情愛や情けの心が薄くて冷たいこと。

情義がなくて人から受けた恩義や世話をすぐに忘れてしまうこと」です。

非情も薄情も「人間味のある情けが無いことや薄いこと」を意味していて、無慈悲と似た意味合いを持っています。

非情(無情)の言葉を用いた例文として、「対外的には非情(無情)で知られた弊社の社長だが、いざという時には身体を張って社員を守ってくれる義理堅いところもある」などがあります。

薄情の言葉を用いた例文として、「親友だと思い今まで随分と助けてきたはずの相手から、信じられない薄情な仕打ちを受けて、今日はひどく気分が落ち込んでいる」などがあります。

2-3. 「暴虐・残虐」

2-「暴虐・残虐」

無慈悲の類語・言い換えとして、「暴虐(ぼうぎゃく)・残虐(ざんぎゃく)」があります。

暴虐の意味は、「乱暴でむごたらしいこと。

荒々しい言動をして、人を苦しめたり虐めたりすること」です。

残虐の意味は、「人や動物(生き物)に対してする行為がむごたらしいこと。

他者や生き物に対して平然とひどい仕打ちをすること」になります。

暴虐も残虐も、他者に対して思いやりの心がなくて平気でむごいこと(ひどいこと)ができるという同じような意味があり、無慈悲と似た言葉になっています。

暴虐の言葉を用いた例文として、「無慈悲で暴虐な皇帝は、自分に逆らった敵国の人民をみんな穴埋めにして窒息させ殺してしまった」などがあります。

残虐の言葉を用いた例文として、「近年稀に見る残虐な手口の連続猟奇殺人事件が発生したことで、周辺住民は不安な日々を過ごしています」などがあります。

3. 無慈悲の使い方

無慈悲の使い方

「無慈悲」という言葉は、相手が思いやりの無い冷淡(冷酷)な行動を取った時に使います。

自分や他者(人間)に対して思いやりのないひどい仕打ちをした時だけではなく、動物や生き物に対して無意味な殺生(せっしょう)をするなどのむごたらしい残酷な行為をした時にも無慈悲という言葉を使うことができます。

困っている人や苦しんでいる人を情け容赦なく見殺しにしたり虐待したりするような人に対しても、無慈悲という言葉を使うことができます。

3-1. 無慈悲という言葉はどんな人に対して使われるのか?

3-無慈悲という言葉はどんな人に対して使われるのか?

「赤ちゃん・子供・高齢者」などの社会的弱者に対して、残酷な言動をしたり冷たい仕打ちをしたりする人に対しても、無慈悲の言葉は使われます。

過去に恩義のある相手から小さな頼みごとをされた時に、遠慮なく無下に断るような人も無慈悲な人と言えるでしょう。

無慈悲という言葉は、「思いやりがない人+共感感情がない人+困っている人を見捨てる人+苦しんでいる人にとどめを刺す人+人や動物を痛めつけて喜ぶ人+過去の恩を忘れて冷たく対応する人」などに使われることが多いのです。

4. 無慈悲の例文

無慈悲の例文

「無慈悲」という言葉を用いた例文として、以下のような文章を考えることができます。

無慈悲の言葉を使った例文と対話形式による例文を紹介していきます。

4-1. 例文1

4-例文1

誰でも生まれてから間もない子供時代には、無慈悲で残酷な人間になどなりたくはないはずですが、家庭環境や友人関係、人生経験によって少しずつ温かくて優しい人としての心を失ってしまうこともあります。

他者に対する慈しみや共感の感情を持つことができない無慈悲な人というのは、一見すると非常に恐ろしいのですが、本質的には非常に孤独で寂しい人でもあるのです。

人を愛したり他者のために行動したりできないという無慈悲さは、他者に対する根本的な不信感を反映しているからであり、無慈悲であるということは他の誰とも心から喜びや悲しみを分かち合うことができないということなのです。

無慈悲な人にならないように生きることは、利他的・倫理的な素晴らしい生き方のようにも思えるのですが、本質的には「自分自身の心を豊かにする生き方(自分自身を幸せにする生き方)」なのです。

4-2. 例文2

4-例文2

Aさん 「長い付き合いで親友だと思っていたCさんが、重要なプロジェクトの進行途中で辞めて、ライバル他社に転職することに決めたと聞いて驚いています。

今まで協力して仕事を進めてきたみんなにも大きな迷惑や負担がかかるというのに、事前に相談もなくこんな非常識な辞め方をするなんて、一体どうしてしまったんだろう?」 Bさん 「確かに、CさんはAさんの直属の部下ではあるけれど、ずっと上下関係などない感じでいつも二人で難しい仕事をこなしてきたというのに、急にどうして辞めてしまったんでしょうね?形式的には上司であるAさんに、事前に何の連絡も相談も無かったというのを聞いて私も驚いてしまいました」

Aさん 「自分が抜けたら今のプロジェクトが混乱して進捗が遅れると分かっているのに無責任に突然辞めるなんて……三日くらい前からLINEも電話もつながらない感じで、おそらくブロックと着信拒否をされているのだと思う。

こんな無慈悲で恩知らずな対応をする人だったなんて、今もまだ信じたくない気持ちでいっぱいなんだけどね」

Bさん 「AさんとCさんの今までの親しい人間関係を考えれば、そんな無慈悲な仕打ちや無責任な行動はそうそうできないと思うんですけど、今、ライバル他社に転職しなければならない差し迫ったお金の悩みなどを抱えていたのかもしれないですね。

みんなに迷惑をかけるような辞め方をすると、今後、再会した時にも気まずい雰囲気になるのはとても残念だと思います」

5. 無慈悲な人の心理や特徴

無慈悲な人の心理や特徴

無慈悲な人の心理や特徴には、どのようなものがあるのでしょうか?思いやり・共感感情・援助欲求に欠けるとされる「無慈悲な人の心理・特徴」について、分かりやすく解説していきます。

5-1. 自己中心的で他者に対する思いやりを見せることがない

5-自己中心的で他者に対する思いやりを見せることがない

無慈悲な人によく見られる心理・特徴として、「自己中心的で他者に対する思いやりを見せることがない」ということが上げられます。

無慈悲な人は行動原理が自分中心的であり、他者のために思いやりを発揮して何かをして上げるということがまずないのです。

相手の立場や気持ちに立って、思いやりのある言動をすることがないということです。

「人間味のある思いやり+温かみのある優しさ」が感じられないというのが無慈悲な人の典型的な特徴であり、冷酷な無慈悲な人と一緒にいると影響されて、自分の性格や対応まで冷たいものになることも多いのです。

5-2. 共感感情が欠けているので相手の気持ちを理解することができない

5-共感感情が欠けているので相手の気持ちを理解することができない

「共感感情が欠けているので相手の気持ちを理解することができない」というのが、無慈悲な人の典型的な心理・特徴の一つです。

無慈悲な人は「相手の立場+感情」に共感したコミュニケーションをすることができないので、無慈悲な人と会話をしていても気持ちが温かく満たされることはありません。

無慈悲な人は、相手の気持ちに優しく寄り添う共感感情が欠落していることが多いので、「相手が今、何を感じているのか?どんな気持ちでいるのか?」をリアルに想像して理解することができないのです。

5-3. 困っている人を見かけても自分が助けてあげなければという気持ちになることがない

5-困っている人を見かけても自分が助けてあげなければという気持ちになることがない

無慈悲な人に多く見られる心理・特徴として、「困っている人を見かけても自分が助けてあげなければという気持ちになることがない」ということがあります。

無慈悲な人は、困っている人や苦しんでいる人に対して「憐れみ・同情の気持ち」を持つということがなく、社会的弱者に対しても冷たい対応や虐待的な行動を取ることが多いのです。

そのため、目の前で苦しんでいる人(困っている人)がいても、その人の立場や境遇に同情して「自分が助けて上げなければいけない」というような気持ちになることがまずないのです。

5-4. 動物や生き物を可愛いと思うことがなく愛着も感じない

5-動物や生き物を可愛いと思うことがなく愛着も感じない

「動物や生き物を可愛いと思うことがなく愛着も感じない」ということが、無慈悲な人の代表的な心理・特徴として指摘できます。

無慈悲な人は、場合によっては非常に冷淡・残酷に「他者や生き物(動物)の命」を奪ってしまうこともあります。

無慈悲な人は元々、生命全般に対する愛情や慈しみの感情を持っていないことが多く、「動物・生き物」を見ても可愛いとか守ってあげたいとかいう思いになることがないのです。

無慈悲な人は動物や生き物に対する「共感性・愛着」が弱いので、時に動物や生き物の生命に対して残酷な振る舞いをしても、良心の痛みを感じにくいのです。

5-5. 過去にお世話になった恩がある人でも簡単に見捨てることができる

5-過去にお世話になった恩がある人でも簡単に見捨てることができる

無慈悲な人の典型的な心理・特徴として、「過去にお世話になった恩がある人でも簡単に見捨てることができる」ということが上げられます。

無慈悲な人に多く見られる特徴として、「恩知らずな振る舞いができる+親しい友人や恋人でも簡単に見捨てることがある」ということがあります。

無慈悲な人は、「過去にその人から良くしてもらったから」という理由で、その人に対して恩義・感謝を感じることがほとんどなく、自分にとってメリットが無くなれば情け容赦なく切り捨てることもあります。

過去の恩を仇で返したり、平気で裏切ったりすることができるというのも、無慈悲な人の特徴なのです。

5-6. 他人のために自分が損をするようなことは一切しない

5-他人のために自分が損をするようなことは一切しない

「他人のために自分が損をするようなことは一切しない」というのが、無慈悲な人に多い心理・特徴になっています。

無慈悲な人は利己的な損得勘定が非常に強く、「自分の利益になること+自分の損失を回避すること」のためだけに一生懸命に動く傾向が見られます。

利己主義の価値観を持つ無慈悲な人は、間違っても「自分の利益を失うこと+自分の損失や被害を増やすこと」をしようとはしないのです。

他人のために自己犠牲を覚悟してまで何かをするということがなく、「他人がどうなっても自分さえ良ければそれでいい+他人のために自分が損をすることだけは許せない」とする利己主義の考え方が強いのです。

5-7. いざという時に頼りにならず裏切ることが多い

5-いざという時に頼りにならず裏切ることが多い

無慈悲な人の典型的な心理・特徴として、「いざという時に頼りにならず裏切ることが多い」ということが上げられます。

無慈悲な人は、他人から良くしてもらったとしても、その恩義を覚えていて返してくれるわけではありません。

無慈悲な人は「恩を仇で返すような行動の選択」をすることも多く、いざという時になるとほとんど頼りにならないものです。

普通の人は長年の付き合いがある友人知人を裏切ることには強い抵抗感があるのですが、無慈悲な人は「自分の利益・欲望」のために平然と長年の知り合いを裏切ってしまうことも少なくないのです。

5-8. 人の痛みや苦しみを想像して胸が痛むことがないのでひどい仕打ちができる

5-人の痛みや苦しみを想像して胸が痛むことがないのでひどい仕打ちができる

「人の痛みや苦しみを想像して胸が痛むことがないのでひどい仕打ちができる」というのが、無慈悲な人によく見られる心理・特徴の一つです。

無慈悲な人は他人に対して基本的に興味関心が乏しく、特に「他人の痛み・苦しみ・悩み」についてリアルに想像したり共感したりすることがありません。

その結果、他人がどんなにひどい目に遭っていても、自分の心(胸)が痛むことがないので、他人に対して信じられないような残酷で冷淡な仕打ちをすることができるのです。

6. 無慈悲な人への対処方法

無慈悲な人への対処方法

他者や生き物に対して冷淡でむごい仕打ちをすることもある無慈悲な人には、どのような対処方法を取ればいいのでしょうか?「無慈悲な人への対処方法」について紹介していきます。

6-1. 無慈悲な人との間に適切な人間関係の距離を開けるようにする

6-無慈悲な人との間に適切な人間関係の距離を開けるようにする

無慈悲な人への実行しやすい対処方法として、「無慈悲な人との間に適切な人間関係の距離を開けるようにする」ということがあります。

無慈悲な人に近づきすぎると、「理不尽な仕打ち+思いやりのない冷たい対応」を受けて落ち込みやすくなってしまいます。

無慈悲な人と関わる時には、必ず「一定以上の人間関係の距離」を開ける必要があります。

無慈悲な人はいつ相手に対して、理不尽な攻撃や裏切りを仕掛けてくるか分かりませんが、一定以上の距離を開けて付き合っていれば、大きな心理的ダメージを受けることは避けられるのです。

無慈悲な人と密着した付き合いをしすぎると、無慈悲な人の攻撃やむごい仕打ちを受けた時に、決定的な心理的ダメージを受けやすいのです。

6-2. 無慈悲な人に頼らなければいけない状況をできるだけ作らないようにする

6-無慈悲な人に頼らなければいけない状況をできるだけ作らないようにする

「無慈悲な人に頼らなければいけない状況をできるだけ作らないようにする」ということが、無慈悲な人への有効な対処方法になります。

無慈悲な人から受ける直接的あるいは間接的なダメージを減らすためには、「無慈悲な人の行動や選択に頼らなくてもいい状況」を常に用意しておくことが大切です。

無慈悲な人はいつ「自己中心的な理由」で相手を裏切るか分からないので、無慈悲な人に頼りすぎていると「想定外のダメージ」を蒙りやすいのです。

無慈悲な人に対しては「いざという時には当てにならない人」という前提で臨むようにして、自分のことはできるだけ自分で解決できる体勢を常に整えておくようにしましょう。

無慈悲な人との約束や契約を信用し過ぎていると、後で手痛いしっぺ返しを食らうこともあるからです。

無慈悲な人からいつ裏切られても構わないという状況や冷静な心理状態を整えておくことが、有効な対処方法になってきます。

6-3. 無慈悲な人の怒りや恨みを買って直接のターゲットにならないように注意する

6-無慈悲な人の怒りや恨みを買って直接のターゲットにならないように注意する

無慈悲な人への対処方法として重要なのは、「無慈悲な人の怒りや恨みを買って直接のターゲットにならないように注意する」ということでしょう。

無慈悲な人は「罪悪感・良心の痛み」によって残酷な攻撃性をセーブすることがないので、無慈悲な人の怒りや恨みを買ってしまうとどんなひどい仕打ちを受けるか分かりません。

無慈悲な人から受ける被害や損失を最小化するためには、無慈悲な人の怒りや恨みをできるだけ買わないようにすることが重要なのです。

無慈悲な人の直接的なターゲットにならないように気をつければ、人生を破滅させられたり生命に関わるような危害を加えられたりするようなリスクは避けられるでしょう。

7. 無慈悲と思われないコツ

無慈悲と思われないコツ

「思いやり・情け(人としての心)・恩義」がない無慈悲な人と思われてしまうと、人間関係が悪化するリスクも大きくなります。

「無慈悲な人」は恩を仇で返しても良心が痛まない冷酷さがあるので、そんな無慈悲な人と誰も深い関係を持ちたいとは思わないからです。

無慈悲と思われないためのコツには、どのようなものがあるのでしょうか?「無慈悲と思われないコツ」について分かりやすく紹介していきます。

7-1. 人から良くしてもらったら必ず感謝の言葉を伝えて恩に応えようとする

7-人から良くしてもらったら必ず感謝の言葉を伝えて恩に応えようとする

無慈悲と思われないコツは、「人から良くしてもらったら必ず感謝の言葉を伝えて恩に応えようとする」ということです。

無慈悲と思われる原因として、「感謝の気持ちを知らない+恩義を忘れて仇で返す」ということがあるので、人からお世話になったり何か良くして貰ったりした時には、必ず感謝・お礼の言葉を本人に伝えるようにしましょう。

自分が相手のために何かして上げた時に、「ありがとうございます」という感謝やお礼の言葉があれば、少なくともその相手のことを無慈悲と思うことは無いからです。

また、良くしてもらった相手に「恩返しする機会」があれば、積極的に相手のために動くようにしましょう。

「恩義に応える誠実な人のイメージ」があれば、無慈悲と思われることはありません。

7-2. 友人知人が困っていたり悩んでいたりしたら率先して手助けをする

7-友人知人が困っていたり悩んでいたりしたら率先して手助けをする

「友人知人が困っていたり悩んでいたりしたら率先して手助けをする」というのが、無慈悲と思われない有効なコツです。

無慈悲と思われないためには、「他人の悩み・痛みに寄り添える人間」であることをアピールしましょう。

友人や知人が困っている時には、自分のほうから友人知人を積極的に手助けするアクションを起こすことで、慈悲深い人のイメージになってきます。

友人や知人が悩んでいる時には、「自分にできる範囲」で構わないので、率先してその悩みを解決するための手助けをするようにしましょう。

困っている人や悩んでいる人を見捨てずに助ける姿勢を見せることで、無慈悲だとは思われなくなります。

7-3. 人の話や悩み事を丁寧に共感しながら聴くようにする

7-人の話や悩み事を丁寧に共感しながら聴くようにする

無慈悲と思われないための簡単なコツは、「人の話や悩み事を丁寧に共感しながら聴くようにする」ということです。

無慈悲な人と思われないようにする簡単な方法は、自分ばかりが一方的に話すのではなく、「相手が話そうとしている内容・悩み事」を丁寧に聴くということです。

人の話を親身になって聴くことができれば、「無慈悲な人」というネガティブなイメージを持たれることはありません。

人の話題や悩み事を聴く時には、相槌を打ったり相手の感情に同意したりしながら、「共感的な雰囲気+相手の話が分かるという姿勢」を示すようにすると、「慈悲の心がある人」に見られやすくなります。

まとめ

「無慈悲・無慈悲な人」について徹底的に解説してきましたが、いかがだったでしょうか? 無慈悲な人の心理・特徴としては、「他者に対する思いやりや優しさを見せることがない」や「他人のために自分が損をするようなことは一切しない」などがあります。

無慈悲な人と思われないコツには、「友人知人が困っていたり悩んでいたりしたら率先して手助けをする」などがあります。

「無慈悲・無慈悲な人」について詳しく調べたい時には、この記事を参考にしてみて下さい。

「無慈悲」とは、他者を慈しんだり憐れんだりする慈悲心が無いことです。

無慈悲は一般的に思いやりや情けがないという意味で使われる言葉ですが、「無慈悲な人の心理や特徴」にはどのようなものがあるのでしょうか? 「無慈悲の類語や言い換え・使い方・例文」について紹介していきます。

更に、「無慈悲な人への対処方法」や「無慈悲と思われないコツ」についても分かりやすく解説していきます。


無慈悲とは?

「無慈悲」とは、他者を慈しんだり(いつくしんだり)弱者を憐れんだりする慈悲の心が無いことを意味しています。

無慈悲とは「他者に対する思いやり・共感感情」が無いことであり、困っている人や悩んでいる人を見かけてもその人たちを助けようとすることがないのです。

無慈悲な人は「弱者に対する憐れみ・救助の心」や「他者に対する愛情・慈しみの心」が無いという人であり、困っている人(苦しんでいる人)が「情け・救済」を求めてきてもその思いに応えることが無いのです。

無慈悲とは相手の気持ちや立場になって物事を考えないので「情け容赦のない発言・行動」ができるということであり、「他者の苦悩・困窮・悲哀」に対して共感して助けることがないということなのです。

1-1. 仏教用語としての慈悲と無慈悲

1-仏教用語としての慈悲と無慈悲

無慈悲とは慈悲が無いことですが、「慈悲」というのは元々は仏教で使われるサンスクリット語の用語でした。

仏教の慈悲は「慈(maitri,マイトリー)」と「悲(karuna,カルナー)」の二つの言葉から構成されています。

「慈(マイトリー)の原義」は友情にあり、「悲(カルナー)の原義」は悲嘆で呻く(うめく)ことにあります。

「慈(maitri,マイトリー)」には楽しみを与えるという意味があり、「悲(karuna,カルナー)」には苦しみを抜き取るという意味があります。

1-2. 無慈悲とは仏教的な慈悲(利他)の心が無いこと

1-無慈悲とは仏教的な慈悲(利他)の心が無いこと

慈悲は仏教の菩薩行(ぼさつぎょう)の利他行や愛の実践と深い関わりのある言葉であり、自分が無我であると悟った上で「他者に楽しみを与えること」と「他者から苦しみを抜くこと(取り除くこと)」が慈悲なのです。

無慈悲とはこの慈悲の反対であり、「他者に楽しみを与えないこと(=他者を助けないこと)」と「他者から苦しみを抜かないこと(=他者に苦しみ・絶望を与えること)」が無慈悲の意味となります。

慈悲は仏教において生きとし生けるものを苦から救済する菩薩行・利他的修行の原動力ですが、無慈悲な人はこの慈悲が無いのです。

無慈悲の類語や言い換え

無慈悲と似た意味を持つ類語や言い換えにはどのようなものがあるでしょうか?「無慈悲の類語・言い換え」について分かりやすく紹介していきます。

2-1. 「冷酷・残酷」

2-「冷酷・残酷」

無慈悲の類語・言い換えとして、「冷酷(れいこく)・残酷(ざんこく)」があります。

冷酷の意味は、「思いやりの気持ちが全く無くてむごいこと、冷たいこと」です。

残酷の意味は、「人や動物に対して思いやり・共感がなくて、平気でむごい行動ができること。

まともに見ていることができないほどにひどい仕打ちや虐待をする様子」になります。

冷酷も残酷も慈悲の心がなくて、相手や動物に対して正視に耐えないようなひどい仕打ちやむごいやり方をすることを意味していて、無慈悲とほぼ同じ意味合いになります。

冷酷の言葉を用いた例文として、「薬害の後遺症にまつわる損害賠償に対する裁判所の判決は非常に冷酷なもので、私たちの後遺症の苦痛の訴えは全く聞き入れて貰えなかった」などがあります。

残酷の言葉を用いた例文として、「独裁者は自らの権力を維持するために、時に残酷を極めた拷問や刑罰を命令することがある」などがあります。

2-2. 「非情・薄情」

2-「非情・薄情」

無慈悲の類語・言い換えとして、「非情(ひじょう)・薄情(はくじょう)」があります。

非情の意味は、「人間的な感情や思いやりの心が無いこと。

冷たくて無情であること」になります。

薄情の意味は、「人間的な情愛や情けの心が薄くて冷たいこと。

情義がなくて人から受けた恩義や世話をすぐに忘れてしまうこと」です。

非情も薄情も「人間味のある情けが無いことや薄いこと」を意味していて、無慈悲と似た意味合いを持っています。

非情(無情)の言葉を用いた例文として、「対外的には非情(無情)で知られた弊社の社長だが、いざという時には身体を張って社員を守ってくれる義理堅いところもある」などがあります。

薄情の言葉を用いた例文として、「親友だと思い今まで随分と助けてきたはずの相手から、信じられない薄情な仕打ちを受けて、今日はひどく気分が落ち込んでいる」などがあります。

2-3. 「暴虐・残虐」

2-「暴虐・残虐」

無慈悲の類語・言い換えとして、「暴虐(ぼうぎゃく)・残虐(ざんぎゃく)」があります。

暴虐の意味は、「乱暴でむごたらしいこと。

荒々しい言動をして、人を苦しめたり虐めたりすること」です。

残虐の意味は、「人や動物(生き物)に対してする行為がむごたらしいこと。

他者や生き物に対して平然とひどい仕打ちをすること」になります。

暴虐も残虐も、他者に対して思いやりの心がなくて平気でむごいこと(ひどいこと)ができるという同じような意味があり、無慈悲と似た言葉になっています。

暴虐の言葉を用いた例文として、「無慈悲で暴虐な皇帝は、自分に逆らった敵国の人民をみんな穴埋めにして窒息させ殺してしまった」などがあります。

残虐の言葉を用いた例文として、「近年稀に見る残虐な手口の連続猟奇殺人事件が発生したことで、周辺住民は不安な日々を過ごしています」などがあります。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年02月14日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い