占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180925151546.html
「イライラする」の意味・類語・使い方・例文・対義語・語源

「イライラする」の意味・類語・使い方・例文・対義語・語源 | SPITOPI

SPITOPI
「イライラする」の意味・類語・使い方・例文・対義語・語源

スポンサーリンク

「イライラする」の意味や類語を紹介します。

さらに「イライラする」の語源や「イライラ解消法」についても紹介していきます。

  • 「イライラする」の意味とは?
  • 「イライラする」の類語
  • 「イライラする」の対義語
  • 「イライラする」を使った例文
  • 「イライラする」の語源
  • 「イライラしている」状態とは?
  • イライラを解消する方法
  • まとめ

1. 「イライラする」の意味とは?

「イライラする」の意味とは?

「イライラする」という言葉は日常生活でも比較的頻繁に使われる言葉です。

もしかしたら、最近一週間の間に、「イライラする!」と叫んだ経験がある人もいるかもしれません。

「イライラする」とは、神経が高ぶった状態、焦っている状態、不快な状態になっている時の状態を表現した言葉です。

何かがうまく行かない時、思う通りにならない時に、人はイライラするという言葉を使います。

「イライラする」と思う時、自分でも思っていないような感情に支配されている事があります。

また体がしびれたり、頭に血液が集中したり、鳥肌が立つなどの、生理現象を伴う事もあります。

つまり「イライラする」という現象は、自分で気持ちや体の状態をコントロールできていない時に起こる心や体の状態でもあります。

「イライラする」という感情は、心や体が自然に起こしてしまう現象で、自分が「イライラしたい」と思って手に入れる心の状態ではありません。

自分でもどうにもできないくらい、不快な気持ちになったり、焦ったり、辛い気持ちになる時、体の状態がコントロールできないくらい、気持ちが波打ってしまう時などに「イライラする」という言葉を使って、自分の状態を表現します。

2. 「イライラする」の類語

「イライラする」の類語

「イライラする」という言葉には、似たような意味を持つ言葉がいくつかあります。

昔から知っている「イライラする」という言葉は、言葉で説明しようとすると、なかなか説明が難しい言葉でもありますので、類語を知る事が理解の近道になるかもしれません。

そこで「イライラする」の類語を紹介します。

2-1. 「頭にくる」

2-「頭にくる」

「イライラする」という言葉に似た言葉に「頭にくる」という言葉があります。

「イライラする」と感じた時の、その最初の衝動を表現した言葉が「頭にくる」という言葉といえるかもしれません。

まず誰かの言動や自分の行動によって「頭にきた」後に、「イライラする」という状態が続く事があります。

例えば同じ会社の同僚が自分の悪口を言っているのを聞いた時、最初は「頭にきて」、後に「イライラする」かもしれません。

悪口を聞いて、その同僚に文句を言っている時は「頭にきている」状態です。

同僚が謝ったので許した後、それでも心が波打ち、許せない部分が完全に消えないような状態は「イライラしている」という事になります。

「頭にくる」という状態が「急にくる状態」だとすれば、「イライラする」と言う状態は、「長く続く状態」といえるでしょう。

2-2. 「ムカつく」

2-「ムカつく」

「ムカつく」という言葉も「イライラする」という言葉に似ています。

「イライラする」という言葉が、どちらかといえば「神経的な感覚」だとすれば、「ムカつく」という言葉は「胃の感覚」「内臓が感じる感覚」といえるでしょう。

「ムカつく」という言葉は「ムカムカする」という言葉で表現する事もできます。

「胃がムカムカする」という時は、二日酔いなどで胃の調子が悪い時に使われますが、同じように腹が立つ事が起こった時も「胃がムカムカする」という言葉を使います。

ちなみに、何かが起こって「ムカつく」時も、直接的な理由で内臓の調子が悪くなった「ムカつく」時も、感覚的には同じです。

実際に、二日酔いの時は、気持ち的にも「ムカつく」「イライラする」のではないでしょうか。

このように精神的な不快さと、肉体的な不快さはなかなか区別する事はできません。

「イライラする」という時にも、更年期障害など、肉体的な不調が原因という事もあります。

「ムカつく」時、「イライラする」時は、目の前で起こっている出来事が原因なのか、身体的な理由で起こっている現象なのかを確かめる必要があるかもしれません。

3. 「イライラする」の対義語

「イライラする」の対義語

「イライラする」の対義語をチェックして、「イライラしていない状態」を知りましょう。

「イライラする」時に、対義語にあたる状態を目指すと、気持ちがスッキリするかもしれません。

3-1. 「ゆったりする」

3-「ゆったりする」

「ゆったりする」という言葉は、「イライラする」という言葉が表現する状態と反対の状態を指しています。

「心がゆったりする」「気持ちがゆったりする」「全身がゆったりしている」などと使います。

「心がゆったりする」という言葉をイメージするだけで、気持ちが晴れやかになり、身体が緩んでくるのではないでしょうか。

実際に「イライラする」時は、戦闘的な交感神経が過剰に働いているような状況で、反対に「ゆったりする」時は、リラックスをつかさどる副交感神経が働いているような状況です。

医学的にも真逆な状態を示す「イライラ」と「ゆったり」は、自分の状態が正反対である事を表現したい場合にピッタリの言葉です。

3-2. 「まったりする」

3-「まったりする」

「ゆったりする」という言葉に似た言葉に、「まったりする」という言葉があります。

「ゆったり」よりリラックスした状態で、さらに「気が緩んでいる」「体が緩んでいる」状態を表現しています。

そのため「ゆったりしている人」という言葉には否定的な意味が含まれていませんが、「まったりしている人」という言葉には、「気が緩んでいる人」という否定的な意味も少し含まれています。

一方で、イライラしている人は気が立っていて、全身の筋肉が緊張しているような状態になっています。

イライラしている人に対して、まったりしている人は、対極の立場にいる人といえるでしょう。

イライラしている人は、まったりしている人を見ると、余計に「イライラする」事があります。

それは緩んだ心と体を手に入れていた、「まったりしている人」に対する嫉妬かもしれません。

4. 「イライラする」を使った例文

「イライラする」を使った例文

「イライラする」という言葉の使い方を、「イライラする」という言葉を含んだ例文を見ながらチェックしてみましょう。

そこでビジネスシーン、恋愛シーンでの例文を見て行きましょう。

4-1. ビジネスシーンで「イライラする」を使った例文

4-ビジネスシーンで「イライラする」を使った例文

ビジネスシーンでは、「イライラする」機会が多くなります。

ほとんどの仕事は思う通り事が進まないものですし、取引や商談は相手次第で状況がコロコロ変わるため、自分ではコントロールできないものだからです。

例えば営業を担当していて、取引先の担当者の心が見えない時は、焦りや苛立ちのような気持ちが湧いてきます。

「イライラする」機会も多くなるでしょう。

担当者の機嫌を取るために高級料亭で接待をして、帰り際にタクシーを呼んで送り出した後で、一息つきながら独り言をいうかもしれません。

そのような時の「イライラする」という言葉を使った例文が、「本当に取引が成立するか分からない…本当にイライラするぜ」という感じになります。

同様に「取引先の前で、イライラする様子を見せるわけにはいかない」、「イライラしたまま商談をしたら失敗するぞ」などという例文を作る事ができます。

4-2. 恋愛シーンで「イライラする」を使った例文

4-恋愛シーンで「イライラする」を使った例文

恋愛の場面でも「イライラする」事が多いはずです。

特に片想いの時期は、相手の気持ちが読めず、思い通りに行かない事が多いので、「イライラする」事も増えるでしょう。

例えば、好きな女性とLINEでやり取りをしている時、自分のメッセージの後になかなか返事が来ないとします。

そのような時は「俺の事を放置して、好きじゃないのかよ。

まったくイライラするぜ」などという文章で、自分の気持ちを表現する事ができます。

また「返事が遅いだけでイライラするなんて…俺はあいつの事をそんなに好きなのか」などという例文を作る事も可能です。

恋愛中は心がウキウキしたり、イライラしたり、ジェットコースターのように心が浮き沈みしますので、「イライラする」という言葉を使う機会も多いでしょう。

5. 「イライラする」の語源

「イライラする」の語源

「イライラする」という言葉の語源はどのようなものでしょうか。

そもそも草木のとげの事を「イラ」という言葉で表します。

そのため、とげに触った時のチクリとする刺激を不快だと感じたり、神経が高ぶる感じを「イライラ」という言葉で表現するようになりました。

つまり「イライラする」とは、心や体にとげが刺さっている状態、または心や体がとげのように鋭敏になっている状態を表しています。

「イライラする」という言葉の語源が、草木のとげから来ている事を知らない人は多いと思いますので、会社や学校でウンチクとして使えるかもしれません。

6. 「イライラしている」状態とは?

「イライラしている」状態とは?

「イライラしている」状態とは、具体的にどのような状態かをチェックしていきましょう。

仕事をしている人や、忙しい人、目標に向かって頑張っている人や理想が高い人などは、「イライラする」機会が多いでしょう。

いつも「イライラしている」人は、思い当たる事が多いかもしれません。

6-1. 怒りを抑えている

6-怒りを抑えている

「イライラしている」という時は、怒りに身を任せて荒れ狂っているのではなく、何とか自分の感情をコントロールしようとする時になりやすい状態です。

本当は怒っているけれど、怒っている姿を見せられない時は「イライラしている」状態になりやすいです。

例えば職場の同僚がミスをした時は、怒りに身を任せて同僚を叱責したくなるかもしれません。

しかしそのような行動に出てしまえば、職場の空気が悪くなってしまいます。

そこで、ほとんどの人は怒りをコントロールしようと努力するはずです。

しかし怒りの感情はそう簡単に消えません。

そのような時の心や体の状態を「イライラしている」と表現する事ができます。

6-2. ストレスが溜まっている

6-ストレスが溜まっている

何となく「イライラしている」と感じる時は、「ストレスが溜まっている」のかもしれません。

どんなに嫌な事が起こっても、一晩寝ると前日の嫌な気持ちは消えているものですが、ストレスが溜まり過ぎているとそうはなりません。

起きた瞬間から、「何となくイライラしているな」と感じます。

心の中を良く探ると、誰かに対する怒りの感情を思い出すかもしれません。

なるべく早くストレスを抜かないと、嫌な気持ちのままその日を過ごす事になりそうです。

6-3. 思い通りにならない

6-思い通りにならない

「こうしたい」という理想があるのに、そのように事が進まない場合は「イライラする」事になります。

例えば仕事が思ったようにうまく進まない時や、好きな人が自分の事を振り向いてくれない時は、常に「イライラしている」状態です。

「こうしたい」という思いが強すぎると、それが叶わない時にイライラしてしまいます。

理想が高い人は、いつでも何かに対して、あるいは誰かに対して「イライラしている」可能性が高いです。

6-4. 期待が裏切られていると感じている

6-期待が裏切られていると感じている

例えば上司が部下に対して「いい仕事をしてくれ」と思っている時に、その期待が裏切られるようなミスをされた時は「イライラする」でしょう。

子供を塾に通わせたり、家庭教師を付けているのに、一向に成績が上がらない時も期待が裏切られたような気がして「イライラする」はずです。

自分ではなく誰かに期待をかけると、その期待通りに事が運ばない時に、怒りの感情がわいたり、焦りの感情が湧いてきます。

結果として、心と体がささくれ立つような感じを覚えるようになります。

7. イライラを解消する方法

イライラを解消する方法

「イライラする」という状態が日常的になってしまっている人は、心身ともにリスクが高い状態といえます。

「イライラ」は体の状態が良くない時に感じます。

逆に言えば「イライラする感じ」が続くと、体の状態が悪くなってしまう可能性が高いからです。

そこで「イライラを解消する方法」を紹介します。

早めのイライラ解消により、健康で幸せな日々を取り戻しましょう。

7-1. 深呼吸する

7-深呼吸する

「イライラする」と感じたら、「深呼吸」をしてみましょう。

「イライラする」時は、交感神経が優位になっていて、神経が過敏になっていたり、脈拍が早くなっています。

「深呼吸」をすると、呼吸がゆっくりになり、心拍数も少なくなります。

心から体に働きかけてマイナス方向の刺激を、今度は体から心に働きかけてプラス方向にシフトチェンジする事ができるでしょう。

深呼吸はどのような場面でも、イライラに効果的です。

また深呼吸は場面を選ばずに実践する事ができます。

職場のデスクに座りながらでも、トイレ休憩のついででも実践する事ができます。

大切な商談前や、会議の前などにイライラを感じる時は、ぜひ深呼吸をしてみましょう。

起きた時にストレスやイライラを感じた時は、布団の中で体を起こして深呼吸をしましょう。

気分良く1日のスタートが切れるでしょう。

7-2. 「こうあるべき」という考えを捨てる

7-「こうあるべき」という考えを捨てる

理想が高く「こうあるべき」という考えが強い人は、その理想とのギャップに苦しみ「イライラする」事になります。

理想を高く持ったり、大きな目標を持つ事は大切な事ですが、心身の調子がおかしくなるようでは意味がありません。

そこで「イライラする」事が多すぎると感じる人は、ひとまず理想を捨てて「こうあるべき」という考えを捨てるようにしましょう。

「なるようになる」と思って、流れに身を任せていると、イライラが少なくなるはずです。

例えトラブルが起こったとしても、そのトラブルを楽しむようになるかもしれません。

7-3. ストレスを解消する

7-ストレスを解消する

忙しい職場で働いている人や、人間関係に恵まれない環境にいる人は、何かとストレスを感じると思います。

ストレスが溜まり過ぎていると、嫌な事が起こっていないのに「イライラしている」と感じるようになります。

イライラが慢性的になると、心や体に様々な悪影響が出てしまいます。

ストレスは溜めずに、感じたらすぐに解消するよう心がけましょう。

先ほど紹介した「深呼吸」もストレス解消に効果的です。

さらに軽い運動も、ストレス解消法としておすすめです。

ゴルフやテニス、あるいはランニングやヨガなどをする事で、全身の血行が良くなり、老廃物を排出する事ができます。

同時にストレスが解消され、心も体もスッキリするでしょう。

他にも「趣味」を楽しむ事でストレスを解消する事ができます。

また「好きな人」と同じ時間を過ごす事でもストレス解消は可能です。

気の合う友達と飲み会をしたり、彼氏や彼女とデートをする事でストレスを解消すれば、「イライラしている」と感じる事も少なくなるでしょう。

7-4. 他人に期待し過ぎない

7-他人に期待し過ぎない

他人は自分の思うように行動してくれません。

そのため他人に期待すると「イライラする」機会が増えてしまいます。

基本的に「他人に期待し過ぎない」よう心掛けると、それだけでイライラする機会が減るはずです。

まとめ

「イライラする」の意味と、使い方、語源などをチェックしてきました。

「イライラする」という言葉の意味がより具体的に鮮明になったのではないでしょうか。

「イライラする」という言葉を使いこなせるようなるのと同じくらい、「イライラを解消する」事は大切です。

ストレスなどで「イライラする」事が増えている人は、その状況から脱出できるよう、紹介した方法を実践してみましょう。

「イライラする」の意味や類語を紹介します。

さらに「イライラする」の語源や「イライラ解消法」についても紹介していきます。


「イライラする」の意味とは?

「イライラする」という言葉は日常生活でも比較的頻繁に使われる言葉です。

もしかしたら、最近一週間の間に、「イライラする!」と叫んだ経験がある人もいるかもしれません。

「イライラする」とは、神経が高ぶった状態、焦っている状態、不快な状態になっている時の状態を表現した言葉です。

何かがうまく行かない時、思う通りにならない時に、人はイライラするという言葉を使います。

「イライラする」と思う時、自分でも思っていないような感情に支配されている事があります。

また体がしびれたり、頭に血液が集中したり、鳥肌が立つなどの、生理現象を伴う事もあります。

つまり「イライラする」という現象は、自分で気持ちや体の状態をコントロールできていない時に起こる心や体の状態でもあります。

「イライラする」という感情は、心や体が自然に起こしてしまう現象で、自分が「イライラしたい」と思って手に入れる心の状態ではありません。

自分でもどうにもできないくらい、不快な気持ちになったり、焦ったり、辛い気持ちになる時、体の状態がコントロールできないくらい、気持ちが波打ってしまう時などに「イライラする」という言葉を使って、自分の状態を表現します。

「イライラする」の類語

「イライラする」という言葉には、似たような意味を持つ言葉がいくつかあります。

昔から知っている「イライラする」という言葉は、言葉で説明しようとすると、なかなか説明が難しい言葉でもありますので、類語を知る事が理解の近道になるかもしれません。

そこで「イライラする」の類語を紹介します。

2-1. 「頭にくる」

2-「頭にくる」

「イライラする」という言葉に似た言葉に「頭にくる」という言葉があります。

「イライラする」と感じた時の、その最初の衝動を表現した言葉が「頭にくる」という言葉といえるかもしれません。

まず誰かの言動や自分の行動によって「頭にきた」後に、「イライラする」という状態が続く事があります。

例えば同じ会社の同僚が自分の悪口を言っているのを聞いた時、最初は「頭にきて」、後に「イライラする」かもしれません。

悪口を聞いて、その同僚に文句を言っている時は「頭にきている」状態です。

同僚が謝ったので許した後、それでも心が波打ち、許せない部分が完全に消えないような状態は「イライラしている」という事になります。

「頭にくる」という状態が「急にくる状態」だとすれば、「イライラする」と言う状態は、「長く続く状態」といえるでしょう。

2-2. 「ムカつく」

2-「ムカつく」

「ムカつく」という言葉も「イライラする」という言葉に似ています。

「イライラする」という言葉が、どちらかといえば「神経的な感覚」だとすれば、「ムカつく」という言葉は「胃の感覚」「内臓が感じる感覚」といえるでしょう。

「ムカつく」という言葉は「ムカムカする」という言葉で表現する事もできます。

「胃がムカムカする」という時は、二日酔いなどで胃の調子が悪い時に使われますが、同じように腹が立つ事が起こった時も「胃がムカムカする」という言葉を使います。

ちなみに、何かが起こって「ムカつく」時も、直接的な理由で内臓の調子が悪くなった「ムカつく」時も、感覚的には同じです。

実際に、二日酔いの時は、気持ち的にも「ムカつく」「イライラする」のではないでしょうか。

このように精神的な不快さと、肉体的な不快さはなかなか区別する事はできません。

「イライラする」という時にも、更年期障害など、肉体的な不調が原因という事もあります。

「ムカつく」時、「イライラする」時は、目の前で起こっている出来事が原因なのか、身体的な理由で起こっている現象なのかを確かめる必要があるかもしれません。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!