占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180920141017.html
「飽くなき探求心」の意味・類語・使い方・例文・対義語

「飽くなき探求心」の意味・類語・使い方・例文・対義語 | SPITOPI

SPITOPI
「飽くなき探求心」の意味・類語・使い方・例文・対義語

スポンサーリンク

「あくなき探求心」の意味と類語、メリットについて紹介します。

さらに「あくなき探求心」を持つ人の特徴や例文を紹介して行きます。

  • 「飽くなき探求心」の意味とは?
  • 「飽くなき探求心」の類語
  • 「飽くなき探求心」のメリット
  • 「飽くなき探求心」を持つ人の特徴
  • 「飽くなき探求心」を使った例文
  • まとめ

1. 「飽くなき探求心」の意味とは?

「飽くなき探求心」の意味とは?

「飽くなき探求心」とは、飽きる事無く、何かを探し求める心を持っている人の事を意味します。

「飽くなき」という言葉は、飽きる事がない、情熱を持って、継続的に続けるというような意味が含まれています。

「探求心」には、何かを探し求める心、何かまだ見ぬ物事を得ようとして探し回る心を持つ人、などの意味が含まれています。

合わせて考えると、いつでも何かを探し求めている人の姿が浮かび上がります。

例えば宝物を探し求めているならば、ハンターのような人が思い浮かびますし、知識を集めようとしている人ならば学者のような人を思い浮かべます。

若い頃だけでなく、一時だけでもなく、いつなんどきでも、高齢者になっても継続的に何かを探し求めている人は、はた目から見て格好いいと感じられる人ではないでしょうか。

「飽くなき探求心」を持つ大人は、いくら年を取っていても、見かけからして若く感じます。

これから人生100年時代を迎えるにあたり、いくつになっても「飽くなき探求心」を持つ事の大切さを感じる人も多くなっています。

2. 「飽くなき探求心」の類語

「飽くなき探求心」の類語

「飽くなき探求心」に似た言葉をチェックして、言葉の意味を深堀りしてみましょう。

類語を知る事で、「飽くなき探求心」という言葉の意味を理解しやすくなるはずです。

2-1. 「知的好奇心が強い」

2-「知的好奇心が強い」

「飽くなき探求心」を持つ人と「知的好奇心が強い」人は、ほとんどイコールではないでしょうか。

考古学のハンターや学者は、古代の財宝や宝物を探し手に入れます。

「飽くなき探求心」を持つ人は、具体的な物を手に入れる事もありますが、そこには下敷きになるような「知的好奇心の強さ」があるはずです。

知的好奇心が強く、本や古地図などを見ているうちに、隠された財宝等の存在を知る事になるからです。

やや行動派でアクティブな人は「飽くなき探求心」を持つ人、机の上で様々な事を調査し分析するような探偵タイプの人は「知的好奇心が強い」人だと分ける事もできるかもしれません。

2-2. 「尽きない興味」

2-「尽きない興味」

「尽きない興味」という言葉も「飽くなき探求心」という言葉に近い言葉です。

いくつになっても興味が尽きない人は、「飽くなき探求心」を持つ人と言い換えてもいいほど似た存在だからです。

興味が尽きないといいますが、好奇心が強い人、探求心が強い人は、ひとつの興味から次の興味、さらに次の興味と連鎖的に新しい興味を探し出します。

このような人は、何年経っても興味が尽きる事がない人です。

2-3. 「冒険心」

2-「冒険心」

「飽くなき探求心」を持つ人は、同時に「冒険心」を持っているのではないでしょうか。

「冒険」とは例え危険な場所だとしても、好奇心にしたがって探検する勇気がある人の心の状態を意味しています。

「冒険心」は若い頃はともかく、中年以降になると減ってしまいがちです。

安定した生活を守るため、ルーティンワークを主体とした守りの生活に陥りがちだからです。

好奇心や探求心に素直な人は、いくつになっても新しい挑戦を繰り返します。

このような人は「冒険心」を持ち続けられる勇気のある人です。

何より人生を楽しんでいるので、輝いて見えます。

仮に結婚をして子供が生まれたとしても、守りに入らず好きな事をできる人ではないでしょうか。

2-4. 「探究心」

2-「探究心」

「飽くなき探求心」の「探求心」は比較的具体的な物や知識を探し求める心を示しています。

似たような言葉として「探究心」があります。

「探究心」という場合は、具体的な物や知識を探し回るのではなく、漠然とした物や理想や心理などを探し求める場合に使います。

人によっては「飽くなき探求心」ではなく「飽くなき探究心」を持っている人かもしれません。

探し求める物は違っても、何かを追い求める積極的な姿勢は変わらないでしょう。

3. 「飽くなき探求心」のメリット

「飽くなき探求心」のメリット

「飽くなき探求心」を持つと、どのようなメリットがあるでしょうか。

実際に「飽くなき探求心」を持ち続けるとどのようなメリットがあるのかをチェックしてみましょう。

3-1. 「知識を得られる」

3-「知識を得られる」

「飽くなき探求心」を持つと、他の人よりも豊富な知識を得る事ができます。

知識を得る事は単純に楽しいという一面があります。

また仕事や生活に役立つという側面もあります。

どのように仕事をすれば楽しくできるか、大きな成果を出す事ができるか、幸せに生きる事ができるかなど、とっておきの知識を手に入れる事ができるかもしれません。

3-2. 「理由が分かる」

3-「理由が分かる」

「飽くなき探求心」を持つと、「理由が分かる」というメリットがあります。

「なぜ○○はこうなんだろう」と疑問に思った時に、放置してしまえばそれっきりになってしまいます。

しかし探求心を持ち続けて、調査を続けていれば、いつか「だからこうなのか」というような理由が見えてくるでしょう。

理由が分かると気持ちがスッキリしますし、他の人に理由を説明する事ができます。

上辺だけの知識だけでなく、その原因や理由まで把握している人は、何を質問してもきちんと答える事ができるので、周囲の人から尊敬を集める事ができるかもしれません。

3-3. 「好奇心を保てる」

3-「好奇心を保てる」

「飽くなき探求心」を持つ人は、「好奇心を保つ」事ができます。

好奇心があれば、時代が変わっても、新しい知識をずっと吸収する事ができます。

若者言葉と呼ばれる言語や、若者文化と呼ばれるカルチャーなどは、高齢になるほど縁遠くなってしまいます。

ただし好奇心さえ持ち続ければ、スポンジのように新しい知識を吸収する事ができます。

様々な世代の人と話が合いますし、人間関係も広がり続けます。

楽しい人生を送る確率が高くなりそうです。

3-4. 「新しい世界に出会える」

3-「新しい世界に出会える」

「飽くなき探求心」を持つ事で「新しい世界と出会える」というメリットがあります。

探求心を持って、何かを探し求めると、それまでは知らなかった世界と出会う事になります。

それは海外の国かもしれませんし、見た事もないような古い遺跡かもしれません。

またはまったく出会った事がなかったような人間関係かもしれません。

いずれにせよ、「飽くなき探求心」を持っている人は、毎日のように新しい世界を発見する事になります。

新しい世界の中には、これまで知っている世界よりも、自分を幸せにしてくれる世界があるかもしれません。

3-5. 「人との出会いがある」

3-「人との出会いがある」

「飽くなき探求心」を持つと、新しい世界に行く事ができます。

新しい世界には、当然ですが、まだ見ぬ人との出会いがあります。

世代や人種を超えた、様々な人と交流する機会があり、素敵な人との出会いも待っているでしょう。

それは同性かもしれませんし、異性かもしれません。

結婚を意識するような素敵な異性との出会いもあるでしょう。

探求心や好奇心、冒険心を持ちながら、新しい世界や新しい人との出会いを楽しむ事で、本当に一緒にいて楽しい人や、魅力的な人に出会う事ができるかもしれません。

3-6. 「新しい楽しみを持てる」

3-「新しい楽しみを持てる」

「飽くなき探求心」を持ちながら生きていると、今まで経験した事のないような楽しい事に触れ会う機会があるでしょう。

それは新しい趣味かもしれませんし、新しい学問かもしれません。

毎日のように新しい楽しみができれば、毎日が楽しくなりそうです。

3-7. 「調査能力がアップする」

3-「調査能力がアップする」

「飽くなき探求心」を持ち続けながら生きて行けば、様々な物や知識を探し当てる事になるでしょう。

最初の頃は探し方や、効率的に探す方法が分からなかった人も、いつの間にか「調査能力がアップ」しているはずです。

どんなものでも短時間で探し当てる事ができるようになるかもしれません。

調査能力がアップすれば、それまで探せなかったものも、探せるようになります。

人類が未知の大発見などをするチャンスが巡ってくる可能性もあります。

3-8. 「分からない事が少なくなる」

3-「分からない事が少なくなる」

「飽くなき探求心」を持ちながら、何かを探し続けていると、たくさん知識が入ってきますし、新しい出会いがあります。

その過程で「分からない事が少なくなる」というメリットがあります。

よく意味が分からないでしていた事、よく分からないけれど起こっている社会現象などの意味が分かり始めます。

分からない事が少なくなると、スッキリした気持ち生活を送る事ができそうです。

4. 「飽くなき探求心」を持つ人の特徴

「飽くなき探求心」を持つ人の特徴

飽くなき探求心」を持つ人には、いくつかの共通する特徴があります。

その特徴とは一体どのようなものでしょうか。

そこで「飽くなき探求心」を持つ人の特徴を紹介しますので、自分に当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

4-1. 「勉強が好き」

4-「勉強が好き」

「飽くなき探求心」を持っている人は、基本的に「勉強が好き」です。

もちろん受験勉強のような決められた事を学ぶ事が好きな人ではなく、誰にも求められていないような事を、自ら調べて学んで行くようなタイプの勉強好きです。

いくつになっても、語学や新しい資格取得などの勉強をしている人がいます。

高齢になっても勉強をやめない人は、「飽くなき探求心」を持つ人です。

学生時代の勉強が苦手だった人の方が、社会人になってから進んで勉強する傾向がありますので、もし勉強嫌いという学生の方も安心してください。

4-2. 「好奇心が強い」

4-「好奇心が強い」

「好奇心が強い」人は、なんにでも絶えず強い興味を持っています。

「好奇心」は「探求心」と、とても似た言葉で、同じような性質を持っています。

いわばセットのような言葉ですので、「飽くなき探求心」を持つ人は「好奇心が強い人」ともいえます。

同じ本を読んでいても、読み終わったら終わりというタイプの人と、そこから派生する何かを調べ始める人がいます。

同じ作者の本を片っ端から読み始めたり、同時代に出版された本を読んだり、舞台になった街に出掛けてみたりする人は「好奇心が強い」そして「飽くなき探求心」を持つ人です。

4-3. 「掘り下げるのが好き」

4-「掘り下げるのが好き」

「飽くなき探求心」を持つ人は、何かを見ただけで終わりになったりしません。

例えば江戸時代が舞台のドラマを観たら、その時代の古地図を購入して、実際に東京を歩き回ったりします。

さらに江戸時代以前にも興味を持ち、弥生時代や縄文時代の東京にも思いをはせたりします。

このように何に対しても「掘り下げるのが好き」なタイプの人は、「飽くなき探求心」を持っています。

1を見て10を知るような性質を持っている人です。

4-4. 「納得したがる」

4-「納得したがる」

何かにつけて「納得したがる」人がいます。

曖昧に終わらせる事ができないので、周囲の人にとって少し面倒な存在に映る事もあります。

納得するためには、探求心を持って、様々な調査をしなくてはいけません。

自分の中で納得したり、腑に落ちるまでは調べる事をやめないタイプの人です。

何かの会話の途中で疑問に思う事が出た時に、会話をそっちのけにしてスマホで情報を調べる人がいますが、このような人も同様です。

面倒に見えますが、納得さえしてしまえば、気持ち良く行動してくれるので、分かりやすい人でもあります。

4-5. 「調べ始めたら止まらない」

4-「調べ始めたら止まらない」

「飽くなき探求心」を持つ人は、「調べ始めたら止まらない」という特徴を持っています。

例えばデート中に、一緒に食事をする飲食店を探し始めて止まらなくなる人がいます。

例えば彼女がスマホで飲食店を探し始めた時、彼氏は「デート中なんだから、スマホじゃなくて自分に注目して欲しい」と思うかもしれません。

しかし彼女は調べ始めたら止まらないタイプなので、彼氏の気持を無視して調査を続けてしまいます。

ケンカをするきっかけになるかもしれませんが、そんな彼女がみつけた飲食店は、きっと素敵なお店でしょう。

美味しい食事と素敵な雰囲気を楽しんでいるうちに、仲直りができるかもしれません。

4-6. 「先入観がない」

4-「先入観がない」

「先入観が強い人」は、何かを見た時に、決めつけてしまいます。

「これは○○だ」と断定してしまうため、それについて調べる必要がありません。

「飽くなき探求心」を持つ人は、「先入観がない」人といえます。

先入観がないため、新鮮な気持ちで様々な情報を調べる事ができます。

4-7. 「素直な人」

4-「素直な人」

「飽くなき探求心」を持つ人の中には、「素直な人」が多いです。

新しい物事を知ったり、楽しむためには、素直な心が必要だからです。

「どうせ」とか「結局」とか、先入観で物事を見たり、斜に構えてしまう人は、探求心を持ち続ける事はできません。

素直な人にだけ、様々な事を夢中になって探し求める資格があるといえるでしょう。

4-8. 「フットワークが軽い人」

4-「フットワークが軽い人」

「フットワークが軽い人」は、様々な調査を気軽に続ける事ができます。

週末で海外に調べものに行ったり、日帰りで新幹線を往復したりしながら、何かしらの新事実を探し出す事ができます。

腰が重く、動き出しが悪い人は、新しい事実に出会うまで時間がかかります。

「飽くなき探求心」を持つためには、フットワークの軽さが必須となるでしょう。

5. 「飽くなき探求心」を使った例文

「飽くなき探求心」を使った例文

「飽くなき探求心」という言葉の使い方を知るために、「飽くなき探求心」を使った例文を見て行きましょう。

ビジネスシーンと恋愛シーンにおける「飽くなき探求心」を使った例文を紹介します。

自分の文章に組み込む時の参考にしてください。

5-1. ビジネスシーンでの「飽くなき探求心」を使った例文

5-ビジネスシーンでの「飽くなき探求心」を使った例文

会社で仕事をしている時に、「飽くなき探求心」を持つ人と出会う事が多いです。

例えば同じ職場の上司の中に、「飽くなき探求心」を持つ人がいるかもしれません。

ちょっとした調べ物で用が足りるような事案でも、その周辺の事実を洗いざらい調べて、完璧な資料を作り上げる上司と出会ったら、学ぶ事が多いでしょう。

ただし完璧を目指すため、時間外労働をする機会も増えるかもしれません。

それでもその上司を尊敬できると思ったら、時には上司を褒め称え、今後も付いていくという姿勢を見せましょう。

例えば残業中に、上司が夜食を食べるため会社近くの食堂でご馳走してくれるとします。

上司は「いつも遅くまで付き合わせて悪いな」とい言うかもしれません。

そんな時に「いえ、○○さんの飽くなき探求心からは学ぶところが多いです。

今後も近くで仕事を学んでいきたいです」などと言いましょう。

上司は自分の事を良く理解してくれていると、あなたの事を可愛く思うでしょう。

5-2. 恋愛シーンでの「飽くなき探求心」を使った例文

5-恋愛シーンでの「飽くなき探求心」を使った例文

誰かを好きになった時は、その相手に対して「飽くなき探求心」を持ちがちです。

好みの映画や、好きな食べ物などをしつこく質問するなどして、ややストーカー気味に相手を追いかけてしまう人もいるでしょう。

もし好きな人に嫌われてしまいそうになったら、言い訳をしてみましょう。

「飽くなき探求心のせいで悪気はないんです。本当にごめんなさい」という感じです。

好きな相手には「悪気がない事」と「何でも知らないと気が済まない人」という性格が伝わるはずです。

結果的に許してくれる可能性が高くなるかもしれません。

もちろん、恋愛中の相手が嫌がらない程度の「飽くなき探求心」に抑える事が何より大切です。

まとめ

「飽くなき探求心」を持つと、人生が楽しくなります。

もし何事にも興味を持てない人がいたら、「飽くなき探求心」を持つ人の特徴から学び、様々な事に興味を持ってみましょう。

同時に「飽くなき探求心」という言葉の使い方を知り、的確な場面で使えるようになりましょう。

「あくなき探求心」の意味と類語、メリットについて紹介します。

さらに「あくなき探求心」を持つ人の特徴や例文を紹介して行きます。


「飽くなき探求心」の意味とは?

「飽くなき探求心」とは、飽きる事無く、何かを探し求める心を持っている人の事を意味します。

「飽くなき」という言葉は、飽きる事がない、情熱を持って、継続的に続けるというような意味が含まれています。

「探求心」には、何かを探し求める心、何かまだ見ぬ物事を得ようとして探し回る心を持つ人、などの意味が含まれています。

合わせて考えると、いつでも何かを探し求めている人の姿が浮かび上がります。

例えば宝物を探し求めているならば、ハンターのような人が思い浮かびますし、知識を集めようとしている人ならば学者のような人を思い浮かべます。

若い頃だけでなく、一時だけでもなく、いつなんどきでも、高齢者になっても継続的に何かを探し求めている人は、はた目から見て格好いいと感じられる人ではないでしょうか。

「飽くなき探求心」を持つ大人は、いくら年を取っていても、見かけからして若く感じます。

これから人生100年時代を迎えるにあたり、いくつになっても「飽くなき探求心」を持つ事の大切さを感じる人も多くなっています。

「飽くなき探求心」の類語

「飽くなき探求心」に似た言葉をチェックして、言葉の意味を深堀りしてみましょう。

類語を知る事で、「飽くなき探求心」という言葉の意味を理解しやすくなるはずです。

2-1. 「知的好奇心が強い」

2-「知的好奇心が強い」

「飽くなき探求心」を持つ人と「知的好奇心が強い」人は、ほとんどイコールではないでしょうか。

考古学のハンターや学者は、古代の財宝や宝物を探し手に入れます。

「飽くなき探求心」を持つ人は、具体的な物を手に入れる事もありますが、そこには下敷きになるような「知的好奇心の強さ」があるはずです。

知的好奇心が強く、本や古地図などを見ているうちに、隠された財宝等の存在を知る事になるからです。

やや行動派でアクティブな人は「飽くなき探求心」を持つ人、机の上で様々な事を調査し分析するような探偵タイプの人は「知的好奇心が強い」人だと分ける事もできるかもしれません。

2-2. 「尽きない興味」

2-「尽きない興味」

「尽きない興味」という言葉も「飽くなき探求心」という言葉に近い言葉です。

いくつになっても興味が尽きない人は、「飽くなき探求心」を持つ人と言い換えてもいいほど似た存在だからです。

興味が尽きないといいますが、好奇心が強い人、探求心が強い人は、ひとつの興味から次の興味、さらに次の興味と連鎖的に新しい興味を探し出します。

このような人は、何年経っても興味が尽きる事がない人です。

2-3. 「冒険心」

2-「冒険心」

「飽くなき探求心」を持つ人は、同時に「冒険心」を持っているのではないでしょうか。

「冒険」とは例え危険な場所だとしても、好奇心にしたがって探検する勇気がある人の心の状態を意味しています。

「冒険心」は若い頃はともかく、中年以降になると減ってしまいがちです。

安定した生活を守るため、ルーティンワークを主体とした守りの生活に陥りがちだからです。

好奇心や探求心に素直な人は、いくつになっても新しい挑戦を繰り返します。

このような人は「冒険心」を持ち続けられる勇気のある人です。

何より人生を楽しんでいるので、輝いて見えます。

仮に結婚をして子供が生まれたとしても、守りに入らず好きな事をできる人ではないでしょうか。

2-4. 「探究心」

2-「探究心」

「飽くなき探求心」の「探求心」は比較的具体的な物や知識を探し求める心を示しています。

似たような言葉として「探究心」があります。

「探究心」という場合は、具体的な物や知識を探し回るのではなく、漠然とした物や理想や心理などを探し求める場合に使います。

人によっては「飽くなき探求心」ではなく「飽くなき探究心」を持っている人かもしれません。

探し求める物は違っても、何かを追い求める積極的な姿勢は変わらないでしょう。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い