占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180920140806.html
「決めつける」の意味・類語(決めつける人の心理や特徴)

「決めつける」の意味・類語(決めつける人の心理や特徴) | SPITOPI

SPITOPI
「決めつける」の意味・類語(決めつける人の心理や特徴)

スポンサーリンク

「決めつける」という言葉の意味と類語を紹介します。

さらに「決めつける」人の心理と特徴を紹介して行きます。

  • 「決めつける」の意味とは?
  • 「決めつける」の類語
  • 「決めつける」人の心理
  • 「決めつける」人の特徴
  • 「決めつける」男性の具体例
  • まとめ

1. 「決めつける」の意味とは?

「決めつける」の意味とは?

頑固で融通が利かないタイプの人の中には「決めつける」人がいます。

ひとりで決断するという特徴と、人の意見を聞かないという特徴があるので、その人の決めつけをなかなか否定したり、誤解を解いたりするのが難しいです。

「決めつける」の意味は、何かが起こった時に、その理由を「こうだ」と頭ごなしに決めてしまい、その考えを動かさないような意味があります。

「決める」だけでなく「つける」という事で、独断で決めて、その考えを動かさないという、やや盲目的で頑固なイメージがある言葉です。

日本を含め独裁国家をよしとしている国はほとんどありませんから、重要な決断はみんなで話し合って決めるべきだと思っています。

しかし小さな世界では、独断で全てを決めてしまい、他の人の意見を聞かない人がいます。

例えば一家の家長である、父親の中には「決めつける」人がいます。

例えば、子供が希望する大学に進学できない時に「お前はダメだ」と決めつけてしまいます。

また子供が自分が納得できる職種で働かない時に「そんな仕事はダメだ」と否定したりします。

ちょっと服装の趣味が悪い友達を連れてくると「不良と付き合うな」と言って、引き離しにかかります。

不良かどうか、きちんと対面して話した事もないのに、直感的に不良だと「決めつけてしまう」からです。

父親だけでなく、優しそうに見える母親の中にも「決めつける」人がいます。

自分の希望する学歴や職種についている人以外とは、結婚を認めないような母親もいるでしょう。

さらにワンマンの会社の社長や、家族経営の会社の会長なども「決めつける」傾向が強いです。

基本的には「決めつける」事で成功をしてきた経験がある人が多く、その場合は考えを変えさせるのが難しいかもしれません。

いずれにせよ「決めつける」という言葉を使う時、その相手に対してネガティブなイメージを持っている事は否定できません。

「決めつける人だ」と思われる事は「嫌われている」のと同意語だと思って間違いないでしょう。

もし何事も良く考えずに「決めつける」傾向がある人は、できるだけ早く考えを修正するようにしましょう。

2. 「決めつける」の類語

「決めつける」の類語

ちょっと迷惑な行為として「決めつける」という言葉は使われています。

「決めつける」という言葉の類語をチェックすると、「決めつける」という言葉の意味がさらに理解できるようになるでしょう。

そこで「決めつける」の類語を紹介します。

2-1. 「独断する」

2-「独断する」

「独断する」という言葉は、「決めつける」という言葉にかなり近いです。

「独断する」は「ひとりで決断をする」という意味で「他の人の意見を聞かない」という意味も含まれています。

自分一人で何かを決める時は、間違っている可能性が強くなります。

たくさんの人と意見をすり合わせた方が、間違いを正すチャンスが多いからです。

ただし何でも多数決で決めようとすると、考えがまとまらなかったり、大勢の間違った意見に流される事もあります。

そのため自分一人で何かを決める必要がある時は「独断と偏見で選びました」などと、自分の考えが間違っているかもしれないという意味の宣言をします。

「間違っているかもしれませんが、自分で決めました」という覚悟を周囲に示すためです。

このように「独断する」という言葉には、「決めつける」という言葉よりも否定的な意味が少ない面があります。

世の中には「独断する」事が必要な場面がある事を知っている人が多いからです。

何かを一人で決めた時に、「一人で決めるような器ではない」「そんな役割じゃない」と思われていると「独断する」ではなく「決めつける」と言われてしまうかもしれません。

2-2. 「先入観を持つ」

2-「先入観を持つ」

「決めつける」という言葉には、間違った考えを持っている、つまり「間違った先入観で物事を決めている」という意味も含まれています。

そのため「先入観を持つ」という言葉も、「決めつける」の兄弟のような言葉です。

「先入観」には良い先入観と悪い先入観があり、悪い先入観を持つ人が「決めつける」事になります。

いずれにせよ「先入観を持つ」人は、何かを決める時に「それは果して正しい考えかどうか」を見直す必要があります。

たまたま持っている先入観をあたかも「絶対的な真理」のように扱ってしまうと、間違った回答を導き出す事につながってしまうからです。

「先入観を持つ」という行為にも注意が必要です。

2-3. 「思い込む」

2-「思い込む」

「思い込む」という言葉も「決めつける」という言葉に近いです。

なぜなら「思い込んでいる人」が「決断をする」と「決めつける」事になりがちだからです。

「思い込む」とは、先入観を元に偏った考えを持っている人の頭の中をイメージしたような言葉です。

「思い込み」とは真実とは限りません。

逆に言えば自分の考えを常に疑っている人は「思い込み」をせず「決めつける」事もありません。

2-4. 「レッテルを貼る」

2-「レッテルを貼る」

「決めつける」と同じ意味の言葉に「レッテルを貼る」という言葉があります。

「レッテルを貼る」という言葉は、まさに「勝手に決める」と同時に「その考えを永続的に維持しようとする」行為に他ならないからです。

髪の毛が茶色い人を見て「不良」と決めつけるのは、まさに「レッテルを貼る」行為です。

その人の髪の毛以外の部分を無視して「不良」というレッテルを貼ってしまっているからです。

また髪の毛が茶色いのは、生まれつきかもしれませんし、その時代のオシャレかもしれません。

レッテルを貼った人の価値観と、世の中がずれている場合、間違った決めつけをする事になります。

「レッテルを貼る」という行為は、なかなか恐ろしい行為でもあります。

レッテルを貼られた人は、どれだけ努力をしても、そのレッテルを払しょくする事ができないケースがあるからです。

その人の事を良く理解すれば、間違ったレッテルである事に気付くかもしれませんが、そこまで親しく付き合えるチャンスがある人ばかりではないでしょう。

「不良」とか「バカ」とか「だらしない」などの「レッテルを貼る」行為は、もっと非難されても良いような暴力的な行為かもしれません。

3. 「決めつける」人の心理

「決めつける」人の心理

「決めつける」という行為をする人は、一体どのような心の中になっているのでしょうか。

そこで「決めつける」人の心理をチェックしてみましょう。

「決めつける」人の心理を知り、行動の理由を知るとともに、自分はそのような真理に陥らないように注意をしましょう。

3-1. 絶対的な価値基準がある

3-絶対的な価値基準がある

自分の中に「価値基準」があるのは大切な事です。

しかしそれが「絶対的」な場合は注意が必要です。

価値基準は時代や環境の変化に合わせて微調整が必要で、「絶対」という事はないからです。

例えば若い人の中には、「若い方が絶対にいい」という考えがあるかもしれません。

そこから転じて「高齢者になるくらいなら死んだ方がいい」という「決めつけ」があるかもしれません。

しかし年を取って見ると、それは特別な事ではなく、当たり前の事だと分かります。

年を取ると「悪い事」もありますが、「良い事」もあります。

「死んだ方がいい」と思うほど、ひどい状態ではない事も理解する事ができるでしょう。

このように「知識が少ない事から来る絶対的価値観」があります。

少ない材料で全ての事を理解しようとすると、しばしば間違った決めつけをする事になります。

また高齢者の中にも、絶対的な価値観を持っている人がいます。

その価値観は若い頃には有用だったかもしれませんが、時代の変化とともに捨てなければならないような価値観になっているかもしれません。

いずれにせよ、「絶対的な価値観」を持っている人は、しばしば物事を「決めつける」傾向があります。

「価値観は持つべきだが、微調整が必要」という事を知っておきましょう。

3-2. 間違っているかもしれないと思えない

3-間違っているかもしれないと思えない

「自分の考えが間違っているかもしれない」と、思えない人は「決めつける」傾向が強いです。

どのような場面でも、「この考えは間違っているかもしれない」と思える謙虚な人は、物事を「決めつける」事はありません。

誰かに指摘をされた時に「そうか、自分の考えは極端だったかも」とか、「そういう考えがあるか」と思える人は、何かを「決めつける」事はありません。

仮に一時的に「決めつける」事があっても、間違っていたことを認めて、決定を覆す事ができます。

基本的に世界中の人が、常に間違った考えを持っている可能性があります。

「自分だけは間違っていない」と思っている人は、すでにその考えが間違っています。

間違っているかもしれない、他の人の意見の方が正しいと思えない人は注意が必要です。

3-3. 直感で判断する

3-直感で判断する

「直感で判断する」クセがある人も「決めつける」可能性が高いです。

「なぜそう決めたのか」を他の人に聞かれた時に「直感で」と答えて、他に何も説明してくれない天才タイプの人は、様々な事を「決めつける」事になります。

それがうまく行っている時は、周囲も付いていきますが、ほとんどの場合、どこかの時点で狂いが生じてカオスになっていくでしょう。

物事を立ち上げる時など、勝負どころでは「直感で判断する」必要が出てくるかもしれません。

しかし平常時の会社や事業の運営などは直感に頼らず、合議制で決めた方が間違いが少ないでしょう。

仮に直感で判断する場合も、その直感による決断を他の人に説明できるような理由を考えてみる必要があるかもしれません。

4. 「決めつける」人の特徴

「決めつける」人の特徴

何かと「決めつける」人には特徴があります。

そこで「決めつける」人に共通する特徴をチェックしてみましょう。

4-1. 頑固な人

4-頑固な人

「頑固な人」は自分の考えを曲げない人です。

他の人の意見を聞かない人は「決めつける」傾向が強いです。

一度決めた事が間違っていると気付いても、頑固な人は訂正する事に抵抗があります。

このような困った性格の人は、何かと「決めつける」ため、周囲の人から迷惑がられる可能性が高いです。

4-2. 視野が狭い人

4-視野が狭い人

「視野が狭い人」は、広い視野を持っていないので偏った意見を持ってしまいがちです。

その結果「決めつける」ような行為をしがちになります。

例えば音楽を聞く時も、自分の好きなジャンルの音楽しか聴かないため、新しいジャンルの音楽や自分が好きなジャンル以外の音楽を、「ダメな音楽」「下の音楽」と「決めつける」行為をします。

このような視野が狭い人と話をするとイライラするため、視野が広く知識が豊富な人ほど離れて行ってしまうでしょう。

世の中が狭くなりがちで、楽しくなくなる可能性が高いため、視野が狭い人は注意が必要です。

4-3. 自分以外の考えを認めない人

4-自分以外の考えを認めない人

たまに世の中には「自分以外の考えを認めない」人がいます。

なぜそのような考えになるのか、理解不能ですが、そのような人がいます。

このような人は、全ての決定が独りよがりの「決めつけ」になります。

一緒に何かをするのが難しい人です。

近い将来、孤立をして世の中からスポイルされてしまうでしょう。

4-4. 「好み」という発想がない人

4-「好み」という発想がない人

何かを見た時に「上と下」「優れているものと劣っているもの」というように、上下で判断する癖がある人がいます。

同じ女性を競い合った時に、自分を選んでもらったら、その男性に「勝った」と思う人です。

しかし、その男性は競い合った男性に勝っていたわけではないでしょう。

たまたま、女性の「好み」だっただけかもしれません。

このように世の中で何かを選ぶ時は「勝ち負け」や「優劣」「上下」ではなく「好み」という基準が存在します。

そして「好み」で物事を選ぶ事は、「勝ち負け」や「優劣」を基準にするよりも機会が多いです。

「好み」という考えを持つ事ができれば、「決めつける」という事が少なくなります。

「好み」は人によって違い、そこに特別な理由はないからです。

もし自分が頑固で、何でも「決めつける」傾向がある人は「好み」という考えを取り入れてみましょう。

それだけで世の中が違って見えてくるはずです。

4-5. 自分が誰よりも優れていると思っている人

4-自分が誰よりも優れていると思っている人

「自分が誰よりも優れている」と意識的、無意識的に思っている人がいます。

このようなタイプの人は、他の人よりも「決めつける」傾向が強いです。

同じコミュニティの人よりも優れていると思えば、他の人の意見を聞く必要が無いと思う可能性が高くなります。

「どうせ自分の方が正しい考えができるのだから、他の人の意見を聞く必要はない」と尊大に考える可能性があるからです。

しかし本当に自分の方が他の人よりも優れているかどうかは、定かではありません。

分かっている事があるとすれば、そのような考えをする人は、他の人から嫌われるという事だけです。

自分が誰よりも優れていると思っている人は、いつか嫌われてしまう事、もうすでに嫌われているかもしれない事を知った方がいいでしょう。

5. 「決めつける」男性の具体例

「決めつける」男性の具体例

「決めつける」という困った行為をしている人の姿を、具体的に見て行きましょう。

特に男性には「決めつける」人が多いです。

具体的に世の中にいる「決めつける人」人の例をチェックして、自分も同じように振る舞わないように注意をしましょう。

5-1. 「年上が偉い」と決めつけている男性

5-「年上が偉い」と決めつけている男性

例えば「年上が偉い」と決めつけている男性がいます。

年功序列の世界で育った、高齢者に多いタイプです。

しかし実際に若い人、高齢者など、年齢によって偉いかどうかが決まるわけではありません。

年上の人が偉いというのは、ある時代にあった価値観ではありますが、現代に通用するわけではありません。

このような考えを持っている人は、早めに捨てた方が行きやすくなるでしょう。

それよりも「年齢に関係なく、素敵な人になろう」と思った方が健全です。

5-2. 趣味に良い趣味と悪い趣味があると決めつけている男性

5-趣味に良い趣味と悪い趣味があると決めつけている男性

困った男性に多いのが「趣味に良い趣味と悪い趣味がある」と決めている人です。

例えば「ゴルフ」は良い趣味で、「ゲートボール」はダメな趣味だと、勝手な順位づけをしている人がいます。

また「絵画鑑賞」は良い趣味で、「マンガを読む」のは悪い趣味だと思っている人もいます。

しかしこのような偏った考えが通用しない事は、社会常識があれば分かるはずです。

ある価値観が絶対の世界で生きている人は、このような間違った価値観を振りかざす傾向があります。

嫌われる原因になりますので注意が必要です。

まとめ

「決めつける」人は、周囲の人に迷惑な存在です。

「決めつけられた人」は深く傷つく事になり、「決めつける」人とは距離を置こうとするでしょう。

独断で決める時は「独断と偏見」で決めているという、客観的な視点を持つべきです。

このような客観性を失った人や、「好み」という考えを持てない人は、「決めつける」可能性が高く、周囲の人から嫌われる可能性があります。

「自分は間違っているかもしれない」という謙虚な姿勢を常に持ち、「決めつけない」ように注意をしましょう。

「決めつける」という言葉の意味と類語を紹介します。

さらに「決めつける」人の心理と特徴を紹介して行きます。


「決めつける」の意味とは?

頑固で融通が利かないタイプの人の中には「決めつける」人がいます。

ひとりで決断するという特徴と、人の意見を聞かないという特徴があるので、その人の決めつけをなかなか否定したり、誤解を解いたりするのが難しいです。

「決めつける」の意味は、何かが起こった時に、その理由を「こうだ」と頭ごなしに決めてしまい、その考えを動かさないような意味があります。

「決める」だけでなく「つける」という事で、独断で決めて、その考えを動かさないという、やや盲目的で頑固なイメージがある言葉です。

日本を含め独裁国家をよしとしている国はほとんどありませんから、重要な決断はみんなで話し合って決めるべきだと思っています。

しかし小さな世界では、独断で全てを決めてしまい、他の人の意見を聞かない人がいます。

例えば一家の家長である、父親の中には「決めつける」人がいます。

例えば、子供が希望する大学に進学できない時に「お前はダメだ」と決めつけてしまいます。

また子供が自分が納得できる職種で働かない時に「そんな仕事はダメだ」と否定したりします。

ちょっと服装の趣味が悪い友達を連れてくると「不良と付き合うな」と言って、引き離しにかかります。

不良かどうか、きちんと対面して話した事もないのに、直感的に不良だと「決めつけてしまう」からです。

父親だけでなく、優しそうに見える母親の中にも「決めつける」人がいます。

自分の希望する学歴や職種についている人以外とは、結婚を認めないような母親もいるでしょう。

さらにワンマンの会社の社長や、家族経営の会社の会長なども「決めつける」傾向が強いです。

基本的には「決めつける」事で成功をしてきた経験がある人が多く、その場合は考えを変えさせるのが難しいかもしれません。

いずれにせよ「決めつける」という言葉を使う時、その相手に対してネガティブなイメージを持っている事は否定できません。

「決めつける人だ」と思われる事は「嫌われている」のと同意語だと思って間違いないでしょう。

もし何事も良く考えずに「決めつける」傾向がある人は、できるだけ早く考えを修正するようにしましょう。

「決めつける」の類語

ちょっと迷惑な行為として「決めつける」という言葉は使われています。

「決めつける」という言葉の類語をチェックすると、「決めつける」という言葉の意味がさらに理解できるようになるでしょう。

そこで「決めつける」の類語を紹介します。

2-1. 「独断する」

2-「独断する」

「独断する」という言葉は、「決めつける」という言葉にかなり近いです。

「独断する」は「ひとりで決断をする」という意味で「他の人の意見を聞かない」という意味も含まれています。

自分一人で何かを決める時は、間違っている可能性が強くなります。

たくさんの人と意見をすり合わせた方が、間違いを正すチャンスが多いからです。

ただし何でも多数決で決めようとすると、考えがまとまらなかったり、大勢の間違った意見に流される事もあります。

そのため自分一人で何かを決める必要がある時は「独断と偏見で選びました」などと、自分の考えが間違っているかもしれないという意味の宣言をします。

「間違っているかもしれませんが、自分で決めました」という覚悟を周囲に示すためです。

このように「独断する」という言葉には、「決めつける」という言葉よりも否定的な意味が少ない面があります。

世の中には「独断する」事が必要な場面がある事を知っている人が多いからです。

何かを一人で決めた時に、「一人で決めるような器ではない」「そんな役割じゃない」と思われていると「独断する」ではなく「決めつける」と言われてしまうかもしれません。

2-2. 「先入観を持つ」

2-「先入観を持つ」

「決めつける」という言葉には、間違った考えを持っている、つまり「間違った先入観で物事を決めている」という意味も含まれています。

そのため「先入観を持つ」という言葉も、「決めつける」の兄弟のような言葉です。

「先入観」には良い先入観と悪い先入観があり、悪い先入観を持つ人が「決めつける」事になります。

いずれにせよ「先入観を持つ」人は、何かを決める時に「それは果して正しい考えかどうか」を見直す必要があります。

たまたま持っている先入観をあたかも「絶対的な真理」のように扱ってしまうと、間違った回答を導き出す事につながってしまうからです。

「先入観を持つ」という行為にも注意が必要です。

2-3. 「思い込む」

2-「思い込む」

「思い込む」という言葉も「決めつける」という言葉に近いです。

なぜなら「思い込んでいる人」が「決断をする」と「決めつける」事になりがちだからです。

「思い込む」とは、先入観を元に偏った考えを持っている人の頭の中をイメージしたような言葉です。

「思い込み」とは真実とは限りません。

逆に言えば自分の考えを常に疑っている人は「思い込み」をせず「決めつける」事もありません。

2-4. 「レッテルを貼る」

2-「レッテルを貼る」

「決めつける」と同じ意味の言葉に「レッテルを貼る」という言葉があります。

「レッテルを貼る」という言葉は、まさに「勝手に決める」と同時に「その考えを永続的に維持しようとする」行為に他ならないからです。

髪の毛が茶色い人を見て「不良」と決めつけるのは、まさに「レッテルを貼る」行為です。

その人の髪の毛以外の部分を無視して「不良」というレッテルを貼ってしまっているからです。

また髪の毛が茶色いのは、生まれつきかもしれませんし、その時代のオシャレかもしれません。

レッテルを貼った人の価値観と、世の中がずれている場合、間違った決めつけをする事になります。

「レッテルを貼る」という行為は、なかなか恐ろしい行為でもあります。

レッテルを貼られた人は、どれだけ努力をしても、そのレッテルを払しょくする事ができないケースがあるからです。

その人の事を良く理解すれば、間違ったレッテルである事に気付くかもしれませんが、そこまで親しく付き合えるチャンスがある人ばかりではないでしょう。

「不良」とか「バカ」とか「だらしない」などの「レッテルを貼る」行為は、もっと非難されても良いような暴力的な行為かもしれません。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い