占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180920140609.html
「乾いた笑い」の意味・類語・使い方・例文・対義語・乾いた笑いの人の特徴

「乾いた笑い」の意味・類語・使い方・例文・対義語・乾いた笑いの人の特徴 | SPITOPI

SPITOPI
「乾いた笑い」の意味・類語・使い方・例文・対義語・乾いた笑いの人の特徴

スポンサーリンク

「乾いた笑い」とはどのような笑いをいうのでしょう。

今まで耳にしたことがない人は覚えてみましょう。

  • 「乾いた笑い」の意味とは?
  • 「乾いた笑い」の類語
  • 「乾いた笑い」をする人の特徴
  • 「乾いた笑い」の使い方
  • 「乾いた笑い」を使った例文
  • 「乾いた笑い」の語源
  • 「乾いた笑い」の対義語
  • まとめ

1. 「乾いた笑い」の意味とは?

「乾いた笑い」の意味とは?

「乾いた笑い」とはどのような笑いをいうのでしょう。

喉に潤いがなくて、しゃがれた声で笑うこと?それともドライな感じにクールにふふんと笑うこと?など、知らない人は色々と想像してしまいそうな言葉です。

さて、この「乾いた笑い」の意味とは何でしょう。

「乾いた笑い」とは、「冷たい感じで笑いこと」「人間味や温かみのない笑みや笑い声」をいうそうです。

つまり、相手のことを蔑んだり、馬鹿にしたときに笑う人のことを指しています。

もともと「乾いた」つまり、「乾く」という言葉には、「水分がなくなる」という意味があり、潤いのない言葉として存在しています。

「乾いた心」(かわいたこころ)という言葉がありますが、これは「心に潤いがないこと」つまり、「満たされない心」を意味する言葉となっています。

つまり、「乾いた」には、心に人間らしい潤いがない状態を指す言葉としても用いられています。

これを基に考えると、「乾いた笑い」とは「人間らしい温かみのない笑い方」ということになります。

人が笑顔を送るときは、嬉しいとき、喜んでいるとき、相手と気持ちを共有したいときなどです。

この場合の笑顔は、非常にポジティブな気持ちから発せられる笑いで、人の気持ちを明るくさせてくれる笑いです。

それに対して「乾いた笑い」はというと、笑顔を送られても、人の気持ちを明るくさせないばからか、その笑いを向けられた人は非常に不快な気持ちになります。

その人の人間性を疑うような、冷たい感じのする笑いとなります。

日常でも、パワハラ上司が、部下をいじめているときにあざ笑うかなような笑みを浮かべながら文句を言っている姿を見かけませんか?あるいは、誰かを馬鹿にするときに顔に笑顔を含ませて話している人はいませんか?この笑いこそが「乾いた笑い」と言われる笑いです。

このような笑い方をする人は人間性を疑われるので、しないようにしたいものです。

2. 「乾いた笑い」の類語

「乾いた笑い」の類語

「乾いた笑い」の類語をみていきましょう。

2-1. 「冷笑」(れいしょう)

2-「冷笑」(れいしょう)

「冷笑」とは、「相手を低くみて馬鹿にした笑いをすること」です。

相手を馬鹿にして笑うことを「冷笑する」といいますが、他にも、冷ややかに笑われることを「冷笑を買う」、蔑んだ態度を伴う様子を「冷笑的」、物事を斜めに構えた姿勢で見ることを「冷笑的な態度」などと表現します。

「乾いた笑い」と同様、「冷たい笑い方」を意味するものであり、優しさや愛情などといった人の温かみが感じられない笑い方です。

この意味で「冷笑」は、「乾いた笑い方」と類語だといえます。

例文としては、「あなたがあまりにも可笑しなことを言うから、一緒にいた私まで冷笑を買うことになったわ」

(あなたがあまりにも可笑しなことを言うから、一緒にいた私まで馬鹿にされた笑いをもらう羽目になったわ。)

「あの子供は可愛くない。いつも大人をからかうような冷笑を目に浮かべている」

(あの子供は可愛くない。いつも大人をからかうような馬鹿にした笑いを目に浮かべている。)

などが挙げられます。

2-2. 「嘲笑う」(あざわらう)

2-「嘲笑う」(あざわらう)

「嘲笑う」もまた、「人を馬鹿にして笑う」「せせら笑う」ことを意味しています。

人を見下した笑いという点で「乾いた笑い」と同じ意味を持っています。

「嘲笑う」も「乾いた笑い」の類語であると捉えてよいでしょう。

表現としては、馬鹿にしているような目で見ていることを「嘲笑うかのような目」、馬鹿にした感じの話し方を「嘲笑うかのような声」、馬鹿にしている態度を「嘲笑うかのように」などと表現します。

この笑い方も、人に向けた時に、嫌がられる笑い方だと言えます。

決して気分が明るくなるような笑いではありません。

このような嘲笑う態度や笑い方を繰り返していたら、確実に友達減っていきそうです。

例文としては、 「私の息子を嘲笑う人は許せない。こんなにも努力をしているのだもの」

(私の息子を馬鹿にして笑う人は許せない。こんなにも努力をしているのだもの。)

「あの人は嘲笑うかのような目で私を見た」

(あの人は馬鹿にしているかのような目で私を見た。)

などが挙げられます。

3. 「乾いた笑い」をする人の特徴

「乾いた笑い」をする人の特徴

「乾いた笑い」をする人の特徴をいくつか挙げてみます。

3-1. 「自分に自信がある」

3-「自分に自信がある」

「乾いた笑い」をする人は、「自分に自信のある人」です。

自分を過大評価しているからこそ、相手の失敗を笑うという行動をとります。

もし、その人が自分に自信のない人であるのなら、明日は我が身、決して相手のことを笑う余裕などないはずです。

自分に自信のあると、相手が失敗したときに、まさか自分の同じ過ちをすることはないだろうと思って安心して笑います。

「馬鹿じゃないの?」「仕方ないわね」

といった上から目線で相手を見ています。

もしも、これで「乾いた笑い」を送った本人が失敗したら、その人は確実に笑い者にされることでしょう。

しかし、そのような事態をこの本人は把握していません。

なぜならば、自分に自信があるからです。

自分が失敗するような事態はないと踏んで、相手を笑っている傾向にあります。

3-2. 「自分のことしか頭にない」

3-「自分のことしか頭にない」

「乾いた笑い」をする人は、自分のことしか頭にない人です。

相手の立場や気持ちなどを拝領できる人物ではありません。

「乾いた笑い」を送る人は、相手がその笑いを送られてどのような気持ちになるのかを理解していません。

相手が、嫌な気持ちになったり、悔しい気持ちになったり、惨めな気持ちになったりすることまで考えていないのです。

暴言を振るわれた、暴力を振るわれたというならば、まだ言い返したりできるのでまだ良いのですが、「乾いた笑い」となると、ただ笑っているだけなので、言い返したりできないところが質の悪い笑い方だと言えます。

もしも、「あなた、今、私のこと乾いた笑いで見てたでしょ?」と言っても、「見てないよ」

などと言われてしまえば、逆にこちらがひねくれもののように周りから見られてしまいます。

本当にこのような「乾いた笑い」を受けるのはうんざりしてしまいます。

「乾いた笑い」をする人は、常に自分の気持ちが最優先な人です。

相手の気持ちを考えずに行動するので、優しさや思いやりにかける人が多いでしょう。

周りからも嫌われている人が多いのではないでしょうか。

3-3. 「他人の不幸は蜜の味」

3-「他人の不幸は蜜の味」

「他人の不幸は蜜の味」ということわざがあります。

このことわざは、「他人の不幸を喜んで見聞きすること」を意味しています。

「蜜」とは、あの甘い蜜のことです。

人にとって、他人の不幸程、楽しくて美味しく感じる物はないという意味になります。

人間の闇を描き出しているような怖い表現です。

さて、「乾いた笑い」をする人は、この「他人の不幸は蜜の味」という言葉で表現できるような相手の不幸に快感を得るタイプであると言えます。

こういう人は、他人の不幸を見聞きすることで、自分の幸福度を測っているのではないでしょうか。

「あの人よりも私の人生の方が何倍も幸せ」「あの人よりも私の方が恵まれた環境にいる」などと優越感を得るために、このようなことを好むのでしょう。

「乾いた笑い」をする人は、自分の方が上の立場、あるいは恵まれた立場であることを再認識した上で、人のことを馬鹿にして笑うことができるのです。

そのため、自分は恵まれている立場だということを、常に誰かと比較している傾向があります。

3-4. 「暗い性格」

3-「暗い性格」

「乾いた笑い」をする人は「暗い性格」である場合が多いです。

暗い性格の人は性格が歪んでいます。

人を疑ってかかり、自分の心も見せようとしません。

考え方もとにかく後ろ向きで、自分に自信がなく、常に自分が失敗することなど、悪いことばかり考えて生きています。

こういう人にとって、他人の失敗というものは、非常に嬉しく感じるものです。

自分だけでなく、他にも失敗して苦しんでいる人がいると嬉しくなるのです。

そのため、周囲に落ち込んでいる人や悩んでいる人がいたりすると、その人は心配するどころか、非常に快感を覚える傾向にあります。

そのような性格であるため、他人が失敗したときは心配するのではなく「乾いた笑い」を浮かべて、自分の心を慰めているのです。

また、このような人の特徴として、反対に他人の幸せを嬉しく感じることができないというところがあります。

人が幸せそうにしている様子に共感を得ることはなく、嫉妬したり、自分の境遇に対して悲嘆することがほとんどです。

3-5. 「コミュニケーション能力が乏しい」

3-「コミュニケーション能力が乏しい」

「乾いた笑い」をする人は「コミュニケーション能力が乏しい」傾向があります。

「乾いた笑い」を浮かべる人は、性格が歪んでいるため、友達がいないからです。

ゆえに、今までの人生の中で、友達と喜びあったり、慰めあったりという、誰かと同じ気持ちを共有したという場面に出会ったことがありません。

誰かと同じ気持ちを共感する作業は、相手とコミュニケーションをとる上で重要な作業です。

お互いに気持ちを共感し合える、気心知れた相手と友達になる傾向があるため、誰かと共感しあうことができるということは非常に大切なことなのです。

「乾いた笑い」をする人は、このような誰かと共感するという経験が乏しいため、相手の気持ちを察してコミュニケーションをとることができません。

大抵、友達のいない人が多いのです。

こういう人は人の嫌がる行動や怒らせる行動とは何なのか、確認した方がよいでしょう。

相手が失敗したときは「乾いた笑い」を送るのではなく、相手の立場になって相手のことを心配したり、相手を想って優しく接することを積み上げれば、徐々に人との繋がりが見えてくるはずです。

4. 「乾いた笑い」の使い方

「乾いた笑い」の使い方

「乾いた笑い」の使い方についてみていきましょう。

「乾いた笑い」の使い方で気を付けたいことは「作り笑い」とは少しニュアンスが違うということです。

確かに、「乾いた笑い」の意味には、「感情のない冷たい笑い」という意味があり、なんとなく「心のこもっていない笑いのことだから、作り笑いのことなのかな」と重いがちです。

しかし、「乾いた笑い」というと、どちらかといえば、感情のこもっていない様子というよりは、冷酷な笑い方の示している傾向にあります。

ただし、「作り笑い」のような感情のこもっていない笑いについても、「乾いた笑い」と表現することがあります。

ですが、どちらかというと、この場合の「作り笑い」は、本当は心から楽しんでいないけど相手を気遣って笑っているという「作り笑い」ではなく、「目が笑っていない」などと表現されるような、冷たい感じのする「作り笑い」の方を指しています。

類語を見れば、大体、どのような意味なのか把握できるのではないでしょうか。

「乾いた笑い」と「作り笑い」の類語を挙げていきます。

「乾いた笑い」の類語

  • 冷笑
  • 嘲笑う
  • 冷淡な笑い

「作り笑い」の類語

  • 愛想笑い
  • 無理に笑顔を作る
  • 空笑い

「乾いた笑い」の類語には人をあざけり笑うという意味の笑いが類語として挙げられていますが、「作り笑い」の類語は面白くはないが無理やり顔に笑顔を作るという意味の笑いが類語として挙げられています。

「乾いた笑い」は「作り笑い」とは、少しニュアンスが違っていることが分かるでしょうか。

「作り笑顔」というと、人に共感しているように見せたいという気持ちが根底にありますが、「乾いた笑い」の場合は笑顔の裏に怒りが込められていたり、何かよからぬ企みなどを抱えている場合が挙げられます。

5. 「乾いた笑い」を使った例文

「乾いた笑い」を使った例文

「乾いた笑い」を使った例文を挙げていきましょう。

5-1. 例文1

5-例文1

「上司にすでに提出期限が過ぎた書類を渡したところ、乾いた笑いを浮かべて、思いっきり嫌みを言われた」

(上司にすでに提出期限が過ぎた書類を渡したところ、侮辱するような笑みを浮かべて、思いっきり嫌みを言われた。)

この「乾いた笑い」からは、上司が笑ってはいるものの、目が笑っておらず、怒り心頭な様子であることが分かります。

このときの上司の「乾いた笑い」には、「提出期限を過ぎた今、何をのこのこ平気な顔をして提出しているんだ。馬鹿じゃないのか」という怒りが込められています。

5-2. 例文2

5-例文2

「彼は思いっきり転んだ私に乾いた笑いを浮かべ、サッと立ち去っていった」

(彼は思いっきり転んだ私に馬鹿にしたような笑いを浮かべ、サッと立ち去っていった。)

この表現において、「乾いた笑い」とは、彼が転んだ私に対し、心配するどころか「何をやっているんだ。間抜けだな」

などと馬鹿にしている様子を表しています。

相手を蔑んだ様子で見ていることが分かります。

6. 「乾いた笑い」の語源

「乾いた笑い」の語源

「乾いた笑い」言葉は「乾いた」と「笑い」に分けることができます。

一つずつ見ていきましょう。

「乾いた」とは1. で述べましたが、「人間味のない」という意味が込められています。

非常に冷たい感じのする言葉です。

また、「笑い」とは感情表現の一つであり、一般的に人は快感を覚えるときに笑います。

「乾いた笑い」とは、この「乾いた」と「笑い」の意味が組み合わさった言葉です。

つまり、「人間味のない笑い」が「乾いた笑い」ということになります。

7. 「乾いた笑い」の対義語

「乾いた笑い」の対義語

「乾いた笑い」の対義語を挙げるとしたら、「大笑い」(おおわらい)という言葉があてはまるでしょう。

「大笑い」とは「あまりの可笑しさに吹きだして、盛んに笑うこと」を意味します。

大声をあげて笑っているときなどがこれにあたります。

「大笑い」は、心のこもっていない「乾いた笑い」と違って、心の芯から面白いと感じ、笑っています。

少し口を笑ったかのように浮かばせて笑う「乾いた笑い」とは、全く性質の違う笑いです。

「大笑い」には、その人の本心を垣間見ることができる瞬間です。

大笑いしている人を見ると、「この人は今、楽しい、もしくは面白いと感じているのだな」

などと分かります。

何を考えているのか分からない「乾いた笑い」とは正反対の笑いです。

例文としては、 「彼女にその話をしたら、大笑いしていた」

(彼女にその話をしたら、あまりの可笑しさに声をだしてずっと笑っていた。)

「君に以前、その話をしたときは大笑いしていたよ」

(君に以前、その話をしたときは楽しそうに大声で笑っていたよ。)

などが挙げられます。

まとめ

「乾いた笑い」について、なんとなくつかめたでしょうか。

あまり良い言葉ではないので、相手に使ったりしてはいけません。

相手の気分を害して、関係が悪くなってしまう恐れがあります。

また、自分自身も、人として疑われてもおかしくないような「乾いた笑い」はしないように気を付けたいものです。

「乾いた笑い」とはどのような笑いをいうのでしょう。

今まで耳にしたことがない人は覚えてみましょう。


「乾いた笑い」の意味とは?

「乾いた笑い」とはどのような笑いをいうのでしょう。

喉に潤いがなくて、しゃがれた声で笑うこと?それともドライな感じにクールにふふんと笑うこと?など、知らない人は色々と想像してしまいそうな言葉です。

さて、この「乾いた笑い」の意味とは何でしょう。

「乾いた笑い」とは、「冷たい感じで笑いこと」「人間味や温かみのない笑みや笑い声」をいうそうです。

つまり、相手のことを蔑んだり、馬鹿にしたときに笑う人のことを指しています。

もともと「乾いた」つまり、「乾く」という言葉には、「水分がなくなる」という意味があり、潤いのない言葉として存在しています。

「乾いた心」(かわいたこころ)という言葉がありますが、これは「心に潤いがないこと」つまり、「満たされない心」を意味する言葉となっています。

つまり、「乾いた」には、心に人間らしい潤いがない状態を指す言葉としても用いられています。

これを基に考えると、「乾いた笑い」とは「人間らしい温かみのない笑い方」ということになります。

人が笑顔を送るときは、嬉しいとき、喜んでいるとき、相手と気持ちを共有したいときなどです。

この場合の笑顔は、非常にポジティブな気持ちから発せられる笑いで、人の気持ちを明るくさせてくれる笑いです。

それに対して「乾いた笑い」はというと、笑顔を送られても、人の気持ちを明るくさせないばからか、その笑いを向けられた人は非常に不快な気持ちになります。

その人の人間性を疑うような、冷たい感じのする笑いとなります。

日常でも、パワハラ上司が、部下をいじめているときにあざ笑うかなような笑みを浮かべながら文句を言っている姿を見かけませんか?あるいは、誰かを馬鹿にするときに顔に笑顔を含ませて話している人はいませんか?この笑いこそが「乾いた笑い」と言われる笑いです。

このような笑い方をする人は人間性を疑われるので、しないようにしたいものです。

「乾いた笑い」の類語

「乾いた笑い」の類語をみていきましょう。

2-1. 「冷笑」(れいしょう)

2-「冷笑」(れいしょう)

「冷笑」とは、「相手を低くみて馬鹿にした笑いをすること」です。

相手を馬鹿にして笑うことを「冷笑する」といいますが、他にも、冷ややかに笑われることを「冷笑を買う」、蔑んだ態度を伴う様子を「冷笑的」、物事を斜めに構えた姿勢で見ることを「冷笑的な態度」などと表現します。

「乾いた笑い」と同様、「冷たい笑い方」を意味するものであり、優しさや愛情などといった人の温かみが感じられない笑い方です。

この意味で「冷笑」は、「乾いた笑い方」と類語だといえます。

例文としては、「あなたがあまりにも可笑しなことを言うから、一緒にいた私まで冷笑を買うことになったわ」

(あなたがあまりにも可笑しなことを言うから、一緒にいた私まで馬鹿にされた笑いをもらう羽目になったわ。)

「あの子供は可愛くない。いつも大人をからかうような冷笑を目に浮かべている」

(あの子供は可愛くない。いつも大人をからかうような馬鹿にした笑いを目に浮かべている。)

などが挙げられます。

2-2. 「嘲笑う」(あざわらう)

2-「嘲笑う」(あざわらう)

「嘲笑う」もまた、「人を馬鹿にして笑う」「せせら笑う」ことを意味しています。

人を見下した笑いという点で「乾いた笑い」と同じ意味を持っています。

「嘲笑う」も「乾いた笑い」の類語であると捉えてよいでしょう。

表現としては、馬鹿にしているような目で見ていることを「嘲笑うかのような目」、馬鹿にした感じの話し方を「嘲笑うかのような声」、馬鹿にしている態度を「嘲笑うかのように」などと表現します。

この笑い方も、人に向けた時に、嫌がられる笑い方だと言えます。

決して気分が明るくなるような笑いではありません。

このような嘲笑う態度や笑い方を繰り返していたら、確実に友達減っていきそうです。

例文としては、 「私の息子を嘲笑う人は許せない。こんなにも努力をしているのだもの」

(私の息子を馬鹿にして笑う人は許せない。こんなにも努力をしているのだもの。)

「あの人は嘲笑うかのような目で私を見た」

(あの人は馬鹿にしているかのような目で私を見た。)

などが挙げられます。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!