占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180920140538.html
「オラつく」の意味・類語・使い方・例文・対義語・オラついている人の特徴

「オラつく」の意味・類語・使い方・例文・対義語・オラついている人の特徴 | SPITOPI

SPITOPI
「オラつく」の意味・類語・使い方・例文・対義語・オラついている人の特徴

スポンサーリンク

「オラつく」の意味と、類語や対義語を紹介します。

さらに「オラつく」を使った例文や、「オラついている人」の特徴を紹介して行きます。

  • 「オラつく」の意味とは?
  • 「オラつく」の類語
  • 「オラつく」の対義語や反対語
  • 「オラつく」を使った例文
  • 「オラつく」の語源
  • オラついている人の特徴
  • まとめ

1. 「オラつく」の意味とは?

「オラつく」の意味とは?

「オラつく」という言葉をSNSなどで目にする機会が多いと思います。

すっかり定着した「オラつく」という言葉ですが、正確な意味を知らない人も多いのではないでしょうか。

「オラつく」という言葉は、良い意味で使われる時は「強気な態度」に対して使われます。

しかしほとんどの場合は「粗暴」で「強引」、「人を見下した態度」をしている人、あるいは行為そのものに対して使われます。

つまり「オラつく」という言葉を使われて表現されている人や行為は、どちらかというと困った人や行為であり、この言葉を使われている人は嫌われている可能性が高い人です。

また単純に調子に乗っているだけでなく、やや粗暴な態度を取っている人は「オラつく」「オラついている」などと言われる可能性が高くなります。

ヤンキー的な要素のある行動や言葉遣いをした場合、それ以外の時よりも「オラつく」という言葉を使われやすいです。

「オラつく」という言葉は、本人に対して使われるよりも、SNSなどの媒体を通して、遠回りに使われるケースが多いです。

誰かに対して、その関係者が「あの人はオラついている」などと言い合って、注意信号を出されたりバカにしたりする事が多いようです。

「オラつく」を簡単な言葉で表現すると、「調子に乗っている人が、粗暴な態度を取る事」「ノリノリで、調子に乗っている人が横柄な態度を取っている」などの言葉に言い換える事ができるでしょう。

2. 「オラつく」の類語

「オラつく」の類語

「オラつく」という言葉を、多角的に知るために、「オラつく」の類語についても注目してみましょう。

「オラつく」の類語をいくつか知る事で「そう言う事か」と、言葉の意味が腑に落ちるかもしれません。

2-1. 「ドヤ顔をする」

2-「ドヤ顔をする」

「どうだ!俺はすごいだろ」と自分を誇るような行動や表情をする事を「ドヤ顔をする」といいます。

「オラつく」という言葉の意味には、「ドヤ顔をする」という行為も含まれています。

「ドヤ顔をする」人に対して、ほとんどの人が、嫌な感情を持ったり、ちょっとバカにしているような感情を持ちます。

そのような「ドヤ顔をしている」人が、さらに人を見下したり、他人に対して横柄な態度や粗暴な態度を取っている時に「オラついている」と表現されます。

このような過程を見て行くと「ドヤ顔をする」程度なら可愛いもので、さらに度を越して行くと「オラつく」事になります。

「ドヤ顔をする」人の事は笑って許せても、「オラつく」人は周囲の人にとって迷惑になるでしょう。

自分が所属するコミュニティで「オラつく」という表現をされた場合は、周囲の人から迷惑だと思われている可能性が高いです。

2-2. 「上から目線」

2-「上から目線」

「上から目線」で全ての物事を見るような人は、調子に乗っていますし、少し自分の実力を過剰に評価している可能性が高いです。

このような態度を取れる人は、世界でも有数で、市民として暮らしている人なら、「誰に対しても上から目線」で行動する事は非常識な行為だからです。

伝説の大国の王様や、超大国の大統領ならば、「上から目線」を取ったとしても納得できるかもしれません。

しかし会社員や大学生が、すべての人に「上から目線」を取っている場合は、違和感がありますし、バカにされてしまう可能性も高いでしょう。

このような非常識な「上から目線」を平気でできる人達が「オラつく」人たちです。

どう考えても、「上から目線」を取れないような立派な人に対しても、「オラつく」人は、横柄な態度や粗暴な態度を取る事ができるからです。

このように「上から目線」は「オラつく」人にとっての基本姿勢といえます。

「オラつく」人は、どのような状況でも、「上から目線」で世の中を見渡す事ができるでしょう。

2-3. 「調子に乗る」

2-「調子に乗る」

「オラつく」という言葉を、もっとも平板にした場合「調子に乗る」という言葉に言い換える事ができるでしょう。

「オラつく」とは、基本的に「調子に乗る」事で、「調子に乗り方がやや特殊」な場合「オラつく」と表現されてしまいます。

その特殊さは、横暴さや粗暴さ、失礼な態度や、人を見下す行為、ヤンキーのような口調や表情などを含んでいる事です。

爽やかに「調子に乗る」だけなら、人から可愛がられるかもしれませんが、上気したような特殊な要素が含まれていると、途端に「オラついている」と言われて、嫌われたりバカにされてしまうでしょう。

2-4. 「ノリノリ」

2-「ノリノリ」

「ノリノリ」という言葉も、「オラつく」という言葉の中に含まれています。

「調子に乗る」のやや過剰な感じが「ノリノリ」という言葉です。

「あの人は調子に乗っているね」という場合は、褒め要素も多分に含まれていますが、「あの人はノリノリだね」という場合は、ちょっと過剰に調子に乗っていて、周囲の人から疎まれ始めている雰囲気が漂っています。

「ノリノリ」に粗暴で横柄な雰囲気を加えると「オラつく」という言葉の方が表現として的確になります。

3. 「オラつく」の対義語や反対語

「オラつく」の対義語や反対語

「オラつく」という言葉の対義語や反対語をチェックして、「オラついていない」状態をチェックしてみましょう。

もし自分がオラついているとしたら、対義語などを参考に、自分の行動を改めると良いでしょう。

また「オラついている人」に注意をする時にも、使いたい言葉になるかもしれません。

3-1. 「謙虚な姿勢」

3-「謙虚な姿勢」

「謙虚な姿勢」は、「オラつく」の対義語といえるような言葉です。

「オラついている」人に欠けているのは、まさに「謙虚な姿勢」だからです。

「謙虚さ」とは、自分の立場を他の人よりも低く見せるような行為、さらに心情です。

どんなに活躍しても、どれほどの実力を持ったとしても、周囲の人よりも「自分の方がすごい」「俺様はすごいだろ」というような態度を取ったり、言葉遣いをしたりはしません。

「謙虚な姿勢」を身につけている人は、それだけで周囲の人に尊敬され、その人がいるコミュニティを良い雰囲気にする事ができます。

一時的に調子が良かったり、急激に成長をしている時期は、つい「謙虚な姿勢」を忘れてしまい「オラつく」可能性が高いです。

しかし、「オラついた態度」を取ってしまうと、せっかくのその人の勢いがそがれてしまうかもしれません。

どんな時でも「謙虚な姿勢」を忘れない、そんな人になりたいものです。

3-2. 「身の程をわきまえている」

3-「身の程をわきまえている」

「オラつく」人は、自分の実力を分かっていないからこそ、他人に偉そうな態度を取ったり、横柄な態度を取ったりする事ができます。

本当に実力があり、その上で横柄な態度を取る人もいますが、ほとんどの場合は、自分の実力以上に自分を見せようとしています。

その意味では「身の程をわきまえている」という言葉は対義語になるでしょう。

「身の程をわきまえている」人は、スポットライトを浴びて、普通の人なら一時的に調子に乗ってしまいがちな時でも、謙虚な態度を取ります。

「自分は本来、そのような人間ではありません」「注目を浴びるような人ではないです」という態度を取る事ができます。

「身の程をわきまえている」人は、決して「オラつく」事はないでしょう。

3-3. 「自分を知っている」

3-「自分を知っている」

「身の程をわきまえている」という言葉を、さらに平板にすると「自分を知っている」という言葉になります。

「自分を知っている」人は、つねに客観的に自分の言動を見ています。

そのため、周囲の人から見て調子に乗っていると思われるような言動を取る事はありません。

客観的に見て「恥ずかしい」「嫌われる」と思うような行為をしないように、自分の立場や実力にあった行動を取るよう、常に気を付けているからです。

「オラつき」を抑えるためには、まず「自分を知る」事が大切でしょう。

冷静に、客観的に自分を見て、周囲の人に迷惑を掛けるような行動は避けるようにしましょう。

3-4. 「実るほど首を垂れる稲穂かな」

3-「実るほど首を垂れる稲穂かな」

「実るほど首を垂れる稲穂かな」という言葉があります。

この言葉は、稲作の様子と、素晴らしい人間性を重ね合わせて作られている言葉です。

米作りをすると、最終的に稲穂ができて、稲穂の中には米が含まれる事になります。

米がたくさん入った、収穫量が多い稲穂は、農家の人にとって、また米食をする人にとって「偉い稲穂」「ありがたい稲穂」という事になります。

このような稲穂は、実がたくさんついているため、米の重みで自然と「首を垂れる」ような姿になります。

この姿と、偉いけれど謙虚な姿勢を取れる人を重ね合わせて「実るほど首を垂れる稲穂かな」という言葉が作られています。

「オラつく」人は、米が実っていないのに、ふんぞり返っている稲穂のようなイメージを与えています。

周囲の田んぼなどに見学に行き、首を垂れる稲穂から取るべき態度を学ぶべきかもしれません。

4. 「オラつく」を使った例文

「オラつく」を使った例文

「オラつく」の意味が分かったところで、「オラつく」という言葉を自分でも使えるようになりましょう。

そこで「オラつく」を使った例文を紹介し、「オラつく」をどのように使えばいいかを開設します。

4-1. 基本的な「オラつく」を使った例文

4-基本的な「オラつく」を使った例文

「オラつく」という言葉を使う時は、街中などで、調子に乗っている人、粗暴な態度を取る人をみつけた時です。

SNSなどを通じて、「オラつく」人の事を確認し、近寄らないように注意を促したり、あざける対象に指定したりします。

例えば会社員なら、取引先に出向いた時に調子に乗っている上、横柄な態度を取っている人と出会うかもしれません。

もちろん、その場でその人に対して「オラついていますね」という事はできませんので、何事もなかったようにやり過ごすと思います。

しかし、調子に乗りながら粗暴な態度を取る人は、要注意人物です。

今後も付き合うべきか、上司に相談すると良いでしょう。

そのような時に、上司に対して「○○商事の、あのオラついている人は誰ですか」と聞いてみましょう。

「ああ、○○さんね。オラついているけど、それほど悪い人じゃないから我慢して付き合って」などと指示を出されるでしょう。

「オラつく」人は、すでに周囲の人も同じ認識を持っています。

直接名前を出さなくても「オラついている人」という言葉で、誰なのかを特定する事ができます。

4-2. 大切な人がオラついている時の例文

4-大切な人がオラついている時の例文

自分の彼氏が「オラついている」ようなケースがあります。

自分の大切な人がオラついている場合は、直接注意をする事が必要になります。

例えば彼氏が店員さんに怒鳴り散らしたり、ドライブ中に過剰にクラクションを鳴らして周囲の人を威圧している場合は、彼女として辛いと思います。

その場を我慢してやり過ごして別れるか、注意して付き合い続けるかを選択しなければなりません。

もし注意する場合は、「オラつくのもいい加減にしなよ」とか、「これ以上オラつくなら、別れるよ!」と、別れをチラつかせながら彼氏に注意しましょう。

彼氏に「俺はオラついていたのか」と、自分の行動を客観的に見るきっかけになるかもしれません。

もし、一時的に調子に乗っていただけなら、その後は「オラつく」のをやめてくれるかもしれません。

5. 「オラつく」の語源

「オラつく」の語源

「オラつく」の語源をチェックしてみましょう。

そもそも「オラつく」の「オラ」とはどのような意味でしょうか。

「オラ」とは「俺」という意味ではなく、誰かを威圧する時に使う掛け声の「オラ!」が語源になっていると考えられています。

すぐに周囲の人に「オラ!」と言って威圧する人は、「オラオラする」などと言われます。

この「オラオラする」の言葉が変化して、「オラつく」になったとされています。

一部では「オラオラする」事を「オラる」と表現する人もいるようですが、現在では「オラつく」が一般的に使われています。

6. オラついている人の特徴

オラついている人の特徴

「オラついている人」には共通の特徴がありますので、チェックしてみましょう。

自分が「オラついている人」かどうかも、同時に確認し、もしオラついているなら、態度を改めるようにしましょう。

6-1. ヤンキーや父親がヤンキー系の人

6-ヤンキーや父親がヤンキー系の人

「オラついている人」の多くは、ヤンキー出身だったり、その流れの文化圏で成長してきた人が多いです。

「粗暴」という要素を持っている場合、特にヤンキー系の人の可能性が高くなります。

また「オラついている人」の父親が、元ヤンキーというケースもあります。

元ヤンキー系の人が家族を作ると、家族全体が「オラつく」ケースが多いからです。

「オラついている人」の父親を見た時に「やっぱりか」と思う事も多いでしょう。

6-2. 一時的な成功を収めている

6-一時的な成功を収めている

それまで地味な存在だった人が、急にスポットライトを浴びた時に、どのような身の振り方をすべきかを見失い「オラつく」事があります。

自分が注目される事に慣れている人は、きちんとした態度を取る事ができますが、急に人気者になったため、「オラついている人」になる人は意外と多いです。

「あんな人じゃなかったのに」と思われるくらい地味で優しい人が、一時的な成功の後、突然「オラつく」事があるので注意が必要です。

6-3. 過剰な自信を持っている

6-過剰な自信を持っている

自分の実力以上に、過剰な自信を持っている人は、「オラつく」事が多いです。

そもそも実力程度に振る舞える人は「オラついている人」と見られなくて済みます。

若い頃は誰でも「オラつく」傾向にありますが、それは若い人の多くが過剰な自信を持っているからでしょう。

年齢を重ねるごとに、身の丈に合った行動ができるようになりますが、できない人は「オラついている人」認定をされてしまいます。

6-4. 強がっている人

6-強がっている人

実力不足な事は自分でも分かっている人は、強がることで困難な局面を乗り切ろうとします。

例えば絶対にケンカをしたら勝てないような相手に対して強気の姿勢に出る事で、相手に警戒心を抱かせて、直接対決を避けるよう促したりします。

このような強がりは、「オラついた態度」につながりやすいです。

周囲の人にバカにされやすいので注意が必要です。

6-5. 死亡フラグが立ったマンガなどのキャラクター

6-死亡フラグが立ったマンガなどのキャラクター

マンガやアニメを見ている時に、それほどの実力がないのに強気な態度を取るキャラクターが登場する事があります。

どちらかといえば「雑魚キャラ」と思われていたキャラクターが、ちょっとした修行などをした直後に、調子に乗った態度を取る事があります。

このような場合、このシーンの直後に敵にやられてしまうケースが多いです。

いわば「オラつき」が「死亡フラグ」になるケースが、マンガやアニメでは多いです。

このようなキャラクターを見ただけでも、「オラつく」行為のリスクの高さがうかがえます。

まとめ

「オラつく」という言葉の意味や、「オラついている人」の特徴を見てきました。

人生で「調子に乗る」時期は、時には必要なのでしょう。

しかし「オラつく」まで行ってしまうと、その後の展開が悪くなる可能性が高いです。

「オラつく」という言葉の意味をかみしめて、自分には当てはまらないように気を付けましょう。

「オラつく」の意味と、類語や対義語を紹介します。

さらに「オラつく」を使った例文や、「オラついている人」の特徴を紹介して行きます。


「オラつく」の意味とは?

「オラつく」という言葉をSNSなどで目にする機会が多いと思います。

すっかり定着した「オラつく」という言葉ですが、正確な意味を知らない人も多いのではないでしょうか。

「オラつく」という言葉は、良い意味で使われる時は「強気な態度」に対して使われます。

しかしほとんどの場合は「粗暴」で「強引」、「人を見下した態度」をしている人、あるいは行為そのものに対して使われます。

つまり「オラつく」という言葉を使われて表現されている人や行為は、どちらかというと困った人や行為であり、この言葉を使われている人は嫌われている可能性が高い人です。

また単純に調子に乗っているだけでなく、やや粗暴な態度を取っている人は「オラつく」「オラついている」などと言われる可能性が高くなります。

ヤンキー的な要素のある行動や言葉遣いをした場合、それ以外の時よりも「オラつく」という言葉を使われやすいです。

「オラつく」という言葉は、本人に対して使われるよりも、SNSなどの媒体を通して、遠回りに使われるケースが多いです。

誰かに対して、その関係者が「あの人はオラついている」などと言い合って、注意信号を出されたりバカにしたりする事が多いようです。

「オラつく」を簡単な言葉で表現すると、「調子に乗っている人が、粗暴な態度を取る事」「ノリノリで、調子に乗っている人が横柄な態度を取っている」などの言葉に言い換える事ができるでしょう。

「オラつく」の類語

「オラつく」という言葉を、多角的に知るために、「オラつく」の類語についても注目してみましょう。

「オラつく」の類語をいくつか知る事で「そう言う事か」と、言葉の意味が腑に落ちるかもしれません。

2-1. 「ドヤ顔をする」

2-「ドヤ顔をする」

「どうだ!俺はすごいだろ」と自分を誇るような行動や表情をする事を「ドヤ顔をする」といいます。

「オラつく」という言葉の意味には、「ドヤ顔をする」という行為も含まれています。

「ドヤ顔をする」人に対して、ほとんどの人が、嫌な感情を持ったり、ちょっとバカにしているような感情を持ちます。

そのような「ドヤ顔をしている」人が、さらに人を見下したり、他人に対して横柄な態度や粗暴な態度を取っている時に「オラついている」と表現されます。

このような過程を見て行くと「ドヤ顔をする」程度なら可愛いもので、さらに度を越して行くと「オラつく」事になります。

「ドヤ顔をする」人の事は笑って許せても、「オラつく」人は周囲の人にとって迷惑になるでしょう。

自分が所属するコミュニティで「オラつく」という表現をされた場合は、周囲の人から迷惑だと思われている可能性が高いです。

2-2. 「上から目線」

2-「上から目線」

「上から目線」で全ての物事を見るような人は、調子に乗っていますし、少し自分の実力を過剰に評価している可能性が高いです。

このような態度を取れる人は、世界でも有数で、市民として暮らしている人なら、「誰に対しても上から目線」で行動する事は非常識な行為だからです。

伝説の大国の王様や、超大国の大統領ならば、「上から目線」を取ったとしても納得できるかもしれません。

しかし会社員や大学生が、すべての人に「上から目線」を取っている場合は、違和感がありますし、バカにされてしまう可能性も高いでしょう。

このような非常識な「上から目線」を平気でできる人達が「オラつく」人たちです。

どう考えても、「上から目線」を取れないような立派な人に対しても、「オラつく」人は、横柄な態度や粗暴な態度を取る事ができるからです。

このように「上から目線」は「オラつく」人にとっての基本姿勢といえます。

「オラつく」人は、どのような状況でも、「上から目線」で世の中を見渡す事ができるでしょう。

2-3. 「調子に乗る」

2-「調子に乗る」

「オラつく」という言葉を、もっとも平板にした場合「調子に乗る」という言葉に言い換える事ができるでしょう。

「オラつく」とは、基本的に「調子に乗る」事で、「調子に乗り方がやや特殊」な場合「オラつく」と表現されてしまいます。

その特殊さは、横暴さや粗暴さ、失礼な態度や、人を見下す行為、ヤンキーのような口調や表情などを含んでいる事です。

爽やかに「調子に乗る」だけなら、人から可愛がられるかもしれませんが、上気したような特殊な要素が含まれていると、途端に「オラついている」と言われて、嫌われたりバカにされてしまうでしょう。

2-4. 「ノリノリ」

2-「ノリノリ」

「ノリノリ」という言葉も、「オラつく」という言葉の中に含まれています。

「調子に乗る」のやや過剰な感じが「ノリノリ」という言葉です。

「あの人は調子に乗っているね」という場合は、褒め要素も多分に含まれていますが、「あの人はノリノリだね」という場合は、ちょっと過剰に調子に乗っていて、周囲の人から疎まれ始めている雰囲気が漂っています。

「ノリノリ」に粗暴で横柄な雰囲気を加えると「オラつく」という言葉の方が表現として的確になります。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い