占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180918171145.html
喧嘩腰の意味・類語・例文(喧嘩腰な人の特徴や仕事での対処方法)

喧嘩腰の意味・類語・例文(喧嘩腰な人の特徴や仕事での対処方法) | SPITOPI

SPITOPI
喧嘩腰の意味・類語・例文(喧嘩腰な人の特徴や仕事での対処方法)

スポンサーリンク

喧嘩腰とは、今にも喧嘩しそうな感じで相手に食ってかかる態度のことです。

喧嘩腰で話す人の心理・特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?

「喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法」や「自分が喧嘩腰な話し方と思われないコツ」についても分かりやすく解説していきます。

  • 喧嘩腰とは?
  • 喧嘩腰の類語や言い換え
  • 喧嘩腰の使い方
  • 喧嘩腰の例文
  • 喧嘩腰で話す人の心理や特徴
  • 喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法
  • 自分が喧嘩腰な話し方と思われないコツ・方法
  • まとめ

1. 喧嘩腰とは?

喧嘩腰とは?

「喧嘩腰(けんかごし)」とは、すぐにも喧嘩を始めそうな感じで相手に食ってかかる態度・話し方のことです。

喧嘩腰の具体的な態度としては、強い目線で睨みつけるようにして相手を見ながら反論したり、乱暴な言葉遣いで相手に詰め寄ったりすることがあります。

「語気の強さ+目線の鋭さ+反抗心の強さ+何でもかんでも反対する姿勢」などが喧嘩腰の態度を形成していますが、喧嘩腰の態度は相手に「緊張感・不快感・敵対心」を感じさせやすいのです。

1-1. 喧嘩腰な人は対人的な不信感・被害感がある:喧嘩腰な対応は社会経済的な損失を生む

1-喧嘩腰な人は対人的な不信感・被害感がある:喧嘩腰な対応は社会経済的な損失を生む

喧嘩腰の態度を反射的に取ってしまう人は、「他者に対する不信感・被害感(被害妄想)」が強い傾向があり、自分が相手から攻撃される前に攻撃して牽制(けんせい)してやろうという思惑があるのです。

自分に対する本物の自信・余裕がない時にも、他者に対して喧嘩腰の姿勢を示しやすくなります。

喧嘩腰になると相手から嫌われたり敬遠されたりする明らかなデメリットもありますが、喧嘩腰の対応をすることで「社会的・職業的な損失」を被る恐れもあるので、「喧嘩腰と思われない言動・態度」を身に付けることも大切です。

2. 喧嘩腰の類語や言い換え

喧嘩腰の類語や言い換え

喧嘩腰の類語や言い換えには、どのようなものがあるのでしょうか?「喧嘩腰の類語・言い換え」について紹介していきます。

2-1. 「好戦的(こうせんてき)」

2-「好戦的(こうせんてき)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして、「好戦的」があります。

好戦的の意味は、「他者との戦いや争いごとを自ら好むこと。

自分の側から積極的に争いや揉めごとを仕掛けていくこと。

他者(敵)との戦闘・争いごとを積極的に受けてやろうという態度」になります。

好戦的な人は大体「喧嘩腰な態度・言動」をしていることが多くて、自ら「他者との喧嘩・争い・口論・揉め事」を引き寄せているところがあるのです。

好戦的という言葉を使った例文としては、「好戦的な気質・文化を持つ原始的な先住民は、他部族との戦争に明け暮れた結果として滅亡することになってしまった」や「彼女は好戦的な態度と口の悪さが災いして、いつも女子のグループの中で孤立していたが、本人は孤立していることを気にする素振りすら見せなかった」などがあります。

2-2. 「挑発的・挑戦的(ちょうはつてき・ちょうせんてき)」

2-「挑発的・挑戦的(ちょうはつてき・ちょうせんてき)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして、「挑発的・挑戦的」があります。

挑発的の意味は、「相手を刺激して、事件・喧嘩・争いなどを引き起こすように仕向けること。

主に女性が男性の好奇心・欲情などを掻き立てるような仕草や言動をすること」になります。

挑戦的な意味は、「戦いや争いを挑んでいくこと。

達成が困難な物事や新しい記録樹立などに立ち向かっていくこと」になります。

挑戦的という言葉には「難しい目標に対して積極的に挑んでいく」という良い意味合いもありますが、挑発的という言葉には「意図的に相手を刺激して争いや揉め事を引き起こすこと」というネガティブな意味合いがあります。

挑発的・挑戦的という言葉を使った例文としては、「過去の戦争の歴史では、いずれかの国が外国に対して挑発的な外交・侵攻を繰り返したことに原因があった」や「彼の挑戦的な態度は」などがあります。

2-3. 「血気盛ん(けっきさかん)」

2-「血気盛ん(けっきさかん)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして、「血気盛ん」があります。

血気盛んの意味は、「心身共に活力がみなぎっている様子。

向こう見ずで意気が盛んなこと。

血の気が多くて短気であること」になります。

血気盛んな人は性格・気質が短気でせっかちなことが多く、相手が少しでも批判的・敵対的であれば、すぐに喧嘩腰の対応で反応しやすくなっているのです。

血気盛んという言葉を使った例文としては、「血気盛んな若者たちの集団がぶつかり合えばただでは済まず、双方に少なからず怪我人が出てしまう恐れがある」や「俺も高校生の頃は血気盛んな性格をしていて、大人の言うことには徹底的に反発して、自分に逆らう相手とは殴り合いの喧嘩になることもあった」などがあります。

2-4. 「強硬的(きょうこうてき)」

2-「強硬的(きょうこうてき)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして「強硬的」があります。

強硬的の意味は、「自分の立場・主張を強い態度で他者を排除してでも押し通そうとすること。

自分の主張・価値観を頑固な姿勢で押し通そうとして譲らないこと」になります。

「強硬的」と「喧嘩腰」の類似点として、「相手の意見・考えに対して徹底的に反対姿勢を貫こうとすること」や「自分と反対の主張・価値観を持っている相手に対して自分が譲歩しないこと」を上げることができます。

強硬的という言葉を使った例文としては、「あそこまで強硬的な反対姿勢を見せ付けられると、こちらも引くに引けない状況に追い込まれてしまった」や「譲歩・調整を知らない強硬的な敵対姿勢は、外交関係で大きな過ちを犯す結果になることが多い」などがあります。

3. 喧嘩腰の使い方

喧嘩腰の使い方

喧嘩腰という言葉の使い方は、日常会話で「喧嘩腰になって食ってかかってきている相手」に対して宥めたり落ち着かせたりする意図を持って使われることがあります。

例えば、「そんなにいきなり喧嘩腰にならずに落ち着きましょう」や「そう喧嘩腰で話さずに冷静になって話し合いをしましょう」といった感じで喧嘩腰という言葉が使われることがあります。

喧嘩腰になっている本人が、「こうなったらこっちも喧嘩腰で行くしかない」や「相手がやる気なら自分も喧嘩腰で応じてやろうじゃないか」といった使い方をすることもあります。

あるいは、喧嘩腰になっている相手とのやり取りを体験した後に、その体験を誰かに伝聞として伝える時にも、「喧嘩腰になった相手を宥めるためにかなり苦労したよ」や「いきなり喧嘩腰の対応をされるとこちらも冷静な話し合いをしにくくなる」といった感じで喧嘩腰という言葉を使います。

4. 喧嘩腰の例文

喧嘩腰の例文

「喧嘩腰」という言葉を用いた例文には、以下のようなものがあります。

喧嘩腰の例文について対話形式で紹介していきます。

4-1. 例文1

4-例文1

A 「お前が俺の家の壁にあんな落書きをしたんだろう。いくら嫌いだからといっても、やっていいことと悪いことの区別も付かないのか?ふざけた真似しやがって、今すぐにそこから出てこい」

B 「どうしたんですか。いきなりそんな喧嘩腰の物言いをされると、こちらも怖くなって出ていけないですよ。あなたの家の壁に落書きをしたのは私ではありません。そう喧嘩腰にならずに、落ち着いて私の話を聞いて下さい」

A 「喧嘩腰というが、こんな落書きのいたずらをされたら誰だって頭に来るだろう。あなたとは以前から馬が合わずに言い争いになることが多かったが……」

B 「確かにあなたとは過去に何度か言い争いのトラブルになったことはありましたが、私は落書きなどという卑劣で無意味な行為はしていませんよ。喧嘩腰になられるとこちらも興奮してしまいますから、私の話をどうか聞いて下さい」

4-2. 例文2

4-例文2

A 「ねえ、聞いて。同じクラスで学級委員をしている島津さんが、私が体育祭の練習を休んだことに物凄く怒っているみたいで、私がズル休みをしたと勘違いしているみたいなの。喧嘩腰で怒鳴るような口調で注意されて、何も言い返せなかったんだけど、ズル休みをしたわけではないんだ」

B 「島津さんも体育祭の練習の管理を先生から任せられていてプレッシャーを感じているのかもしれないね。普段は温厚な性格でそんな喧嘩腰で物を言うタイプの人じゃないんだけど。でも、悪い人ではないから、あなたも喧嘩腰で応じずに、落ち着いた時にきちんと理由を話せば分かってもらえると思うよ」

A 「うん、そうしてみる。みんなで頑張っている体育祭の練習にはちゃんと参加しなくちゃとは思っていたんだけど、あの日は39度の高熱で体調が悪化してしまって、どうしても行けなかったんだ。病院で診察を受けた帰りに、偶然友達と会ってカフェでお茶してしまったから、ただズル休みをしてさぼっていただけと思われた可能性もあるね。だから喧嘩腰の態度で怒っていたのかも……今後ゆっくり話をしてみることにするよ」

B 「いつもの島津さんならきっと分かってくれると思うよ。私のほうからもそれとなくあなたが熱があって体調が悪かったってことを伝えておくから大丈夫だよ。また何かあったらいつでも気軽に相談してね」

5. 喧嘩腰で話す人の心理や特徴

喧嘩腰で話す人の心理や特徴

喧嘩腰で話す人の心理・特徴には、どのようなものがあるのでしょうか?喧嘩腰で話す人の心理・特徴について、分かりやすく紹介していきます。

5-1. 自分に本物の自信・確信がない

5-自分に本物の自信・確信がない

喧嘩腰で話す人の典型的な心理・特徴として、「自分に本物の自信・確信がない」ということが上げられます。

自分に揺らがない本物の自信や人生・仕事の意味の確信がある時には、人は他人に対して殊更(ことさら)に攻撃的になったり喧嘩腰になったりすることはありません。

何かにつけてすぐに喧嘩腰で話す人は、自分自身の存在や能力に対して本物の自信(自己肯定感)がないことが多く、他人を攻撃したり貶めたりすることで、自分の存在価値や能力を再確認しようとしているのです。

5-2. 自分が他人から馬鹿にされて舐められているという被害妄想がある

5-自分が他人から馬鹿にされて舐められているという被害妄想がある

「自分が他人から馬鹿にされて舐められているという被害妄想がある」というのが、喧嘩腰で話す人によく見られる心理・特徴です。

喧嘩腰で話す人は、喧嘩腰で話さないと自分のほうが馬鹿にされたり舐められたりするという不安感・恐怖感が強いのです。

その不安感は根拠のない被害妄想であることが大半ですが、喧嘩腰で話す人にとっては「人から舐められないために喧嘩腰になる姿勢」が身についてしまっていることが多いのです。

5-3. 相手から攻撃(否定)される前に自分から先に攻撃(否定)するという過剰防衛がある

5-相手から攻撃(否定)される前に自分から先に攻撃(否定)するという過剰防衛がある

喧嘩腰で話す人の典型的な心理・特徴として、「相手から攻撃(否定)される前に自分から先に攻撃(否定)するという過剰防衛がある」ということが上げられます。

喧嘩腰で話す人は、自分がやられる前に先に相手をやるといった「先制攻撃の有利を前提とする対人関係パターン」にはまりこんでいます。

喧嘩腰で話す人は、人間関係を競争や戦いとして定義していることが多く、そのために過剰防衛的な攻撃性・口の悪さが目立ちやすくなってしまうのです。

5-4. 自分の周囲にいる人たちを仲間ではなくて敵だと思い込んでいる

5-自分の周囲にいる人たちを仲間ではなくて敵だと思い込んでいる

「自分の周囲にいる人たちを仲間ではなくて敵だと思い込んでいる」ということが、喧嘩腰で話す人の心理・特徴になります。

喧嘩腰で話す人は、人間関係の捉え方が「友好的・協力的」ではなくて「敵対的・競争的」であることが多いのです。

職場でも学校でも、自分の周囲にいる人たちを「仲間」と思うことができず、基本的にみんな「敵」だと思い込んでいるのです。

そのため、敵・競争相手である他者から攻撃されないように、喧嘩腰の口調・態度が多くなってきます。

5-5. 仕事や生活のストレスが溜まりすぎていてイライラしている

5-仕事や生活のストレスが溜まりすぎていてイライラしている

喧嘩腰で話す人の分かりやすい心理や特徴として、「仕事や生活のストレスが溜まりすぎていてイライラしている」ということがあります。

喧嘩腰で話す人の多くは、ストレスフルな精神的にきつい毎日を送っているのです。

仕事がスムーズに進んでいなかったり、家族・恋愛などの人間関係で悩み事を抱えていたり、借金・収入減少などで経済生活が上手くいっていなかったりといったストレスを溜め込んでいます。

ストレスを溜め込んだ結果、他人に優しく接するような気持ちの余裕を持つことができなくなり、何か人から話しかけられる度に「喧嘩腰な態度+愛想のない口調」で返してしまいやすくなるのです。

5-6. 自分の感情をセルフコントロールできないほどの深刻な悩み・問題を抱えている

5-自分の感情をセルフコントロールできないほどの深刻な悩み・問題を抱えている

「自分の感情をセルフコントロールできないほどの深刻な悩み・問題を抱えている」ということが、喧嘩腰で話す人の心理や特徴の一つとしてあります。

自分や家族が完治しない深刻な疾患を発症しているとか、密かに大きな借金を抱えて首が回らなくなっているとかいった「深刻な悩み・問題」を抱えている時には、人はどうしても他人に八つ当たりしやすくなり喧嘩腰の話し方をしてしまいやすくなるのです。

喧嘩腰で話す人を見かけた時には、その人は人に話せない深刻な悩み・問題を抱えている可能性もあるのです。

5-7. 極端に自己中心的で相手が自分の思い通りにキビキビ動かないと気が済まない

5-極端に自己中心的で相手が自分の思い通りにキビキビ動かないと気が済まない

喧嘩腰で話す人の心理・特徴として、「極端に自己中心的で相手が自分の思い通りにキビキビ動かないと気が済まない」ということが上げられます。

相手に食ってかかるような言動をする喧嘩腰な人は、物事や相手の反応が自分の思い通りにならなければ納得できないという「自己中心的でわがままな人」であることが多いのです。

喧嘩腰な態度で相手に迫る理由にも、「俺(私)の思い通りにキビキビ動かないと痛い目に遭わせるぞ」という半ば脅しのような心理が含まれていますが、その自己中心的な性格によって周囲の人は離れていきやすいのです。

5-8. 競争心・劣等感が強いために人間関係で常に優位に立っていないと不安である

5-競争心・劣等感が強いために人間関係で常に優位に立っていないと不安である

「競争心・劣等感が強いために人間関係で常に優位に立っていないと不安である」ということを、喧嘩腰で話す人の典型的な心理・特徴として指摘できます。

喧嘩腰で話す人は、一般的に「他人に負けたくない」という負けず嫌いな人や競争心が強い人が多いのですが、無意識に「自分はこの相手とまともに勝負すれば負けるかもしれない」という不安も抱えています。

そのため、「先手必勝の戦略(先に相手が抵抗できないようにマウンティングする)」に取り憑かれやすく、どんな人間関係でも常に自分が優位(上位)に立っていないと不安感が強くなってしまうのです。

6. 喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法

喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法

職場に喧嘩腰な姿勢で喋ってくる困った人がいる場合には、どのような対応をすれば良いのでしょうか?喧嘩腰な態度を取る相手とのトラブルを回避するために、「喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法」について紹介していきます。

6-1. 笑顔を出して温和な雰囲気で共感的に対応する

6-笑顔を出して温和な雰囲気で共感的に対応する

喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法として、「笑顔を出して温和な雰囲気で共感的に対応する」ということが上げられます。

人は明るい笑顔を出して優しく接してくる人には、それほど厳しい対応や冷たい反応を返すことがしづらいものなのです。

職場の相手が急に喧嘩腰の態度で自分を責めてきた時には、まず口角を上げて柔らかい笑顔を出すことを意識してみましょう。

喧嘩腰の相手に対しては、まず何よりも「自分はあなたを攻撃(反撃)したり侮辱したりする意図はない」ということを伝えることが大切で、そのためにできるだけ「荒々しくない温和な雰囲気」を作ることが有効なのです。

相手の話している内容にしっかりと注意を向けて、相手の怒りや不満の気持ちに共感的に対応していくことで、「喧嘩腰の相手の口調・感情表現」もクールダウンしていく可能性が高くなります。

6-2. 早口で応戦せずにゆっくりとした口調で事情を噛み砕いて説明する

6-早口で応戦せずにゆっくりとした口調で事情を噛み砕いて説明する

「早口で応戦せずにゆっくりとした口調で事情を噛み砕いて説明する」というのが、喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法になります。

職場で相手が喧嘩腰の口調で自分に食ってかかった時には、相手は「まくしたてるような早口・大声」になっていることが多いのですが、その喧嘩腰の口調やペースに飲み込まれないことが何よりも大切です。

喧嘩腰の態度や口調になっている時は、人は目線が険しくなって話すスピードがかなり速くなっています。

そのため、相手が喧嘩腰で早口で喋ってきた時には、自分は敢えて話すスピードを落として、「早口で応戦しないようにすること」が、落ち着いて話すきっかけ作りにつながるのです。

早口でまくしたてるように相手に対抗することはやめて、自分の事情や考え方を「ゆっくりとした口調」で相手に伝える努力をしてみましょう。

6-3. 相手の怒りに飲み込まれず相手の不平不満・問題点に耳を傾ける

6-相手の怒りに飲み込まれず相手の不平不満・問題点に耳を傾ける

喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法として、「相手の怒りに飲み込まれず相手の不平不満・問題点に耳を傾ける」ということが重要になってきます。

喧嘩腰で攻撃的に接してくるような相手であっても、「自分の怒り・攻撃の理由+不平不満の内容」に丁寧に耳を傾けてくれる人には次第に打ち解けて心を開いてきます。

怒っている相手の喧嘩腰な態度や雰囲気に飲み込まれて、自分も喧嘩腰の対応にならないように気をつけて下さい。

心理学の「好意の返報性」では、人は自分に好意を向けてくれる相手に対して好意を返す傾向があり、「自分の不平不満・問題点を聞いてくれる相手」に対してはそれほど無茶な扱いはできないものなのです。

職場で相手がいきなり喧嘩腰で接してきた時には、「この人は何に対して不満を抱いているのだろう?どんな問題を解決したいと思っているのだろう?」という視点を忘れないようにして下さい。

6-4. 自分が成長できる機会を与えられたと思ってコミュニケーション能力を高める

6-自分が成長できる機会を与えられたと思ってコミュニケーション能力を高める

「自分が成長できる機会を与えられたと思ってコミュニケーション能力を高める」というのが、喧嘩腰に喋る人の職場での有効な対処方法になります。

喧嘩腰で喋る人というのは、自分の喜怒哀楽の感情を隠さずにストレートにぶつけてくる人ですが、こういった相手の機嫌や反応を考えながら話すことは、「職業人・社会人としての成長機会」にもつながります。

喧嘩腰で食ってかかる人も含めて、どんなタイプの相手であっても柔軟に上手く対応できるということは、「職業人・社会人として必要なコミュニケーション能力」の向上を促進してくれるのです。

7. 自分が喧嘩腰な話し方と思われないコツ・方法

自分が喧嘩腰な話し方と思われないコツ・方法

自分が喧嘩腰な話し方をしていると思われないためのコツ・方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

7-1. いつも笑顔で挨拶するように心がけ、簡単な雑談・世間話を一言添えるようにする

7-いつも笑顔で挨拶するように心がけ、簡単な雑談・世間話を一言添えるようにする

自分が喧嘩腰な話し方と思われないコツ・方法として、「いつも笑顔で挨拶するように心がけ、簡単な雑談・世間話を一言添えるようにする」ということがあります。

喧嘩腰な話し方をする人と思われないようにするもっとも簡単な方法は、「いつも笑顔で明るい表情を出していること+ちょっとした一言で相手に対する関心を示すこと」にあります。

職場・学校・地域で、顔見知りの人に会った時には、笑顔で明るく挨拶をする習慣を付けましょう。

更に、天気や主要なニュースの話題で構わないので「簡単な雑談・世間話」を少しするだけでも、「フレンドリーで喧嘩腰ではない人」という良い印象を格段に強めることができます。

7-2. 大声・早口で話さないようにして、ゆっくりしたペースで話すことを意識する

7-大声・早口で話さないようにして、ゆっくりしたペースで話すことを意識する

「大声・早口で話さないようにして、ゆっくりしたペースで話すことを意識する」ということが、自分が喧嘩腰な話し方と思われない有効なコツになってきます。

喧嘩腰な話し方をする人だと思われてしまう第一印象は、「大声・早口で話すこと」なのです。

逆に「ちょうど良い大きさの声+ゆっくりしたスピードで話す」ということを心がければ、それだけで喧嘩腰に話す人という悪い印象を格段に和らげることができます。

ゆっくりした速度で落ち着いて話すだけで、「相手の気持ちに寄り添ってくれる優しい人+話を丁寧に聞こうとしてくれている人」の印象を強めることができます。

大声で怒鳴るように話したり、早口でまくし立てるように話したりすると、「相手の気持ち・人間性・事情を無視して強引にでも言うことを聞かせようとする喧嘩腰な人」というイメージを強くしてしまう恐れがあるのです。

7-3. 一方的に自分の気持ちや要求を押し付けずに、相手の話を共感的に聞くようにする

7-一方的に自分の気持ちや要求を押し付けずに、相手の話を共感的に聞くようにする

自分が喧嘩腰な話し方と思われない簡単なコツ・方法として、「一方的に自分の気持ちや要求を押し付けずに、相手の話を共感的に聞くようにする」ということが上げられます。

相手に不安や不快を与える喧嘩腰な人というのは、相手の話をまともに聞かなかったり、相手の表情や態度をまともに見ていなかったりすることが多いのです。

相手の話している内容を軽視したり無視したりしながら、自分の言いたいことだけを言ってくるような人は、それだけで喧嘩腰な人という印象を強く与えてしまいます。

喧嘩腰な話し方をしていると思われないためには、自分の感情や要求だけを一方的に相手に押し付けるのではなくて、「相手の感情・話している内容」に共感的に寄り添うような態度を示すことが大切です。

まとめ

「喧嘩腰・喧嘩腰な人の特徴」について徹底的に解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

喧嘩腰で話す人の心理・特徴として、「自分に本物の自信・確信がない」や「自分が他人から馬鹿にされて舐められているという被害妄想がある」などがあります。

自分が喧嘩腰と思われないコツ・方法には、「いつも笑顔で挨拶するように心がけ、簡単な雑談・世間話を一言添えるようにする」などがあります。

「喧嘩腰・喧嘩腰な人の特徴」について詳しく調べたい時には、この記事を参考にして下さい。

喧嘩腰とは、今にも喧嘩しそうな感じで相手に食ってかかる態度のことです。

喧嘩腰で話す人の心理・特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?

「喧嘩腰に喋る人の職場での対処方法」や「自分が喧嘩腰な話し方と思われないコツ」についても分かりやすく解説していきます。


喧嘩腰とは?

「喧嘩腰(けんかごし)」とは、すぐにも喧嘩を始めそうな感じで相手に食ってかかる態度・話し方のことです。

喧嘩腰の具体的な態度としては、強い目線で睨みつけるようにして相手を見ながら反論したり、乱暴な言葉遣いで相手に詰め寄ったりすることがあります。

「語気の強さ+目線の鋭さ+反抗心の強さ+何でもかんでも反対する姿勢」などが喧嘩腰の態度を形成していますが、喧嘩腰の態度は相手に「緊張感・不快感・敵対心」を感じさせやすいのです。

1-1. 喧嘩腰な人は対人的な不信感・被害感がある:喧嘩腰な対応は社会経済的な損失を生む

1-喧嘩腰な人は対人的な不信感・被害感がある:喧嘩腰な対応は社会経済的な損失を生む

喧嘩腰の態度を反射的に取ってしまう人は、「他者に対する不信感・被害感(被害妄想)」が強い傾向があり、自分が相手から攻撃される前に攻撃して牽制(けんせい)してやろうという思惑があるのです。

自分に対する本物の自信・余裕がない時にも、他者に対して喧嘩腰の姿勢を示しやすくなります。

喧嘩腰になると相手から嫌われたり敬遠されたりする明らかなデメリットもありますが、喧嘩腰の対応をすることで「社会的・職業的な損失」を被る恐れもあるので、「喧嘩腰と思われない言動・態度」を身に付けることも大切です。

喧嘩腰の類語や言い換え

喧嘩腰の類語や言い換えには、どのようなものがあるのでしょうか?「喧嘩腰の類語・言い換え」について紹介していきます。

2-1. 「好戦的(こうせんてき)」

2-「好戦的(こうせんてき)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして、「好戦的」があります。

好戦的の意味は、「他者との戦いや争いごとを自ら好むこと。

自分の側から積極的に争いや揉めごとを仕掛けていくこと。

他者(敵)との戦闘・争いごとを積極的に受けてやろうという態度」になります。

好戦的な人は大体「喧嘩腰な態度・言動」をしていることが多くて、自ら「他者との喧嘩・争い・口論・揉め事」を引き寄せているところがあるのです。

好戦的という言葉を使った例文としては、「好戦的な気質・文化を持つ原始的な先住民は、他部族との戦争に明け暮れた結果として滅亡することになってしまった」や「彼女は好戦的な態度と口の悪さが災いして、いつも女子のグループの中で孤立していたが、本人は孤立していることを気にする素振りすら見せなかった」などがあります。

2-2. 「挑発的・挑戦的(ちょうはつてき・ちょうせんてき)」

2-「挑発的・挑戦的(ちょうはつてき・ちょうせんてき)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして、「挑発的・挑戦的」があります。

挑発的の意味は、「相手を刺激して、事件・喧嘩・争いなどを引き起こすように仕向けること。

主に女性が男性の好奇心・欲情などを掻き立てるような仕草や言動をすること」になります。

挑戦的な意味は、「戦いや争いを挑んでいくこと。

達成が困難な物事や新しい記録樹立などに立ち向かっていくこと」になります。

挑戦的という言葉には「難しい目標に対して積極的に挑んでいく」という良い意味合いもありますが、挑発的という言葉には「意図的に相手を刺激して争いや揉め事を引き起こすこと」というネガティブな意味合いがあります。

挑発的・挑戦的という言葉を使った例文としては、「過去の戦争の歴史では、いずれかの国が外国に対して挑発的な外交・侵攻を繰り返したことに原因があった」や「彼の挑戦的な態度は」などがあります。

2-3. 「血気盛ん(けっきさかん)」

2-「血気盛ん(けっきさかん)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして、「血気盛ん」があります。

血気盛んの意味は、「心身共に活力がみなぎっている様子。

向こう見ずで意気が盛んなこと。

血の気が多くて短気であること」になります。

血気盛んな人は性格・気質が短気でせっかちなことが多く、相手が少しでも批判的・敵対的であれば、すぐに喧嘩腰の対応で反応しやすくなっているのです。

血気盛んという言葉を使った例文としては、「血気盛んな若者たちの集団がぶつかり合えばただでは済まず、双方に少なからず怪我人が出てしまう恐れがある」や「俺も高校生の頃は血気盛んな性格をしていて、大人の言うことには徹底的に反発して、自分に逆らう相手とは殴り合いの喧嘩になることもあった」などがあります。

2-4. 「強硬的(きょうこうてき)」

2-「強硬的(きょうこうてき)」

喧嘩腰の類語・言い換えとして「強硬的」があります。

強硬的の意味は、「自分の立場・主張を強い態度で他者を排除してでも押し通そうとすること。

自分の主張・価値観を頑固な姿勢で押し通そうとして譲らないこと」になります。

「強硬的」と「喧嘩腰」の類似点として、「相手の意見・考えに対して徹底的に反対姿勢を貫こうとすること」や「自分と反対の主張・価値観を持っている相手に対して自分が譲歩しないこと」を上げることができます。

強硬的という言葉を使った例文としては、「あそこまで強硬的な反対姿勢を見せ付けられると、こちらも引くに引けない状況に追い込まれてしまった」や「譲歩・調整を知らない強硬的な敵対姿勢は、外交関係で大きな過ちを犯す結果になることが多い」などがあります。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!