占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180918171015.html
「好々爺」の意味・類語・使い方・例文・対義語・好々爺の特徴

「好々爺」の意味・類語・使い方・例文・対義語・好々爺の特徴 | SPITOPI

SPITOPI
「好々爺」の意味・類語・使い方・例文・対義語・好々爺の特徴

スポンサーリンク

「好々爺」とは善良な気質を持った優しい老人のことです。

好々爺とされる老人(高齢者)には、どのような特徴・雰囲気があるのでしょうか?

「好々爺の類語・対義語・語源」を分かりやすく解説して、「好々爺の言葉の使い方・例文」を紹介していきます。

  • 「好々爺」の意味とは?
  • 「好々爺」の類語
  • 「好々爺」の特徴や雰囲気
  • 「好々爺」の使い方
  • 「好々爺」を使った例文
  • 「好々爺」の語源
  • 「好々爺」の対義語・反対の意味を持つ言葉
  • まとめ

1. 「好々爺」の意味とは?

「好々爺」の意味とは?

「好々爺(こうこうや)」とは、「人の良さそうな雰囲気を持ったお爺さん。

善良な性格の優しそうなお爺さん。

余裕のある老熟した精神を持ったお爺さん」のことです。

好々爺は、「心に余裕のある善人のお爺さん」を表現する言葉で、基本的にポジティブな意味合いで使われるものです。

性格の良さそうなお爺さんの雰囲気や様子を表現する副詞として「好々爺然(こうこうやぜん)とした」という決まり文句もあり、「好々爺然とした老監督の佇まい(たたずまい)には、圧倒的な余裕と状況の観察力が感じられた」というような形で使います。

1-1. 「好々爺」は「良いの意味」を強調した言葉:好々爺の意味に込められたニュアンス

1-「好々爺」は「良いの意味」を強調した言葉:好々爺の意味に込められたニュアンス

「好々爺」という言葉は同じ漢字を重ねて使うことで、語調を整えて「良い・善良の意味」を強めた表現になっています。

人の良さそうなお爺さんの意味を持つ「好々爺」には、「いつもニコニコとしていて機嫌が良い+人格や考え方が老熟していて柔軟である+人間味と共感性があって人柄が温かい+家庭的な雰囲気があり孫や後進の世代を可愛がってくれる」といったニュアンスが込められていることが多いのです。

2. 「好々爺」の類語

「好々爺」の類語

「好々爺」の類語には、どのようなものがあるのでしょうか?好々爺と似た意味を持つ類語を紹介していきます。

2-1. 「人柄の良いお爺さん・人格に優れた老人」

2-「人柄の良いお爺さん・人格に優れた老人」

「好々爺」の類語として、「人柄の良いお爺さん・人格に優れた老人」があります。

人柄の良いお爺さんとは、「人間性の本質が善良なお爺さん。

パーソナリティーの特徴が人に優しい老人」を意味しています。

人格に優れたお爺さんとは、「人に尊敬されたり好かれたりするような性格特徴や生き様を持ったお爺さん」を意味しています。

2-2. 「人当たりの良いソフトなお爺さん」

2-「人当たりの良いソフトなお爺さん」

「好々爺」の類語として、「人当たりの良いソフトなお爺さん」があります。

好々爺であるお爺さんは、間違っても「人当たりのきつい頑固で怖い雰囲気があるお爺さん」ではありませんから、その反対の意味を持つ「人当たりの良いソフトなお爺さん」と好々爺はほぼ同じ意味になります。

他者とコミュニケーションしたり他者と関わりを持ったりする時に、「人当たりが柔らかくて嫌味や攻撃性がない」というのが好々爺のお爺さんの特徴になっているのです。

2-3. 「老成(老熟)したお爺さん・角が取れた老人」

2-「老成(老熟)したお爺さん・角が取れた老人」

「好々爺」の類語として、「老成(老熟)したお爺さん・角が取れた老人」があります。

好々爺のお爺さんは、人格・人間性が老人として非常に成熟しており、人間の本質や世の中の真実を知り尽くしています。

人間や世の中について十分に知り尽くしていてもなお、好々爺は他者に優しく温和に接することができるので、人から尊敬されたり好かれたりするのです。

好々爺のお爺さんは、他者に対して攻撃的に厳しく接することがまずなく、その意味で長年の人生経験と対人関係によって「角が取れた丸い性格(トゲトゲしくない柔軟で温厚な性格)」をしているのです。

そのため、「好々爺」と「角が取れた老人」はほぼ同じ意味合いを持っていると言えるでしょう。

3. 「好々爺」の特徴や雰囲気

「好々爺」の特徴や雰囲気

「好々爺」とされる老人が持っている特徴や雰囲気にはどのようなものがあるのでしょうか?好々爺の特徴・雰囲気について分かりやすく解説していきます。

3-1. 「いつも笑顔でニコニコとしていて機嫌の悪い所を人に見せない」

3-「いつも笑顔でニコニコとしていて機嫌の悪い所を人に見せない」

好々爺の分かりやすい特徴・雰囲気として、「いつも笑顔でニコニコとしていて機嫌の悪い所を人に見せない」ということが上げられます。

好々爺のご老人の分かりやすい特徴として、「いつも上機嫌でニコニコとしている+他人に対してあからさまに機嫌の悪い所を見せない」ということがあり、一緒の時間を過ごしているだけでこちらも温厚な気持ちになり、自然と笑顔が出てきてしまうのです。

好々爺のお爺さんは、自分が不機嫌な顔をして怒っていたり悩んでいたりすれば、相手も暗くて面白くない気持ちになることを十分に知っているので、人前で不機嫌な態度・様子を見せることがありません。

好々爺のお爺さんは、他人を笑顔にすることが大好きなので、自分自身もいつも機嫌よく笑顔で毎日を過ごすようにしているのです。

3-2. 「他者に対して共感的・保護的に接してくれるので癒される雰囲気がある」

3-「他者に対して共感的・保護的に接してくれるので癒される雰囲気がある」

「他者に対して共感的・保護的に接してくれるので癒される雰囲気がある」というのが、人から好かれる好々爺の特徴・雰囲気の一つになっています。

好々爺の第一の特徴は「人から好かれること+人から慕われて人が集まってくること」です。

好々爺は他者に対していつでも共感的な反応を返してくれて、自分よりも若い人が人生・人間関係で困っていれば保護者的な立場に立ってサポートしてくれることもあります。

好々爺のお爺さんは、他者に対してフレンドリーな対応をしてくれて共感的・保護的に振る舞ってくれるので、一緒にいるだけで「癒される雰囲気」を持っているのです。

3-3. 「温厚で受容的な雰囲気があり、人の話を丁寧にしっかりと聞いてくれる」

3-「温厚で受容的な雰囲気があり、人の話を丁寧にしっかりと聞いてくれる」

好々爺の典型的な特徴・雰囲気として、「温厚で受容的な雰囲気があり、人の話を丁寧にしっかりと聞いてくれる」ということがあります。

好々爺は一般的に、相手の言いたいことをしっかりと受け止めて聞いてくれるという「コミュニケーションの達人」としての顔を持っています。

温厚で柔和な人間性が全面ににじみ出ているので、誰でも気軽に話しかけやすい雰囲気があります。

他者の悩み事や困っている事を親身になって受容的に聞いてくれたり、必要に応じて有益なアドバイス(助言)までしてくれるのです。

好々爺の老人は、人の話を丁寧にしっかりと聞く特徴があるため、豊かな人生経験を持つ相談相手としても尊敬されています。

3-4. 「人格が老熟していて達観した価値観を持っている」

3-「人格が老熟していて達観した価値観を持っている」

「人格が老熟していて達観した価値観を持っている」ということが、世俗の欲望に振り回されない好々爺の特徴・雰囲気になっています。

好々爺の老人は、自己中心的な価値観や世俗的な欲望をすでに乗り越えていて、自分の人生経験や知恵を活かして「みんなのため(世の中のため)に献身したい+誰かの役に立って喜んでもらいたい」という利他的な信念を持っています。

好々爺のお爺さんはパーソナリティーが年齢相応と呼べる以上に老熟していて、みんなの意見・考え・悩みなどを公平に聞いてあげられるだけの成熟した精神性を備えているのです。

好々爺の特徴として、長年の人生を通して素晴らしい人格の成熟を成し遂げ、世俗の欲望に振り回されないだけの達観した価値観(人生観)を持っているということを指摘することができます。

3-5. 「若い世代の人から人生の先輩として慕われている」

3-「若い世代の人から人生の先輩として慕われている」

好々爺の好ましい人物の特徴・雰囲気として、「若い世代の人から人生の先輩として慕われている」ということを上げることができるでしょう。

好々爺のお爺さんは、「自分よりも後の時代を生きる若者・後輩の人たち」のことを親身になって考えてくれていて、悩みがある時や困っている時などには豊かな人生経験に裏打ちされた役に立つアドバイスをしてくれます。

好々爺のお爺さんは老成した価値観を持っていて、自分のことよりも若い世代の人達の未来を真剣に考えてくれているので、「人生の先輩・先達(マスター)」として大勢の人に慕われ尊敬されているのです。

4. 「好々爺」の使い方

「好々爺」の使い方

「好々爺」の使い方は、好々爺のように見えるお爺さん(老人)が目の前にいる状況では使わないということが前提になっています。

人の良さそうな老熟したお爺さんであっても、「尊敬すべき人生の先輩・先達」ですので、お爺さん本人が目の前にいる状況で「人物評価にも相当する好々爺」という言葉を使うことは失礼になってしまう恐れがあるからです。

好々爺は、「いつもニコニコとしていて善良で優しそうなお爺さん」について、誰かと話し合う時やそのお爺さんを褒めたい時に使うことが多い言葉になっています。

文語体の書き言葉としては、客観的に好ましい達観した温和な性格をした老人のことを評価して、「好々爺然とした風貌を持つ温和な老人であった」や「私の曽祖父は晩年は好々爺然としていて厳しさの欠片もなかったが、若い頃には陸軍の中将として大勢の部下から恐れられており、幾多の戦場で鬼神のような形相で陣頭指揮を取っていたという」といった感じで用いることができます。

5. 「好々爺」を使った例文

「好々爺」を使った例文

「好々爺」という言葉を使った例文には、以下のようなものがあります。

好々爺を使った例文を、対話形式と一般的な文章で紹介していきます。

5-1. 例文1

5-例文1

A 「あのご老人はいつも町内の清掃活動を熱心にされているけれど、本当にいつもニコニコとしていて機嫌の良い好々爺のように見えますね。どちらのおじい様なのかしら?」

B 「あのご老人は近所の伊藤さんの実父ですよ。この間も、朝にお会いして挨拶したら、とても気持ちの良い笑顔で挨拶を返してくれました。毎日、町内の道路を綺麗に掃除してくれていて本当に頭が下がりますよね」

A 「人に好かれて地域の役に立つ活動を率先してする好々爺というのは、現代においても理想的な年齢の重ね方なのかもしれません」

B 「伊藤さんのお父様は若い頃には、中学校の校長先生をされていて、伊藤さんには相当に厳しい教育者として振る舞っていたと聞きますが、今は本当に角の取れた好々爺になられているみたいです」

5-2. 例文2

5-例文2

数十年という長い年月の経過と人生・人間関係の過酷な試練によって、人間は「好々爺然」とした温和で柔軟なパーソナリティーを形成することもあれば、好々爺になることができずに「偏屈で意地悪な老人」になってしまうこともある。

人生の晩年には、その人の人生の総決算のような形で様々な老人の人格形成を見ることになるわけだが、好々爺になれた人はそれだけ自分や人生、他者を見限らずに、ポジティブな思考・価値観を維持して厳しい人生を生き抜いてきたのだ。

いずれ一回限りの人生なのだから、人に尊敬されて好かれる人当たりの良い好々爺になれるような意味のある人生を必死に生き抜きたいものである。

6. 「好々爺」の語源

「好々爺」の語源

「好々爺」の語源については特に決まった定説はなく、中国の古典や仏教の経典に由来する故事成語ではありません。

日本で生まれた言葉ですが、「好(良い)」という漢字を二つ重ねることで、老熟したお爺さんの性格・人間性の良さを強調しています。

「好々爺」は漢文調の響きがあるので、中国の古典に語源があるように感じられるのですが、中国人にとって「好々爺」という言葉は馴染みがないもので、日本人が使っている「ニコニコとした人の良さそうなお爺さん」の意味合いはありません。

6-1. 「好々爺」と似た言葉である「好好先生(中国語)」と「妙好人」の意味の違い

6-「好々爺」と似た言葉である「好好先生(中国語)」と「妙好人」の意味の違い

中国語に「好好先生」という言葉がありますが、好好先生の意味は「何にでもハイハイと返事をして受け容れてしまう意志薄弱な人。

自分の意志でノーと言えないイエスマンのような人」であり、好々爺とは意味が違っています。

人格的に優れた人を示す似た感じの言葉として「妙好人(みょうこうにん)」がありますが、妙好人の意味は「人間の中で最も優れた最上至高の人。

特に浄土真宗の篤信者のこと」になります。

「達観していて人格的・人間的に優れている人」という意味は、妙好人と好々爺で共通していますが、妙好人には「高齢のお爺さん」というニュアンスはありません。また好々爺にも、「浄土真宗の信仰が厚い在俗の信者」という意味合いは含まれていません。

妙好人の語源は、中国の念仏僧である善導の「観経疏(かんぎょうしょ)」にある文章に由来しています。

7. 「好々爺」の対義語・反対の意味を持つ言葉

「好々爺」の対義語・反対の意味を持つ言葉

好々爺とは「人の良さそうなお爺さん・優しくて善良な気質を持っている老人」のことを意味しますが、基本的に「性格の良さそうな男性の老人(お爺さん)」のことを指示しています。

それでは、「人の良さそうなお婆さん・優しくて善良な気質を持っているお婆さん」のことを意味する「好々爺の性別に関する対義語」はあるのかということですが、好々爺をお爺さんからお婆さんに置き換えた対義語はありません。

ただし、「爺(や)=性別不問の老人」の意味もあるので、「好々爺」を老女に使っても完全に間違いとは言えないとする解釈もあります。

高齢の女性であるお婆さんを意味する「爺・翁(おきな)」の対義語に当たる言葉としては、「媼(おうな・うば)・嫗(おうな・おみな)・老媼(ろうおう)・老嫗(ろうう)・媼嫗(おうう)」などがあります。

この項目では、好々爺と反対の意味を持つ「性格(意地)が悪そうなお爺さん・意地悪で険悪な気質を持っている老人」を表す対義語(反対の意味を持つ言葉)を紹介していきます。

7-1. 頑固爺(がんこじじい)

7-頑固爺(がんこじじい)

「好々爺」の対義語・反対の意味を持つ言葉として、「頑固爺(がんこじじい)」があります。

頑固爺の意味は、「かたくな(硬直的)でなかなか自分の態度や考え方を改めようとしないお爺さん」になります。

「好々爺」は誰とでも柔軟に合わせて打ち解けることができる人の良さそうなお爺さんであり、誰とでも衝突して自分の主張や価値観を押し通そうとする「頑固爺」とは正反対の特徴を持っているのです。

頑固爺の言葉を用いた例文としては、「頑固爺として近所でも有名なそのお爺さんは、自分の意見が通らないとすぐに声を荒げる癖があった」や「家族の中にわがままな頑固爺が一人いると、みんなの生活リズムが崩れて精神的にも参ってしまう」などがあります。

7-2. 偏屈爺(へんくつじじい)

7-偏屈爺(へんくつじじい)

「好々爺」の対義語・反対の意味を持つ言葉として、「偏屈爺(へんくつじじい)」があります。

偏屈爺の意味は、「性格がかたくなで素直ではないお爺さん。考え方や言動がひねくれているお爺さん」になります。

「好々爺」は素直な対応で人に好かれる性格をしているお爺さんなので、他者に対してひねくれた言動をしたり態度を取ったりすることはありません。

その意味で、「偏屈爺」は「好々爺」と反対の意味を持つ言葉になります。

偏屈爺の言葉を用いた例文としては、「若い頃からわがままな年配の人たちを反面教師にしてきた私は、偏屈爺だけには絶対なるまいと心を決めていた」や「偏屈な爺になると周囲の人からますます敬遠されて嫌われるので、より偏屈になってしまう」などがあります。

7-3. 意地悪爺さん(いじわるじいさん)

7-意地悪爺さん(いじわるじいさん)

「好々爺」の対義語・反対の意味を持つ言葉として、「意地悪爺さん(いじわるじいさん)」があります。

意地悪爺さんの意味は、「わざと人の嫌がることを言ったりしたりするお爺さん。

人の気持ちを考えずに自分の欲求を押し通そうとするお爺さん」になります。

「好々爺」は相手の喜ぶことを率先してしようとする人の良いお爺さんですから、相手が嫌がることや困ることをわざとしようとする「意地悪爺さん」とは反対の意味を持っています。

意地悪爺さんの言葉を用いた例文としては、「若い頃はそんなに悪い性格ではなかったのに、お婆さんが亡くなってから急に意地悪爺さんのようになってしまった」や「隣近所の生活音や子供の声がうるさいと毎日怒鳴るようになった意地悪爺さんは、苦労の多い人生で性格が歪んだのであった」などがあります。

まとめ

「好々爺」という言葉の意味や使い方について徹底的に解説してきましたが、いかがだったでしょうか?「好々爺」の特徴・雰囲気には、「いつも笑顔でニコニコとしていて機嫌の悪い所を人に見せない」や「温厚で受容的な雰囲気があり、人の話を丁寧にしっかりと聞いてくれる」などがあります。

「好々爺の類語・反対の意味を持つ言葉・使い方・例文」なども分かりやすく紹介していますので、好々爺について詳しく調べたい時には、この記事をぜひ参考にしてみて下さい。

「好々爺」とは善良な気質を持った優しい老人のことです。

好々爺とされる老人(高齢者)には、どのような特徴・雰囲気があるのでしょうか?

「好々爺の類語・対義語・語源」を分かりやすく解説して、「好々爺の言葉の使い方・例文」を紹介していきます。


「好々爺」の意味とは?

「好々爺(こうこうや)」とは、「人の良さそうな雰囲気を持ったお爺さん。

善良な性格の優しそうなお爺さん。

余裕のある老熟した精神を持ったお爺さん」のことです。

好々爺は、「心に余裕のある善人のお爺さん」を表現する言葉で、基本的にポジティブな意味合いで使われるものです。

性格の良さそうなお爺さんの雰囲気や様子を表現する副詞として「好々爺然(こうこうやぜん)とした」という決まり文句もあり、「好々爺然とした老監督の佇まい(たたずまい)には、圧倒的な余裕と状況の観察力が感じられた」というような形で使います。

1-1. 「好々爺」は「良いの意味」を強調した言葉:好々爺の意味に込められたニュアンス

1-「好々爺」は「良いの意味」を強調した言葉:好々爺の意味に込められたニュアンス

「好々爺」という言葉は同じ漢字を重ねて使うことで、語調を整えて「良い・善良の意味」を強めた表現になっています。

人の良さそうなお爺さんの意味を持つ「好々爺」には、「いつもニコニコとしていて機嫌が良い+人格や考え方が老熟していて柔軟である+人間味と共感性があって人柄が温かい+家庭的な雰囲気があり孫や後進の世代を可愛がってくれる」といったニュアンスが込められていることが多いのです。

「好々爺」の類語

「好々爺」の類語には、どのようなものがあるのでしょうか?好々爺と似た意味を持つ類語を紹介していきます。

2-1. 「人柄の良いお爺さん・人格に優れた老人」

2-「人柄の良いお爺さん・人格に優れた老人」

「好々爺」の類語として、「人柄の良いお爺さん・人格に優れた老人」があります。

人柄の良いお爺さんとは、「人間性の本質が善良なお爺さん。

パーソナリティーの特徴が人に優しい老人」を意味しています。

人格に優れたお爺さんとは、「人に尊敬されたり好かれたりするような性格特徴や生き様を持ったお爺さん」を意味しています。

2-2. 「人当たりの良いソフトなお爺さん」

2-「人当たりの良いソフトなお爺さん」

「好々爺」の類語として、「人当たりの良いソフトなお爺さん」があります。

好々爺であるお爺さんは、間違っても「人当たりのきつい頑固で怖い雰囲気があるお爺さん」ではありませんから、その反対の意味を持つ「人当たりの良いソフトなお爺さん」と好々爺はほぼ同じ意味になります。

他者とコミュニケーションしたり他者と関わりを持ったりする時に、「人当たりが柔らかくて嫌味や攻撃性がない」というのが好々爺のお爺さんの特徴になっているのです。

2-3. 「老成(老熟)したお爺さん・角が取れた老人」

2-「老成(老熟)したお爺さん・角が取れた老人」

「好々爺」の類語として、「老成(老熟)したお爺さん・角が取れた老人」があります。

好々爺のお爺さんは、人格・人間性が老人として非常に成熟しており、人間の本質や世の中の真実を知り尽くしています。

人間や世の中について十分に知り尽くしていてもなお、好々爺は他者に優しく温和に接することができるので、人から尊敬されたり好かれたりするのです。

好々爺のお爺さんは、他者に対して攻撃的に厳しく接することがまずなく、その意味で長年の人生経験と対人関係によって「角が取れた丸い性格(トゲトゲしくない柔軟で温厚な性格)」をしているのです。

そのため、「好々爺」と「角が取れた老人」はほぼ同じ意味合いを持っていると言えるでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!