占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180918170843.html
「英気を養う」の意味・類語・使い方・例文・対義語

「英気を養う」の意味・類語・使い方・例文・対義語 | SPITOPI

SPITOPI
「英気を養う」の意味・類語・使い方・例文・対義語

スポンサーリンク

「英気を養う」の意味と、似たような言葉を紹介します。

また「英気を養う」コツと、使い方についても紹介していきます。

  • 「英気を養う」の意味とは?
  • 「英気を養う」の類語
  • 「英気を養う」コツや方法
  • 「英気を養う」の使い方
  • まとめ

1. 「英気を養う」の意味とは?

「英気を養う」の意味とは?

「英気を養う」は「えいきをやしなう」と読みます。

「英気」とは、その人の元気や、体内のエネルギー、やる気やモチベーションなどを指します。

そのため「英気を養う」という言葉を使う時は、使われる相手が「少し元気がない」「やる気が失せている」時です。

元気満々な人に「英気を養った方がいいよ」とは言わないからです。

ただし元気満々に見えるけれど、少し無理が続いている人、張り切り過ぎている人に対しては「このままではいずれ疲れてしまう」と予想されるため「そろそろ休んで、英気を養った方がいいよ」とアドバイスする事があります。

また受験勉強を始める生徒に対して「今のうちに英気を養っておけ」とアドバイスを送る事がありますし、大きなプロジェクトに取り掛かる前に飲み会をして「しっかり英気を養いましょう!」という事もあります。

これから大変な作業が待っているため、最高の状態でその日を迎えるように「英気を養う」必要があるからです。

このように疲れている人が元気を取り戻せるようにアドバイスをしたい時、無理が続いている人に少し休んでもらいたい時、これから大切な場面、重要な仕事に取り掛かる前に状態を整えてもらいたい時などに「英気を養う」という言葉を使います。

2. 「英気を養う」の類語

「英気を養う」の類語

「英気を養う」という言葉に似ていて、比較的よく使う言葉がありますのでチェックしてみましょう。

日常的に使っているので、耳なじみが多いものばかりのはずです。

2-1. 「リフレッシュする」

2-「リフレッシュする」

「英気を養う」の主に精神的な部分を別の言葉に表現したのが「リフレッシュする」です。

仕事が続くと、ストレスが溜まります。

ストレスが溜まると体調が悪くなったり、実力を発揮できなくなるかもしれません。

そこで「リフレッシュする」事で、ストレスを抜き、気分転換をして元気やモチベーションを取り戻します。

まさに「英気を養う」と似たような意味です。

2-2. 「リカバリーする」

2-「リカバリーする」

「英気を養う」に似たような言葉で、「体に関する部分」に注目したのが「リカバリーする」です。

仕事が続いて疲労がたまると、高いパフォーマンスを発揮できなくなります。

ケガをしたり病気になりやすい状態まで体力が下がってしまう可能性もあります。

このような状況に陥っている人は「リカバリーする」必要があります。

精神的な面は「リフレッシュする」事で英気を養い、体力的な問題は「リカバリーする」事で英気を養うという使い分けをします。

美味しくて栄養のあるものを食べて、お風呂に浸かってゆっくり眠る行為は、まさに「リカバリーする」時にしたい事です。

3. 「英気を養う」コツや方法

「英気を養う」コツや方法

身体が疲れている時や、精神的にまいっている時は「英気を養う」必要がある時です。

また大切な仕事を控えている時も同様です。

実際にどのような行動を取ると「英気を養う」事ができるのか、具体的に見て行きましょう。

そこで「英気を養う」コツや方法を紹介します。

3-1. 「眠る」

3-「眠る」

「眠る」という行動は、体や心の疲労を取り、「英気を養う」ための基本になります。

時間外労働などをして体に無理をさせている人は「眠る」事で英気を養うようにしましょう。

「睡眠負債」に陥っている人は、いつもよりもたくさん眠る事で、少しずつ負債を返済していきましょう。

また二度寝をしたり、一度にがばっと睡眠を取るのではなく、規則正しい生活を送りながら、必要な睡眠時間を確保する事が大切です。

もちろん徹夜明けの人は、早めに布団に入り、いつもよりも多く眠る事が必要になります。

また眠る時間も大切ですが、熟睡度も大切になります。

静かで暗い部屋など、睡眠しやすい環境を整える事も大切です。

アロマなどで良い香りで部屋を満たして、熟睡しやすい寝室を作りましょう。

またスマホの電源を落とすなどして、眠りを妨げる原因を減らす事も大切になります。

3-2. 「仕事を休む」

3-「仕事を休む」

仕事をし過ぎている人は、「仕事を休む」事も大切です。

有給が溜まっている人は、思い切って長期休暇を取る事で、仕事から離れてみましょう。

仕事から一定期間離れる事で、身体の疲れも取れますし、気持ちがリフレッシュします。

有給を消化した頃には、「また仕事を頑張りたい」という気持ちが湧いてくるかもしれません。

プロスポーツ選手などは、シーズンが終わったり、大切な試合が終わった後に旅行などに行って、スポーツから一度離れます。

または自分のスポーツとは関係のないスポーツを、趣味として楽しみます。

このような「英気を養う」期間を取る事で、良くシーズンや次の大切な試合に良い状態で臨む事ができるようになります。

仕事をし過ぎたり、勉強をし過ぎてモチベーションが下がっている人は、「英気を養う」ために、少し仕事や勉強を休んで、距離を置いてみましょう。

3-3. 「軽い運動をする」

3-「軽い運動をする」

デスクワークが多い人は、全身の血流が悪くなっている可能性があります。

そこで「軽い運動をする」事をおすすめします。

例えば散歩やウォーキングをするだけでも、全身の血流が良くなり、調子が上がります。

運動経験がある人なら、ランニングをしたり、友達を集めてサッカーや野球、テニスをするのも良いでしょう。

楽しく運動ができれば、血流を良くするだけでなく、精神的なリフレッシュも可能です。

週末に必ず運動をするなど、ルールを決めておくと、いつでも良い体調で物事に当たる事ができるかもしれません。

3-4. 「好きな事をする」

3-「好きな事をする」

「好きな事をする」という事が、何より「英気を養う」事につながるかもしれません。

好きな事は、まさに好きな事ですから、人目を気にする必要はありません。

例えば鉄道オタクの人なら、休日を鉄道に乗って過ごしてみると良いでしょう。

すっかり仕事で溜まったストレスが抜け、楽しい気持ちになる事ができるかもしれません。

好きなアーティストの音楽を聞いたり、定期的にライブに通うのもおすすめです。

自然の中を歩いたり、テント泊をするのも楽しいでしょう。

好きな事をする時のコツは、「他人の目」を気にしない事です。

他の人が見た時に格好悪いかもしれない行為でも、気にせず思い切り楽しみましょう。

3-5. 「ストレス解消」

3-「ストレス解消」

「ストレス解消」によって、「英気を養う」事ができます。

特にストレスが溜まりやすい職場で働いている人や、仕事をしている人は、ストレス解消の方法を知っておきましょう。

もっとも基本的なストレス解消法として、「深呼吸」があります。

大きく息を吸って、ゆっくりと息を吐きだす、この行為を数回繰り返すだけで、不思議と気持ちがスッキリとします。

誰でもどこでもできる行為ですので、覚えておくと良いでしょう。

「好きな事」をする事でもストレス解消はできます。

自分が本当に楽しめる事を、思い切り楽しんで、ストレスを解消しましょう。

ストレス解消のコツは、その日のうちにストレスを解消する事です。

ストレスは溜めずに、できればストレスを感じたその場で解消する事が大切です。

「ストレスを感じたな」と思ったら、深呼吸をするようにすると、ストレスを翌日以降に持ち越さずに済むかもしれません。

3-6. 「知的な充電をする」

3-「知的な充電をする」

アイデアを出すような仕事をしている人は、「知的な充電」をして「英気を養う」ようにしましょう。

知的な充電といっても、それほど難しい事ではありません。

例えば「読書」がおすすめです。

大きな本屋さんに行って、興味のある本を大量に購入し、端から読んでいくと知的な充電をする事ができます。

その読書で得た知識は、次にアイデアを出す時、あるいは数年後にアイデアを出す時に役に立つかもしれません。

定期的に知的な充電をする事で、いつでもアイデア枯れがしないような人になる事ができます。

読書以外にも、映画鑑賞や美術館や博物館めぐり、ウィンドウショッピングや旅行など、知的な充電方法はたくさんあります。

いくつかの方法を組み合わせて、「英気を養う」ようにしましょう。

3-7. 「美味しいものを食べる」

3-「美味しいものを食べる」

元気が出ない時は「美味しいものを食べる」のがいちばんです。

ぜひ自分の大好物を思い切り食べて、「英気を養う」ようにしましょう。

太るのを気にする人もいるかもしれませんが、人の体には「現状維持」をする機能が備わっています。

例えば一週間に一度だけドカ食いをしたとしても、その他の6日間を適切な食事量で過ごしていれば、太る事はありません。

「チートデイ」という言葉があるように、ダイエット中でも、週に1度は楽しく食事をして心の元気を取り戻すようにしましょう。

その日はカロリーを気にせず、焼肉やステーキ、お寿司やフライなどを楽しみましょう。

3-8. 「瞑想をする」

3-「瞑想をする」

深呼吸をするとストレス解消ができると言いましたが、「瞑想をする」とさらにストレス解消に効果的です。

毎日の生活に瞑想を加える事で、いつでも「英気を養う」事ができます。

瞑想といっても、それほど難しい事はありません。

イスや床に座り、少し背筋を伸ばします。

そしてゆっくりと息を吸い、ゆっくりと息を吐いていきます。

「すー」「はー」と呼吸に意識を集中すると、他の余計な考えが消えて行きます。

5分ほど瞑想をして目を開けると、瞑想前よりも気持ちがスッキリしているのが分かるはずです。

人によっては劇的な効果を発揮するかもしれないストレス解消法ですので、まだ瞑想をした事がない人は試してみましょう。

自分一人では難しい人は、瞑想教室などに通ってみるのもおすすめです。

3-9. 「生活ペースを変える」

3-「生活ペースを変える」

体が疲れている人や、心が疲れている人は、今すぐに「英気を養う」必要があります。

そのために「生活ペースを変える」事をおすすめします。

例えば夜型の生活を送っている人は、朝型の生活にシフトチェンジする事をおすすめします。

早寝早起きをして、朝陽を浴びて生活をすると、人間らしい環境の中で元気に過ごす事ができるようになります。

また早寝早起きを大切にすると、必要な睡眠時間を確保しやすくなります。

さらに夜遊びをしたり、疲れやすい行動を控える事にもつながります。

例えばコンビニでバイトをしている人の中には、高時給を求めて夜中にバイトをしている人がいます。

夜中のバイトは心身に高い負荷が掛かりますので、疲れ気味だと感じたら朝型のシフトに変えてもらいましょう。

朝起きて夜眠るようにするだけで、劇的に身体の調子が良くなるかもしれません。

時間外労働が多い職場で働いている人は、自分の気持だけでは生活ペースを変えるのが難しいかもしれません。

このような人は「転職」を視野に入れるのも一つの方法です。

仕事を続けながら健康的な生活を送れる職場を探してみましょう。

現在は、人手不足で売り手市場ですので、転職をしても今よりも経済状況が悪くなるとは限りません。

3-10. 「体に悪い事をやめる」

3-「体に悪い事をやめる」

明らかに身体に悪い事をしている場合は「英気を養う」ために「体に悪い事をやめる」事をおすすめします。

体に悪い事とは、例えば「タバコ」です。

タバコはリラックス効果があるように見えますが、ニコチンが欠乏したイライラをタバコを吸う事で解消しているだけです。

そもそもタバコを吸わなければ、イライラする事が少なくなります。

また「深酒」も体に良くありません。

たまに友達や同僚と楽しくお酒を飲むのは良いかもしれません。

しかし毎日のようにお酒を飲んだり、お酒を飲みすぎてしまうと体を壊してしまいます。

アルコール中毒になるリスクもあります。

思い切ってお酒をやめてしまうという選択肢も考えてみましょう。

他にも「これは体に悪そうだ」と感じながらしている行為は、すべてやめてみましょう。

スマホゲームのやり過ぎや、SNSのし過ぎも、体に悪いかもしれません。

食べ過ぎや、甘いものの食べ過ぎも体に悪いでしょう。

思い切って体に悪い事をやめて見るだけで、心身ともに充実した毎日を送れるようになるかもしれません。

3-11. 「好きな人と一緒にいる」

3-「好きな人と一緒にいる」

恋人や友達など「好きな人と一緒にいる」時間は「英気を養う」事ができる時間です。

仕事や勉強で忙しいと思いますが、定期的に好きな人と一緒にいる時間を作りましょう。

恋人がいる人は、思い切って結婚をすると、好きな人と一緒にいる時間が長くなり、自然と「英気を養う」事ができるようになるかもしれません。

4. 「英気を養う」の使い方

「英気を養う」の使い方

「英気を養う」という言葉を、どのように使えばいいか、例文とともに説明します。

どんな場面でどう「英気を養う」という言葉を使えばスマートなのかをチェックしてみましょう。

4-1. ビジネスシーンでの「英気を養う」

4-ビジネスシーンでの「英気を養う」

ビジネスシーンは「英気を養う」という言葉を使いやすい場所です。

疲れている人がいる時、またはこれから大切な仕事を控えている人に対して使いたい言葉だからです。

例えば仕事のし過ぎで元気のない同僚がいたら、「ちょっと仕事を休んで英気を養えよ」と言ったり、「温泉でも行って、英気を養ってから仕事しろよ」と声を掛けてあげましょう。

映画のチケットを渡しながら「この映画でも見て、英気を養ってください」と声を掛けるのもスマートかもしれません。

また大きなプロジェクトを開始する前に、「英気を養う」ための飲み会などを開催する事があります。

このような飲み会の冒頭のあいさつをまかされたら「思い切り飲んで食べて、英気を養って、プロジェクトを成功させましょう!」とあいさつをするようにしましょう。

4-2. 恋愛の場面での「英気を養う」

4-恋愛の場面での「英気を養う」

恋愛の場面でも「英気を養う」必要がある人がいます。

それは失恋をしてしまった人です。

大好きな人にフラれてしまった人、片想いの末、恋に破れてしまった人は、元気がないはずです。

次の恋に向かうためには、いったん「英気を養う」必要があります。

そこでフラれて落ち込んでいる人を食事などに誘う時に「フラれて辛いのは分かる。

だから焼肉でも食べて英気を養って、次の恋をみつけよう」などと声を掛けてあげましょう。

このような食事会を開く時は、フラれた人にお金を出させないように、友達同士で協力してお金を出し合うとスマートです。

また自分が気に入っている女性が、他の男性にフラれた時は、自分が次の彼氏になるチャンスです。

そのために食事会を開催して、彼女を励ましてあげましょう。

そんな時に「美味しいものを食べて、英気を養って彼の事を忘れなよ」などと声を掛けてみましょう。

その食事会がきっかけで、ふたりは付き合う事になるかもしれません。

まとめ

「英気を養う」という事は、忙しい現代を生きる人にとって、以前よりも重要になっています。

元気のない人に休息のアドバイスをする時などに「英気を養う」という言葉を使って話しかけてみましょう。

また自分なりの「英気を養う方法」を知っておくと、疲れた時やストレスが溜まった時に役に立ちます。

「英気を養う」という事の大切さを感じて、これからの毎日をすごしてみましょう。

「英気を養う」の意味と、似たような言葉を紹介します。

また「英気を養う」コツと、使い方についても紹介していきます。


「英気を養う」の意味とは?

「英気を養う」は「えいきをやしなう」と読みます。

「英気」とは、その人の元気や、体内のエネルギー、やる気やモチベーションなどを指します。

そのため「英気を養う」という言葉を使う時は、使われる相手が「少し元気がない」「やる気が失せている」時です。

元気満々な人に「英気を養った方がいいよ」とは言わないからです。

ただし元気満々に見えるけれど、少し無理が続いている人、張り切り過ぎている人に対しては「このままではいずれ疲れてしまう」と予想されるため「そろそろ休んで、英気を養った方がいいよ」とアドバイスする事があります。

また受験勉強を始める生徒に対して「今のうちに英気を養っておけ」とアドバイスを送る事がありますし、大きなプロジェクトに取り掛かる前に飲み会をして「しっかり英気を養いましょう!」という事もあります。

これから大変な作業が待っているため、最高の状態でその日を迎えるように「英気を養う」必要があるからです。

このように疲れている人が元気を取り戻せるようにアドバイスをしたい時、無理が続いている人に少し休んでもらいたい時、これから大切な場面、重要な仕事に取り掛かる前に状態を整えてもらいたい時などに「英気を養う」という言葉を使います。

「英気を養う」の類語

「英気を養う」という言葉に似ていて、比較的よく使う言葉がありますのでチェックしてみましょう。

日常的に使っているので、耳なじみが多いものばかりのはずです。

2-1. 「リフレッシュする」

2-「リフレッシュする」

「英気を養う」の主に精神的な部分を別の言葉に表現したのが「リフレッシュする」です。

仕事が続くと、ストレスが溜まります。

ストレスが溜まると体調が悪くなったり、実力を発揮できなくなるかもしれません。

そこで「リフレッシュする」事で、ストレスを抜き、気分転換をして元気やモチベーションを取り戻します。

まさに「英気を養う」と似たような意味です。

2-2. 「リカバリーする」

2-「リカバリーする」

「英気を養う」に似たような言葉で、「体に関する部分」に注目したのが「リカバリーする」です。

仕事が続いて疲労がたまると、高いパフォーマンスを発揮できなくなります。

ケガをしたり病気になりやすい状態まで体力が下がってしまう可能性もあります。

このような状況に陥っている人は「リカバリーする」必要があります。

精神的な面は「リフレッシュする」事で英気を養い、体力的な問題は「リカバリーする」事で英気を養うという使い分けをします。

美味しくて栄養のあるものを食べて、お風呂に浸かってゆっくり眠る行為は、まさに「リカバリーする」時にしたい事です。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い