占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180917174943.html
「またとない機会」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「またとない機会」の意味・読み方・類語【使い方や例文】 | SPITOPI

SPITOPI
「またとない機会」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

スポンサーリンク

人生には色々なめぐりあいや、大きな壁が迫ってくることがあります。

一生の中には、山あり谷ありで、平坦なことだけではありません。

常に平穏無事で暮らすことができることはないでしょう。

しかし、そのおかけで人の成長があるものです。

この人生のなかで、大きな幸運を手にすることができるチャンスが訪れることがあります。

その時に使われる言葉が「またとない機会」かもしれません。

  • 「またとない機会」の意味とは?
  • 「またとない機会」の類語
  • 「またとない機会」の使い方
  • 「またとない機会」を四文字熟語やことわざ
  • 「またとない機会」具体例
  • まとめ

1. 「またとない機会」の意味とは?

「またとない機会」の意味とは?

「またとない機会」という言葉が使われるケースは、私達の生活の中でも、よくあることです。

この言葉を使うことで、素晴らしい明るい未来が見えてくること理解できるのではないでしょうか?

「またとない機会」の「またとない」は、漢字に書くなら、「又と無い」と表すことができます。

「またとない機会」の意味としては、「2つとない、あるいは2度と訪れることがないくらいの機会」というと意味があります。

また、「これ以上のものは他にない」友達理解することもできます。

「またとない機会」は、2度とない、2度も発生することはあり得ないくらいのチャンスなのかもしれません。

1-1. 「またとない機会」の読み方

1-「またとない機会」の読み方

「またとない機会」は、「またとないきかい」と読みますので、特別に難しい読み方、特殊な読み方をするわけではありません。

そう考えると、この言葉は素直に意味を理解することができる言葉ではないかと思います。

2. 「またとない機会」の類語

「またとない機会」の類語

「またとない機会」は、似たような言葉として色々な種類の言葉がありますが、次のような言葉を使ったり、耳にすることがあります。

2-1. 「ナイスタイミング」

2-「ナイスタイミング」

「ナイスタイミング!」と思わず叫んでしまったことがないでしょうか?

とても不利な状況に陥っている時に、ラッキーにもラッキーとも言える想定外の嬉しいハプニングが起きた時に、「ナイスタイミング」を思わず使うにはことがあるでしょう。

野球の試合で、負けムードの流れになっているこに、相手チームのちょっとしたミスから、こちらに流れが向いてきそうな予感がした経験を持っている人もたくさんいることでしょう。

そんな時に、「ナイスタイミング」という言葉がとても似合っています。

「ナイスタイミング」=「いい最高の機会」と言えます。

英語ですが、日本語としても、普通に使っている言葉ですね。

2-2. 「絶好の機会」

2-「絶好の機会」

「絶好の機会」も「またとない機会」と同じ意味を持つ言葉として使われます。

ここで使われる「絶好」とは、色々な物事をすすることについて、きわめて環境や状況が良く恵まれていることを指しています。

今まで雨続きで、ハイキングやアウトドアには苦しい天気が、いざ当日になると、見渡す限り青空が広がっている日には、「キャンプするには、今日は絶好の機会だな」

こんな使い方ができるのではないでしょうか?

2-3. 「適当な時機」

2-「適当な時機」

これも、「またとない機会」、「ナイスタイミング」、「絶好の機会」と同じように使われます。

ただ、普通の会話で使われるより、文章として使うことになるでしょう。

「適当」は、決していい加減な意味でなく、周りの環境や状況の中で、ベストなタイミングのことを指しています。

ある性質や、状態、要求などにおいて、ちょうど頃合いがよく合ってることて、とても相応しいことでもあります。

言い換えると、度合がちょうど良い意味でもあるのですが、「時機」=「タイミング」と組み合わせて、「適当な時機」となります。

3. 「またとない機会」の使い方

「またとない機会」の使い方

「またとない機会」は、どんなシチュエーションで使われることがあるでしょうか?

3-1. 「またとない機会」を使った例文1

3-「またとない機会」を使った例文1

「やっと理想的な男性に会えたわ。今まで中々、私の好みに思える人に会えなかったけど、あの人はこれまで見てきた男性とは全く印象が全く違う。この出会いは、またとない機会かもしれない」

今まで、男性運に恵まれなかったある女性。

恋愛にとても慎重になったのも、昔、思い出したくない辛い記憶を思い返したくなかったり、もう悲しいことになりたくないために、どうしても、恋愛に積極的になれなかったのです。

そんな人が、心からウキウキとしそうな理想的な人に出会ったのです。

この時の思いは、おそらく直感的な予感なのですが、「またとない機会」と感じたことは、本物の気持ちなのです。

3-2. 「またとない機会」を使った例文2

3-「またとない機会」を使った例文2

「この時を待っていた。今、相手は動揺しているぞ。このまま塁を貯めて、一気にヒットエンドランで、点数を稼げるまたとない機会だ。試合の流れが変わっていくよ」

この言葉は、少年野球チームの監督の言葉でした。

選手である子ども達にアドバイスすると共に、これからの試合運びを指示しながら、励ましているのです。

それまで勝つための練習を一生懸命に続けてきた子供達。

まだ、「勝利」の経験や喜びを知らない子供達が、初めての勝利で喜びを経験やする「またとない機会」でもあり、「絶好の機会」が今、目の前に訪れようとしているのです。

4. 「またとない機会」を四文字熟語やことわざ

「またとない機会」を四文字熟語やことわざ

「またとない機会」を熟語やことわざで言い換えると、次のような言葉で表すこともあります。

4-1. 「千載一遇のチャンス」

4-「千載一遇のチャンス」

「千載一遇」という言葉も、文書の中で使うだけでなく、会話の中でも使うことがあります。

「千載」とは、1000年の意味を含んでおり、長い年月のことでもあります。

そして、「一遇」とは、ひとたび会うや、1度の出会うのことを意味しています。

この2つの言葉を合わせることで、1000年に1度あるかないかというくらいのチャンスがあるレベルの得がたい絶好の機会、好機という意味を持つことになります。

また、2度と出会うことがないと思われるくらいのナイスタイミングでもあります。

これも本当にめったにない出来事になるので、この機会を逃すことは、後々後悔することになるので、見逃すことができません。

「千載一遇のチャンスが来たぞ。この時を待っていた!」

こんなふうに使うことができるでしょう。

4-2. 「空前絶後」

4-「空前絶後」

「千載一遇」や「またとない機会」と似ている言葉として、「空前絶後」と使われることが多いです。

意味としては、今までにある事柄に対して、類する似たような前例がなく、今後も同じ例を見ない」という意味を持つことわざです。

今の使われ方としては、「未だかつてなかったこで、今後もまずありえないこと」の意味で使われることが少なくありません。

「空前絶後」の「空前」とは「前に空(むな)しく」という意味が込められており、前例がないという意味を指しています。

そして、「絶後」は「後は絶えて」という字が使われていることから、その後も例を見ないという意味があります。

「今回の事件は空前絶後の出来事だ」

「空前絶後の人気を誇る大スター!」

などで使われることがよくあります。

4-3. 「犬一代に狸一匹」

4-「犬一代に狸一匹」

古いことわざの中には、 「犬一代に狸一匹」というものがあります。

今では普段の会話の中では使われることは、ほとんどありませんが、言葉の意味としては、「犬は一生の間に、狸ほどの大きな獲物を捕るのは1度あるかないこと」と言えます。

5. 「またとない機会」具体例

「またとない機会」具体例

「またとない機会」は、次のようなケースでも使われるでしょう。

5-1. 例1

5-例1

「これまで苦労してきた甲斐があったね。今回のコンクールの優勝獲得は、またとない奇怪だよ。絶対に頑張って優勝しよう」

例えば、ピアノコンクールで、今まで何度も何度もチャレンジしてきたのに、全く入賞冴えしたことのなかった彼女。

しかし、やっとの思いで、優勝できるまでの実力を養ってきたのです。

そして、その努力が今実ろうとしています。

「またとない機会」を得ようとしているのです。

5-2. 例2

5-例2

「今こそ全力で臨もう。このチャンスを逃してしまうと、相手に勝つことができない。またとない機会がやっと来たんだから」

このような会話が身近な生活の中でも、よくあることでしょう。

前項では、野球の試合で例えましたが、めったに勝つことができない試合で、相手の調子が悪くて、初めて勝利を手にすることができるチャンスがこちらにあるのです。

これこそ、「絶好の機会」と言える勝機が、自分の目の前にあるのです。

また、別のシーンでは、戦争や戦いでも使われるかもしれまさん。

大河ドラマでもありますが、戦国時代の時代の戦の中で、部が悪い立場にあっても、周りの環境が自分に味方してくれることで、勝つ、生き残れることができそうな時にも使われるでしょう。

「天は我に味方してくれている。またとない機会を見逃してはならぬ」

こんなセリフが、時代劇でも聞いたことがあるのではないでしょうか?

5-3. 例3

5-例3

「この試験は、ヤマが当たった!またとない機会だ。これを逃すと、資格取得はしばらくは難しいな」

国家資格を取得するために、一生懸命に勉強をしてきた学生。

しかし、試験範囲が広すぎて、合格するのは、とても厳しいと思っていました。

何せ合格率も僅か数%なのですから。

仕方なく過去問題を解くと同時に、今年の出題にヤマを張って勉強していたのです。

幸運にも、そのヤマが当たり何とか解くことができそうなのです。

まさに「またとない機会」であり、このようなチャンスを逃してはならないのです。

まとめ

「またとない機会」とは、本当に一生のうちに1度あるかないかというくらいの出来事になるかもしれません。

このようなチャンスが訪れることがめったにないということは、生きている間に経験できるだけでも、超ラッキーなことなのです。

人生には、「運」というものがあります。

運がいい人。

運に恵まれない人。

大きく2つの人がいます。

しかし、ラッキーな人は、千載一遇のチャンスと思われることに対して、全力を尽くしていることが多いのです。

それによって、自分に幸運を引き寄せているのかもしれません。

頑張る人には、そのような「またとない機会」と思われることが、何度も訪れているのです。

後は、絶好の機会が自分の目の前に近づいて来た時の努力あるのみです。

人生には色々なめぐりあいや、大きな壁が迫ってくることがあります。

一生の中には、山あり谷ありで、平坦なことだけではありません。

常に平穏無事で暮らすことができることはないでしょう。

しかし、そのおかけで人の成長があるものです。

この人生のなかで、大きな幸運を手にすることができるチャンスが訪れることがあります。

その時に使われる言葉が「またとない機会」かもしれません。


「またとない機会」の意味とは?

「またとない機会」という言葉が使われるケースは、私達の生活の中でも、よくあることです。

この言葉を使うことで、素晴らしい明るい未来が見えてくること理解できるのではないでしょうか?

「またとない機会」の「またとない」は、漢字に書くなら、「又と無い」と表すことができます。

「またとない機会」の意味としては、「2つとない、あるいは2度と訪れることがないくらいの機会」というと意味があります。

また、「これ以上のものは他にない」友達理解することもできます。

「またとない機会」は、2度とない、2度も発生することはあり得ないくらいのチャンスなのかもしれません。

1-1. 「またとない機会」の読み方

1-「またとない機会」の読み方

「またとない機会」は、「またとないきかい」と読みますので、特別に難しい読み方、特殊な読み方をするわけではありません。

そう考えると、この言葉は素直に意味を理解することができる言葉ではないかと思います。

「またとない機会」の類語

「またとない機会」は、似たような言葉として色々な種類の言葉がありますが、次のような言葉を使ったり、耳にすることがあります。

2-1. 「ナイスタイミング」

2-「ナイスタイミング」

「ナイスタイミング!」と思わず叫んでしまったことがないでしょうか?

とても不利な状況に陥っている時に、ラッキーにもラッキーとも言える想定外の嬉しいハプニングが起きた時に、「ナイスタイミング」を思わず使うにはことがあるでしょう。

野球の試合で、負けムードの流れになっているこに、相手チームのちょっとしたミスから、こちらに流れが向いてきそうな予感がした経験を持っている人もたくさんいることでしょう。

そんな時に、「ナイスタイミング」という言葉がとても似合っています。

「ナイスタイミング」=「いい最高の機会」と言えます。

英語ですが、日本語としても、普通に使っている言葉ですね。

2-2. 「絶好の機会」

2-「絶好の機会」

「絶好の機会」も「またとない機会」と同じ意味を持つ言葉として使われます。

ここで使われる「絶好」とは、色々な物事をすすることについて、きわめて環境や状況が良く恵まれていることを指しています。

今まで雨続きで、ハイキングやアウトドアには苦しい天気が、いざ当日になると、見渡す限り青空が広がっている日には、「キャンプするには、今日は絶好の機会だな」

こんな使い方ができるのではないでしょうか?

2-3. 「適当な時機」

2-「適当な時機」

これも、「またとない機会」、「ナイスタイミング」、「絶好の機会」と同じように使われます。

ただ、普通の会話で使われるより、文章として使うことになるでしょう。

「適当」は、決していい加減な意味でなく、周りの環境や状況の中で、ベストなタイミングのことを指しています。

ある性質や、状態、要求などにおいて、ちょうど頃合いがよく合ってることて、とても相応しいことでもあります。

言い換えると、度合がちょうど良い意味でもあるのですが、「時機」=「タイミング」と組み合わせて、「適当な時機」となります。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い