占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180913173114.html
見聞を広めるの意味・類語・メリットや広げるコツ

見聞を広めるの意味・類語・メリットや広げるコツ | SPITOPI

SPITOPI
見聞を広めるの意味・類語・メリットや広げるコツ

スポンサーリンク

人が今よりも成長するためには、見聞を広めることは欠かせません。

見聞を広めるというのはどういうことか、見聞を広めるためにはどのようなことをすればよいか、詳しく解説します。

  • 見聞を広めるとは?
  • 見聞を広めるの類語や言い換え
  • 見聞を広めるメリット
  • 見聞を広めるコツ
  • 見聞が広い人の特徴
  • まとめ

1. 見聞を広めるとは?

見聞を広めるとは?

見聞を広めるというのは、自分で実際に見たり聞いたりして、経験や知識を得ることを言います。

自分で体験したことを通して、今まで知らなかったことを知っていくということです。

頭で考えているだけでは解決しないことでも、実際にやってみたら簡単に解決できるということはよくあるものです。

行ったことのない場所へ行ってみたり、やったことのない新しいことに挑戦してみたり、いつもと違うことをしてみたりすることで、生きた情報を沢山得ることができます。

経験を通して得た知識というのは、なかなか忘れませんので、自分のなかで確実に蓄積されていきます。

1-1. 見聞を広めるの読み方

1-見聞を広めるの読み方

「見聞を広める」は、「けんぶんをひろめる」と読みます。

有名なことわざに「百聞は一見にしかず」というのがあります。

人から何度も聞いて得た知識よりも、一度だけ自分で実際に見て得た知識の方が、価値があるということをいっているもので、これは大切な教訓として、多くの人が肝に銘じていることではないでしょうか。

自分が実際に経験してみるということの大切さは、人生のあらゆる場面で実感するものです。

考えているだけではなく、実際にやってみる。

やってみないと分からない。

という考え方を持って行動することはとても大切なことなのです。

2. 見聞を広めるの類語や言い換え

見聞を広めるの類語や言い換え

2-1. 経験を積む

2-経験を積む

見聞を広めるということは、色々な経験をするということです。

例えば、同じ景色を説明するのでも、写真でしか見たことのない景色を説明するのと、自分の目で見た景色を説明するのとでは、内容の深さがまるで異なってきます。

写真では表面的なことしか分かりませんが、実際に自分で足を運んで、自分の目で見た景色というのには、写真では分からない様々な要素が含まれます。

その時の自身の心持ちによって、異なる印象を持つこともあるでしょう。

その場所で感じた空気、匂い、温度、その場所へ足を運ぶ途中で見た景色など、写真とは比べ物にならない情報量を得ることになります。

人との触れ合いも、写真では得ることができない経験です。

自分で見聞きをするというのには、とても大きな意味があるのです。

2-2. 体験する

2-体験する

何でも体験してみるという姿勢は、人を大きく成長させてくれるものです。

「難しそう」「めんどくさそう」「自分には向いていないだろう」と思って避けていたことでも、実際にやってみたら簡単だった、自分に向いていることが分かった、楽しかった、というのはよくあることです。

そんな時には大抵の人は「なぜもっと早くやってみなかったのだろう」と思います。

体験したことのない物事に挑戦してみるというのは、勇気のいることです。

知らないことには不安が付きものですが、不安ばかりが先行してしまうと、新しい事は何も出来ず、知識も経験も増やすことができません。

未知の世界に足を踏み入れることにワクワクできるポジティブな気持ちを持つことで、見聞が広がり、自分を成長させることができます。

3. 見聞を広めるメリット

見聞を広めるメリット

3-1. 体験したことは忘れない

3-体験したことは忘れない

人から聞いて得た知識は、時間が経つと忘れてしまったり、記憶が曖昧になってしまうことがありますが、自分が体験したことは、簡単には忘れません。

経験によって得た知識というのは、頭の中にイメージと共に強く焼き付くからです。

又、1つの経験には、沢山の経験やイメージが付属します。

例えば、秋に京都へ旅行に行ったとしたら、美しい紅葉や神社仏閣、秋の味覚を楽しむでしょう。

多くの観光客が集まる場所ですので、色々な人と接することが楽しかったという人もいるでしょう。

旅行という一つの経験からは、多くの刺激を受けることになります。

それが頭の中に強く刻み付けられ、記憶に残り続けるのです。

ガイドブックの写真や記事から得た情報だけでは、そこまで強く印象が残りませんので、簡単に忘れてしまうのです。

3-2. 新しい事に挑戦しやすくなる

3-新しい事に挑戦しやすくなる

様々なことを経験している人は、新しい事にチャレンジすることに大きな不安を感じなくなります。

過去の豊富な経験の中から、似たような状況になった時の記憶を引っ張り出して照らし合わせることができるからです。

経験が豊富な程、照らし合わせる材料が豊富になるので、色々なことに挑戦することができるのです。

新しい事を始めるのが好きな人は、常に新しい事を経験しているので、未知の物事にためらいなく挑むことができます。

経験が豊富な人は、失敗した時の対処も上手にできるので、失敗を恐れなくなります。

3-3. 困難な状況に強くなる

3-困難な状況に強くなる

見聞を広めている人は、何か困難な状況になったとしても、その豊富な経験から、どのように対応すれば困難な状況から脱せるのか、ある程度の見当が付きます。

解決策がすぐに思い浮かぶので、予期しない事態になったとしても、冷静に判断することができます。

すぐに解決できないような問題でも、解決への道筋が定まっているので、問題が別の問題を引き起こして取り返しのつかない状況を招いてしまうということになりません。

4. 見聞を広めるコツ

見聞を広めるコツ

4-1. 旅行をする

4-旅行をする

見聞を広めたいと思ったら、行ったことのない土地へ旅行をしてみましょう。

知らない土地へ行くことは、未知の世界を体験することだからです。

文化や習慣が大きく異なる海外でなくとも、国内でも知らない世界を体験することは十分にできます。

大自然の中で見たことのない絶景に感動したり、人気の観光スポットへ足を運ぶことでも多くの刺激を受けることができます。

その土地でしか食べることができないものをいただくのも、貴重な経験でしょう。

又、土地によって違う交通事情を体験することも、新しい経験になります。

3分に1本電車が来るのが当たり前の生活をしている人は、電車が1時間に1本しかない状況には驚くでしょう。

それを不便と思うか、空いた時間を有効に使おうと思うかで、見聞の広がり方には大きく差が出ます。

4-2. 読書をする習慣を付ける

4-読書をする習慣を付ける

読書をする習慣をつけることも、見聞を広める上では大切なことです。

知らなかったことを手軽に知ることができます。

文章からイメージを膨らます作業が必要になりますので、想像力を使う訓練にもなります。

読書から得た知識をより深めたいと思えば、実際にその場所へ足を運んでみたり、さらに詳しい書籍を読んでみましょう。

読書は、見聞を広げるきっかけを作ってくれます。

それがあなたの人生を大きく変えることもあり得るのです。

4-3. 色々な人と話す

4-色々な人と話す

色々な人と話しをするというのは、色々な考え方に触れたり、知らなかった情報を得られたりして、見聞を広めるのに大いに役立ちます。

生まれ育った環境や生活環境が違えば、物の見方も変わります。

性格が違えば、思考パターンも違ってきます。

「そんな考え方があるのか」「そういう受け止めかたができるのか」「そんな解釈は思いつきもしなかった」など、新しい発見に満ちています。

自分が日頃触れている情報元だけでは、得られる情報にも限りがあり、情報も偏るでしょう。

色々な人と話をしていると、別の情報元からの情報が入ってくることになるので、ここでも新たな発見をすることになります。

4-4. 恋愛をする

4-恋愛をする

恋愛の体験は、人を大きく成長させてくれます。

新しい自分を発見することもありますし、知らなかった場所へ行く機会も増えるでしょう。

人と親密に付き合う楽しさや難しさを経験すると、人は一回りも二回りも成長することができます。

他人を気遣うことの大切さを実感して、思いやりのある人になります。

他人を思いやる気持ちがあると、どんな場面でも人と人とのコミュニケーションが上手くいくようになりますので、視野が広がり、さらに見聞を広めることに繋がります。

4-5. 仕事をする

4-仕事をする

仕事をしていると、いやでも見聞は広まります。

仕事を進める上で調べ物が必要になったり、仕事を効率よくするために自主的に知識を得たり、仕事をするということは、知らないことを知って、それを活用することの連続でもあります。

見聞が広い人ほど多くの仕事をこなし、様々なことに挑戦しています。

自分を成長させたいという意欲が強く、仕事に真剣に向き合っているからこそ、見聞を広めたいと思うのです。

積極的な姿勢で仕事に臨める人は、多くの知識を身に付けることができ、様々なことを経験し、見聞を広めることができるので、それが成功に繋がっていくのです。

4-6. 人生の先輩と交流する

4-人生の先輩と交流する

自分よりも長く生きている人生の先輩は、自分よりも遥かに沢山のことを経験してきています。

そういった人と交流を持つことで、今まで考えてもみなかったような新しい事を知ることができます。

経験豊富な人と話をしていると、これまで解決するのが難しいと思っていたことが、あっさり解決できることだと気づかされたり、逆に、簡単に考えていたことが、実はとても難しい事だと気づかされたり、多くの気づきをもたらしてくれます。

人生の先輩と話をする時は、ただなんとなく話を聞いているのではなく、「勉強させてもらう」「知識を吸収させてもらう」という姿勢で話を聞いていると、多くのことを学ぶことができます。

4-7. なんでも学ぶ姿勢を持つ

4-なんでも学ぶ姿勢を持つ

何か興味があることを深く掘り下げて学んでみましょう。

「この分野のことなら何でも知っている」と胸を張って言える位に知識を深めるという作業は、見聞を広める習慣を付けるのに役立ちます。

知らないことを知りたいという意欲が湧いてくると、あらゆることに疑問が湧きます。

疑問に思ったことをすぐに調べて、自分がしっかり理解できたと感じるまで徹底的に調べる、ということを繰り返していくうちに、情報を吸収しやすい体質になったと感じるものです。

4-8. 好奇心を持つ

4-好奇心を持つ

好奇心があると、自然と見聞は広まります。

様々なことに興味を持つことは、様々なことを経験するための第一歩となります。

何事にも第一歩というのは必要ですが、自らの意志で踏み出した第一歩というのは、大きな価値があります。

誰かに言われて渋々踏み出した第一歩では、ゴールまで歩き続けることは難しくなります。

自発的に踏み出した第一歩には、ゴールまでたどりつけるだけの大きな力が宿っています。

ゴールへの道のりが長くて険しいものだったとしても、途中で挫けることなく、最後まで前進し続けることができるものです。

5. 見聞が広い人の特徴

見聞が広い人の特徴

5-1. 旅が好き

5-旅が好き

見聞が広い人は、旅行が好きな人が多いものです。

慣れ親しんだ環境から離れて知らない場所へ身を置くというのが旅行で、旅行には、新しい知識を得たり、新しい経験をするチャンスが詰まっています。

気分をリフレッシュさせることができるので、新しい物事をぐんぐん吸収することができます。

旅行での体験を通して得た知識や情報は、質が高くなります。

質の高い情報を沢山持っている人の言葉には重みがありますので、説得力のある話をすることができるようになります。

5-2. 交友範囲が広い

5-交友範囲が広い

人と交流することは、見聞を広めることに直結します。

友人が多い人は、それだけ他人から得られる知識が多くなるのです。

同じような環境にいる友人ばかりだと知識も偏ってしまいますが、幅広い分野の人と交流して、様々なタイプの人と接することで、身に付く知識や経験を豊かなものにすることができます。

同年代の人とばかり交流を持っていると、知識に偏りが出てきてしまいますが、年齢が下の人と交流することで、知らなかった情報を得たり、面白い発想に出会うこともあります。

年齢が上の人と交流することにも、大きな意味があります。

豊富な経験に基づく話には重みがあり、様々なことに気付かせてくれます。

5-3. 多くの趣味を持っている

5-多くの趣味を持っている

見聞の広い人は、好奇心が旺盛なので、様々な物事に興味を持ちます。

興味の対象が幅広いので、それだけ趣味も多くなるのです。

趣味が多い人は、知識の種類や量も豊富です。

それは、強制されて知識を身に付けているのではなく、楽しみながら自主的に知識を吸収しているので、多くの知識が自然と身に付くのです。

そして、多趣味の人は、自然と交友範囲も広くなり、そのことも、見聞が広くなる要因の1つになります。

異業種の人と接することで、今まで気づけなかった業界の改善点に気付くこともあります。

会社の組織や、仕事の進め方を刷新するアイデアをもらうこともあります。

ビジネスに携わる人にとっては、大きな収穫になるものです。

5-4. 活動的

5-活動的

見聞を広めるには、行動力も必要です。

自分で見聞きして経験をするということは、家でじっとしていてはできません。

活動的に動き回らなくては、見聞は広まらないのです。

休日には家にこもって過ごしていることが多い人は、積極的にどこかへ出かける習慣を付けましょう。

近くの観光地へ出かけたり、美術館や博物館へ行ってみるのも良いでしょう。

特に目的を作らずに街をぶらぶらするだけでも、新しい情報はいくらでも入ってきます。

新たな発見をしようと意識して歩いていると、歩きなれた道でも見慣れた景色の中にも、発見はあるものです。

意識を変えるだけで、今まで気づかなかったことに気付く感覚を持つことができるようになるものです。

5-5. 失敗を恐れない

5-失敗を恐れない

見聞を広めるためには、積極的に新しい事に挑戦することが重要になります。

このとき、失敗を極度に恐れる人は、なかなか新しい事を始めることはできません。

失敗を恐れない人は、最初から失敗するイメージがなく、仮に失敗したとしても、うまく修正できると思っています。

失敗とは糧になるものだと考えているので、自分の知らないことにも積極的に挑戦することができます。

知らないことを知りたいという好奇心の強さも、何か新しいことを始める行動を起こす原動力となります。

多くのことを経験することで、失敗を恐れない強い心を持つことができるようになります。

5-6. 話上手

5-話上手

見聞が広く話し上手な人は、話題が豊富なので、いつでも会話の中心にいます。

自分が見聞きした知識だけでなく、多くの人が興味を持ちそうな豆知識も豊富にもっているので、周囲から感心されたり、感謝されたりします。

自分の知識が他人の役に立って感謝されるのは嬉しいことなので、自主的に新しい知識を身に付けようと常に心のアンテナを張り巡らすことになり、ますます知識が増えていきます。

話し上手な人は、周りの期待に応えようとするサービス精神も旺盛なのです。

まとめ

見聞が広い人は、経験が豊富な分、とても奥深く魅力にあふれています。

新しいことに挑戦するちょっとの勇気と、新しい発見をしようとする意識があれば、誰にでも見聞を広めることはできます。

見聞が広い人になることは、決して難しい事ではないのです。

人が今よりも成長するためには、見聞を広めることは欠かせません。

見聞を広めるというのはどういうことか、見聞を広めるためにはどのようなことをすればよいか、詳しく解説します。


見聞を広めるとは?

見聞を広めるというのは、自分で実際に見たり聞いたりして、経験や知識を得ることを言います。

自分で体験したことを通して、今まで知らなかったことを知っていくということです。

頭で考えているだけでは解決しないことでも、実際にやってみたら簡単に解決できるということはよくあるものです。

行ったことのない場所へ行ってみたり、やったことのない新しいことに挑戦してみたり、いつもと違うことをしてみたりすることで、生きた情報を沢山得ることができます。

経験を通して得た知識というのは、なかなか忘れませんので、自分のなかで確実に蓄積されていきます。

1-1. 見聞を広めるの読み方

1-見聞を広めるの読み方

「見聞を広める」は、「けんぶんをひろめる」と読みます。

有名なことわざに「百聞は一見にしかず」というのがあります。

人から何度も聞いて得た知識よりも、一度だけ自分で実際に見て得た知識の方が、価値があるということをいっているもので、これは大切な教訓として、多くの人が肝に銘じていることではないでしょうか。

自分が実際に経験してみるということの大切さは、人生のあらゆる場面で実感するものです。

考えているだけではなく、実際にやってみる。

やってみないと分からない。

という考え方を持って行動することはとても大切なことなのです。

見聞を広めるの類語や言い換え

2-1. 経験を積む

2-経験を積む

見聞を広めるということは、色々な経験をするということです。

例えば、同じ景色を説明するのでも、写真でしか見たことのない景色を説明するのと、自分の目で見た景色を説明するのとでは、内容の深さがまるで異なってきます。

写真では表面的なことしか分かりませんが、実際に自分で足を運んで、自分の目で見た景色というのには、写真では分からない様々な要素が含まれます。

その時の自身の心持ちによって、異なる印象を持つこともあるでしょう。

その場所で感じた空気、匂い、温度、その場所へ足を運ぶ途中で見た景色など、写真とは比べ物にならない情報量を得ることになります。

人との触れ合いも、写真では得ることができない経験です。

自分で見聞きをするというのには、とても大きな意味があるのです。

2-2. 体験する

2-体験する

何でも体験してみるという姿勢は、人を大きく成長させてくれるものです。

「難しそう」「めんどくさそう」「自分には向いていないだろう」と思って避けていたことでも、実際にやってみたら簡単だった、自分に向いていることが分かった、楽しかった、というのはよくあることです。

そんな時には大抵の人は「なぜもっと早くやってみなかったのだろう」と思います。

体験したことのない物事に挑戦してみるというのは、勇気のいることです。

知らないことには不安が付きものですが、不安ばかりが先行してしまうと、新しい事は何も出来ず、知識も経験も増やすことができません。

未知の世界に足を踏み入れることにワクワクできるポジティブな気持ちを持つことで、見聞が広がり、自分を成長させることができます。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い