占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180913173017.html
褒められるのが苦手な人の心理・容姿を褒められる・仕事を褒められる

褒められるのが苦手な人の心理・容姿を褒められる・仕事を褒められる | SPITOPI

2018年09月13日公開

SPITOPI
褒められるのが苦手な人の心理・容姿を褒められる・仕事を褒められる

スポンサーリンク

褒められるのが苦手な人。

普通は褒めてもらうと嬉しいはずなのですが、一体何故褒められるのが苦手なのでしょう? 今回は、褒められるのが苦手な人の心理について解説していきたいと思います。

  • 褒められるのが苦手な人の心理
  • 褒められるのがプレッシャーな人の特徴
  • 容姿を褒められるのが苦手な人の心理
  • 褒められたときの返し方
  • まとめ

1. 褒められるのが苦手な人の心理

褒められるのが苦手な人の心理

1-1. 褒められると恥ずかしい

1-褒められると恥ずかしい

褒められるのが苦手な人は、基本的に恥ずかしがり屋です。

褒められる事によって、周りの人が自分に注目している、自分の事をじっくりと観察しているといった気持ちが芽生えてくるのです。

褒められる事によって、「もしかして行動をチェックされている」、といった警戒心が芽生えてしまう事によって、素直な気持ちで褒めてくれた人に感謝の意を表す事ができなくなるのです。

褒められるのが苦手な人の多くは、初対面の人と接するのが苦手といった方がほとんどです。

自分に自信がないから、初対面の人とも上手く話せない、褒められるのが?に聞こえてしまうといった心理が同時に働くのです。

1-2. 今まで褒められた経験がない

1-今まで褒められた経験がない

今まで褒められた経験があまりない人は、急に褒められるとどうしていいかわからなくなり、戸惑ってしまいます。

今まで両親でも自分の事を褒めた事がなかったのに、いきなり大人になって褒める人と出会ってしまうと、どう対処していいかわからずに混乱するのです。

自分は褒められるのに値しないはずだといった認識があるので、急に褒められると、それが?としか聞こえないので、どうしても拒否してしまうのです。

周りの人からの評価というものも、長い人生においての積み重ねでもあるので、毎日のように自分磨きに励んで、誰からでも「素敵ですね」、「きれいですね」と言われ続けてきた人と違って、全く自分磨きをして来なかった人は、いきなり褒められてもそれが?やお世辞としか聞こえないのです。

それで「お世辞なんて言われても嬉しくない」と拒絶してしまうようになるのです。

1-3. 警戒心が強い

1-警戒心が強い

他人に対して異常に警戒心が強い人は、褒められると何か相手は企んでいるのではないか?と思い込んでしまいます。

今まで生きてきて、他人にほとんど褒められた経験がないから、赤の他人がいきなり自分の事を褒めると、「この人はきっと自分を何かの形で利用しようとしているはずだ」といったいらぬ警戒心が働いてしまうのです。

だから褒められるのが苦手といった人は、実は自分で自分の才能を潰している傾向があります。

基本的に他人が自分を客観視しながら、自分のあるポイントを褒めてくれるのだから、本当だったらもっと自分に自信を持ったり、長所を伸ばしていこうといった気持ちへと切り替えていく事が大事です。

いくつになっても、自分は褒められるに値しないダメな人間だとか卑屈になっていたら、一生ダメ人間としての人生を歩まないといけなくなるので、気持ちを切り替えて、褒められる機会が増えるように自分磨きに励んでいきましょう。

2. 褒められるのがプレッシャーな人の特徴

褒められるのがプレッシャーな人の特徴

2-1. ハイレベルの事を要求されているような気持ちになる

2-ハイレベルの事を要求されているような気持ちになる

褒められのがプレッシャーとなる人の心理としては、褒められると、ハイレベルの事を要求されているような不安な気持ちが沸いてくるといった方が多いようです。

例えば、何か試験に受かった時に、「あなたは凄い実力を持っているのだから、今後ももっと頑張れるはず」と褒められてしうと、今回死に物狂いで頑張ってやっと試験に受かったのに、まだ今後もずっと頑張らないといけないのか?といった風に、プレッシャーに弱いのです。

褒めて伸ばすといった人が多いですが、褒めてもらったら、その期待に応えないといけないと必至に頑張ってしまい、疲れてしまうのです。

どちらかというと、創りあげた理想の自分像よりは、ありのままの自分を受け入れてくれる人との方が長続きします。

恋人になる人とも、あまりにも自分の事を褒めちぎってくれる人よりは、だらしない自分やダメな自分の姿もさらけ出せる人の方が何度会っていても疲れないのです。

2-2. ストレスが増える

2-ストレスが増える

褒められるとどうしてもその理想像の自分の姿をキープしていないといけないといった脅迫観念にかられてしまって、毎回会う度に自分の事を褒めちぎってくれる人よりは、自分の悪い部分でも気楽に話せる人と一緒にいる事を選ぶ傾向があります。

本当は自分の良いところをいつも見つめながら、褒めて伸ばしてくれる人と一緒にいた方が、どんどん良い方向へと成長していけるのですが、心のどこかで自分はダメ人間なんだといった意識から抜け出せないので、褒められる人になりたくないといった意識が働き、褒められる事がストレスとなるのです。

2-3. 基本的に自分に自信がない

2-基本的に自分に自信がない

いつも周りの優秀な人と比べられてきた人や、普段から何も努力していない人の場合には、褒められると、不安にかられるようです。

自分は他人よりも劣っているから、褒められる要素なんて何もないはずだといった意識が強いので、褒めてくれる人の言葉は全て?にしか聞こえないのです。

褒められるのがプレッシャーになるという人の多くは、自分の良さについて理解していない人がほとんどです。

誰でもどこかしら褒められる要素ってあるはずなのですが、その褒められる要素が成績や外見、プロポーションといった風にわかりやすい例でない場合には、人生においてあまり褒められた経験もなく育ってきた場合が多いようです。

褒められる要素は、成績や外見、プロポーションだけに限らずに、性格や趣味、習慣など実はたくさんあるので、自分の長所はどこなのか?といった事を把握できるようになって、長所を上手に伸ばしていけるようになると、自信がない性格を改善していけるでしょう。

2-4. 期待に応える自信がない

2-期待に応える自信がない

褒められるのがプレッシャーな人の心理としては、期待に応える自信がないといった心理が働くようです。

褒めた人は、ただの社交辞令だとしても、それを本気に受け取ってしまい、期待に応えないといけないと勝手に自分でプレッシャーをかけてしまうのです。

これでは、飲みに行って、ホステスやキャバ嬢からお世辞で褒められてしまったら、それを口説かれていると勘違いしてしまい、女遊びにはまってしまうといった男性もいるようです。

褒められるのは、本気の場合と社交辞令の場合とあるといった事を理解しながら、適当に流せるぐらいにタフになって下さいね。

2-5. 褒められても応えられないと思っている

2-褒められても応えられないと思っている

褒められるのがプレッシャーに感じる人の心理としては、たとえ褒めてくれても、その言葉に対して、期待には絶対に応えられないと思い込んでいる場合があります。

褒められるという事は、その褒めた部分はあなたの魅力だから、もっと伸ばしていきましょうといった意味合いが込められているのですが、「もうこれ以上褒めてもらったって、何も変わらないよ」といった気持ちから、褒められるのが苦手といった気持ちが芽生えてくるのです。

今は、褒められたとしても、褒めてくれた部分を延ばすゆとりがなかったとしても、今後はその褒めてくれた部分を伸ばせるかもしれません。

だから、安易に褒めてくれた人に対して、苦手とか嫌だなとか思わずに、感謝の気持ちで接しながら、褒めてくれた部分をノートに書き記しておいて、暇がある度に見直しながら、その部分はどんな風に魅力的に映ったのか?これから褒めてくれた部分はどうやって伸ばしていけばいいのか?といった事を分析するための良い資料として集めていって下さい。

3. 容姿を褒められるのが苦手な人の心理

容姿を褒められるのが苦手な人の心理

3-1. 自分の容姿に自信がない

3-自分の容姿に自信がない

容姿を褒められるのが苦手な人の心理としては、自分の容姿に自信がないといった事が考えられます。

自分の容姿は全く魅力がないのに、どうしてこの人は褒めるのだろう?といった気持ちが芽生えてしまい、せっかく褒めてくれているのにそれが嫌味に聞こえてしまうのです。

あなたの容姿全てが劣っているとは考えにくいので、もしも容姿を褒められたら、素直な気持ちで受け止めながら、「自分の容姿でこの部分は他の人から見た場合には、魅力的に見えるんだ」とプラス思考になって判断していって下さい。

容姿に自信がなくても、ファッションセンスを磨く事によって、いくらでも外見を美しく飾る事は可能です。

身長や骨格は変える事ができなくても、運動をして適度な筋肉をつけていけば、きれいなプロポーションを構築していく事だって可能なので、自分の容姿は醜いと思い込まずに、褒めてもらったら自分磨きをする良いチャンスだと受け止めていって下さい。

3-2. 容姿について触れてほしくない

3-容姿について触れてほしくない

もしも容姿を褒められるのが苦手な場合には、容姿について触れてほしくないといった潜在的な気持ちが隠れている場合があります。

長い年月自分の容姿がコンプレックスだったので、容姿についてたとえ褒め言葉でも意見を言われるのがつらいのです。

そういった時には、鏡を見るのも嫌だった気持ちを一旦リセットして、自分の姿を自撮りでもいいから、たくさん写真に収めてみて、自己分析しながら、容姿コンプレックスを克服できる努力をしていって下さい。

3-3. 好きでもない人に容姿を褒められるのが面倒くさい

3-好きでもない人に容姿を褒められるのが面倒くさい

容姿を褒めるという行為は、基本的にはあなたに対して、好意を抱いているといった意味も含まれているので、好きでもない人にいきなり自分の容姿を褒められても、「この人には一切恋愛感情なんて抱けないから」と面倒臭いといった気持ちが働くようです。

容姿を褒められたからといって、それが全てあなたに恋をしているわけではないので、そんなに深く考える必要はないのですが、容姿ばかりをいつも褒められて口説かれ続けてきた人は、「また、口説き文句か」といった風に、無意識に防御体勢を取ってしまうのです。

4. 褒められたときの返し方

褒められたときの返し方

もしも、あなたが何か褒められた場合には、素直に「ありがとうございます」と言いましょう。

さらに慣れてくると、褒めてくれた相手の事もちゃんと褒めてあげるのがマナーです。

パッと初対面で出会った人を褒められるという人は、それだけプロファイル力が優れているという事なので、自分も観察眼を磨きながら、いろいろな人を褒めてあげられるようになると、褒めるという行為が挨拶代わりにも使える便利なコミュニケーションツールだと理解できるでしょう。

4-1. 容姿を褒められたとき

4-容姿を褒められたとき

容姿を褒められたときは、相手は自分の容姿に何かしらの興味関心を持ってくれていると素直に受け止めて下さい。

褒めてくれた相手が異性の場合には、喜んでいいでしょう。

その褒めてくれた会話の延長として、あなたも相手の容姿を褒めてあげると、その褒めあっていく会話が口説く文句として発展していく場合もあります。

褒める=口説き文句として、相手に褒めてもらったら自分も相手を見習って、褒め上手になれるように話術を磨いていって下さいね。

4-2. プレッシャーの要素を褒められたとき

4-プレッシャーの要素を褒められたとき

もしもプレッシャーになりそうな要素を褒められた時には、さらにプレッシャーを膨らますのではなく、スルーできるぐらいにタフになりましょう。

それがプレッシャーに強くなるコツです。

もしくはプレシャーの要素を褒めてくれるという事は、自分が今までプレッシャーに感じていた部分が成長しているサインだとプラス思考に受け止めて下さい。

もうそのプレッシャーから開放される未来が近づいているのかもしれません。

これぐらいに自己都合の良い主義になって、何でもプラスに受け止められるようにならないと、せっかく自分の良いところを褒めて伸ばしてくれる人が現れているといったチャンスを逃してしまいます。

4-3. 私生活を褒められたとき

4-私生活を褒められたとき

私生活を褒められたときには、その人は自分の私生活をじっくり観察しているサインです。

それだけ、あなたの事をじっくりと観察しているのでしょう。

もしも私生活を褒めてくれた相手が異性の場合には、それだけあなたの事に興味関心を示している合図です。

だから褒めてくれた異性に対して、あなたも好意を抱けるのであれば、相手の私生活に対して興味関心を抱いて、あなたも褒めてくれた異性の私生活について褒められるように努力していきましょう。

これが恋のきっかけとなっていきます。

褒めるのが上手な人、褒められると相手に好意を抱きやすい人が、基本的に恋愛体質なので、あなたがもしもずっと自分はモテないと悩んでいるのであれば、褒める、褒められるといったアクションになれるように努力して下さい。

まとめ

今回は、褒められるのが苦手といった人の心理と、褒められた時に受け答え方についてもレクチャーしていきました。

褒められる事に慣れていない人は、いきなり初対面の人に褒められると戸惑ってしまうかもしれませんが、褒められる事も真実の場合と社交辞令とあるので、あまり気にせずに上手に受け答えできるように頑張って下さいね。

褒められるのが苦手な人。

普通は褒めてもらうと嬉しいはずなのですが、一体何故褒められるのが苦手なのでしょう? 今回は、褒められるのが苦手な人の心理について解説していきたいと思います。

記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い