占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180913172943.html
「期待しているよ」の心理・言い換え・上司への返信方法・プレッシャー

「期待しているよ」の心理・言い換え・上司への返信方法・プレッシャー | SPITOPI

SPITOPI
「期待しているよ」の心理・言い換え・上司への返信方法・プレッシャー

スポンサーリンク

上司から「期待しているよ」と言われた時、その言葉にはどのような心理が隠れているのでしょうか。

「期待しているよ」の心理や、言われた時の対処法などを紹介していきます。

  • 「期待しているよ」とは?
  • 「期待しているよ」の類語や言い換え
  • 「期待しているよ」の心理
  • 上司に「期待しているよ」と言われた時の返事
  • 「期待しているよ」のプレッシャーに打ち勝つコツ
  • まとめ

1. 「期待しているよ」とは?

「期待しているよ」とは?

社会人になると、上司から良くかけられる言葉のひとつに「期待しているよ」があります。

これからタスクや、大きなプロジェクトに臨む時に言われる言葉です。

平常時の誰にでもできるような仕事をする時は、「期待しているよ」とは言われません。

それは「できて当たり前」だからです。

つまり期待しているよと言われる場面は、声を掛けられた人にとって大きなチャレンジの場面という事になります。

上司はちょっと無理目のシーンや、実力をすべて出さないとクリアできない課題を与える時に「期待しているよ」と声を掛けて、発破を掛けます。

期待しているよという言葉を掛ける事で、部下のやる気に火が付くと思うからです。

しかし言われた方としては、プレッシャーに感じたり、意気に感じたりと受け取り方は様々です。

上司がどのような意図から「期待しているよ」と言ったのかが、気になる人もいるでしょう。

いずれにせよ、「期待しているよ」という言葉は、社会人になると日常的に耳に入る言葉です。

声を掛けられた時にどのような対処をすべきか知っておくと良いでしょう。

2. 「期待しているよ」の類語や言い換え

「期待しているよ」の類語や言い換え

ビジネス用語のひとつともいえる「期待しているよ」には、似たような言葉がいくつかあります。

これらの言葉を言われた時も、「期待しているよ」と言われたと同様の対処方法を取りましょう。

そこで「期待しているよ」に似ている言葉をいくつか紹介します。

2-1. 「頼むよ」

2-「頼むよ」

「頼むよ」という言葉も、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。

こちらの言葉も「期待しているよ」と同様に、やや難しい課題を部下に任せる時に上司が使う言葉です。

タスクを言い渡しただけでなく、あえて「頼むよ」と付け加えるのは「失敗するかもしれない」という不安が上司にはあるからです。

そのタスクを達成する自信がある人は、「まかせてください」と力強く言えるかもしれませんが、自信がない場合は、返事に困ってしまうかもしれません。

2-2. 「吉報を心待ちにしてるよ」

2-「吉報を心待ちにしてるよ」

「期待しているよ」という言葉に似ていて、もう少し丁寧な雰囲気を持つ言葉が「吉報を心待ちにしてるよ」です。

「期待しているよ」よりも、やや難しい課題や、時間の掛かるタスクを任せる時に使う言葉です。

また遠距離で仕事をする人に掛ける言葉でもあります。

海外事業を任された時などは、「吉報を心待ちにしてるよ」という言葉を掛けられやすいです。

やや無理目な達成目標に挑む人にも言われる事がありますので、真剣に言葉を受け止めすぎて自分を追い込まないようにしましょう。

2-3. 「結果が待ち遠しいね」

2-「結果が待ち遠しいね」

「期待しているよ」とセットのように使われる言葉に「結果が待ち遠しいね」という言葉があります。

難しい課題を部下に与えた上司が、仕事ぶりに希望を見出した時に使う言葉です。

達成困難なプロジェクトなどで、部下が思わぬ順調な過程を描いている時に「結果が待ち遠しいね」といいます。

この言葉を上司に言われたら、現在の自分の仕事ぶりが上々だと判断してもいいかもしれません。

完全に失敗に終わりそうな時に、この言葉を掛けられたとしたら、それは嫌味かもしれません。

2-4. 「がんばれ」

2-「がんばれ」

「期待しているよ」に似ていて、もっとシンプルな言葉が「がんばれ」です。

上司は部下に対して発破をかける時に、頻繁に使う言葉です。

「期待しているよ」と言われる時よりも、達成可能なタスクを与えられている時に、「がんばれ」といわれるかもしれません。

また本来なら「期待しているよ」と言うような場面でも、部下の重圧等を考えて、あえて「がんばれ」とシンプルな表現で励ます上司もいます。

「がんばれ」はビジネスシーン以外でも頻繁に使われる言葉ですし、言われても気にならない言葉です。

そのため言われた方としては、プレッシャーに感じたりせずに済みます。

自分が上司になった時は、「がんばれ」を選択した方が、部下がのびのび仕事ができるかもしれません。

3. 「期待しているよ」の心理

「期待しているよ」の心理

上司が部下に「期待しているよ」と言う時、どのような心理状態になっているのでしょうか。

上司によっては、その意味合いが違ってくるかもしれません。

そこで上司が言う「期待しているよ」にはどんな心理状態が隠されているかを紹介します。

3-1. 本気で期待している

3-本気で期待している

素直な上司の場合は、言葉通り本気で期待しているから「期待しているよ」と言います。

例えば優秀な新人が職場に入ってきた時など、「期待しているよ」と本気で思いながら言葉を掛けるはずです。

困難なプロジェクトを任せる時も、「こいつならできる」と期待しているはずです。

少し熱血漢で、真っ直ぐなタイプの上司なら、おそらく言葉通り受け止めていいでしょう。

真っ直ぐな思いで、正面から期待されていると思えば、重圧に感じるかもしれません。

しかし現時点でとても高い評価を受けている事は悪い事ではないはずです。

期待に応えられるように純粋に努力する事をおすすめします。

3-2. 物足りないと感じている

3-物足りないと感じている

「期待しているよ」と上司が部下に言う時に、もしかしたらいちばん多い心理状態として「物足りなさ」があるかもしれません。

本当なら10の仕事ができなければいけない所、6や7の仕事しかしていない部下に対して、上司は「期待しているよ」と言って、気持ちを高めようとしている可能性があります。

正面から自分の意見を言わないタイプの上司なら、このような言い回しをして部下のやる気を引き出そうとするかもしれません。

もちろんまったく期待できないような部下には、「期待しているよ」とは言いません。

もし言うとすれば、顔が歪んでいたり、半笑いするなどして、あきれ果てたという感じを出して言うはずです。

まだまだ力を引き出せると思っているから、「期待しているよ」という言葉を掛けています。

現時点での評価は高くないかもしれませんが、将来的には一人前になるという期待が込められているはずです。

3-3. ポテンシャルを買われている

3-ポテンシャルを買われている

例えばプロ野球にドラフト1位で入団した選手がいたら、誰でも「期待しているよ」というでしょう。

このように高いポテンシャルを買われている人は、「期待しているよ」と上司から言われやすいはずです。

例えば学歴が超優秀な人は、周囲から期待を集めやすいはずです。

また顔立ちに品があったり、二枚目だったり美女だったりする場合も、期待されやすくなるでしょう。

仕事ができるかどうかは別ですが、ポテンシャルを判断して言われる言葉です。

実は仕事ができないと感じている人は、かなりのプレッシャーになるかもしれません。

3-4. 過去最高を求めている

3-過去最高を求めている

上司に与えられたプロジェクトの達成が困難な時に、上司から「期待しているよ」と言われたら、かなりのプレッシャーになるでしょう。

なぜ自分がこんなに大変なプロジェクトを任されたのかが分からない時は、過去の実績を振り返ってみましょう。

もしかしたら、過去に大きな仕事を偶然でも成し遂げた事があるかもしれません。

実はたまたま運が良かっただけなのに、大口の契約を取る事ができたとか、偶然が重なって難解なシステムの構築に成功したなどの「奇跡のような実績」があるかもしれません。

上司は今回のプロジェクトでも、「奇跡を起こしてくれ」と思っている可能性があります。

つまり、部下の「過去最高」に期待して、「期待しているよ」と言っています。

「あんな奇跡の再現は無理だよ」と思うかもしれませんが、上司は本気で期待しているかもしれません。

3-5. 多分、無理だと思ってる

3-多分、無理だと思ってる

「期待しているよ」という時の上司の表情が真剣でない場合は、「多分、無理だろう」と思っている可能性があります。

特に簡単な仕事を任された時に「期待しているよ」と言われた場合は、現時点ではかなり低い評価であると考えられます。

上司は部下にまったく仕事を任せないわけにはいきませんし、「多分、無理だよな」と声を掛けるわけにもいきません。

結果的に「期待しているよ」という言葉を、まったく期待せずに発しています。

このままでは職場で居場所がなくなってしまうかもしれません。

気持を入れ替えて、本気で仕事に向き合って、上司の評価を高めるように努力しましょう。

4. 上司に「期待しているよ」と言われた時の返事

上司に「期待しているよ」と言われた時の返事

上司に「期待しているよ」と言われた時は、どのような返事をすれば正解でしょうか。

間違った返事をして、上司の心証を悪くするのは得策ではありません。

そこで上司に「期待しているよ」と言われた時の返事の仕方について紹介します。

4-1. 「ありがとうございます!」

4-「ありがとうございます!」

素直に期待してくれた事を喜び「ありがとうございます!」と言うと、上司は気持ちいいかもしれません。

仮に本気で期待せずに「期待しているよ」と上司が言った場合でも、特別悪い気持ちにはならないかもしれません。

感謝の言葉を伝える事で、まずい立場になる事はないです。

返事に困った場合は、素直に「ありがとうございます!」と熱を込めて言いましょう。

4-2. 「ご期待に添えるよう頑張ります」

4-「ご期待に添えるよう頑張ります」

もっとも定型句らしい返事として「ご期待に添えるよう頑張ります」という言葉があります。

いかにもビジネス用語的な言葉ですが、ほとんどの場合、この返事でOKです。

メールなどで「期待しているよ」と言われた場合も、「ご期待に添えるよう頑張ります」と返事をすると良いでしょう。

4-3. 「今後もご指導よろしくお願いします」

4-「今後もご指導よろしくお願いします」

良い仕事をした後に、上司に「期待しているよ」と言われた場合は、「お前はこの会社を背負って立つような男だ」という意味合いが含まれています。

この時の「期待しているよ」は、褒め言葉の意味が強いです。

そんな時は「ありがとうございます!」よりも「今後もご指導よろしくお願いします」が適切です。

自分がここまで成長できたのは、指導してくれた上司のおかげだという姿勢を見せる事ができます。

上司は自分の手柄だと思う事ができるので、悪い気はしないはずです。

またもっと気にかけて育てて行こうと思ってくれるかもしれません。

特に実力が高く、上司を追い抜きそうなくらい仕事ができる人は、「今後もご指導よろしくお願いします」という事で上司のメンツを保つ事ができます。

「出世しても、自分の恩を忘れる事はない」と上司を安心させるようにしましょう。

4-4. とにかく「全力を尽くします」

4-とにかく「全力を尽くします」

任された仕事が大きすぎて、およそ達成が困難だと感じる時は、「全力を尽くします」と答えましょう。

結果は伴わないかもしれませんが、全力を尽くす事はできるはずです。

上司に嘘をつかずに、「もしかしたら無理かもしれません…」というニュアンスを含める事ができます。

また達成困難なほど大きなタスクに挑む時は、全力を尽くしかないという事は事実でもあります。

自分の言い聞かせる意味でも「全力を尽くします」は適切な返事でしょう。

5. 「期待しているよ」のプレッシャーに打ち勝つコツ

「期待しているよ」のプレッシャーに打ち勝つコツ

人によっては上司の「期待しているよ」という言葉がプレッシャーになるかもしれません。

そこで、「期待しているよ」のプレッシャーに勝つコツを紹介します。

5-1. 素直に喜ぶ

5-素直に喜ぶ

「期待しているよ」と上司に言われた時、「目標を達成できなかったらどうしよう」「期待に敵応えられなかったらどうしよう」と暗い気持ちになる人もいるでしょう。

しかし不安を感じても、仕事がうまく行くわけではなりません。

不安な状態で仕事に取り組むよりも、楽しい気持ちで仕事に取り組んだ方が達成しやすくなります。

そこで、あえてバカな振りをして「素直に喜ぶ」という選択肢を選んでみましょう。

少なくとも上司から現時点で高い評価を受けているわけですから、その高い評価を思い切り喜びましょう。

喜んでいるうちに楽しい気持ちになり、仕事に好影響を与えるかもしれません。

5-2. 実力以上は出せないと冷静になる

5-実力以上は出せないと冷静になる

どんなに期待されても、自分の実力以上は出せないものです。

期待をされたら、あえて冷静になり「実力以上は出せない」と自分に言い聞かせてから仕事に取り組みましょう。

例えば走り高跳びの選手が200mのバーしか跳ぶ実力がないのに、220mを跳ぼうとしたら、フォームがめちゃくちゃになり、180mのバーも跳べなくなってしまうかもしれません。

このように無理をしたり背伸びをし過ぎると、達成できる目標すら達成できなくなるかもしれません。

「できる事はきちんとする」「実力を出す」事だけを考えれば、良い成果を得る事ができるはずです。

プラスアルファの力が働くのも、身の丈に合った方法で仕事に取り組んでいる時でしょう。

5-3. 準備をきちんとする

5-準備をきちんとする

上司からの期待に対して重圧を感じたら、「準備をきちんとする」事で対処する事ができます。

何かを達成するためには、「きちんと準備をする」事が大切です。

例えば雪山に登山する時は、装備を整えて、登る山の地図を用意して読み込む事が大切です。

つまり「できる事はきちんとする」という姿勢で事にあたりましょう。

ひとつひとつ、できる事を積み重ねて行けば、上司が期待する高い水準の目標も達成可能になるでしょう。

5-4. さぼらない

5-さぼらない

上司に期待された時でも、失敗する可能性はあります。

期待に応えられず、がっかりされる事もあるでしょう。

そんな時は、「どのように課題に取り組んだか」その「姿勢」が問われる事になります。

もしいい加減に取り組んでいて失敗したなら、次のチャンスはないかもしれません。

なのでプレッシャー感じるような状況では、ふざけたり、さぼったりしないようにしましょう。

後で姿勢を問われた時に、言い訳せずに済むような態度で仕事に向き合いましょう。

全力で取り組んでいる姿勢が見えた場合は、例え失敗に終わったとしても、きっと次のチャンスが巡ってくるはずです。

5-5. 結果は気にしない

5-結果は気にしない

上司に「期待しているよ」と言われた時は、結果が出るかどうか半々か、少し厳しいくらいの課題を課せられた時ではないでしょうか。

つまり「失敗する」か「成功する」かは時の運のようなものです。

このような時は、あえて「結果は気にしない」事が大切です。

結果を気にして緊張して、普段の実力を出せないのが最悪だからです。

それよりも結果を気にせずのびのびと仕事をした方が、求められている以上の結果を出しやすいでしょう。

プレッシャーがかかる場面や、目標達成が難しい場面では、結果を気にせず、目の前の課題に集中する事が大切です。

その積み重ねの結果、上司が望む以上の大きな成果を得る事ができるでしょう。

まとめ

「期待しているよ」には様々な意味があり、言われた方は受け取り方が難しいかもしれません。

また重圧を感じてしまい、仕事をするのが辛くなるかもしれません。

そのような時は、この記事の内容を参考にして、ピンチをチャンスに変えて欲しいと思います。

上司から「期待しているよ」と言われた時、その言葉にはどのような心理が隠れているのでしょうか。

「期待しているよ」の心理や、言われた時の対処法などを紹介していきます。


「期待しているよ」とは?

社会人になると、上司から良くかけられる言葉のひとつに「期待しているよ」があります。

これからタスクや、大きなプロジェクトに臨む時に言われる言葉です。

平常時の誰にでもできるような仕事をする時は、「期待しているよ」とは言われません。

それは「できて当たり前」だからです。

つまり期待しているよと言われる場面は、声を掛けられた人にとって大きなチャレンジの場面という事になります。

上司はちょっと無理目のシーンや、実力をすべて出さないとクリアできない課題を与える時に「期待しているよ」と声を掛けて、発破を掛けます。

期待しているよという言葉を掛ける事で、部下のやる気に火が付くと思うからです。

しかし言われた方としては、プレッシャーに感じたり、意気に感じたりと受け取り方は様々です。

上司がどのような意図から「期待しているよ」と言ったのかが、気になる人もいるでしょう。

いずれにせよ、「期待しているよ」という言葉は、社会人になると日常的に耳に入る言葉です。

声を掛けられた時にどのような対処をすべきか知っておくと良いでしょう。

「期待しているよ」の類語や言い換え

ビジネス用語のひとつともいえる「期待しているよ」には、似たような言葉がいくつかあります。

これらの言葉を言われた時も、「期待しているよ」と言われたと同様の対処方法を取りましょう。

そこで「期待しているよ」に似ている言葉をいくつか紹介します。

2-1. 「頼むよ」

2-「頼むよ」

「頼むよ」という言葉も、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。

こちらの言葉も「期待しているよ」と同様に、やや難しい課題を部下に任せる時に上司が使う言葉です。

タスクを言い渡しただけでなく、あえて「頼むよ」と付け加えるのは「失敗するかもしれない」という不安が上司にはあるからです。

そのタスクを達成する自信がある人は、「まかせてください」と力強く言えるかもしれませんが、自信がない場合は、返事に困ってしまうかもしれません。

2-2. 「吉報を心待ちにしてるよ」

2-「吉報を心待ちにしてるよ」

「期待しているよ」という言葉に似ていて、もう少し丁寧な雰囲気を持つ言葉が「吉報を心待ちにしてるよ」です。

「期待しているよ」よりも、やや難しい課題や、時間の掛かるタスクを任せる時に使う言葉です。

また遠距離で仕事をする人に掛ける言葉でもあります。

海外事業を任された時などは、「吉報を心待ちにしてるよ」という言葉を掛けられやすいです。

やや無理目な達成目標に挑む人にも言われる事がありますので、真剣に言葉を受け止めすぎて自分を追い込まないようにしましょう。

2-3. 「結果が待ち遠しいね」

2-「結果が待ち遠しいね」

「期待しているよ」とセットのように使われる言葉に「結果が待ち遠しいね」という言葉があります。

難しい課題を部下に与えた上司が、仕事ぶりに希望を見出した時に使う言葉です。

達成困難なプロジェクトなどで、部下が思わぬ順調な過程を描いている時に「結果が待ち遠しいね」といいます。

この言葉を上司に言われたら、現在の自分の仕事ぶりが上々だと判断してもいいかもしれません。

完全に失敗に終わりそうな時に、この言葉を掛けられたとしたら、それは嫌味かもしれません。

2-4. 「がんばれ」

2-「がんばれ」

「期待しているよ」に似ていて、もっとシンプルな言葉が「がんばれ」です。

上司は部下に対して発破をかける時に、頻繁に使う言葉です。

「期待しているよ」と言われる時よりも、達成可能なタスクを与えられている時に、「がんばれ」といわれるかもしれません。

また本来なら「期待しているよ」と言うような場面でも、部下の重圧等を考えて、あえて「がんばれ」とシンプルな表現で励ます上司もいます。

「がんばれ」はビジネスシーン以外でも頻繁に使われる言葉ですし、言われても気にならない言葉です。

そのため言われた方としては、プレッシャーに感じたりせずに済みます。

自分が上司になった時は、「がんばれ」を選択した方が、部下がのびのび仕事ができるかもしれません。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い