占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180911162204.html
「心の拠り所」の種類や作り方

「心の拠り所」の種類や作り方 | SPITOPI

SPITOPI
「心の拠り所」の種類や作り方

スポンサーリンク

あなたには心の拠り所はありますか? 心の拠り所になりえるものにはどんなものがあるでしょう。

又、心の拠り所があると、どんなメリットがあるでしょう。

詳しく解説していきます。

  • 「心の拠り所」とは?
  • 心の拠り所の類語
  • 心の拠り所になる可能性のある人
  • 心の拠り所になる可能性のある場所やモノ
  • 心の拠り所をたくさん持つメリット
  • 心の拠り所を作るコツ
  • まとめ

1. 「心の拠り所」とは?

「心の拠り所」とは?

心の拠り所があると、辛い事や悲しいことがあった時に支えになってくれたり、人生を充実させ幸せにしてくれます。

心の拠り所がある人は、いつも輝いていて、人生を楽しんでいます。

心の拠り所というのは、1つだけよりも、いくつも持っている方がよいでしょう。

1つしかないと、それを無くした途端に、心が折れてしまうこともあるからです。

いくつも心の拠り所があれば、1つを失っても、他がカバーしてくれます。

心の拠り所というのは、自分にとって心が落ち着く場所や人や物事のことです。

気持ちが安らげる、「ここが自分の心の居場所だ」と感じるものは、全て心の拠り所となるわけです。

2. 心の拠り所の類語

心の拠り所の類語

2-1. 「生き甲斐」

2-「生き甲斐」

自分はこれの為に生きている、自分はこれがあるから生きていける、これがあるから嫌なことがあっても我慢できる、これがあるお陰でたのしく毎日を送ることができる。

そんな生き甲斐を持っている人は、人生を存分に楽しむことができるものです。

そして、辛い時でも生き甲斐があれば乗り越えられるものです。

人生には楽しい事ばかりではなく、辛い事や悲しい事もあります。

そんな時に心が暗く沈んで絶望感に苛まれそうになっても、生き甲斐が一筋の光となり、心を癒してくれます。

2-2. 「心の支え」

2-「心の支え」

あなたには心の支えになるものはありますか?たとえ心が折れそうになるような出来事に遭っても、それがあるから頑張っていける、それを支えに頑張ってみよう、という気持ちにさせてくれるものは、人生の荒波を越えるためには必要なものです。

又、自分を今以上に成長させたい、何か大きなことを成し遂げたい、といった、努力を続けなくてはならない状況になった時にも、最後まで諦めず、挫けず、目標を達成する手助けをしてくれるのも、心の支えの大きな役割の1つです。

心の支えがある人とない人とでは、人生の充実度に大きな違いが出てきます。

誰もが鋼のように強い心を持っているわけではありません。

心が折れやすい人でも、支えがあれば、今よりも心を強くすることはできます。

2-3. 「生きる目的」

2-「生きる目的」

心の拠り所というのは、「生きる目的」という解釈もできます。

自分はこれのために生きている。

これをするために生きる。

という強い目的意識は、どんな困難な状況になっても、辛い環境に身を置いていても、自分を見失うことなく、道に迷うことなく、人生を歩んでいくことができます。

転びそうになった時には杖となり、暗闇に迷いそうになった時には、道を照らす灯りとなってくれます。

そして、歩くのに疲れて足を止めてしまいそうになった時には、あなたの手を引いて、先に進む手助けをしてくれます。

3. 心の拠り所になる可能性のある人

心の拠り所になる可能性のある人

3-1. 家族

3-家族

家族は自分にとっては身近な存在すぎて、心の拠り所という自覚のない人が多いものですが、強い絆で結ばれた家族は、そう簡単にはあなたのことを見放しません。

そして、いつも温かい気持ちで受け止めてくれるものです。

家族の前では、肩ひじ張らず、余計な気を使うこともなく、素の自分でいられますね。

それは、あなたにとって心地よい存在であったり、心が安らぐ存在であったり、かけがえのない人たちでしょう。

長い時間を一緒に過ごすことになるので、お互いの良い部分も悪い部分も理解した上で、それを受け入れて、「家族」という一つの形の中で、お互いを慈しみ合う関係になっています。

それは心の拠り所に他ならない存在で、家族から独立して初めて、そのことに気付く人も多いものです。

3-2. 恋人

3-恋人

恋人と一緒にいると気持ちが安らいだり、心が落ち着いたり、とても心地よい気分になるものです。

最初は緊張したり、自分を良く見せたいという気持ちが強くなったりしますが、一緒に過ごす時間が長くなってくると、ありのままの自分でいることができるようになり、癒される存在になります。

喧嘩をしたり、恋人の嫌な部分が見えてしまったりして壁に当たることもありますが、そういったことを経験しながら、お互いの理解が深まり、より愛おしいと思えるようになります。

又、恋人と過ごす楽しい時間があるから、日々の仕事を頑張れたり、恋人のために頑張りたいと思ったり、恋人のためにもっと自分を磨きたいと思ったり、恋人の存在が、前向きな気持ちを呼び起こしてくれます。

恋人の存在が心の拠り所となって、毎日が充実してきます。

3-3. 友人

3-友人

友人の存在も、心の拠り所となります。

家族には話せなくても、友人になら話せることもありますね。

家族には相談できなくても、友人だからこそ相談できるということも多々あります。

友人というのは、家族程距離が近くない、程よい距離感が心地よい存在なのです。

気心の知れた友人なら、他愛のない会話でもなぜか楽しくなって盛り上がり、それが気分のリフレッシュにも繋がります。

「親しき中にも礼儀あり」という美しい習慣をベースにした付き合い方も、お互いが心地よい時間を共有するのに適しています。

お互いを気遣う思いやりの気持ちがあるので、一緒にいると楽しくて気持ちが安らぐのです。

3-4. 有名人

3-有名人

芸能人やスポーツ選手などのような有名人も、心の拠り所となります。

誰かのファンになって、その人を夢中で応援できることは素敵なことです。

アイドルの追っかけを生きがいにしている人もいますし、スポーツ観戦に行って、好きな選手を一生懸命に応援することを生きがいにしている人もいます。

憧れのミュージシャンのようになりたくて、自分もミュージシャンになるという夢を持ち、それを実現させている人もいます。

いずれの場合も、憧れの対象がいることで、毎日が楽しく充実したものになっています。

これまでは行動力のなかった人でも、憧れの人を見に行くために全国を駆け回るようになり、驚くほどの行動力を身に付けたという人もいます。

憧れの有名人が心の拠り所となって、人生が変わることもあるのです。

4. 心の拠り所になる可能性のある場所やモノ

心の拠り所になる可能性のある場所やモノ

4-1. 趣味の時間

4-趣味の時間

趣味の時間は、気分をリフレッシュさせるのに最適なものです。

毎日の仕事で溜まったストレスを、週末の趣味の時間で解消させるのが習慣になっている人も多くいます。

趣味に没頭して自分の世界を堪能できることが心の拠り所となります。

又、趣味を通じて知り合った仲間が心の拠り所となることもあります。

最初は興味がなかったことでも、友人の付き合いで体験したことがきっかけで、予想外に熱中してしまい、自分の新たな面を発見することもあり、又、趣味が高じて仕事になることもあります。

趣味には、人の人生を変える大きな力があるのです。

4-2. 仕事

4-仕事

仕事が心の拠り所となっている人も多いものです。

それは、一日の多くの時間を仕事に費やしていて、又、仕事というのは、努力すればしただけの成果が出せるので、大きなやり甲斐を感じられるからです。

努力は裏切りません。

又、自分磨きを怠らなければ、上を目指すこともできます。

日々の小さな目標をコツコツと達成するスタイルもあれば、大きな目標を掲げて、それに向けてがむしゃらに突き進むスタイルもあります。

仕事に対する考え方や取り組み方は人それぞれです。

それぞれに合ったスタイルで、人生を充実させることができるのも、仕事が心の支えとなりやすいポイントの1つです。

4-3. 目標

4-目標

目標や夢があると、人は頑張れるものです。

それを達成するために、どんなに時間がかかっても、努力を続けることができ、途中で壁に当たっても、なんとか乗り越えようとします。

目標は夢は、頑張りの大きな原動力となります。

目標は明確であればあるほど、達成しやすくなります。

成功した自分のイメージを具体的に描くことで、夢は叶いやすくなります。

4-4. 動物

4-動物

犬猫や魚や爬虫類などの動物をペットにしている人は多いものです。

長く飼育していると、ペットという感覚ではなくなり、家族の一員という感覚になりますので、家族同様に、心の拠り所となります。

家に動物がいるだけで、その愛くるしい姿や仕草に癒されるものです。

純粋な目で見つめられると、何でもしてあげたくなります。

ペットが快適に過ごせるように、健康で長生きできるように、飼い主は深い愛情を注ぎ、動物はそれに応えてくれます。

動物は心の拠り所となる存在の代表格といってもいいでしょう。

4-5. 植物

4-植物

植物を育てるのが好きな人は、植物が心の拠り所になっています。

毎年春に咲く花を楽しみに一年を過ごしたり、果実が大きく育つのを心待ちにして毎日を過ごしたり、新芽が出たら気持ちが晴れやかになったり、つぼみが付いたらワクワクしたり、植物は人の気持ちを明るくしてくれます。

植物が元気に育って綺麗な花を沢山咲かせるように日々お手入れをして愛情込めて育てることが、生きがいになります。

植物は、愛情を注げばしっかりとそれに応えてくれるのです。

植物には熱心な愛好家が存在するほど、魅力的で奥深いもので、特定の植物を栽培することをライフワークにしている人も少なくありません。

5. 心の拠り所をたくさん持つメリット

心の拠り所をたくさん持つメリット

5-1. 心が折れなくなる

5-心が折れなくなる

何か悲しいことや辛い事があっても、心の拠り所がたくさんあると、それが心の支えとなり、心が折れなくなります。

悲しい事があっても、落ち込む気持ちをいつまでも引きづってくよくよしていないですぐに立ち直ることができます。

一時的に気分が沈んでも、すぐに前向きな明るい気持ちに戻ります。

又、辛く困難なことがあっても、逃げることなく困難と正面から向き合って、見事乗り越えることができます。

物事を途中で投げ出したり、諦めたりすることがなくなるので、色々なことに挑戦する習慣が身に付き、様々な経験をすることより、人生の可能性を広げることができます。

5-2. 支えが無くならない

5-支えが無くならない

心の拠り所をたくさん持っている人は、人生の支えが無くなることがありません。

支えが1つしかないと、それが無くなれば支えなしで生きていかなくてはいけなくなってしまい、それは、とても心細い状態で、安心して人生の航海を続けていくことができません。

心の拠り所が沢山あれば、そのうちの1つが無くなっても、他の拠り所が支えてくれますので、いつでも気持ちを強く保っていることができます。

心の拠り所をたくさん持っている人は、拠り所となるものを見つけるのが得意な人で、1つ無くなってもすぐに別のものを見つけることができるので、常に多くの支えに守られていることになります。

5-3. 気持ちをリフレッシュできる

5-気持ちをリフレッシュできる

生き甲斐と言えるような趣味を沢山もっている人は、趣味に打ち込むことで仕事のストレスを忘れたり、趣味の仲間と過ごす時間が、気分のリフレッシュに繋がっています。

1つの趣味に熱中するのも素晴らしいことですが、様々な趣味を持つことで、色々な角度から物事を見る力が身に付きます。

趣味を通じて知り合う仲間も幅広くなることで、視野が広がり、考え方も柔軟になってきます。

これまで悩んでいたことが、意外な方法で解決することに気付けたり、自分のウィークポイントだと思ってコンプレックスに思っていたことが、実は自分のセールスポイントだということに気付けて気持ちが明るくなるなど、これまで抱えていたストレスが嘘のように解消することもあります。

6. 心の拠り所を作るコツ

心の拠り所を作るコツ

心の拠り所を見つけるのが得意な人は、視野が広く、色々な物事に興味を示す性質があります。

行動力もあり、常に新しいことに目を向けています。

そのため、自分が心地よく過ごせる場所や、自分が自分らしくいられる時間を作れる趣味を見つけたり、一緒にいると心が落ち着く人と出会う機会が多く訪れることになります。

そして、それらに支えてもらっているという自覚を持ちやすくなるので、心の拠り所としている物事や人に対して感謝する気持ちを忘れなくなります。

心の拠り所が多い人ほど色々なことに感謝する謙虚な心を持つことができ、それによって、新たな心の支えとなる物事に出会うチャンスに恵まれることになります。

まとめ

このように、心の拠り所というのは、人生を心地よいものにしてくれたり、楽しいものにしてくれたり、人生を変えてくれたりするものです。

心の拠り所をたくさん持てるように意識して毎日をすごしてみてはいかがでしょうか。

あなたには心の拠り所はありますか? 心の拠り所になりえるものにはどんなものがあるでしょう。

又、心の拠り所があると、どんなメリットがあるでしょう。

詳しく解説していきます。


「心の拠り所」とは?

心の拠り所があると、辛い事や悲しいことがあった時に支えになってくれたり、人生を充実させ幸せにしてくれます。

心の拠り所がある人は、いつも輝いていて、人生を楽しんでいます。

心の拠り所というのは、1つだけよりも、いくつも持っている方がよいでしょう。

1つしかないと、それを無くした途端に、心が折れてしまうこともあるからです。

いくつも心の拠り所があれば、1つを失っても、他がカバーしてくれます。

心の拠り所というのは、自分にとって心が落ち着く場所や人や物事のことです。

気持ちが安らげる、「ここが自分の心の居場所だ」と感じるものは、全て心の拠り所となるわけです。

心の拠り所の類語

2-1. 「生き甲斐」

2-「生き甲斐」

自分はこれの為に生きている、自分はこれがあるから生きていける、これがあるから嫌なことがあっても我慢できる、これがあるお陰でたのしく毎日を送ることができる。

そんな生き甲斐を持っている人は、人生を存分に楽しむことができるものです。

そして、辛い時でも生き甲斐があれば乗り越えられるものです。

人生には楽しい事ばかりではなく、辛い事や悲しい事もあります。

そんな時に心が暗く沈んで絶望感に苛まれそうになっても、生き甲斐が一筋の光となり、心を癒してくれます。

2-2. 「心の支え」

2-「心の支え」

あなたには心の支えになるものはありますか?たとえ心が折れそうになるような出来事に遭っても、それがあるから頑張っていける、それを支えに頑張ってみよう、という気持ちにさせてくれるものは、人生の荒波を越えるためには必要なものです。

又、自分を今以上に成長させたい、何か大きなことを成し遂げたい、といった、努力を続けなくてはならない状況になった時にも、最後まで諦めず、挫けず、目標を達成する手助けをしてくれるのも、心の支えの大きな役割の1つです。

心の支えがある人とない人とでは、人生の充実度に大きな違いが出てきます。

誰もが鋼のように強い心を持っているわけではありません。

心が折れやすい人でも、支えがあれば、今よりも心を強くすることはできます。

2-3. 「生きる目的」

2-「生きる目的」

心の拠り所というのは、「生きる目的」という解釈もできます。

自分はこれのために生きている。

これをするために生きる。

という強い目的意識は、どんな困難な状況になっても、辛い環境に身を置いていても、自分を見失うことなく、道に迷うことなく、人生を歩んでいくことができます。

転びそうになった時には杖となり、暗闇に迷いそうになった時には、道を照らす灯りとなってくれます。

そして、歩くのに疲れて足を止めてしまいそうになった時には、あなたの手を引いて、先に進む手助けをしてくれます。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い