占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180903181513.html
いたずら好きな人の心理・性格・類語・英語【良いイタズラと悪いイタズラの違い】

いたずら好きな人の心理・性格・類語・英語【良いイタズラと悪いイタズラの違い】 | SPITOPI

SPITOPI
いたずら好きな人の心理・性格・類語・英語【良いイタズラと悪いイタズラの違い】

スポンサーリンク

そんなに仲良くもないのに他人にちょっかいを出したり、わざと意地悪をしては喜ぶなどのイタズラをする人を子供の頃に見たことがあると思います。

多少のイタズラや意地悪なら笑えますが、時々やり過ぎてイタズラではなくなっている場合も見かけた事があるかもしれません。

ではそもそもなぜイタズラをするのでしょう。

イタズラ好きな人は何を思っているのでしょうか。

  • イタズラ好きとは
  • イタズラ好きの心理
  • イタズラ好きな性格の特徴
  • イタズラを使った類語やその他の言葉
  • 良いイタズラと悪いイタズラの違い
  • まとめ

1. イタズラ好きとは

イタズラ好きとは

まずイタズラとは漢字で『悪戯』と表しますが、意味を砕くと「悪い戯れ"たわむれ"」になります。

戯れると聞くとあまり迫力がなく遊びの延長のような、本気ではないけれど本気手前のようなじゃれ合いをイメージします。

ですがこのイタズラが実際に本当にイタズラかどうかは本人達でないとわかりません。

というのも、イタズラには直接誰かに対するイタズラと、何かモノに対するイタズラがあります。

前者はイタズラを受けている側がイタズラだと思っていればそうなりますが、辛いと感じたり本当はやめて欲しいと思っていた場合はイタズラでは済まされなくなります。

また、後者は結果的に誰かを傷付けたり迷惑を掛けてしまう場合もあるので、イタズラはする方とされる方で温度差がありトラブルを生じるものなのです。

またそれを見ている周囲もどう思っているかは分からないので、あまり頻繁にイタズラをしたり空気を無視するような事は考えなければいけません。

2. イタズラ好きの心理

イタズラ好きの心理

2-1. 構って欲しい

構って欲しい

イタズラをされて喜ぶ人がいるかは分かりませんが、本来はわざわざする事ではありません。

それにも関わらず他人や物に対して、イタズラをするのは自分に注目して欲しい、構って欲しいと思う気持ちが強い事からきています。

寂しいと思っていたり、好きだと思っていたり、自分のやり切れない思いに気付いて欲しいなどといった感情を素直に表現できないので、イタズラをして気を引こうとしているのです。

普通に話せばいいのにと思いますが、それが出来るのであればいちいちイタズラなんてしないでしょう。

相手と会話をする事で正確に感情が伝わらないかもしれない、緊張して変になってしまうかもしれない、普通にしたら印象に残らないかもしれないなどと考えるので、わざわざ遠回しの表現方法であるイタズラをしてアピールをするのです。

2-2. 単純にイタズラが好き

単純にイタズラが好き

椅子に座るとブーブー鳴るようなクッションがありますが、この程度のイタズラであれば笑えますし、目くじらをたてる方が器が小さいと思われてしまいます。

ですがあまりにも場にそぐわない、人の気持ちを考えないような事をする人は単純にイタズラが好きなだけの人だといえるでしょう。

イタズラが好きなので相手の気持ちや状況など関係ありません。

ただ好奇心でイタズラを試してみたい、こんなイタズラはどうだろうと実験のように繰り返しては喜びます。

そのため自分では問題ないと思っている行動が、相手にとっては迷惑で大問題かもしれません。

2-3. ストレス発散

ストレス発散

イタズラを好奇心でしている訳でも、本人が楽しんでいる訳でも、何かのアピールな訳でもなく、ただただ自分のストレス発散の為にしている場合があります。

ですからイタズラが好きという訳ではなくても、気持ちを解消させる手段にイタズラを選択するという事はイタズラ自体は嫌いではないのかもしれません。

このタイプの人はイライラを発散させるために全く関係のない人に八つ当たりするようにイタズラをします。

この場合の殆どは、イタズラを超えた迷惑行為であったり、いじめに近いものになるでしょう。

イタズラをしたその瞬間は心では笑うかもしれませんが、基本的にストレスの根本がなくなる訳ではないので、また繰り返し人が嫌がる事をし続けます。

イタズラを自分のメンタルバランスのためにしているだけなのでイライラやストレス、抑圧しているものがなくなればイタズラもしなくなるでしょう。

2-4. 相手の反応に興味がある

相手の反応に興味がある

イタズラをする事によって相手がどんな態度を取るのかが楽しくて仕方ない人は、他人にイタズラを仕掛ける事が多いでしょう。

そのイタズラも可愛いらしい小さい事から、ちょっとそれはどうかと思う事までありありとあらゆる知恵を出してはイタズラをします。

相手の反応が自分の想像を超えてくるものだった場合は、天にも昇る心地で再度仕掛けてきます。

多少は受け入れる事が出来ても、限度を超えて仕掛けてきた場合は、やられる方も注意をしなくてはいけません。

このタイプは反応の変化を楽しむので無反応な相手には興味がありません。

また相手の反応を見て自分がどう思われているのかと判断するところがあるので、臆病なひねくれ者ともいえるでしょう。

2-5. コンプレックスが強い

コンプレックスが強い

自分に何らかの強いコンプレックスがあったり、劣等感を感じている場合はその相手に対してイタズラをする事があります。

足を引っ張り相手を引きずりおろそうとしたり、トラブルを起こさせて精神面にダメージを与えようとします。

自分より優れた人が目の上のたんこぶなので、さっさと消えて欲しいと思っているので、このタイプは陰湿なイタズラが多く、嫌がらせといった方が正確かもしれません。

職場や学校などではいじめにも繋がるのできちんとした対処が必要になります。

コンプレックスはネガティブな感情なので簡単には消えません。

逆恨みをするのも本人の意識が凝り固まって勝手に相手を敵視しているからなので、自分の中で相手に勝つまではマイナスの感情を持ち続けるでしょう。

3. イタズラ好きな性格の特徴

イタズラ好きな性格の特徴

3-1. 恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋

自分の感情をストレートに表現できないためにイタズラをして自己アピールをするので、気持ちを真っ直ぐ伝える事が出来るのであれば、恥ずかしがらず感情が出せるはずです。

イタズラは自己表現の一つなので、もしイタズラをするなと言われてしまうと、メンタル面が耐えられなくなるかもしれません。

恥ずかしさの中には自信のなさや、勇気のなさ、孤独感、人見知り、口下手などの沢山の要素があると思います。

単純に照れてしまうといったことではなく、他人に感情をぶつけるのにわざわざ一旦イタズラをしてからでないと気持ちを伝えられないという性格は、面倒臭くもありますが、可愛らしい部分でもあります。

3-2. 自分勝手

自分勝手

自分の気分次第でイタズラをする人は自分勝手で自己中心的だといえるでしょう。

ストレス発散であってもイタズラで他人の反応をみたいだけであっても、される方は突然驚かされたり嫌な思いや辛い思いをさせられる事になります。

する方の単純な気持ちと受ける側の気持ちは必ずしも比例しませんし通じるものではありません。

またこのタイプは自分の気持ちを表現したり楽しんだりしたいだけなので、相手が嫌がっていても、「これくらいの事で」などと自己中な事を思っている場合が多いです。

またこのタイプは他人からイタズラをされた経験がない人が多く、もし自分がされると不快に思ってキレてしまうかもしれません。

あくまでも他人が慌てたりリアクションしたり、不利な立場になっている事が楽しいので、自分にそんな事をする人には烈火のごとく怒るかもしれません。

3-3. 空気が読めない

空気が読めない

イタズラをする際にこの程度なら大丈夫かなといったさじ加減をするのはイタズラを仕掛ける方です。

自分が楽しみたいために仕掛ける訳ですから、相手の感情や状況などは御構いなしです。

してはいけないと分かっている時にする人は少ないかもしれませんが、後から考えると、タイミングが悪く、状況に合わなかった時にイタズラをしていた場合も多いのも事実です。

構って欲しいからといってイタズラをしたところで、相手が構えるほどの精神的な余裕はないかもしれません。

またコンプレックスなどの原因でイタズラや嫌がらせをした場合は、する方は本人だけをターゲットにしているつもりでも、回り回って会社であれば業務が遅れたり効率が悪くなったり、学校であればそれがいじめに繋がり一人の人生を狂わせるかもしれません。

そもそもイタズラをやるべき事かどうかをしっかり考える必要がありますし、それをしたところで確実に自分にプラスが返ってくる訳ではありません。

結果、いつまでも空気も感情も読めないので目先の感情に流されてイタズラを仕掛けてしまうのです。

4. イタズラを使った類語やその他の言葉

イタズラを使った類語やその他の言葉

4-1. 悪ふざけ

悪ふざけ

まず『ふざける』という言葉は、その状況や状態にはふさわしくないのに他人を笑わせようとしたり、茶化すという意味があります。

人によっては馬鹿にされていると感じる行為になります。

そこに『悪』が付くと「悪ふざけ」になるのですが、意味は単純にふざけるよりも悪意があり、結果的に悪い方に向かう事が多い事を言います。

そこまでなるとは思っていなかったなどといった本人の意思とは関係なく状況が悪化する事を指します。

4-2. やんちゃ

やんちゃ

子供が程度のしれた悪さをしたり、イタズラをすること。

またそんな事をする子供のこと。

「やんちゃ坊主」「やんちゃをする」「やんちゃな年頃」などと使います。

また子供だけではなく不良青少年や素行の悪い人物のことも指します。

4-3. ちょっかい

ちょっかい

本来は猫が片前足で物を"ちょっと"だけ"掻いて"掻き寄せる姿からきた言葉です。

余計な事をしたり、口を出したり、干渉したり、異性にちょこちょこ手を出す事を言います。

4-4. イタズラっ子

イタズラっ子

イタズラが好きな人。

何かある度にイタズラをする人。

4-5. 悪ノリ

悪ノリ

その場の雰囲気を読まず、勢いに乗って調子に乗りすぎる事。

ノリ過ぎて状況が悪い方に向かう事。

5. 良いイタズラと悪いイタズラの違い

良いイタズラと悪いイタズラの違い

5-1. 他人の自尊心や尊厳などを傷付ける

他人の自尊心や尊厳などを傷付ける

人にはどうしても許せない事や守りたい事が必ずあります。

それが明確に分かってる人もいれば、何かのキッカケで分かったり、未だによく分かっていない人もいるでしょう。

自尊心とは自らを尊ぶ事です。

自信や矜持、誇りなど全てをひっくるめたものをいいます。

決してナルシストのような自分大好きという意味ではなく、もっと深く重い精神の事を言います。

その自尊心を深く物事を考えない人の軽い気持ちから生まれたイタズラのせいで、傷付く事は絶対にあってはいけない事なのです。

自尊心の中には羞恥心があります。

つまり自分の事をしっかり認めている人は物事を恥じらう気持ちがあるので、迷惑を掛けたり浅はかな行為をする事を善しとはしません。

単純にイタズラをして喜ぶような人は、そんな他人の大切な部分や、柔らかく繊細な部分を見ようともしませんし、そもそもそんな事を考えてもいないでしょう。

それはその本人が自尊心ではなく自己顕示欲の塊であり、羞恥心が欠けているからだともいえます。

5-2. 誰がみても笑えない事

誰がみても笑えない事

何が面白いのか、どうしてあんな事で楽しめ笑えるのかと周囲が思うような事は、やはり悪いイタズラになってしまうでしょう。

本人が嫌がっているのは勿論ですが、本人が気付いていなくても周囲がそれに気付き、気分が悪くなったり憤りを覚えたりするイタズラは当然笑えませんし、引いてしまうものです。

イタズラはどんな時でも誰に対しても少し余裕を余らせておかなければいけません。

クスッと笑えたり、和んだり、優しい気持ちになれない事はイタズラとはいえず、下手をするといじめや嫌がらせだと思われてしまうでしょう。

5-3. 意味のないイタズラ

意味のないイタズラ

イタズラをしてる側は単に楽しい、面白いと思っていたり、自分の気持ちをわかって欲しい、気付いて欲しいと思っているのかもしれませんが、そのイタズラの内容がどう考えてもズレていたり、毎回空気が読めておらずドン引きされていたり、周囲に迷惑を掛けていたりすると何のためにイタズラしているのかと思われてしまって、結局人が離れてしまいます。

大体いい大人が何がしたいかわからないようなイタズラをする事自体問題ですが、それを受ける方は迷惑以外の何でもありません。

振り向いて欲しい、気持ちを伝えたいのに驚かせてばかりいたり、用事もないのに同じようなイタズラばかり繰り無駄に返すなどは、意味もないですし信用も無くしてしまうでしょう。

5-4. 冗談が通じない人にする

冗談が通じない人にする

イタズラ自体が誰に対してもいい事ではありませんし、状況やタイミング、相手の事を考えると通常はあまりしようとは思いません。

仲が良く気心が知れた仲であっても、される方のその時の気分では亀裂が入ってしまうかもしれません。

笑えるイタズラなまだ分かりますが、基本的にあまりいい大人がそんなに頻繁にイタズラをする事はありませんし、一歩間違えると品格や人格を疑われる事に繋がってしまいます。

イタズラ好きがあまり他人の感情や状況に敏感ではなく、自分の気持ちを満たす為にイタズラをする事が多いと先述しましたが、そうなると冗談が通じな人にもイタズラをしている事も少なくないはずです。

誰もがイタズラを飲み込んでくれる訳でもないですし、大嫌いな人も当然いるのですが、イタズラを「面白い事」だと思い込んでいるため、地雷を踏んでいる事に気付いていない場合は最低のイタズラになってしまうでしょう。

5-5. 相手をみてエスカレートする

相手をみてエスカレートする

イタズラが好きな人は、感情表現が苦手な場合以外は、相手のリアクションをみて喜んだりテンションが上がったりする事が刺激的な訳です。

その姿が楽しいのでわざわざ余計な事をする訳で、その姿が本人にとって面白いものであったり興味深いものであったら、更にイタズラはエスカレートしていきます。

ただイタズラをする側の目的が喜ばせたい、楽しませたいと思っているのであれば、多少のエスカレートは受け入れられるかもしれませんが、驚かせたい、実験的に人間の行為を試してみたいなどと思っている場合は、ただ自分の欲求を満たすためだけのイタズラになるので、人を利用した悪意のあるイタズラになり、最終的には嫌がらせや違法スレスレの状態になってしまうかもしれません。

またこの人は少々の事ではビクともしないと思われたり、あの人は気に入らないからどんどんイタズラしてやろうといった風に、相手によって行為がエスカレートしてしまう事もあるので、その場合はただのイタズラでは済まされない事もあります。

まとめ

まとめ

イタズラをされて喜ぶ人はほぼいませんし、例え受けたとしてもほどほどの程度であれば殆どの人は流してしまうでしょう。

可愛らしく笑えるようなユーモアのあるイタズラであれば、される方も心理的な影響を然程受ける事はないかもしれませんが、その時の気分や状況によっては侮辱された、馬鹿にされたと思ってしまうかもしれません。

そして基本的にはどのようなイタズラであっても、イタズラをしている側は楽しんでおり相手のことなど考えていないことは確かです。

一度でも不快に思ったらしっかりと意思表示をしないとエスカレートしていくので、しっかり伝えるようにしましょう。

そんなに仲良くもないのに他人にちょっかいを出したり、わざと意地悪をしては喜ぶなどのイタズラをする人を子供の頃に見たことがあると思います。

多少のイタズラや意地悪なら笑えますが、時々やり過ぎてイタズラではなくなっている場合も見かけた事があるかもしれません。

ではそもそもなぜイタズラをするのでしょう。

イタズラ好きな人は何を思っているのでしょうか。


イタズラ好きとは

まずイタズラとは漢字で『悪戯』と表しますが、意味を砕くと「悪い戯れ"たわむれ"」になります。

戯れると聞くとあまり迫力がなく遊びの延長のような、本気ではないけれど本気手前のようなじゃれ合いをイメージします。

ですがこのイタズラが実際に本当にイタズラかどうかは本人達でないとわかりません。

というのも、イタズラには直接誰かに対するイタズラと、何かモノに対するイタズラがあります。

前者はイタズラを受けている側がイタズラだと思っていればそうなりますが、辛いと感じたり本当はやめて欲しいと思っていた場合はイタズラでは済まされなくなります。

また、後者は結果的に誰かを傷付けたり迷惑を掛けてしまう場合もあるので、イタズラはする方とされる方で温度差がありトラブルを生じるものなのです。

またそれを見ている周囲もどう思っているかは分からないので、あまり頻繁にイタズラをしたり空気を無視するような事は考えなければいけません。

イタズラ好きの心理

2-1. 構って欲しい

構って欲しい

イタズラをされて喜ぶ人がいるかは分かりませんが、本来はわざわざする事ではありません。

それにも関わらず他人や物に対して、イタズラをするのは自分に注目して欲しい、構って欲しいと思う気持ちが強い事からきています。

寂しいと思っていたり、好きだと思っていたり、自分のやり切れない思いに気付いて欲しいなどといった感情を素直に表現できないので、イタズラをして気を引こうとしているのです。

普通に話せばいいのにと思いますが、それが出来るのであればいちいちイタズラなんてしないでしょう。

相手と会話をする事で正確に感情が伝わらないかもしれない、緊張して変になってしまうかもしれない、普通にしたら印象に残らないかもしれないなどと考えるので、わざわざ遠回しの表現方法であるイタズラをしてアピールをするのです。

2-2. 単純にイタズラが好き

単純にイタズラが好き

椅子に座るとブーブー鳴るようなクッションがありますが、この程度のイタズラであれば笑えますし、目くじらをたてる方が器が小さいと思われてしまいます。

ですがあまりにも場にそぐわない、人の気持ちを考えないような事をする人は単純にイタズラが好きなだけの人だといえるでしょう。

イタズラが好きなので相手の気持ちや状況など関係ありません。

ただ好奇心でイタズラを試してみたい、こんなイタズラはどうだろうと実験のように繰り返しては喜びます。

そのため自分では問題ないと思っている行動が、相手にとっては迷惑で大問題かもしれません。

2-3. ストレス発散

ストレス発散

イタズラを好奇心でしている訳でも、本人が楽しんでいる訳でも、何かのアピールな訳でもなく、ただただ自分のストレス発散の為にしている場合があります。

ですからイタズラが好きという訳ではなくても、気持ちを解消させる手段にイタズラを選択するという事はイタズラ自体は嫌いではないのかもしれません。

このタイプの人はイライラを発散させるために全く関係のない人に八つ当たりするようにイタズラをします。

この場合の殆どは、イタズラを超えた迷惑行為であったり、いじめに近いものになるでしょう。

イタズラをしたその瞬間は心では笑うかもしれませんが、基本的にストレスの根本がなくなる訳ではないので、また繰り返し人が嫌がる事をし続けます。

イタズラを自分のメンタルバランスのためにしているだけなのでイライラやストレス、抑圧しているものがなくなればイタズラもしなくなるでしょう。

2-4. 相手の反応に興味がある

相手の反応に興味がある

イタズラをする事によって相手がどんな態度を取るのかが楽しくて仕方ない人は、他人にイタズラを仕掛ける事が多いでしょう。

そのイタズラも可愛いらしい小さい事から、ちょっとそれはどうかと思う事までありありとあらゆる知恵を出してはイタズラをします。

相手の反応が自分の想像を超えてくるものだった場合は、天にも昇る心地で再度仕掛けてきます。

多少は受け入れる事が出来ても、限度を超えて仕掛けてきた場合は、やられる方も注意をしなくてはいけません。

このタイプは反応の変化を楽しむので無反応な相手には興味がありません。

また相手の反応を見て自分がどう思われているのかと判断するところがあるので、臆病なひねくれ者ともいえるでしょう。

2-5. コンプレックスが強い

コンプレックスが強い

自分に何らかの強いコンプレックスがあったり、劣等感を感じている場合はその相手に対してイタズラをする事があります。

足を引っ張り相手を引きずりおろそうとしたり、トラブルを起こさせて精神面にダメージを与えようとします。

自分より優れた人が目の上のたんこぶなので、さっさと消えて欲しいと思っているので、このタイプは陰湿なイタズラが多く、嫌がらせといった方が正確かもしれません。

職場や学校などではいじめにも繋がるのできちんとした対処が必要になります。

コンプレックスはネガティブな感情なので簡単には消えません。

逆恨みをするのも本人の意識が凝り固まって勝手に相手を敵視しているからなので、自分の中で相手に勝つまではマイナスの感情を持ち続けるでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!