占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180831162320.html
場当たりの意味・類語!・場当たりな性格の人の特徴【改善】

場当たりの意味・類語!・場当たりな性格の人の特徴【改善】 | SPITOPI

SPITOPI
場当たりの意味・類語!・場当たりな性格の人の特徴【改善】

スポンサーリンク

場当たり的という言葉があります。

その意味とは、そしてビジネスで見る場当たり的とは一体どのようなことなのでしょうか。

  • 場当たり的とは?
  • 場当たり的の類語や似た言葉
  • 場当たり的な性格の人の特徴
  • 場当たり的な行動の例
  • 場当たり的な性格を改善する方法
  • まとめ

1. 場当たり的とは?

場当たり的とは?

場当たり的とは、物事に直面した時に想い付きで対応してしまうことを指します。

応急措置、応急対応などの意味も含みます。

結果がどうであれ、計画を立てていなかった判断の上行動することは場当たり的な行動と言われますが、特に悪い結果に終わった時に言わやすい言葉です。

2. 場当たり的の類語や似た言葉

場当たり的の類語や似た言葉

場当たり的という言葉は、古くから使われている言葉です。

計画的であることが美しいとされる日本人の感覚だと、あまりいい意味で使われないことも多いですが、その分似たような言葉はたくさんあります。

2-1. その場しのぎ

2-その場しのぎ

その場しのぎとは、なんとかその場、その瞬間だけ、取り繕ってすますことを言います。

特にその場しのぎという場合、ほぼ内容は嘘、あるいは嘘でなくでもあてずっぽうなことで済ませてしまうことを指します。

また、その場しのぎはどちらかと言えば突発的なアクシデントに対応するニュアンスですが、場当たり的はもともと計画されていたイベントに対して無計画という意味合いがあります。

2-2. 間に合わせ

2-間に合わせ

間に合わせとは、仮のものをあててその場を済ませることです。

間に合わせと言った場合、トータルの計画で間に合わせにしている場合も含むため注意が必要です。

例えば、舞台などの仮衣装を間に合わせで済ませる、というのは、無計画だったわけではなくコスト感や時間をかけないという意味で計画的であると言えます。

もちろん、本当はなにか用意するはずだったのに用意が間に合っておらず間に合わせにしたのならば、それは場当たり的と同義語になります。

2-3. 泥縄式

2-泥縄式

泥縄式とは、ことわざが由来です。

「泥棒を捉えてから縄を綯(な)う」、綯うとは縄を編んで作るということですから、そのことが起こった時に必要なものを作り出すと言う意味です。

そのため、無計画に計画に飛び込み、後手後手になっている時に特に言われる言葉です。

しかし、それすらも計画の上というのであれば話は別です。

例えば、仕事をしているとリスクヘッジばかりして首が回らなくなってしまうことも多いもの。

泥縄式に行うと考え、問題があった場合に後手になっても対処するという進め方もあり得ます。

2-4. 無計画

2-無計画

そのものずばり、計画性のないことです。

場当たり的という言葉と似た使い方をするなら、例えば旅行に行った時など、ガイドブックを読むなどの事前準備をせず、着いた先で考えつくままに行動することを言います。

しかし、無計画と場当たり的のニュアンスで異なるのは、問題が起こるor起こらないが分かれているということです。

先ほどの例で言えば、無計画な旅行者はなんなら宿にこもっていてもいいのです。

さらに言えば帰ってしまってもいいはず。

しかし旅行という例に則った場合の場当たり的な人は、何か目的があり、その目的を無計画に対応するというニュアンスになります。

2-5. 英語で言う場当たり的1

2-英語で言う場当たり的1

英訳する場合、「ad hoc」という言い方をする場合があります。

これは「このために」「そのために」などを表す形容詞ですが、その場限りというニュアンスも含みます。

その場限りという意味を拡大解釈し、日本語で言う「場当たり的」を訳すときに使われます。

2-6. 英語で言う場当たり的2

2-英語で言う場当たり的2

さらに似た言葉としては「haphazard」があります。

これは偶然、偶発、思いつきなどの意味を持つ名詞であり、無計画という意味の形容詞でもあります。

場当たり的というともう少し、予想されていたのに計画していなかったという意味なので、そもそも偶発という意味合いだと少々異なってきますね。

3. 場当たり的な性格の人の特徴

場当たり的な性格の人の特徴

場当たり的であることは、プライベートでそこまで問題になることはありません。

もし問題になるとしたら、旅行の計画などビジネスに性格の近い行為をする際です。

そのため、そもそもビジネスシーンで場当たり的な行動をする人の特徴を見ていきましょう。

3-1. 余裕を持っていない

3-余裕を持っていない

余裕を持って先々まで考えることができれば、場当たり的な行動をすることはありません。

プロジェクトを発足させたとき、そのプロジェクトの目的や問題、経過の変化などを入念にブレストする時間があれば、問題が起こった時に場当たり的な行動をする必要はなくなるでしょう。

この場合、プロジェクトの進行の急さなども問題ですが、どちらかと言えばそれに携わる側が余裕を持ち、じっくりと検討する時間的なゆとりを持つ必要があります。

つまり、ほかの仕事との調整能力が問われてくる問題です。

時間がないから場当たり的になる、その処理に追われてまた場当たり的な処理が増えるという負のスパイラルに陥っている可能性がりあります。

3-2. 先のことを考える想像力がない

3-先のことを考える想像力がない

余裕があったとしても、先々のことを想像する能力に欠けていると、思わぬ問題にでくわして場当たり的な処理をする羽目になります。

これはそもそもの実務能力と言うことができますが、仕事をしていれば自分の範囲外の仕事が降りてくることもままあるもの。

そんなときに相談できる相手や、ブレーンなどの確保ができていないということも問題です。

また、先の予想は業務の内容だけにとどまらず、社会現象や気候なども関係してくる場合があります。

そのため、いつでもニュースや話題をチェックし、アンテナを鋭くして想像力を養っておくことが必要です。

3-3. 目先のことにとらわれがち

3-目先のことにとらわれがち

目先の仕事を片付けることに集中しすぎて、その後に起こる問題を想定していなかったパターンです。

この場合も、想定外のことですからどうしても場当たり的に対応せざるを得なくなります。

視野を俯瞰的に持つことはビジネスに必要なことですが、業務に慣れないうちはそういったことに気を回すことができないもの。

ただ漫然と年を重ねることはいただけませんが、やはり経年で培うカンや場の進行を読む目は、現場にい続けなければ養われません。

この視野がだんだんと広がることにより、プレイヤーからマネージャーへと昇格することができます。

3-4. 依存心が強い

3-依存心が強い

ここはきっと誰かが何とかしてくれる、といった依存心の強い考えを持っている時も、場当たり的な行動をとりやすくなります。

ある意味チームでの仕事をしているとも言えますが、それをずっと行っているとチーム全体のパワーの底上げになりません。

また、マネージャー職を狙うようであればそのような考え方では任されることはないでしょう。

誰かが失敗しても大丈夫という計画性、なんなら誰かのミスは自分が引き受けて処理するというところまで考えを巡らせることにより、プロジェクトは盤石なものになります。

適度な依存心はチーム仕事に必要なことですが、ことリスクに関しては簡単でも良いので対処法を調べておくくらいはしましょう。

3-5. ある意味、楽観的

3-ある意味、楽観的

明るく、ポジティブで悪いことを想定しないのが楽観的な人です。

ビジネスに失敗はつきものですが、楽観的な人はその失敗もないものと考えるか、あっても取り返しのつくものと考えます。

規律正しいビジネスパーソンであれば眉をひそめるような仕事のやり方ですが、そのような明るさで案外仕事がうまく行くこともあるので是非は問われるところです。

ある程度の依存心を持っているケースが多く、やはり失敗した場合にはしりぬぐいをしている人物が存在することが大半です。

しかしその明るいオーラで、すべてを丸く収めてしまう説得力があります。

これはこれで仕事のやり方のひとつでしょう。

3-6. 責任感がない

3-責任感がない

楽観的と少し違う意味で場当たり的なのが責任感の無い人です。

この場合、楽観的な人と違って悪い結果になることも想定はしています。

しかし、自ら責任を取る気はなく、そこで思考が止まっているのです。

ビジネスをする上で大変マイナスな考え方ですし、信頼の揺らぐ危険な思考です。

社内の仕事はもちろん、社外のコミュニケーションもうまく取れなくなるでしょう。

責任感のない状態が長く続いてしまうのは、モチベーション不足の可能性があります。

社内の人間関係や業務内容、もっと言えば給与の問題など、不満をためていると仕事も投げやりに、責任感も感じにくくなってしまいます。

責任感を感じられず、場当たり的な仕事をし続けるよりはいっそ転職を考えた方が良いでしょう。

3-7. 問題を小刻みにしない

3-問題を小刻みにしない

問題を大きく、果てしなくとらえすぎて、どこまで計画すれば良いのか迷ってしまっている人がいます。

この場合、問題をある程度小刻みに区分し、この時期までにこの問題の発生した場合の対処法を考える、この時期までにまた次の対処法を考えるといった仕事の細分化が必要になります。

あまりに細かくし過ぎてそのタスクに追われるのも問題ですが、大きすぎる、長すぎるプロジェクトに対して一気に対処法を考えるのは大変難しいからです。

問題を小刻みにしない人は、ありもしない問題の対処法まで考える必要があります。

その時間がロスになり、また余裕を失ってしまうことになります。

3-8. その問題に対する圧倒的な自信がある

3-その問題に対する圧倒的な自信がある

業務内容にもよりますが、どうしても先が予想できないプロジェクトというものは確かに存在します。

特に前例のないチャレンジングな行為の場合、リスクを考えていては失効することができないことも多々あります。

そんな計画を遂行できるのは、その問題に対して経験と自信を持つ実力者を充てるのが一番です。

そういった人たちは、対処法を考えることすら無意味、その時間をほかに充てた方が良いと熟知しています。

ある意味、「リスクをその場で対処できる人を充てる」ということでプロジェクト全体では場当たり的ではないケースと言えます。

4. 場当たり的な行動の例

場当たり的な行動の例

場当たり的な例として、プロジェクトそのものと人によるものを挙げます。

4-1. 仕事のリスクヘッジをしないプロジェクト

4-仕事のリスクヘッジをしないプロジェクト

運用ではなく、新規着手の仕事をする際に、計画は上がってきたけれどリスクに対する提案はない。

会議などでは「ここは起きた時に考えるとして」などと言っていたら、間違いなく場当たり的な処理を強いられることになります。

よほどのプロフェッショナルを集めたとしても、業務にはミスがでます。

また、予想もつかないことというのはそこら中に転がっています。

そういったことをまず検討し、現段階で考えうる対処方法を共有できないと言うプロジェクトでは、まず場当たり的対処が必須です。

4-2. マルチタスクを整頓しないチームメイトがいる

4-マルチタスクを整頓しないチームメイトがいる

複数のタスクを抱えていると、当人だけでなく関係者もろもろが分からなくなってしまいます。

しかし、タスクの整頓とはやっかいで面倒なもの。

しかし、マルチタスクを整頓しないので怖いのは人的依存です。

抱えている当人が急病などで出社できない、または交通機関やその他災害などもそうなのですが、とにかく当人がいないことにはなにも分からないという状態になってしまいます。

当人と連絡が取れないとき、まずはタスクを解きほぐすところから始め、それから対処をするようになります。

時間もなく、不確定な要素ばかりですから、どうしても場当たり的にこなすしかなくなってしまいます。

5. 場当たり的な性格を改善する方法

場当たり的な性格を改善する方法

場当たり的な性格は、どんな場所でもおおむね好かれません。

ここではクリティカルに問題のあるビジネスの場においての改善方法をご紹介しますが、プライベートでも十分応用の利くものです。

5-1. タスクを細分化する

5-タスクを細分化する

タスクが大きく持ち、将来の予想を立てながら仕事をするのは大変良いことです。

しかし、そればかりにとらわれて目先のことがおろそかになっては目も当てられません。

大タスク、中タスク、小タスクなどに分け、それぞれの課題を洗い出しましょう。

タスクが大きくなればなるほど、ざっくりとした内容にし、小さいタスクは詳細にリスクも踏まえた計画を練るようにしましょう。

それだけでも視界がクリアになり、問題点を放置することはなくなります。

5-2. 計画を練る時間も仕事のうちと考える

5-計画を練る時間も仕事のうちと考える

様々な仕事を任されるのは喜ばしいことであり、光栄なことです。

しかしビジネスパーソンであれば、時間の管理も仕事のうちと肝に銘じましょう。

タスクの分類化もそうですし、そのタスク内の内容を考えるのにも時間は必要です。

そういった仕事外の仕事ができなくなるような仕事の詰め込み方はしないように心がけましょう。

仕事を断るのは勇気がいることですが、その取捨選択のセンスもまた大切なことです。

ある程度のリスクは承知で、できない仕事は残念ながらあきらめるということも必要になってきます。

仕事を厳選し、誠意ある仕事をしていれば、いずれまた縁が巡ってくるかもしれません。

それを楽しみに、自分の時間を確保することに集中しましょう。

5-3. 振り返りを必ずする

5-振り返りを必ずする

せっかく終わった仕事に対し、また振り返るのは面倒で嫌なものです。

しかし、これをすることにより、次回以降の仕事を場当たり的にこなすことは激減していきます。

仕事の振り返りとは、業務の経過もそうですし、結果、そしてその後日までを見ることができます。

その時だけうまくいったこと、その結果だけうまくいったとしても、その後問題が頻出するようではやはり仕事の組み方に無理があったと言えます。

その問題を解きほぐし原因を突き止めることによって、場当たり的に処理することが減っていくのです。

5-4. 周囲との軋轢を考える

5-周囲との軋轢を考える

場当たり的であることは、ある意味楽観的でポジティブなことともとらえられがちです。

あまりに周到な用意をする人に、少し引いてしまうということもあるでしょう。

しかし、特にビジネスの場において用心に用心を重ねることはメリットにはなってもデメリットには決してなりません。

むしろそういった考え方で業務にあたっていた場合、知らずしらずのうちに動力からの評判が落ちていることは十分に考えられます。

そのデメリットを考えれば、少々面倒でも計画的に仕事を行うことが身についていきます。

5-5. 場当たり的な対応は信頼を損なう

5-場当たり的な対応は信頼を損なう

周囲との軋轢はかなりのデメリットですが、場当たり的であることはほかにもたくさんの不利益を生みます。

例えば、ミスを場当たり的に対応すれば他社との取引で信用を失ってしまいます。

カスタマーを相手にしているようなら、場当たり的な処理をすると一気に口コミが広がってしまうこともあります。

場当たり的とは、今回のミスで起こった被害、つまり相手のことを考えていませんというサインです。

それを感じた時、信頼は損なわれていくのです。

まとめ

場当たり的な対処には、大変なリスクを伴います。

起こったことへの対応が不十分になる可能性、またなんとかなったとしても信用度を下げてしまうことです。

忙しさのあまり、リスクは都度対応と考えてしまいがちですが、きちんとしたリスクヘッジを想定していると、ミスにおびえることも少なくなります。

場当たり的な対応を減らし、精神的にも落ち着いて業務に取り組むようにしましょう。

場当たり的という言葉があります。

その意味とは、そしてビジネスで見る場当たり的とは一体どのようなことなのでしょうか。


場当たり的とは?

場当たり的とは、物事に直面した時に想い付きで対応してしまうことを指します。

応急措置、応急対応などの意味も含みます。

結果がどうであれ、計画を立てていなかった判断の上行動することは場当たり的な行動と言われますが、特に悪い結果に終わった時に言わやすい言葉です。

場当たり的の類語や似た言葉

場当たり的という言葉は、古くから使われている言葉です。

計画的であることが美しいとされる日本人の感覚だと、あまりいい意味で使われないことも多いですが、その分似たような言葉はたくさんあります。

2-1. その場しのぎ

2-その場しのぎ

その場しのぎとは、なんとかその場、その瞬間だけ、取り繕ってすますことを言います。

特にその場しのぎという場合、ほぼ内容は嘘、あるいは嘘でなくでもあてずっぽうなことで済ませてしまうことを指します。

また、その場しのぎはどちらかと言えば突発的なアクシデントに対応するニュアンスですが、場当たり的はもともと計画されていたイベントに対して無計画という意味合いがあります。

2-2. 間に合わせ

2-間に合わせ

間に合わせとは、仮のものをあててその場を済ませることです。

間に合わせと言った場合、トータルの計画で間に合わせにしている場合も含むため注意が必要です。

例えば、舞台などの仮衣装を間に合わせで済ませる、というのは、無計画だったわけではなくコスト感や時間をかけないという意味で計画的であると言えます。

もちろん、本当はなにか用意するはずだったのに用意が間に合っておらず間に合わせにしたのならば、それは場当たり的と同義語になります。

2-3. 泥縄式

2-泥縄式

泥縄式とは、ことわざが由来です。

「泥棒を捉えてから縄を綯(な)う」、綯うとは縄を編んで作るということですから、そのことが起こった時に必要なものを作り出すと言う意味です。

そのため、無計画に計画に飛び込み、後手後手になっている時に特に言われる言葉です。

しかし、それすらも計画の上というのであれば話は別です。

例えば、仕事をしているとリスクヘッジばかりして首が回らなくなってしまうことも多いもの。

泥縄式に行うと考え、問題があった場合に後手になっても対処するという進め方もあり得ます。

2-4. 無計画

2-無計画

そのものずばり、計画性のないことです。

場当たり的という言葉と似た使い方をするなら、例えば旅行に行った時など、ガイドブックを読むなどの事前準備をせず、着いた先で考えつくままに行動することを言います。

しかし、無計画と場当たり的のニュアンスで異なるのは、問題が起こるor起こらないが分かれているということです。

先ほどの例で言えば、無計画な旅行者はなんなら宿にこもっていてもいいのです。

さらに言えば帰ってしまってもいいはず。

しかし旅行という例に則った場合の場当たり的な人は、何か目的があり、その目的を無計画に対応するというニュアンスになります。

2-5. 英語で言う場当たり的1

2-英語で言う場当たり的1

英訳する場合、「ad hoc」という言い方をする場合があります。

これは「このために」「そのために」などを表す形容詞ですが、その場限りというニュアンスも含みます。

その場限りという意味を拡大解釈し、日本語で言う「場当たり的」を訳すときに使われます。

2-6. 英語で言う場当たり的2

2-英語で言う場当たり的2

さらに似た言葉としては「haphazard」があります。

これは偶然、偶発、思いつきなどの意味を持つ名詞であり、無計画という意味の形容詞でもあります。

場当たり的というともう少し、予想されていたのに計画していなかったという意味なので、そもそも偶発という意味合いだと少々異なってきますね。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!