占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180831162231.html
センスがいいの意味・類語!モテる理由・センスがいい人の特徴・センスをよくする方法

センスがいいの意味・類語!モテる理由・センスがいい人の特徴・センスをよくする方法 | SPITOPI

SPITOPI
センスがいいの意味・類語!モテる理由・センスがいい人の特徴・センスをよくする方法

スポンサーリンク

「センスがいい」と言われると男女に関わらず嬉しいものです。

容姿の良さ以外の褒め言葉として使われる「センスがいい」とはどの様な意味を持った言葉なのでしょうか。

  • センスがいいとは?
  • センスがいいの類語や似た言葉
  • センスがいい人がモテる理由
  • センスがいい人の特徴
  • センスが悪い人の特徴
  • センスがよくなる方法
  • まとめ

1. センスがいいとは?

センスがいいとは?

「センス」とは英語の「sense」から来ていて、「感覚」を意味しています。

そこから「センスがいい」とは、「特定のものに対して感性や感覚が人より細かく、適切に表現できる能力がある人を意味する様になったのです。

感覚ですから、目に見えるものだけではなく判断力や良識などの人格的要素も含まれています。

センスがいい人は、そのものに対して特別な知識を持っている必要はありません。

ウンチクよりも微妙な感覚の違いを感じ取り、自分の中に取り込んで表現できれば良いのです。

それは理屈で説明できるものではなく、「何となくこう感じる」というものであり、それが「センス」である所以なのです。

2. センスがいいの類語や似た言葉

センスがいいの類語や似た言葉

センスがいいの類語には以下のものがあります。

2-1. 「お洒落な」

2-「お洒落な」

服装を気にしたり、仕草が上品な人を意味します。

似合うかどうかは別として、ファッションや行動にこだわりを持つ人のことを言います。

2-2. 「垢抜けた」

2-「垢抜けた」

大勢の中にいて、明らかに目立つ存在を意味します。

その人の本質的なもののことであり、服装や行動が地味でも自然に注目される人のことです。

2-3. 「洗練された」

2-「洗練された」

身に着けるものや持ち物に高級感が漂う様子を表しています。

ある程度経済的に裕福な人で、ふさわしい身だしなみをしている人に対して使われます。

2-4. 「趣味がいい」

2-「趣味がいい」

「センスがいい」に最も近い言葉かも知れません。

その人の嗜好が他の人にも合い、評価されることを意味しています。

2-5. 「粋な」

2- 「粋な」

主に芸事をたしなむ人の間で使われている言葉です。

身なりや振る舞いが洗練されていて、カッコいい人を意味します。

伝統的なものを大切にしながらも、新しいものを受け入れる許容量もあります。

3. センスがいい人がモテる理由

センスがいい人がモテる理由

他にも見た目が良い人は大勢いるのに、センスがいい人はなぜモテるのでしょうか。

3-1. ファッションがオシャレ

3-ファッションがオシャレ

センスがいい人がモテるポイントとして最も大きいのが「オシャレであること」です。

特に目立った服装やブランド品ではありませんが、パッと見て「ステキだな」と思うファッションをしています。

一緒に歩いていて気持ちが良いし、こちらも勉強になります。

もしファッションで迷っていることがあれば気軽に相談できて、自分もセンスがいい仲間入りができると思うとお近づきになりたいと思うでしょう。

3-2. 人間関係がスムーズになる

3- 人間関係がスムーズになる

センスがいい人は、その場の雰囲気に合わせた言動ができます。

皆が和んでいる時には静かに聞き役に回り、少し雰囲気が悪くなった時には話題を変えたりして、場を良くする言動をします。

一緒にいると人間関係がスムーズになり、余計なトラブルに巻き込まれずに済むのです。

3-3. 話していて気持ちがいい

3-話していて気持ちがいい

会話をしていて必要以上に固執したり知識をひけらかすことはありません。

「へえー」と思うことでもサラリと流して言うことができて、嫌味や自慢を感じないのです。

知らないこともあるし、相手に対して「すごいね」と感心してくれることもあるので、一緒に話していて気持ちがいいのでモテるのです。

3-4. 愛情表現が上手

3-愛情表現が上手

センスがいい人がモテるのは、愛情表現が上手で恋人を満足させられるからです。

デートに行く場所も相手が好きそうな場所やレストランを選んでくれます。

一緒にいる時には相手の気持ちを考えて行動をするので、大切にされていることが感じられます。

愛情表現もシンプルですがきちんとしてくれるので、不安を感じずに済むのです。

3-5. ピンチに強い

3-ピンチに強い

人は万が一トラブルが起きると気が動転してしまい、パニック状態になってしまうものです。

センスがいい人は固定の考え方に囚われないので、何故かピンチの状態になっても幾つかの選択肢が思い浮かぶのです。

周囲に協力してくれる人も現れて、トラブルが解決するだけではなく良い結果に繋がることもあります。

3. センスがいい人の特徴

センスがいい人の特徴

自分の周囲にセンスがいい人がいるかどうか、見分ける特徴には以下のものがあります。

3-1. ファッション性がある

3-ファッション性がある

「ファッションセンス」というのは日常的に使われる言葉で、やはりその人のセンスが一番反映されるのはファッションです。

奇抜な洋服を着ている、高級感があるというのではなく、トレンドを取り入れながらもごてごてし過ぎずにさらりと着こなしている人は、ファッションセンスがあります。

季節やTPOに合わせた服装で、清潔感がありノンブランドでも気にしない点も特徴です。

何故ファッションセンスがいいのか、それは自分を良く理解していて、何が似合うのかを知っているからです。

人により体型にコンプレックスを持っていることもあるでしょう。

顔が大きい、背が低い、脚が短いなどのコンプレックスを上手にカバーできるデザインや色を良く知っているのです。

人はどうしても自分を過大評価しがちで、ショップに行ってもその洋服のデザインが気に入れば自分に似合うと思い込んでしまう傾向があります。

他人から見れば「サイズが小さいのでは」「色が派手すぎる」「余計に足が短く見える」と思っても自分で認めようとしないのです。

逆に「私は〇〇は似合わない」と思い込んでいる人もいます。

同じデザインでも色や丈によりイメージが変わるし、色にも様々なバリエーションがあります。

思い込みで自分に似合うファッションを封じ込めてしまっている人もいるのです。

ファッションセンスが良い人は、常に客観的に自分を見ていますので、好みはあっても「試さず嫌い」はありません。

ショップで店員に勧められたら取りあえず試着してみて、自分で実際に見て判断できます。

3-2. アクセサリーの使い方が上手

3-アクセサリーの使い方が上手

アクセサリーというと女性が使うものだと思っている人もいますが、男性のビジネススーツでもアクセサリー使いは大切です。

ベルトや時計、メガネなどは使い方次第でその人の印象がガラリと変わるのです。

時計は高級ならば良いというのではなく、ビジネスに使う上では機能性も重要になるし、取引先のことを考えてもあまりキラキラ目立つものは避けたいものです。

また、ベルトを選んだ以上は靴の色も合わせることが基本で、当然靴下の色もコーディネートする必要があります。

さりげなく財布を出した時に使い勝手が良さそうでツヤのある皮の財布だと、お金が貯まりそうなイメージです。

センスがいい人は、アクセサリーを購入する時にも、自分が持っている洋服やその他のアクセサリーと相性が良いかどうかも考えて選びます。

その為に組合せを変えても違和感がなく、オシャレに見えるのです。

3-3. 品質の良い物を持っている

3-品質の良い物を持っている

ファッションだけではなく、日頃の持ち物にもセンスの良さが光ります。

ビジネスマンならば文房具は会社支給のものだけで良いと思わずに、自分で書き易いボールペンや万年筆を購入します。

取引先と会議をする時にさりげなくボールペンや万年筆を使うと「デキる人」に見えることでしょう。

値段が高いものという訳ではなく、自分の目的に合った上質の物を持ち歩くのです。

3-4. プレゼントの選び方が良い

3- プレゼントの選び方が良い

人のプレゼントを選ぶ時には、相手が気に入ってくれるかどうか気になるものです。

恋人へプレゼント、会社の歓送迎会などでさほど親しくない関係の人へのプレゼントなど様々なシチュエーションがありますが、センスの良い人は誰に対してのプレゼントでも良いモノを選ぶのです。

ただ「相手が好きそうだから」で選ぶのではなく、「その人が使っている姿をイメージして」選ぶので、喜ばれることが多いのです。

女性へのプレゼントならば小さなブーケを付ける、定年退職の記念品ならば奥さんの分も考えるなど、他の人とは少し違う考え方ができる人です。

3-5. 意外と料理上手

3-意外と料理上手

センスがいい人は、普段食事をしながら「美味しい」と思ったものは、材料や味を覚えています。

女性ならばそれを再現してみようと自宅でチャレンジするでしょう。

男性もセンスがいい人ならば、「野菜はこれ位炒めた方が美味しい」「塩だけではなく醤油も入れた方が美味しい」と何となく分るのです。

難しい料理はできませんが、基本的なカレーや肉じゃがなどは作れて、冷蔵庫にあるものでお酒のおつまみも作れます。

そして盛り付けや食器にもひと工夫するので、手抜き料理でも豪華に仕上がるのです。

3-6. 球技が得意

3-球技が得意

運動神経は、筋肉を動かす為に脳からの指令が来ることで発揮されます。

センスがいい人は、この筋肉の動かし方が感覚で分かるのです。

但し、早く走ったり遠くまで飛んだりするのはそれだけ筋力がないとできません。

センスがいい人が得意なのは球技です。

ボールがどの辺に飛んでくる、だからどの様に弾き返せばどこに飛び、相手が取りにくいだろうということを頭の中で瞬時に計算できてしまうのです。

もちろん筋肉を鍛えている人は、その他のスポーツでもどの様に筋肉を動かせば良いか分かるので、結果を出すことができるのです。

3-7. 文章表現が上手い

3-文章表現が上手い

作文を書いていると、どこにでもあるありきたりな文章しか書けずに悩むことがあります。

相手に対して気の利いたメッセージを送りたいと思っても、当たり前のことしか浮かばないものです。

センスのいい人は、読んだ人がほっとする様な文章や、「よくこんな表現思いついたな」と思う様なフレーズを書くことができます。

これはやはり普段からの読書量が多いのと、自分が相手に対して持っているイメージが明確になっていることがポイントです。

3-8. 絵心がある

3-絵心がある

センスのいい人は、絵を描いてもきらりと光るものを持っています。

これは、普段からものごとを的確に把握する能力があり、それを素直に表現するからです。

決して上手だったり、芸術的ではありませんが、見てすぐ分る、気持が伝わる絵が描けます。

ちょっとしたイラストを描いた時に人や物の大きさやバランスがしっかりしているのが特徴です。

3-9. 何でも卒なくできる

3-何でも卒なくできる

初めてやることでも、マニュアルやお手本さえあればそれを見ながらササッとこなしてしまいます。

これはセンスのいい人は現状を把握できて、マニュアルやお手本通りに自分が行うイメージが浮かぶからです。

現状が分かっていれば、どれだけお手本に近づけていくかを考えれば良いので、自分の能力をコントロールすれば良いだけです。

周囲から見れば卒なく何でもこなしている様に見えますが、実は頭の中では「ああかな、こうかな」と色々と思い巡らしているのです。

3-10. 会話をしていて楽しい

3-会話をしていて楽しい

会話には「ユーモアのセンス」が大切になります。

ただダジャレや下ネタを話すのではなく、相手が心地よくなる様な軽い話をすることです。

声を出して笑う程の内容でなくても、その人の人間味や温かさが伝わるでしょう。

ユーモアのセンスがある人は、真面目な話でもいつの間にか相手を引き込み「またあの人と話したい」と思われるのです。

4. センスが悪い人の特徴

センスが悪い人の特徴

逆に、どうしてもセンスが悪い人というのはいるものです。

オフィスや趣味の場で出会うセンスが悪い人の特徴は以下の通りです。

4-1. 自分の好みが最優先

4-自分の好みが最優先

よく「迷ったら自分が一番好きなものを選ぶべき」と言われますが、それはインテリアや雑貨などの例えです。

ファッションに関しては、どんなに好きでも自分に似合うかどうかは別問題で、客観的な判断も必要になります。

センスが悪い人は誰が見ても似合っていないのに、「これが気に入った」と思うと譲りません。

例えば少し襟の形が違う服、色違いの服等の選択肢を取り入れれば、そのものでなくても近いファッションで自分に似合ったアイテムを見つけることができるのですが、それもしないのです。

その結果誰も口に出さないのですが「センスが悪い」と思われてしまいます。

4-2. トータルコーディネートが苦手

4-トータルコーディネートが苦手

洋服はオシャレ、アクセサリーはキレイで、バッグは高級なアイテムを選んでいますが、それを組み合わせるとミスマッチになります。

素材が違う、色が合わない、テイストが違うなどのバランスが悪いと、一つ一つのアイテムが良くてもセンスが悪くなってしまうのです。

一番多いのがそれぞれ個性的過ぎてしまい、見た目がうるさくなってしまっている人です。

ファッションの基本は着ている人の個性を生かすことであり、目立つことではありません。

4-3. 人の意見に耳を貸さない

4-人の意見に耳を貸さない

センスの悪い人が治らないのは、周囲の意見に耳を貸さない人が多いからです。

友達が「それは似合わないよ」と言ってくれているのに、スルーしてしまうのです。

基本的にそれほど親しくない人達は心で「変だな」と思っても何も言いません。

親身になってアドバイスしてくれるのは、親友やショップの店員です。

本人の為に良かれと思って言っているの聞く耳を持たないと、いつまで経ってもセンスが悪いままです。

そのうち親友も諦めて何も言わなくなるでしょう。

4-4. 見た目を気にしなさすぎ

4-見た目を気にしなさすぎ

いつでもブランド品を身につけて、ファッションに敏感な人は、それなりにお金も使っています。

友達でも恋人でも付き合うとなると、こちらが少し窮屈に感じるでしょう。

しかし逆に、全くものごとにこだわりがない人もいます。

洋服もそこらにあるものでその日の朝手にしたものを身に着けてくる、という人もいます。

当然コーディネートも何も考えておらず、センスが悪くなるのです。

自分でも「合わないかも」と思うのですが、「まいっか」と妥協してしまいます。

それなりに質が良く清潔なアイテムを持っているのですから、ちゃんと考えて組み合わせれば良いのに、こだわりがなさ過ぎる為にセンスが悪くなってしまうのです。

5. センスがよくなる方法

センスがよくなる方法

今の自分はセンスが悪いのでは、そう心配になったら、どの様にすればセンスが良くなれるのでしょうか。

5-1. まずは自分を知ること

5-まずは自分を知ること

ファッションセンスを磨く為には、まずは自分を知ることが大切です。

顔や全身を撮影して、全体的なバランスを確認しましょう。

肌の色も知っておけば、パーソナルカラーが決められます。

更にはクローゼットの中を見て、今持っている洋服の傾向を知りましょう。

チェックが多い、ピンクが多い、ダーク系が多い等が分かったら、自分の年代でその色を生かしたファッションを研究しておきます。

5-2. トレンドに敏感になる

5-トレンドに敏感になる

ファッションセンスに限らず、世間の流行やトレンドに敏感になっておくと、センスが良くなります。

洋服やメイクだけではなく、旅行スポットやグルメ、アプリなどのの情報も取り入れます。

一つでも興味があるものがあったら、迷わず試してみましょう。

何か新しいものが話題になった時に「あ、それ行ったことある」と言えるだけで、センスが良い人に思われます。

5-3. 心にゆとりを持つ

5-心にゆとりを持つ

あらゆるセンスを磨く為には、心にゆとりを持って考える時間を作ることが大切です。

毎日次から次にやることがあり、何も考えられずに物事に向かい合っているのでは、何に心の琴線が触れるのか感じることはできません。

ゆっくりと自分をみつめて、周囲のものとの関わり方を考えるゆとりを持ちましょう。

夜少しだけ早く帰宅をして、寝る前にリラックスタイムを作るだけで心のゆとりがだいぶ違ってきます。

5-4. 自分なりのこだわりを持つ

5-自分なりのこだわりを持つ

何かひとつ、「これが自分」と言えるこだわりを持ってみましょう。

趣味や考え方、ファッションなど何でも良いので、こだわりを持って自分のスタイルを作り上げる様にします。

こだわることにより多くの情報を取り入れて比較していくので、少しずつセンスが磨かれていくのです。

まとめ

センスがいい人は、人に好かれるスキルがあるのでどこに行っても気持良く過ごせます。

その人の見た目や仕草からにじみ出るものですので、特に一生懸命努力して身に付けるものではありません。

毎日の生活の中で、少しだけセンサーを敏感にしていくことを考えましょう。

「センスがいい」と言われると男女に関わらず嬉しいものです。

容姿の良さ以外の褒め言葉として使われる「センスがいい」とはどの様な意味を持った言葉なのでしょうか。


センスがいいとは?

「センス」とは英語の「sense」から来ていて、「感覚」を意味しています。

そこから「センスがいい」とは、「特定のものに対して感性や感覚が人より細かく、適切に表現できる能力がある人を意味する様になったのです。

感覚ですから、目に見えるものだけではなく判断力や良識などの人格的要素も含まれています。

センスがいい人は、そのものに対して特別な知識を持っている必要はありません。

ウンチクよりも微妙な感覚の違いを感じ取り、自分の中に取り込んで表現できれば良いのです。

それは理屈で説明できるものではなく、「何となくこう感じる」というものであり、それが「センス」である所以なのです。

センスがいいの類語や似た言葉

センスがいいの類語には以下のものがあります。

2-1. 「お洒落な」

2-「お洒落な」

服装を気にしたり、仕草が上品な人を意味します。

似合うかどうかは別として、ファッションや行動にこだわりを持つ人のことを言います。

2-2. 「垢抜けた」

2-「垢抜けた」

大勢の中にいて、明らかに目立つ存在を意味します。

その人の本質的なもののことであり、服装や行動が地味でも自然に注目される人のことです。

2-3. 「洗練された」

2-「洗練された」

身に着けるものや持ち物に高級感が漂う様子を表しています。

ある程度経済的に裕福な人で、ふさわしい身だしなみをしている人に対して使われます。

2-4. 「趣味がいい」

2-「趣味がいい」

「センスがいい」に最も近い言葉かも知れません。

その人の嗜好が他の人にも合い、評価されることを意味しています。

2-5. 「粋な」

2- 「粋な」

主に芸事をたしなむ人の間で使われている言葉です。

身なりや振る舞いが洗練されていて、カッコいい人を意味します。

伝統的なものを大切にしながらも、新しいものを受け入れる許容量もあります。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!