占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180831090748.html
食べ物の好き嫌いが多い人の心理や性格・人の好き嫌いも多い?

食べ物の好き嫌いが多い人の心理や性格・人の好き嫌いも多い? | SPITOPI

SPITOPI
食べ物の好き嫌いが多い人の心理や性格・人の好き嫌いも多い?

スポンサーリンク

食べ物の好き嫌いって、人それぞれです。

好き嫌いが全くない人もいるようですが、たいていの人は何かしら苦手な物ってあるようです。

今回は、そんな食べ物の好き嫌いをテーマにその心理を追求していきながら、好き嫌いを克服するコツについて解説していきます。

  • 「食べ物の好き嫌いが多い」とは?
  • 「食べ物の好き嫌いが多い」人の心理
  • 「食べ物の好き嫌いが多い」人によくある性格傾向
  • 「食べ物の好き嫌い」の原因
  • 好き嫌いを克服するコツ
  • まとめ

1. 「食べ物の好き嫌いが多い」とは?

「食べ物の好き嫌いが多い」とは?

食べ物の好き嫌いが多い人の特徴としては、肉がダメ、野菜がダメ、魚介類がダメ、甘い物がダメといった風に食べ物の好みが激しい人の事です。

食べ物の好き嫌いが多い人の中でも、肉類の中でもミンチとしてハンバーグやソーセージに加工している物だったらOKといった風に、あるこだわりを持っている人もいるようです。

2. 「食べ物の好き嫌いが多い」人の心理

「食べ物の好き嫌いが多い」人の心理

2-1. ワガママ

ワガママ

肉も嫌い、野菜も嫌い、魚介類もダメといった風に、食べ物の好き嫌いが多い人の心理としては、ワガママなタイプが多いようです。

実際には嫌いだと思い込んでいる食べ物を食べる事ができたとしても、なんらかの理屈をつけて嫌いだと思い込んでしまう事によって、その食べ物だけは絶対に拒否するといった行動を取るようです。

でも、大人になって結婚して、あれも嫌い、これも嫌いと言っていたら、毎日一緒に食事をするパートナーやその他の家族を困らせてしまいます。

やはりみんなで一緒に食卓を囲む際には、楽しい雰囲気が一番なので、早く好き嫌いを減らすように努力していって下さい。

2-2. 思い込み

思い込み

食べ物の好き嫌いが多い人の特徴として、よくありがちなのが思い込みです。

思い込みが激しいとあれが嫌い、これが嫌いとたいした事もない理由で、次から次へといろいろな食べ物に対して文句をつけるようになります。

そういった人は一緒に食べる人が上手に説得してあげると、嫌いな食べ物もおいしく食べられるようになるので、いつも誰かと一緒に食事をするように心がけて下さい。

2-3. 子供時代に何を食べてきたか?が重要

子供時代に何を食べてきたか?が重要

一番は、子供の頃に何を食べてきたか?といった事が重要なポイントになるのですが、子供の頃にいつも同じ物ばかり繰り返し食べ続けていた場合には、ただの食べず嫌いといった事もあるようです。

子供の頃に食べた肉が安物で臭くてまずかった場合に、それからずっと肉って臭くてまずい物だといった固定観念ができてしまって、肉に対するイメージが悪い印象しかないといった場合もあります。

高級な肉を食べておいしいといった体験を子供時代に送っていたら、もしかすると肉好きな人に育っていたかもしれません。

2-4. マイナスの体験

マイナスの体験

人間って何か嫌な事やトラブルといったマイナスの体験をしてしまうと、そのしこりがそのままずっと後々まで残ってしまう事もあるようです。

例えば、子供の頃に牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べてお腹がゴロゴロしてきて、下痢になってしまった経験がある場合には、「自分はきっと牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べると必ず下痢をするんだ」といった風に、勝手に思い込んでしまう場合があります。

牛乳を飲んだりヨーグルトを食べて下痢をしていたのは、もしかしたらその時だけ一時的に体調が悪かったからかもしれないのに、それがその後もずっと続いてしまうと思い込んでしまっているのです。

体質も大人になるにつれて体が丈夫になり、次第に変化していく場合が多いので、もしかすると大人になってから牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べたりしても、吐いたり下痢をしなくなっているかもしれません。

その過去のマイナス体験を乗り越えない限りは、その好き嫌いな食べ物に対する思い込みはなかなか消えません。

マイナスの体験は、誰にでもある事なので、それがその後もずっと続いていくとは思い込まずに早くクリアしていって下さい。

2-5. 視覚的な原因

視覚的な原因

食べた事もないのに、これが嫌い、あれが嫌いという心理として、その食べ物の見た目が嫌い、怖いといった理由も挙げられます。

例えば、グロテスクなタコの姿を目の当たりにしてしまって、それ以来タコが苦手といった方は多いようです。

から揚げにしている鶏は好きだけど、鶏の姿の丸焼きは怖いという人も多いでしょう。

こんな風に見た目が苦手といった理由で、食べた事もない物を嫌いだと思い込んでいる人は多いようです。

3. 「食べ物の好き嫌いが多い」人によくある性格傾向

「食べ物の好き嫌いが多い」人によくある性格傾向

3-1. キャパシティが狭い

キャパシティが狭い

キャパシティが狭い人程、食べ物の好き嫌いが多いようです。

もちろんキャパシティが狭い人は、食べ物だけでなく人間関係でも苦手な人が多いようです。

受け入れる器が狭いと、どうしてもたいした事がない理由で、拒否してしまう傾向があります。

まずは、自分のキャパシティを広げる事から始めましょう。

嫌いな物が多い程、生きづらくなるのは自分です。

大人になったらどうしても食事会や飲み会で、いろいろな人と一緒に食事をする機会が増えてきます。

そんな時に、いつもこれが嫌い、あれが嫌いだと言って幹事さんを困らせていたら、そのうち誰にも誘われなくなってしまいます。

内輪の食事会や飲み会でなく、取引先との食事会や飲み会となってしまうと、もしも嫌いな食べ物があったとしても、出された物は無理してでも食べないといけない場合もあるので、ビジネスをスムーズに進めていけるようになるためにも、食べ物の好き嫌いは早めに克服していって下さい。

3-2. 子供っぽいワガママさ

子供っぽいワガママさ

子供の頃から親の注目を集めたい、かまってほしいばっかりに、わざとあれこれを食べ物の好き嫌いを挙げては親を困らせていた方は、大人になってからもその癖が抜けずに食べ物の好き嫌いが多い場合があります。

それが子供の頃は、親が必至であなたの食べ物の好き嫌いに合わせてくれていたのが、大人になったら、「この人は食べ物の好き嫌いが多くて面倒だから、もう食事に誘うのはやめよう」といった風に、だんだん周りの人があなたの下から離れていってしまう場合があります。

大人になって自分の子供が生まれた時に、自分が食べ物の好き嫌いが多い事に対して初めて反省するかもしれません。

やはり食べ物の好き嫌いが多いと、お付き合いの面や健康管理の面で、いろいろと支障が出てくるので早めに克服しておくのが正解です。

3-3. 自分の主張を無理して通したい

自分の主張を無理して通したい

食べ物の好き嫌いが多い人の傾向としては、自分の主張をとにかく無理してでも押し付けたいといった心理があるようです。

自分は絶対にこの食べ物だけは食べないからと自分の我を周りの人に押し付ける事によって、周りの人をコントロールしていこうとしているのです。

それは、ごく一部の人には通用するかもしれませんが、多くの人は、あなたの方がおかしいと判断して次第に離れていくかもしれません。

3-4. 順応性が低い

順応性が低い

食べ物の好き嫌いが多い人の傾向として、順応性が低い事が挙げられます。

食べ物も昔に比べたら現代では数段も味や質がアップしている物が多いので、そんなにまずい物って見かけません。

例えば青汁って昔は苦くてまずいイメージでしたが、最近ではよりおいしく飲みやすいようにと開発されています。

こんな風に現代では、その食べ物が売れるようにと製品開発が進んでいる状態なので、実際には食べにくいまずいといった物自体少ないのです。

だからもっと食べ物だけに限らずに、順応性を高めていって下さい。

3-5. 何でもえり好みをするタイプ

何でもえり好みをするタイプ

あれも嫌い、これも嫌いといった風に、食べ物の好き嫌いが多いタイプは、何でもえり好みをするタイプです。

えり好みをしていると、そのうちにどれも自分の実につかないといったリスクを背負う事になります。

食べ物それぞれに含まれている栄養素についてしっかりと理解を深めていたら、それぞれの食べ物には人間の健康を維持していく上で、大切な栄養分がたっぷり含まれているといった事に気付くはずです。

食べ物は味や見た目を楽しむだけでなく、人間の健康を管理するといった目的もあるので、健康の事を考えながら好き嫌いを減らす努力をしていって下さい。

「食べ物の好き嫌いが多い人は人の好き嫌いも多い」と言われる理由 食べ物の好き嫌いが多い人は、人の好き嫌いも多いというのは、食べ物に好きか?嫌いか?といった判断をする上で、基準となるのが、見た目と臭い、味だからです。

これは人を見る時にも当てはまります。

あの人の見た目が苦手、あの人の臭いだけはNGといった風に、人に対しても厳しい判断を下して拒絶してしまうようになるのです。

食べ物や人に対する好き嫌いが多い人の中で、ではあなたは一体どうなの?と聞かれた場合に、その本人自身は見た目も香りも悪いといった場合もあるようです。

結局は、食べ物や周りの人に厳しくて、自分を磨いていないという事なので、食べ物や周りの人に優越を付ける前に自分磨きに励んでいって下さい。

5. 「食べ物の好き嫌い」の原因

「食べ物の好き嫌い」の原因

5-1. 本能的なモノ

本能的なモノ

食べ物の好き嫌いが多い理由として、本能的な原因が考えられます。

食べ物にはそれぞれ臭いがあるので、その臭いが本能的にダメだと脳へと指令が送られる事によって脳が拒否の指令を出している場合があります。

臭いに関する好みが大きく関わっているので、本能的な部分が大きいのです。

幼い頃に、親に無理やり「これを絶対に食べなさい」、「食事は残さずに食べなさい」といった風に、強制的に食べさせられていた場合に、大きくなって好き嫌いが多くなる事もあります。

それだけ食事の時間が恐怖として、幼い頃に記憶の中にインプットされているのでしょう。

食べ物に対する恐怖心がわいてくる事を、専門用語で「ネオファビア」といいます。

本能として、食べ物の好き嫌いがある場合には、たとえ無理して嫌いな食べ物を食べれたとしても、後で吐いたり、下痢をしてしまう事もあります。

それだけ体が反応するように、精神的に食べ物に恐怖心を抱いているのでしょう。

5-2. 遺伝的なモノ

遺伝的なモノ

食べ物の好き嫌いが多い人の事を偏食とも呼ぶのですが、原因として挙げられるのが、親からの遺伝子としてある味に反応する遺伝子が受け継がれている場合があります。

遺伝子のTAS2R38を多く持っていると、偏食に育つようです。

食べ物の好き嫌いも、思い込みといった精神的な原因であれば、克服するのも可能かもしれませんが、遺伝子レベルの問題となると、遺伝子の記憶をセーブして好き嫌いを克服しないといけなくなるので、苦労が伴うでしょう。

ただし食べ物の好き嫌いも、アレルギーや食物不耐性といった事ではないので、それを食べたから体調を崩してしまうといった心配はないので安心できます。

人間の体はいろいろな成分から成っているので、毎日30品目を摂取するのが理想と言われています。

自分の健康を守るためにも、食べ物の好き嫌いをなんとか克服して、日々の食事だけで健康管理ができるように頑張って下さい。

6. 好き嫌いを克服するコツ

好き嫌いを克服するコツ

6-1. 調理法を工夫する

調理法を工夫する

嫌いだと一度思い込んでしまうと、その嫌いな食べ物の臭いや形に対して拒絶するようになっていきます。

他の食べ物と混ぜて臭いや形がわからないように工夫しながら調理すれば、嫌いだった食べ物も気にせずに食べる事ができます。

嫌いだと思い込んでいる食べ物を気にせずに食べるためには、臭いや形がわからないようにすれば良いので、例えば肉が嫌いな場合には、カレーを作る時に、肉の原型がわからないぐらいに煮込んでしまえば良いです。

カレーや鍋料理などの煮込み料理だと、長く煮込んでいるうちに食べ物が溶けて他の食べ物と上手く混ざっていくのでおすすめです。

6-2. 少量ずつ摂取して慣らす

少量ずつ摂取して慣らす

嫌いな食べ物を平気で食べられるようにするためには、まずは少量ずつでも良いから少しずつ慣らしていく事です。

例えば人参が苦手な人は、人参をジュース状にしてハンバーグソースに混ぜてみる、他のフルーツと一緒にミキサーにかけてスムージーにして飲んでみるといった風に少量から慣らしていきましょう。

一般人の臭覚や味覚はそんなに細かい臭いや味を嗅ぎ分ける事はできないので、少量からだったら無意識の中で慣らす事ができます。

自分で料理をするようになると、苦手な食べ物を刻んだり、ペースト状にして様々なメニューに盛り込んでいけるので、料理の中に上手に嫌いな食べ物でも活かしてあげて下さいね。

まとめ

まとめ

今回は、食べ物の好き嫌いが多い人の心理や、今後食べ物の好き嫌いを克服する方法についてレクチャーしていきました。

食べ物の好き嫌いも本能的なモノ、遺伝的なモノといった風にいろいろあるので、まずは原因を追究していきながら、その原因にマッチした方法で、嫌いな食べ物を克服していって下さいね。

食べ物の好き嫌いって、人それぞれです。

好き嫌いが全くない人もいるようですが、たいていの人は何かしら苦手な物ってあるようです。

今回は、そんな食べ物の好き嫌いをテーマにその心理を追求していきながら、好き嫌いを克服するコツについて解説していきます。


「食べ物の好き嫌いが多い」とは?

食べ物の好き嫌いが多い人の特徴としては、肉がダメ、野菜がダメ、魚介類がダメ、甘い物がダメといった風に食べ物の好みが激しい人の事です。

食べ物の好き嫌いが多い人の中でも、肉類の中でもミンチとしてハンバーグやソーセージに加工している物だったらOKといった風に、あるこだわりを持っている人もいるようです。

「食べ物の好き嫌いが多い」人の心理

2-1. ワガママ

ワガママ

肉も嫌い、野菜も嫌い、魚介類もダメといった風に、食べ物の好き嫌いが多い人の心理としては、ワガママなタイプが多いようです。

実際には嫌いだと思い込んでいる食べ物を食べる事ができたとしても、なんらかの理屈をつけて嫌いだと思い込んでしまう事によって、その食べ物だけは絶対に拒否するといった行動を取るようです。

でも、大人になって結婚して、あれも嫌い、これも嫌いと言っていたら、毎日一緒に食事をするパートナーやその他の家族を困らせてしまいます。

やはりみんなで一緒に食卓を囲む際には、楽しい雰囲気が一番なので、早く好き嫌いを減らすように努力していって下さい。

2-2. 思い込み

思い込み

食べ物の好き嫌いが多い人の特徴として、よくありがちなのが思い込みです。

思い込みが激しいとあれが嫌い、これが嫌いとたいした事もない理由で、次から次へといろいろな食べ物に対して文句をつけるようになります。

そういった人は一緒に食べる人が上手に説得してあげると、嫌いな食べ物もおいしく食べられるようになるので、いつも誰かと一緒に食事をするように心がけて下さい。

2-3. 子供時代に何を食べてきたか?が重要

子供時代に何を食べてきたか?が重要

一番は、子供の頃に何を食べてきたか?といった事が重要なポイントになるのですが、子供の頃にいつも同じ物ばかり繰り返し食べ続けていた場合には、ただの食べず嫌いといった事もあるようです。

子供の頃に食べた肉が安物で臭くてまずかった場合に、それからずっと肉って臭くてまずい物だといった固定観念ができてしまって、肉に対するイメージが悪い印象しかないといった場合もあります。

高級な肉を食べておいしいといった体験を子供時代に送っていたら、もしかすると肉好きな人に育っていたかもしれません。

2-4. マイナスの体験

マイナスの体験

人間って何か嫌な事やトラブルといったマイナスの体験をしてしまうと、そのしこりがそのままずっと後々まで残ってしまう事もあるようです。

例えば、子供の頃に牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べてお腹がゴロゴロしてきて、下痢になってしまった経験がある場合には、「自分はきっと牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べると必ず下痢をするんだ」といった風に、勝手に思い込んでしまう場合があります。

牛乳を飲んだりヨーグルトを食べて下痢をしていたのは、もしかしたらその時だけ一時的に体調が悪かったからかもしれないのに、それがその後もずっと続いてしまうと思い込んでしまっているのです。

体質も大人になるにつれて体が丈夫になり、次第に変化していく場合が多いので、もしかすると大人になってから牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べたりしても、吐いたり下痢をしなくなっているかもしれません。

その過去のマイナス体験を乗り越えない限りは、その好き嫌いな食べ物に対する思い込みはなかなか消えません。

マイナスの体験は、誰にでもある事なので、それがその後もずっと続いていくとは思い込まずに早くクリアしていって下さい。

2-5. 視覚的な原因

視覚的な原因

食べた事もないのに、これが嫌い、あれが嫌いという心理として、その食べ物の見た目が嫌い、怖いといった理由も挙げられます。

例えば、グロテスクなタコの姿を目の当たりにしてしまって、それ以来タコが苦手といった方は多いようです。

から揚げにしている鶏は好きだけど、鶏の姿の丸焼きは怖いという人も多いでしょう。

こんな風に見た目が苦手といった理由で、食べた事もない物を嫌いだと思い込んでいる人は多いようです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!