占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180830151243.html
嫉妬とやきもちと束縛の違い

嫉妬とやきもちと束縛の違い | SPITOPI

SPITOPI
嫉妬とやきもちと束縛の違い

スポンサーリンク

「嫉妬」と「やきもち」と「束縛」は男女関係において似た意味合いを持つ言葉ですが、それぞれどのような意味を持っているのでしょうか?嫉妬とやきもちと束縛の意味の違いを、漢字の解釈も含めて分かりやすく解説していきます。

  • 嫉妬とやきもちと束縛の違い
  • 嫉妬の意味
  • やきもちの意味
  • 束縛の意味
  • 嫉妬とやきもち・それぞれの意味を簡単に解説
  • 嫉妬(やきもち)と束縛の違い
  • まとめ

1. 嫉妬とやきもちと束縛の違い

嫉妬とやきもちと束縛の違い

「嫉妬(しっと)」には「自分よりも優れている人を羨んだり妬んだりすること」の意味がありますが、「やきもち」には自分よりも優れている人や嫌いな人に対するネガティブな感情の意味はありません。

「嫉妬」は「自分の愛する人の愛情や気持ちが、他の人に向けられていることを感じて恨み憎むこと」の意味もあり、この場合には「やきもち」とほぼ同じ意味合いになります。

ただし「嫉妬」と「やきもち」を比較した場合に、「好きな人の気持ちが他の人に向いていることを恨んだり妬んだりすること」という意味は共通していても、「やきもち」には「嫉妬」のような「自分を裏切って他の人と親しくしている好きな人に対する憎しみ」の意味合いは余りありません。

「嫉妬」のほうが「やきもち」よりも「妬み・恨みの度合い」が強いのです。

「束縛」というのは「相手の行動の自由を制限して縛ること」の意味であり、「嫉妬・やきもち」にはそういった相手の行動の制限までの意味合いはないのです。

2. 嫉妬の意味

嫉妬の意味

嫉妬(しっと)には大きく二つの意味があります。

嫉妬の意味の一つは「自分より優れている人やライバル視している人を羨んだり妬んだりすること」です。

嫉妬のもう一つの意味は、「自分の愛する人の愛情・気持ちが、他の人に向けられていることを感じて恨んだり憎んだりすること」になります。

嫉妬には「他者との優劣の比較に基づく嫉妬」と「恋愛関係・片思いにおける好きな人の気持ちが他の人に向かう可能性に対する嫉妬」の二通りの意味があるのです。

嫉妬は「好きな人・恋愛対象の相手」に対しても「嫌いな人」に対しても「ライバル(好敵手)」に対しても、抱く可能性があるネガティブな感情なのです。

2-1. 嫉妬の語源や漢字から解釈

2-嫉妬の語源や漢字から解釈

嫉妬の漢字の「嫉」の右側の「疾」は、「矢のように速くて重たい病」を意味しています。

「嫉」は「疾(しつ)」を音としていて、「女篇」を付けることで「女性に多い一瞬で機嫌が悪くなって怒り出すヒステリー状態」を意味しているのですが、現代的には女性差別の考え方ではあります。

嫉妬の「妬」という漢字は、右の「石」が「頭が堅くて融通が効かない様子」を意味しています。

「石」に「女篇」が付くことで、「女性が競争者(別の女性)に負けたくないと思って、ねたみ・怒り・不安で頭がいっぱいになっている状態」を意味していました。

嫉妬の語源としての「うわなりねたみ」:近代初期まで女性の人権・経済的自立が弱かった影響で嫉妬が女性特有の感情とされた

嫉妬の語源として「古事記」にある「うわなりねたみ」が上げられることもありますが、一夫多妻制の時代には「こなみ=本妻」と「うわなり=後妻・妻妾」の間で、夫の愛情や財産を奪い合う女同士の醜い感情が生まれやすかったともされています。

女性の人権や自由が認められず、男性に頼らなければ生きていけなかった古代から近代初期の時代までは、日本では嫉妬は「女性特有の感情」と見なされやすかったのですが、現代では事情が変わって男性のストーカーや(女性の浮気に対する)嫉妬による殺傷事件が増えるなど「男性の嫉妬感情」も目立ってきています。

3. やきもちの意味

やきもちの意味

やきもちの意味は、「好意を持っている好きな相手が他の人と親しくしているのを見てねたむこと、不機嫌になること」です。

やきもちは相手に対する好意から発する嫉妬の気持ちであり、「嫌いな相手に対するやきもち」というのはありません。

やきもちは嫉妬よりもやや弱い妬みそねみの気持ちを意味していますが、「やきもちを焼く」という定形の慣用句として用いられることが多い言葉です。

自分の好きな人の関心や気持ちが別の相手に向けられていると感じた時に、人はやきもちを焼くのです。

3-1. やきもちの語源や漢字から解釈

3-やきもちの語源や漢字から解釈

やきもちは漢字では「焼き餅」と書きます。

やきもちは「好きな人の気持ちや関心が別の相手に向いていることに対して嫉妬する」という意味になりますが、「焼き餅」の語源は「妬き餅(やきもち)」にあるとも言われています。

「妬く(焼く)」というのは「嫉妬する」という意味なのですが、妬くの音が焼くと一緒であることからそこに洒落で「餅」をくっつけたという説が有力になっています。

「妬く+気持ち」から「妬き餅(焼き餅)」になったと言われています。

「嫉妬した時の膨れっ面」と「焼いた餅が膨れる姿」が似ていることから、「焼き餅」という言葉が生まれたとも言われますが、これはだいぶ時代が下ってから考えられた新しい説のようです。

4. 束縛の意味

束縛の意味

束縛には大きく二つの意味があります。

束縛の一つの意味は、「物理的にまとめて縛ること・他者を縛って捕まえること」です。

束縛のもう一つの意味は、「他者に制限を加えて行動の自由を奪うこと」であり、男女の恋愛関係において束縛という場合にはこちらの意味になります。

好きな異性を他の人から奪われないために束縛することが多く、例えば、「自分以外の別の異性とは口を聞いてはいけない」とか「絶対に夜9時以降は友達とでも外出してはいけない」とか「どこかに出かける時は必ず連絡しなければいけない」とかいうことが、恋愛関係(男女関係)における束縛になってきます。

4-1. 束縛の意味や漢字から解釈

4-束縛の意味や漢字から解釈

束縛という漢字は、「束(そく)」に「複数にモノを束ねる・モノを束ねて拘束する」という意味があり、「縛(ばく)」に「縄などで縛って動けないようにする・縄や紐で縛って行動できないようにする」という意味があります。

それらの漢字のシンプルな意味から、束縛には「物理的に縛ってまとめること・縛り上げて捕まえること」や「他者に色々な制限を加えて行動の自由を奪い取ること」といった意味が生まれたのです。

5. 嫉妬とやきもち・それぞれの意味を簡単に解説

嫉妬とやきもち・それぞれの意味を簡単に解説

嫉妬とやきもちのそれぞれの意味とその意味の違いを簡単に解説していきます。

「嫉妬」と「やきもち」はそれぞれ似た意味合いを持つ言葉ではあるのですが、「やきもち」が基本的に「好意を抱いている相手・異性」にだけ感じるねたみの感情であるのに対して、「嫉妬」のほうは「好意を抱いている相手(好きな相手)」にも「敵意を抱いている相手(嫌いな相手)」にも感じる可能性がある感情なのです。

5-1. 嫉妬の中にやきもちがある

5-嫉妬の中にやきもちがある

「嫉妬(しっと)」というのは、「妬み嫉み(ねたみそねみ)」の全般的な感情のことで、その中には「自分より優れている者やライバルに対するねたみ」や「自分が好きな人の気持ちが別の人に向かうことに対するそねみ」が含まれています。

「やきもち(焼き餅)」というのは、色々な種類・強度がある嫉妬感情の中の一つなのです。

色々な種類がある嫉妬の中の一つとして「やきもち」があるわけですが、やきもちは嫉妬の中でも「好意がある好きな人・動物」だけに抱くことのある感情とされています。

嫉妬の対象は異性・恋人だけではない:ペットの動物もやきもちを焼くことがある

やきもちというのは、好きな相手の気持ちや関心が第三者に向かうことで、自分に対する気持ちが無くなるのではないかと恐れて不安になったり怒ったりする感情のことです。

やきもちを焼いている時には、相手に対してジリジリと焦がれるような心境になってしまうことが多いですが、やきもちは異性・恋人だけではなくて「仲良しの友達・家族」にも抱くことがある感情なのです。

またペットの動物が、他の動物を可愛がる飼い主を見てやきもちを焼くこともあります。

5-2. 嫉妬は「自分より優れている相手に対する妬み(ねたみ)」からくることもある

5-嫉妬は「自分より優れている相手に対する妬み(ねたみ)」からくることもある

嫉妬(しっと)と聞くと一般的には、恋愛関係や男女関係における「妬み嫉み(ねたみそねみ)」のイメージが強くなっていますが、嫉妬には自分よりも優れた相手やライバル視している相手に対する「妬み(ねたみ)」の意味もあります。

自分よりも優れた相手やライバル視している相手に対する「妬み」は、好きな相手(恋人・配偶者)に対する「妬み」とは違って、「競争心+負けず嫌いな性格」が反映されていることが多いのです。

「自分より圧倒的に優れている相手・別世界に生きていると感じる相手」に対しては嫉妬して妬むことはない

自分より優れていると感じる相手に対する妬みが「嫉妬」になりますが、基本的に「あまりに遠い世界の相手・あまりに自分よりも圧倒的に優れている相手」に対しては嫉妬感情を感じることはないとされています。

例えば、部活でテニスをしている人が、同じ学校のテニス部で一番上手い人に対して嫉妬してねたましく思うことはあっても、世界のトップレベルで活躍している錦織圭(にしこりけい)選手に嫉妬することはありません。

異性関係においても、同じ学校やアルバイトの自分よりちょっと可愛い女性に嫉妬して怒ることはあっても、芸能人の石原さとみさんだとか広瀬すずさんだとかに本気で嫉妬して怒る人はまずいないのです。

5-3. やきもちは短い感情のことが多く「ねたみの強度」もやや弱い

5-やきもちは短い感情のことが多く「ねたみの強度」もやや弱い

「やきもち」と「嫉妬」を比較すると、やきもちの方が嫉妬よりも「ねたみの強度」がやや弱くて可愛げのある感情になります。

「やきもち」も「嫉妬」も、「好きな相手に対する妬み嫉みの感情」を意味していますが、その妬み嫉みの感情の持続時間は「やきもち」のほうが短くてそんなに根深く恨むようなニュアンスはないのです。

やきもちのほうが「可愛げのあるねたみ」である

「嫉妬」のねたみの強度には様々なレベルがありますが、嫉妬のねたみの強度が強くなると、「競争心を抱いている相手に対するうらみつらみ」というニュアンスが出てきます。

恨みや憎しみの強い「嫉妬」は、「やきもち」と比較すると本格的な悪意や妨害行為にまで発展する危険性を持っているのです。

その意味では、「やきもち」は「相手に対する恨み・憎しみ・悪意」にまで発展する恐れのない「可愛げのあるねたみ(自分のほうに振り向いてほしいだけのねたみ)」の側面が強いのです。

5-4. やきもちは好意からくる嫉妬

5-やきもちは好意からくる嫉妬

「やきもち」と「嫉妬」の分かりやすい違いとして、「嫉妬」は「好きでもなんでもない相手+どちらかといえば嫌いな相手」に対して抱くこともありますが、「やきもち」は基本的に好意から来る感情なので「好きな相手(=愛情や執着を感じている相手)」にしか焼くことはないのです。

やきもちは「好意からくる嫉妬」としての側面が強く、「好意があるからこそ、その人を他の人に取られたくなくてやきもち(焼き餅)を焼く」ということになります。

「やきもち」は「嫉妬」と比べて、いくら好きな人の気持ちが別の相手に向かっていてつらくて悲しいとは言っても、「好きな人に対する悪意・憎悪」にまでは発展することがないのです。

6. 嫉妬(やきもち)と束縛の違い

嫉妬(やきもち)と束縛の違い

愛する人や好きな人に対する独占欲が強ければ強いほど、嫉妬をしやすくなり(やきもちを焼きやすくなり)、相手を束縛しやすくなります。

嫉妬(やきもち)と束縛には、どのような意味の違いがあるのでしょうか? 6-1. 何かを制限することが有るか否か 「嫉妬(やきもち)」というのは、好きな人(愛する人)の気持ちが、別の相手に向かっていることに対する「主観的なねたみそねみ」であって、「束縛」のように具体的・直接的に嫉妬(やきもち)している相手に何かを強制したり制限したりするわけではありません。

嫉妬ややきもちのつらい気持ちを相手(恋人・配偶者・片思いの相手)に伝えて、「嫉妬してしまってつらいから、他の異性と仲良くするのをやめてほしい」とお願いすることはあっても、「束縛」のように「絶対に他の異性と口を聞いてはいけない・他の異性に対して笑顔で機嫌よくおしゃべりしてはいけない・LINEやメールアドレスを教えてはいけない」などの相手の行動の制限はないのです。

「束縛」は「嫉妬(やきもち)」とは違って、相手の行動や関係の何かを具体的に制限して、相手の行動や選択の自由を奪う行為なのです。

6-2. 相手が嫌がっているかいないか

6-相手が嫌がっているかいないか

相手に対する精神的依存度が高い人は、束縛されることを喜ぶ人もいますが、一般的には「自由を制限される相手が嫌がっている状態」があれば、嫉妬(やきもち)のレベルを超えた束縛になってきます。

嫉妬されることややきもちを焼かれることを嫌がる人もいますが、「軽い嫉妬・軽いやきもち」であれば、それだけ相手が自分のことを好きでいてくれる証拠だと思って微笑ましく思う人も少なくないのです。

しかし、「束縛」になると相手がどんなに嫌がっていても、相手の行動や気持ちを信用することができないので、具体的かつ直接的に「〜してはいけないというルール」を作って相手の自由を奪うことになります。

「束縛」というのは、相手の行動や人間関係を制限することによって、好きな相手を自分の思い通りにコントロール(支配)しようとすることを意味しているのです。

まとめ

「嫉妬」と「やきもち」と「束縛」のそれぞれの意味の違いを分かりやすく説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

「嫉妬」というのは「妬み嫉み(ねたみそねみ)全般」の気持ちを含むもので、「好きな相手に対する妬み」だけではなくて「自分よりも優れている相手やライバル視する相手に対する妬み」も意味することがあります。

「やきもち」は「嫉妬」の感情の一つで、「好意を抱いている相手に対する妬み」を主に意味していて、優れている人や自分が負けたと思う人に対する妬みという意味はありません。

「束縛」は、相手の行動を制限して自由を奪うことで、相手を自分の思い通りにコントロールしようとすることなのです。

「嫉妬」と「やきもち」と「束縛」の意味について詳しく調べたい時は、ぜひこの記事を参考にして下さい。

「嫉妬」と「やきもち」と「束縛」は男女関係において似た意味合いを持つ言葉ですが、それぞれどのような意味を持っているのでしょうか?嫉妬とやきもちと束縛の意味の違いを、漢字の解釈も含めて分かりやすく解説していきます。


嫉妬とやきもちと束縛の違い

「嫉妬(しっと)」には「自分よりも優れている人を羨んだり妬んだりすること」の意味がありますが、「やきもち」には自分よりも優れている人や嫌いな人に対するネガティブな感情の意味はありません。

「嫉妬」は「自分の愛する人の愛情や気持ちが、他の人に向けられていることを感じて恨み憎むこと」の意味もあり、この場合には「やきもち」とほぼ同じ意味合いになります。

ただし「嫉妬」と「やきもち」を比較した場合に、「好きな人の気持ちが他の人に向いていることを恨んだり妬んだりすること」という意味は共通していても、「やきもち」には「嫉妬」のような「自分を裏切って他の人と親しくしている好きな人に対する憎しみ」の意味合いは余りありません。

「嫉妬」のほうが「やきもち」よりも「妬み・恨みの度合い」が強いのです。

「束縛」というのは「相手の行動の自由を制限して縛ること」の意味であり、「嫉妬・やきもち」にはそういった相手の行動の制限までの意味合いはないのです。

嫉妬の意味

嫉妬(しっと)には大きく二つの意味があります。

嫉妬の意味の一つは「自分より優れている人やライバル視している人を羨んだり妬んだりすること」です。

嫉妬のもう一つの意味は、「自分の愛する人の愛情・気持ちが、他の人に向けられていることを感じて恨んだり憎んだりすること」になります。

嫉妬には「他者との優劣の比較に基づく嫉妬」と「恋愛関係・片思いにおける好きな人の気持ちが他の人に向かう可能性に対する嫉妬」の二通りの意味があるのです。

嫉妬は「好きな人・恋愛対象の相手」に対しても「嫌いな人」に対しても「ライバル(好敵手)」に対しても、抱く可能性があるネガティブな感情なのです。

2-1. 嫉妬の語源や漢字から解釈

2-嫉妬の語源や漢字から解釈

嫉妬の漢字の「嫉」の右側の「疾」は、「矢のように速くて重たい病」を意味しています。

「嫉」は「疾(しつ)」を音としていて、「女篇」を付けることで「女性に多い一瞬で機嫌が悪くなって怒り出すヒステリー状態」を意味しているのですが、現代的には女性差別の考え方ではあります。

嫉妬の「妬」という漢字は、右の「石」が「頭が堅くて融通が効かない様子」を意味しています。

「石」に「女篇」が付くことで、「女性が競争者(別の女性)に負けたくないと思って、ねたみ・怒り・不安で頭がいっぱいになっている状態」を意味していました。

嫉妬の語源としての「うわなりねたみ」:近代初期まで女性の人権・経済的自立が弱かった影響で嫉妬が女性特有の感情とされた

嫉妬の語源として「古事記」にある「うわなりねたみ」が上げられることもありますが、一夫多妻制の時代には「こなみ=本妻」と「うわなり=後妻・妻妾」の間で、夫の愛情や財産を奪い合う女同士の醜い感情が生まれやすかったともされています。

女性の人権や自由が認められず、男性に頼らなければ生きていけなかった古代から近代初期の時代までは、日本では嫉妬は「女性特有の感情」と見なされやすかったのですが、現代では事情が変わって男性のストーカーや(女性の浮気に対する)嫉妬による殺傷事件が増えるなど「男性の嫉妬感情」も目立ってきています。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い