占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180829142704.html
気ままに生きる大切さ【気ままの意味・類語・外国語(英語・フランス語)】

気ままに生きる大切さ【気ままの意味・類語・外国語(英語・フランス語)】 | SPITOPI

SPITOPI
気ままに生きる大切さ【気ままの意味・類語・外国語(英語・フランス語)】

スポンサーリンク

「気まま」とは他人・状況に遠慮をせずに自分の思うままに行動することですが、ストレスの少ない人生を生きたいのであれば気ままに生きることが大切になってきます。

「気ままに生きることが大切な理由」や「自由気ままな生き方の特徴」について解説していきます。

  • 気ままの意味とは?
  • 気ままに生きることが大切な理由・意味
  • 気ままの類語や言い換え
  • 気ままとその他の言葉の違い
  • 自由気ままを意味する外国語
  • 自由気ままな生き方の特徴
  • まとめ

1. 気ままの意味とは?

気ままの意味とは?

気ままとは他人(状況・立場)に対する遠慮・気がねをせずに、自分の思い通りに行動することを意味しています。

気ままには、気の向くままに自由に行動するという意味合いがあり、「自由気まま」という言葉が慣用句として良く用いられてます。

気ままには、「わがままに思い通りに振る舞うこと・自己中心的に勝手な振る舞いをする様子」といったあまり好ましくないニュアンスの意味もあります。

気ままの自己中心性を前面に出した意味の解釈としては、「他人の存在や事情に構うことなく、自分だけに都合が良いように振る舞うこと・他人の事情や気持ちに配慮せずに自分がやりたいようにだけやる様子」という意味もあるのです。

2. 気ままに生きることが大切な理由・意味

気ままに生きることが大切な理由・意味

気ままに生きることが、大切なのはなぜでしょうか?気ままに生きることが大切な理由と意味について、分かりやすく解説していきます。

2-1. 他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きることができる

2-他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きることができる

気ままに生きることが大切な理由・意味として、「他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きることができる」ということがあります。

気ままに生きるということは、自分で「自分の人生の意味・価値」を考えて、その実現のために主体的に生きるということを意味しています。

気ままに生きることができなければ、「他人の期待・要求・指示」などに全面的に付き合わされて、「他人が自分に生きていってほしいと期待している人生」を生きることになってしまう恐れがあります。

他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きたいと思うのであれば、気ままに生きることが大切なのです。

2-2. 理不尽なルールや身勝手な他人の指示・思惑に振り回されずに生きられる

2-理不尽なルールや身勝手な他人の指示・思惑に振り回されずに生きられる

「理不尽なルールや身勝手な他人の指示・思惑に振り回されずに生きられる」ということが、気ままに生きることが大切な理由・意味の一つになります。

気ままに生きるということは、他人や状況に気兼ねせずに、「自分の気持ち・信念」に従って生きることができるということです。

気ままに生きることができなければ、「納得のできない理不尽なルール+一方的に強制されるしきたり」に縛られた「不本意な人生」を生きなければならない恐れがあります。

自分で自分の生き方を受け入れることができない不本意な人生というのは非常につらいものです。

「身勝手な他人の指示・思惑」に支配されているような屈辱的な人生に陥るリスクを避けたければ、気ままに生きることが大切なのです。

2-3. 自分の思い通りに生きることで精神的ストレスが減って心身の健康を維持することができる

2-自分の思い通りに生きることで精神的ストレスが減って心身の健康を維持することができる

気ままに生きることが大切な理由・意味として、「自分の思い通りに生きることで精神的ストレスが減って心身の健康を維持することができる」ということを上げることができます。

自分の気持ちや考え方が赴くままに自由に生きる人生というのは、「ストレスフリーな人生」につながっているのです。

他人の顔色や機嫌ばかり伺いながら、自分の価値観・やりたいことを押し殺して生きるような人生には「真の喜び」はなく、「精神的ストレス」ばかりが溜まっていくことになるのです。

気ままに生きることができれば、精神的ストレスが減って心身が健康になるという何にも代え難い大きなメリットがあります。

心身共に健康に生きたければ、気ままに生きることも大切なのです。

3. 気ままの類語や言い換え

気ままの類語や言い換え

気ままの類語や言い換えには、以下のようなものがあります。

3-1. 勝手(かって)

3-勝手(かって)

気ままの類語・言い換えとして「勝手(かって)」があります。

勝手の意味は「他人のことにかまわないで、自分だけに都合がよいように振る舞うことや様子」になります。

勝手の例文としては、「勝手に使ってはいけない」「勝手な振る舞いはつつしむようにして下さい」「勝手なことばかりを言うな」「そんな勝手はここでは許されない」などがあります。

手前勝手・自分勝手・身勝手・得手勝手・好き勝手

手前勝手・自分勝手・身勝手・得手勝手・好き勝手 気ままの類語である勝手から派生した言葉として、「手前勝手(てまえかって)・自分勝手(じぶんかって)・身勝手(みがって)・得手勝手(えてかって)・好き勝手(すきかって)」などがあります。

手前勝手・自分勝手・身勝手・好き勝手・得手勝手の意味は、「他人のことを考えずに、自己中心的に好きなように振る舞うことや様子」になります。

3-2. わがまま

3-わがまま

気ままの類語・言い換えとして「わがまま」があります。

わがままの意味は、「人を気にせずに自分の思いどおりに振る舞うことや様子」になります。

わがままの例文としては、「わがままな言動が元で彼女に振られた」「社会に出ればそんなわがままな考え方では通用しない」「学校を卒業するまでに自分のわがままな性格を改めなければいけない」などがあります。

3-3. 奔放(ほんぽう)

3-奔放(ほんぽう)

気ままの類語・言い換えとして「奔放(ほんぽう)」があります。

奔放の意味は、「常識・規則(ルール)・規範・しきたり(慣習)などにとらわれずに、自分の思い通りに振る舞うことや様子」になります。

奔放の例文としては、「自由奔放な言動が原因で仕事を干された」「奔放な性格の彼女は他の男を選んで去ってしまった」「過去に自由奔放に生きてきた結果として今の孤独があるのだ」などがあります。

3-4. 気任せ(きまかせ)

3-気任せ(きまかせ)

気ままの類語・言い換えとして「気任せ(きまかせ)」があります。

気任せの意味は、「他人のことや事情に構わずに、気分の赴くままに振る舞うことやさま」になります。

気任せの例文としては、「気任せな性格の彼を当てにすることなどできない」「何にもとらわれない気任せで幸福な人生を送ってきました」「気任せなたるんだ生活から訣別する時が来た」などがあります。

4. 気ままとその他の言葉の違い

気ままとその他の言葉の違い

気ままと似ているその他の言葉として、「わがまま・自由・のんびり」があります。

「気まま」と「わがまま・自由・のんびり」の意味にはどのような違いがあるのでしょうか?「気まま」と「わがまま・自由・のんびり」の意味やニュアンスの違いについて、分かりやすく説明していきます。

4-1. 気ままとわがままの違い

4-気ままとわがままの違い

気ままとわがままの違いは、「他人の事情・気持ちを無視するレベルの違い」であり、わがままの方が気ままよりも「他人の事情・気持ちを無視して自分の思い通りにしようとする程度」が強いのです。

「気まま」は自分の気持ちを重視していて、その気持ちが赴くままに行動するというニュアンスが強くなっています。

「わがまま」は他人の事情・気持ちと自分のやりたいことが衝突・対立した場合に、「他人の事情や気持ち」を無理やりに押さえつけてでも自分の思い通りに行動するというニュアンスが強くなっているのです。

「気まま」は主に「自分の気持ち」だけが問題になりますが、「わがまま」の方は主に「他人の思惑との衝突・他人との関係」が問題になるのです。

4-2. 気ままと自由の違い

4-気ままと自由の違い

気ままと自由の違いは、「自分の行動を束縛したり規制したりしようとする他者・権力の存在の有無」にあり、自由の方が気ままよりも「自分以外の誰か(権威権力)が自分の行動や発言を規制しようとしている程度」が強いのです。

自由の意味は、「他者(上位者)や権力の監視・束縛・管理から逃れて自分のやりたいようにやる」や「束縛や規制にとらわれずに自分の思い通りに振る舞う」ということであり、そこには「自分を縛っていたもの(規制していたもの)から解放される」というニュアンスが込められています。

気ままは「自分の気持ちの向くままに行動する・他人に遠慮せずに思い通りに振る舞う」という意味であり、自由と比べると「自分以外の誰かから束縛や規制を受けていて、それから逃れてやりたいようにやる」といった意味合いは弱くなっています。

4-3. 気ままとのんびりの違い

4-気ままとのんびりの違い

気ままとのんびりの違いは、気ままは「自分の気分が赴くままに自由に行動する」という意味ですが、のんびりは「急がずにゆっくりと物事をこなす(慌てずにリラックスしてスピードを出さずにやる)」という意味になっています。

気ままの方にはのんびりにあるような「急がない+慌てない(急がず慌てないことによってリラックスする)」という意味合いはほとんどありません。

「気まま」は「自分の気持ちのままに自由に行動する」ということであり、必ずしも「のんびり」のような「ゆったりとリラックスして行動する」という行動の仕方に限定されているわけではないのです。

「のんびり」の方は、時間にとらわれずにスピードを出さずにゆっくりとやること(急がずにリラックスしてやること)の意味に重点が置かれています。

5. 自由気ままを意味する外国語

自由気ままを意味する外国語

自由気ままを意味する外国語として、「英語・フランス語」で自由気ままを何というかを紹介していきます。

5-1. 英語

5-英語

自由気ままを英語で表現する時には、「あなたの好きなように行動する」というニュアンスで、「Do as you like. (自由気ままにやりなさい。)」といった慣用的な表現を用います。

「You behave freely as you like. (あなたは自分の好きなように自由気ままに振る舞う。)」や「She lives a freewheeling life. (彼女は自由気ままな生活を送っている。)」といった表現もできます。

一語の英単語で「自由気まま」を表現する場合には、「freely、freewheelingly、carefree、fancy-free」などを用いることができます。

5-2. フランス語

5-フランス語

自由気ままをフランス語で表現すると、「liberment(リベルマン)、liberte(リベルテ)」や「franchement(フランシュマン)」になります。

自由放任・自由至上主義のニュアンスがある自由気ままには「laisser faire(レッセ・フェール)」があります。

他者や状況に縛られずに自由にするという意味合いの言葉として、「fantaisie(ファンテージ)」や「laisse passe(レス・パス)」があります。

6. 自由気ままな生き方の特徴

自由気ままな生き方の特徴

自由気ままな生き方には、どのような特徴があるのでしょうか?自由気ままな生き方の特徴について分かりやすく解説していきます。

6-1. 会社・学校などの時間割(タイムスケジュール)に縛られずに自分の生活リズムで生きている

6-会社・学校などの時間割(タイムスケジュール)に縛られずに自分の生活リズムで生きている

自由気ままな生き方の典型的な特徴として、「会社・学校などの時間割(タイムスケジュール)に縛られずに自分の生活リズムで生きている」ということがあります。

自由気ままな生き方をしている人は、会社・学校などにある「時間割(タイムスケジュール)」に縛られた規則正しい義務的な生活をしていません。

特別な仕事・用事がない限りは、マイペースで自分の生活リズムを作り上げて生活しているのです。

絶対に朝に参加しなければならない会合や仕事などが無ければ、「夜に寝て朝に起きる」という生活リズムさえ守っていない可能性もあるのです。

何時に起きて何時に寝る、何時からはAの仕事があって次の何時からは会議があってというような、あらかじめ決められた「時間割(タイムスケジュール)」に従っていないということが、自由気ままな生き方の特徴になっています。

6-2. 他人からの要求・期待に縛られずに自分の考えに従って主体的に生きている

6-他人からの要求・期待に縛られずに自分の考えに従って主体的に生きている

「他人からの要求・期待に縛られずに自分の考えに従って主体的に生きている」ということが、自由気ままな生き方の特徴なのです。

自由気ままな生き方をしている人は、「自分が他人から好かれているか嫌われているか+自分が他人からどのように思われているか」を気にせずに生きています。

他人からの評価・印象を気にしていないので、「他人からの要求・期待」に必要以上に縛られることがないのです。

他人からの「これをして欲しいという要求」や「あなたなら絶対にこれができるはずだという期待」にほとんど影響されることがないので、自由気ままなライフスタイルを維持することができるのです。

他人の思惑に束縛されることなく、自分の考えに従って主体的に生きているということが自由気ままな生き方の特徴になっています。

6-3. 特定地域での定住にこだわらずに住みたい所に住んで、引越しのフットワークも軽い

6-特定地域での定住にこだわらずに住みたい所に住んで、引越しのフットワークも軽い

自由気ままな生き方の特徴として、「特定地域での定住にこだわらずに住みたい所に住んで、引越しのフットワークも軽い」ということを上げることができます。

自由気ままな生き方をしている人は、「一つの地域・場所に住み続けること」にこだわりが薄いので、「隣人トラブルなどの不安・恐怖」もほとんど無いのです。

「自分の住みたい場所」に、「自分が一緒にいたい仲間・パートナー」と一緒に住むということが、自由気ままなライフスタイルの基本になっています。

普通の人は色々な場所に住みたいと思っても、「そこに自分に合った仕事があるか分からないから」とか「引越しする手間・お金がもったいないから」とかいった理由でなかなか自由に移住することができません。

しかし、自由気ままに生きている人は、非常にフットワークが軽くて決断力もあるので、「次はここに住みたい」という意思が固まれば迷うことなく、翌日からでも引越しの準備に取り掛かることができます。

6-4. サラリーマンのような定職に就かずに自分の興味関心・都合に従って働いている

6-サラリーマンのような定職に就かずに自分の興味関心・都合に従って働いている

「サラリーマンのような定職に就かずに自分の興味関心・都合に従って働いている」ということが、自由気ままな生き方の特徴の一つになっています。

自由気ままな生き方をしている人は、フルタイムの正社員や公務員といったいわゆる「サラリーマンの雇用形態」の枠にはまっていない人が多いのです。

そのため、自由気ままな生き方をしている人には、経営者や個人事業者・フリーランス(自由業者)・アーティスト・クリエイター(創作家)などの非サラリーマン的な仕事や働き方をしている人が多くなっているのです。

サラリーマンのような定職は、「安定した収入」を得ることには向いていますが、時間拘束が長くて厳しいので、「自由気ままな生き方」には一般に不向きなのです。

6-5. 結婚制度や家族に縛られずに自分の自由な時間・行動・人間関係を確保している

6-結婚制度や家族に縛られずに自分の自由な時間・行動・人間関係を確保している

自由気ままな生き方の特徴として、「結婚制度や家族に縛られずに自分の自由な時間・行動・人間関係を確保している」ということがあります。

自由気ままな生き方をしている人には、配偶者や子供に対する責任・義務が弱い「独身者(結婚していない人)」が多いのです。

結婚制度・家族の縛りがあると、どうしても「時間の使い方+行動の選択肢の自由度」が落ちてしまい、フルタイムの仕事と家事育児、家族サービスで一日が終わってしまうことになるからです。

家族のための人生も有意義なもので価値があるのですが、自由気ままに生きたいのであれば、結婚をせずに「自分の自由な時間・行動・人間関係」を確保しておく必要があるでしょう。

まとめ

気ままに生きることが大切な理由・意味としては、「他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きることができる」「自分の思い通りに生きることで精神的ストレスが減って心身の健康を維持することができる」などがあります。

自由気ままな生き方の特徴として、「他人からの要求・期待に縛られずに自分の考えに従って主体的に生きている」「サラリーマンのような定職に就かずに自分の興味関心・都合に従って働いている」などを上げることができます。

更に「気ままの類語・似た言葉」「自由気ままの英語・フランス語」を紹介して、「気まま」と「わがまま・自由・のんびり」の意味やニュアンスの違いについても解説しています。

「気ままに生きること」について、詳しく調べたい場合にはこの記事を参考にしてみて下さい。

「気まま」とは他人・状況に遠慮をせずに自分の思うままに行動することですが、ストレスの少ない人生を生きたいのであれば気ままに生きることが大切になってきます。

「気ままに生きることが大切な理由」や「自由気ままな生き方の特徴」について解説していきます。


気ままの意味とは?

気ままとは他人(状況・立場)に対する遠慮・気がねをせずに、自分の思い通りに行動することを意味しています。

気ままには、気の向くままに自由に行動するという意味合いがあり、「自由気まま」という言葉が慣用句として良く用いられてます。

気ままには、「わがままに思い通りに振る舞うこと・自己中心的に勝手な振る舞いをする様子」といったあまり好ましくないニュアンスの意味もあります。

気ままの自己中心性を前面に出した意味の解釈としては、「他人の存在や事情に構うことなく、自分だけに都合が良いように振る舞うこと・他人の事情や気持ちに配慮せずに自分がやりたいようにだけやる様子」という意味もあるのです。

気ままに生きることが大切な理由・意味

気ままに生きることが、大切なのはなぜでしょうか?気ままに生きることが大切な理由と意味について、分かりやすく解説していきます。

2-1. 他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きることができる

2-他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きることができる

気ままに生きることが大切な理由・意味として、「他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きることができる」ということがあります。

気ままに生きるということは、自分で「自分の人生の意味・価値」を考えて、その実現のために主体的に生きるということを意味しています。

気ままに生きることができなければ、「他人の期待・要求・指示」などに全面的に付き合わされて、「他人が自分に生きていってほしいと期待している人生」を生きることになってしまう恐れがあります。

他人の人生ではなく自分の人生を主体的に楽しく生きたいと思うのであれば、気ままに生きることが大切なのです。

2-2. 理不尽なルールや身勝手な他人の指示・思惑に振り回されずに生きられる

2-理不尽なルールや身勝手な他人の指示・思惑に振り回されずに生きられる

「理不尽なルールや身勝手な他人の指示・思惑に振り回されずに生きられる」ということが、気ままに生きることが大切な理由・意味の一つになります。

気ままに生きるということは、他人や状況に気兼ねせずに、「自分の気持ち・信念」に従って生きることができるということです。

気ままに生きることができなければ、「納得のできない理不尽なルール+一方的に強制されるしきたり」に縛られた「不本意な人生」を生きなければならない恐れがあります。

自分で自分の生き方を受け入れることができない不本意な人生というのは非常につらいものです。

「身勝手な他人の指示・思惑」に支配されているような屈辱的な人生に陥るリスクを避けたければ、気ままに生きることが大切なのです。

2-3. 自分の思い通りに生きることで精神的ストレスが減って心身の健康を維持することができる

2-自分の思い通りに生きることで精神的ストレスが減って心身の健康を維持することができる

気ままに生きることが大切な理由・意味として、「自分の思い通りに生きることで精神的ストレスが減って心身の健康を維持することができる」ということを上げることができます。

自分の気持ちや考え方が赴くままに自由に生きる人生というのは、「ストレスフリーな人生」につながっているのです。

他人の顔色や機嫌ばかり伺いながら、自分の価値観・やりたいことを押し殺して生きるような人生には「真の喜び」はなく、「精神的ストレス」ばかりが溜まっていくことになるのです。

気ままに生きることができれば、精神的ストレスが減って心身が健康になるという何にも代え難い大きなメリットがあります。

心身共に健康に生きたければ、気ままに生きることも大切なのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!