占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180828090208.html
心が寂しいと思う心理とは?寂しい気持ちを埋めるコツ

心が寂しいと思う心理とは?寂しい気持ちを埋めるコツ | SPITOPI

SPITOPI
心が寂しいと思う心理とは?寂しい気持ちを埋めるコツ

スポンサーリンク

人はふとした時に何かが原因(引き金)になって「心が寂しい」と感じることがあります。

心が寂しいと感じる時の心理・状況・原因はどのようなものなのでしょうか?

  • 心が寂しいとは?
  • 心が寂しいと感じる心理・状況
  • 心が寂しくなる原因
  • 心が寂しい人の特徴
  • 寂しい気持ちを埋めるコツ・方法
  • まとめ

1. 心が寂しいとは?

心が寂しいとは?

「心が寂しい」というのは、周囲に自分を気にかけてくれる人がいなくて、一人ぼっちで取り残されていて虚しいという心細い感情のことです。

あるいは、「自分自身の居場所・役割(やるべきこと)・人間関係」を失ってしまって、自分の存在意義がはっきりと分からなくなってつらいという感覚のことです。

心が寂しいというのは、「自分の存在が誰にも承認されていない孤独な状況」や「自分のやるべきことが何もない手持ち無沙汰な虚しい状況」、「自分の大切な人を失ってしまって自分を支えてくれる人がいないという心細い状況」を示唆しているのです。

心が寂しいと感じる時には、「自分を支えてくれる他者・役割・居場所・使命を失ってしまった状況」に陥っていることが多いのです。

2. 心が寂しいと感じる心理・状況

心が寂しいと感じる心理・状況

「心が寂しい」と感じてしまう心理や状況には以下のようなものがあります。

2-1. 今まで傍にいてくれた家族や親友などから離れる時に心が寂しいと感じる

今まで傍にいてくれた家族や親友などから離れる時に心が寂しいと感じる

心が寂しいと感じる心理・状況として、「今まで傍にいてくれた家族や親友などから離れる時に心が寂しいと感じる」ということを指摘できます。

心が寂しいと感じるのは、「今まで傍近くにいて自分の話し相手や支え役になってくれていた人たち」が離れていくからなのです。

人は今まで傍にいてくれた家族・親友などから離れなければいけない時に、心が寂しいという心理状態になりやすいのです。

そういった心が寂しい心理を感じる時には、「家族・親友のありがたみ」を改めて実感することができます。

2-2. 今まで親密な交際をしていた恋人と別れることになった時に心が寂しいと感じる

今まで親密な交際をしていた恋人と別れることになった時に心が寂しいと感じる

「今まで親密な交際をしていた恋人と別れることになった時に心が寂しいと感じる」ということが、心が寂しいと感じる心理・状況になります。

大好きだった恋人との恋愛関係が終わる時に、人は心が寂しいと感じる心理状態に陥りやすいのです。

今まで親しい交際をしていた恋人と別れることになった時には、「対象喪失の悲哀・ショック」によって暫くの間は、食事も喉を通らないほどの心の寂しさに打ちのめされることになります。

「いつも近くにいて支えてくれるのが当たり前」と思っていた恋人を失うショックは、心を寂しくさせるのに十分な影響力を持っています。

2-3. 今まで所属していた学校や会社を離れる時に心が寂しいと感じる

今まで所属していた学校や会社を離れる時に心が寂しいと感じる

心が寂しいと感じる心理・状況として、「今まで所属していた学校や会社を離れる時に心が寂しいと感じる」ということを上げることができます。

人は今まで「居心地の良い自分の居場所」と感じていたコミュニティーを失うことによって、心が寂しいと感じる心理状態になっていきます。

今まで所属して慣れ親しんでいた「学校・会社」を離れなければならない時には、どうしても心が寂しいと感じる心理状態になってしまうのです。

自分の帰属先や居場所であるコミュニティーを喪失した状況が、人の心を寂しいものにするのです。

2-4. 今まで頑張って続けてきた仕事・職務・課題を失った時に心が寂しいと感じる

今まで頑張って続けてきた仕事・職務・課題を失った時に心が寂しいと感じる

「今まで頑張って続けてきた仕事・職務・課題を失った時に心が寂しいと感じる」ということを、心が寂しいと感じる心理・状況の一つとして指摘することができます。

人は今まで自分に与えられていた「仕事・役割・課題」を無くした時に、心が寂しいと感じる心理に追い込まれやすくなります。

特に今まで必死に頑張ってきた仕事や役割に対して、「これからはもうその仕事をしなくても良いのです+これからはそのあなたの役割は無くなります」と宣言された時には、人の心はどうしても寂しい心理状態になってしまうのです。

自分に期待されていた仕事・職務・課題を失うという状況は、それだけで人の心を寂しいものにするのです。

3. 心が寂しくなる原因

心が寂しくなる原因

「心が寂しくなる原因」としては、以下のような原因を考えることができます。

心の寂しさを改善していくためには、これらの原因をできるだけ取り除いていく必要があります。

3-1. 自分を精神的に支持してくれていた人間関係を失ってしまった

自分を精神的に支持してくれていた人間関係を失ってしまった

心が寂しくなる原因として、「自分を精神的に支持してくれていた人間関係を失ってしまった」ということが指摘できるでしょう。

人の心が寂しくなる場合にもっとも多い原因が、「自分を精神的に支えてくれていた親しい相手との人間関係」を失うことなのです。

いつも明るい笑顔で悩みを聞いてくれていた恋人と別れてしまったり、長年にわたって友情を温めてきたはずの親友から絶縁を告げられてしまったりした時には、誰でも心が寂しくなってしまいます。

自分にとってかけがえのない大切な相手を失うということが、心を寂しくしてしまうのです。

3-2. 自分の居場所であった学校・会社などの集団関係から外れてしまった

自分の居場所であった学校・会社などの集団関係から外れてしまった

「自分の居場所であった学校・会社などの集団関係から外れてしまった」ということが、心が寂しくなる原因の一つになっています。

心理学者のアブラハム・マズローが「欲求階層説」で指摘した人間の基本的欲求の一つに、「所属・帰属の欲求」があります。

人は自分が帰属している学校・会社・団体などを、自分がそこにいても良い「自分の居場所」として認識する傾向があり、そういった居場所を無くして集団関係から外されてしまった時に、心が寂しくなりやすいのです。

帰属感を持てる集団の居場所を無くすことが、心が寂しくなる原因なのです。

3-3. 自分の果たすべき役割や自分に期待されていた仕事が無くなった

自分の果たすべき役割や自分に期待されていた仕事が無くなった

心が寂しくなる原因として、「自分の果たすべき役割や自分に期待されていた仕事が無くなった」ということを上げられます。

人は仕事や役割を強制されることを嫌がりますが、人の心の健康状態は「自分の役割があること+人から自分に期待されること」によって成り立っている側面があります。

仮に、「あなたはこれからもう何の仕事もしなくて良いです+あなたが果たすべき役割は何もありません」と告られたら、大半の人の心は寂しくなるのです。

誰にも期待されない人生の時間を長く歩むことになれば、誰でも「自分の存在価値」が弱まったような気がして、心が寂しくなってしまいます。

4. 心が寂しい人の特徴

心が寂しい人の特徴

心が寂しい人には、以下のような特徴があることが多いのです。

4-1. コミュニケーションが苦手で色々な相手との交流機会を持つことができない

コミュニケーションが苦手で色々な相手との交流機会を持つことができない

心が寂しい人の典型的な特徴として、「コミュニケーションが苦手で色々な相手との交流機会を持つことができない」ということがあります。

他者との双方向的なコミュニケーションが苦手で、非社交的な性格である場合には、その人は「人間関係からの孤立による寂しさ」を味わいやすくなります。

他者と上手くコミュニケーションが取れなくて会話・雑談を楽しめないような人は、「色々なタイプの相手との交流機会」自体を持つことができないのです。

その結果、心が寂しくなりやすいのです。

4-2. 自分一人でも楽しめるような趣味・興味・活動が全くない

自分一人でも楽しめるような趣味・興味・活動が全くない

「自分一人でも楽しめるような趣味・興味・活動が全くない」ということが、心が寂しい人の特徴になっています。

心が寂しい人というのは、「自分を構ってくれる誰かがいない環境・時間」を過度に恐れている人なのです。

もし自分一人でも十分に楽しめるような「趣味・興味・活動」を持っているのであれば、その人はどんなに客観的に孤独な状況であっても、心が寂しくなることはありません。

心が寂しい人は、自分一人の時間を有効活用することができないのです。

4-3. 自己中心的な性格特徴によって自分の周囲に人が寄り付かない

自己中心的な性格特徴によって自分の周囲に人が寄り付かない

心が寂しい人の特徴として、「自己中心的な性格特徴によって自分の周囲に人が寄り付かない」ということを上げることができます。

心が寂しい人は、自分の自己中心的でわがままな性格によって、周囲に集まってくれていた人たちを遠ざけてしまうことも多いのです。

他人のために貢献しようという「利他的な価値観・行動基準」がないので、その人と一緒にいたいと思う人が少しずつ減っていってしまいます。

心が寂しい人は、「利己主義・わがまま・自己中心性」によって、今まで支えてくれていた友人・恋人・知人などを失ってしまっているという特徴があるのです。

5. 寂しい気持ちを埋めるコツ・方法

寂しい気持ちを埋めるコツ・方法

「心が寂しい」と感じる期間が長く続くと、精神的に不安定になってメンタルヘルスが悪化することが多いのです。

この項目では、寂しい気持ちを埋めるコツや方法について分かりやすく解説していきます。

5-1. 新しい人との出会いを大切にして自分から話しかけてみる

新しい人との出会いを大切にして自分から話しかけてみる

寂しい気持ちを埋めるコツ・方法として、「新しい人との出会いを大切にして自分から話しかけてみる」ということを指摘できます。

寂しい気持ちを埋めるためには、自分の傍近くにいてくれる友人知人を増やすという方法が有効です。

知り合いができにくい理由の一つに、自分のほうから話しかけていかない引っ込み思案で人見知りな性格があります。

寂しい気持ちを埋めたいのであれば、少しでも社交性を高めて新しい人との出会いを大切にしたり、自分の方から相手に話しかけてみたりしてみて下さい。

5-2. 学校・職場以外にも自分が帰属感・仲間意識を持てる居場所(コミュニティー)を見つける

学校・職場以外にも自分が帰属感・仲間意識を持てる居場所(コミュニティー)を見つける

「学校・職場以外にも自分が帰属感・仲間意識を持てる居場所を見つける」というのが、寂しい気持ちを埋める有効な方法になってきます。

心が寂しい人の多くは、「自分の居場所がない人」なのです。

過去には自分の居場所となるコミュニティーを持っていた人であっても、「学校の卒業+会社の転職・退職」などによって自分の存在価値を認めてくれていた「居心地の良かったコミュニティー(居場所)」を失ってしまうことはあります。

寂しい気持ちを埋めるコツとして、学校・職場以外にも自分が帰属感を持てる居場所(コミュニティー)を新しく発掘することが大切になってきます。

コミュニティーと合わせて、自分が気楽に話せる新しい仲間・友人も積極的に探していきましょう。

5-3. 自分一人でも熱中して楽しめる趣味や娯楽を見つける

自分一人でも熱中して楽しめる趣味や娯楽を見つける

寂しい気持ちを埋めるコツ・方法としては、「自分一人でも熱中して楽しめる趣味や娯楽を見つける」ということが大事になってきます。

心が寂しい人の多くは、自分一人の状況を「孤独でつらい状況」としか捉えることができないのです。

それは心が寂しい人であるほど、自分一人でも熱中して楽しめる趣味や娯楽、活動を一つも持っていないことが多いからです。

心が寂しい人は、自分の心を自分一人だけで物語的に支えることのできる「読書・映画・ドラマなどのコンテンツを鑑賞する趣味」さえ持っていません。

寂しい気持ちを埋めるコツは、他人との人間関係だけに依存しなくて済むように、「自分一人だけでも没頭して楽しめる趣味・娯楽」を見つけておくということにあるのです。

5-4. あるがままの自分を受け入れて今の自分でもできる活動・役割を探してみる

あるがままの自分を受け入れて今の自分でもできる活動・役割を探してみる

「あるがままの自分を受け入れて今の自分でもできる活動・役割を探してみる」ということが、寂しい気持ちを埋めるコツ・方法の一つになってきます。

心が寂しい人の多くは、「あるがままの等身大の自分」を受け入れきれていないことが多いのです。

「本当の自分はもっと凄い存在なのに〜」とか「本来の自分はもっと裕福で幸せなはずなのに〜」とかいったありのままの自分を拒絶する物事の考え方が、自分自身の心を寂しくしているのです。

寂しい気持ちを埋めるための簡単なコツは、恰好つけずに「あるがままの自分」を受け入れて、「今の自分でもできそうな活動・役割・社会貢献」を前向きな気持ちで探してみるということにあるのです。

5-5. 誰かの役に立つボランティアや地域支援活動などに積極的に参加する

誰かの役に立つボランティアや地域支援活動などに積極的に参加する

寂しい気持ちを埋めるコツ・方法として、「誰かの役に立つボランティアや地域支援活動などに積極的に参加する」ということがあります。

心が寂しい人は、「誰かの役に立つ活動・経験」をしていなかったり「自分にしかできない役割・働き」を持っていなかったりすることが多いのです。

寂しい気持ちを今すぐに埋めたいのであれば、「誰かの役に立つボランティア+地域支援活動」に積極的にコミットすることが一番有効なやり方なのです。

人は自分の仕事や働きによって、誰かが喜んでくれたり誰かが自分の仕事を評価してくれたりした時に、初めて心の寂しさを自立的に克服することができます。

自分が誰かの役に立っていて、大勢の人から感謝されたり認められたりしているという体験が、「寂しい気持ち」を急速に改善してくれるのです。

まとめ

まとめ

「心が寂しい人の特徴」として、「コミュニケーションが苦手で色々な相手との交流機会を持つことができない」「自己中心的な性格特徴によって自分の周囲に人が寄り付かない」などがあります。

「心が寂しくなる原因」としては、「自分を精神的に支持してくれていた人間関係を失ってしまった」「自己中心的な性格特徴によって自分の周囲に人が寄り付かない」などを考えることができます。

この記事では「寂しい気持ちを埋めるコツ・方法」についても解説していますので、心が寂しい人の心理・特徴・原因などについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

人はふとした時に何かが原因(引き金)になって「心が寂しい」と感じることがあります。

心が寂しいと感じる時の心理・状況・原因はどのようなものなのでしょうか?


心が寂しいとは?

「心が寂しい」というのは、周囲に自分を気にかけてくれる人がいなくて、一人ぼっちで取り残されていて虚しいという心細い感情のことです。

あるいは、「自分自身の居場所・役割(やるべきこと)・人間関係」を失ってしまって、自分の存在意義がはっきりと分からなくなってつらいという感覚のことです。

心が寂しいというのは、「自分の存在が誰にも承認されていない孤独な状況」や「自分のやるべきことが何もない手持ち無沙汰な虚しい状況」、「自分の大切な人を失ってしまって自分を支えてくれる人がいないという心細い状況」を示唆しているのです。

心が寂しいと感じる時には、「自分を支えてくれる他者・役割・居場所・使命を失ってしまった状況」に陥っていることが多いのです。

心が寂しいと感じる心理・状況

「心が寂しい」と感じてしまう心理や状況には以下のようなものがあります。

2-1. 今まで傍にいてくれた家族や親友などから離れる時に心が寂しいと感じる

今まで傍にいてくれた家族や親友などから離れる時に心が寂しいと感じる

心が寂しいと感じる心理・状況として、「今まで傍にいてくれた家族や親友などから離れる時に心が寂しいと感じる」ということを指摘できます。

心が寂しいと感じるのは、「今まで傍近くにいて自分の話し相手や支え役になってくれていた人たち」が離れていくからなのです。

人は今まで傍にいてくれた家族・親友などから離れなければいけない時に、心が寂しいという心理状態になりやすいのです。

そういった心が寂しい心理を感じる時には、「家族・親友のありがたみ」を改めて実感することができます。

2-2. 今まで親密な交際をしていた恋人と別れることになった時に心が寂しいと感じる

今まで親密な交際をしていた恋人と別れることになった時に心が寂しいと感じる

「今まで親密な交際をしていた恋人と別れることになった時に心が寂しいと感じる」ということが、心が寂しいと感じる心理・状況になります。

大好きだった恋人との恋愛関係が終わる時に、人は心が寂しいと感じる心理状態に陥りやすいのです。

今まで親しい交際をしていた恋人と別れることになった時には、「対象喪失の悲哀・ショック」によって暫くの間は、食事も喉を通らないほどの心の寂しさに打ちのめされることになります。

「いつも近くにいて支えてくれるのが当たり前」と思っていた恋人を失うショックは、心を寂しくさせるのに十分な影響力を持っています。

2-3. 今まで所属していた学校や会社を離れる時に心が寂しいと感じる

今まで所属していた学校や会社を離れる時に心が寂しいと感じる

心が寂しいと感じる心理・状況として、「今まで所属していた学校や会社を離れる時に心が寂しいと感じる」ということを上げることができます。

人は今まで「居心地の良い自分の居場所」と感じていたコミュニティーを失うことによって、心が寂しいと感じる心理状態になっていきます。

今まで所属して慣れ親しんでいた「学校・会社」を離れなければならない時には、どうしても心が寂しいと感じる心理状態になってしまうのです。

自分の帰属先や居場所であるコミュニティーを喪失した状況が、人の心を寂しいものにするのです。

2-4. 今まで頑張って続けてきた仕事・職務・課題を失った時に心が寂しいと感じる

今まで頑張って続けてきた仕事・職務・課題を失った時に心が寂しいと感じる

「今まで頑張って続けてきた仕事・職務・課題を失った時に心が寂しいと感じる」ということを、心が寂しいと感じる心理・状況の一つとして指摘することができます。

人は今まで自分に与えられていた「仕事・役割・課題」を無くした時に、心が寂しいと感じる心理に追い込まれやすくなります。

特に今まで必死に頑張ってきた仕事や役割に対して、「これからはもうその仕事をしなくても良いのです+これからはそのあなたの役割は無くなります」と宣言された時には、人の心はどうしても寂しい心理状態になってしまうのです。

自分に期待されていた仕事・職務・課題を失うという状況は、それだけで人の心を寂しいものにするのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月04日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!